2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【天文・気象】地球温暖化【高温スキスキ】part3

1 :名無しSUN:2007/02/06(火) 14:53:05 ID:3Jk4iDQV ?2BP(22)
地球温暖化は果たして人為なのか?
それとも巨大な陰謀なのだろうか?

http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm#001
これの言ってる事は正しいのか?
賢い人教えて

前スレ
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/sky/1160440676/l50

2 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:11:15 ID:4HnC2XEy
ここまで高温ばっかなら温暖化が人為だと認めざるを得ない。
昔はいくら大規模なエルニーニョが起きても、もう少しマシな暖冬だったはず。
ところが今はエルニーニョが起きない年でも連続暖冬、
エルニーニョが起きれば冬が無いほどの異常高温、
気温の長期ベースが高温化しているのは間違いない。

3 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:21:20 ID:SQz9csLa
今年のエルニーニョって、
そこまでの高温をもたらしてるとはいえないと思うが。

4 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:35:44 ID:aQdVjWKj
>>1
温暖化を否定してるとか陰謀だとか
書いてるサイトを今のうち晒しとけ



5 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:36:59 ID:4HnC2XEy
要するに問題はエルニーニョの規模が小さかったにもかかわらず、
ここまでの異常暖冬になっていること。背景にある地球温暖化が
ますます否定できない確固たるものになった。

6 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:40:45 ID:4HnC2XEy

1982年、83年、→エルニーニョに伴う小暖冬、
1984年、85年、86年、→寒冬、豪雪

1998年、2003年、→エルニーニョに伴う暖冬
1997年、99年、00年、02年、04年、05年、→エルニーニョ発生無しなのに暖冬
2006年→前年12月の低温によってかろうじて並冬、山間部限定の局地的豪雪

昔と近年では、気温の平均的状態がまるで変わっている。

7 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:43:01 ID:gsOyksoq
去年は寒冬だったぞぼけ
いい加減なこと吐くな温暖化厨よ

議論したいならまずソースうpれ

8 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:44:54 ID:4HnC2XEy
>>7
去年の寒冬は、明らかに1984年や1986年とは比べ物にならないほど、
期間限定、山間部限定の局地的豪雪だった。
それに1970年代から1980年代半ばまでは寒冬年が多かったが、
近年は1996年と2001年、2006年がかろうじて並冬以外は全て暖冬。
気温の平均的状態が高温化に向かっている事実に変わりない。

9 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:45:16 ID:aQdVjWKj
>>6
そう、通常の状態が昔とはまるで変わって来てる
しかもここ数年で急激にね

寒波が来たから「寒い!何処が温暖化だ!」なんてのは愚の骨頂


10 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:47:17 ID:gsOyksoq
>>8
それはお前の主観だろ
お前が去年が暖冬といおうが世間的には寒かったんだよ

11 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:48:48 ID:aQdVjWKj
>>7
寒波が来れば寒いのは当たり前
雪が降れば余計に寒く感じる
でも去年の雪の多さ、近年の名古屋まで簡単に届く季節風の雲の発達は
海水温上昇による雪雲の異常発達によるものじゃないかな?

12 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:50:23 ID:OuaqShYe
>>1-7温暖化厨テラキモスwwコノドキ(ryガイw
と釣られてみる

13 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:50:44 ID:nbLIBJCk
>>4いえっさー
72 名前:名無しSUN メール:sage 投稿日:2006/10/19(木) 18:23:26 ID:t1E0QEYm
ttp://env01.cool.ne.jp/ss02/ss025/ss0251.htm#ss01

ここの中程に古気温曲線というのがある。IPCCのあのグラフが
意図的に作成されたもんだというのがよくわかるだろ。


14 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:51:09 ID:4HnC2XEy
>>9
その寒気団の規模も小さいマメ寒波が多い。
気象庁天気図のDVDで、1984-86年の冬の高層500の-40℃以下のラインを調べてみたが、
規模が馬鹿デカイ。昔はゾーナル寒気と言って、偏西風が日本に大きく蛇行しなくても低温持続で、
南岸低気圧で大雪も降った。-40℃ラインは中国東北区から北日本、日本のはるか東からオホーツク海に至るまで
かなり広大な面積を覆っていることが多かった。
ところが今は2005年12月のようにものすごく大きく偏西風が蛇行しないと、
寒さが持続しない。昔はゾーナルでも低温持続だったことを考えれば、
寒さの質が違っている。ウソだと思うならば昔の気象庁天気図を買ってみることをお勧め。

15 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:52:01 ID:nbLIBJCk
131 名前:名無しSUN メール:sage 投稿日:2006/10/27(金) 11:00:43 ID:pA88tVZV
こことか見てるとIPCCの奴らの考えが何となく判るな。

ttp://homepage3.nifty.com/nishimura_ya/EARTH2.HTM

本気で言ってんのか、冗談なのか判断できない。そのうち宇宙人の仕業とか
言い出しそうだ。

16 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:55:22 ID:gsOyksoq
比較対象がここ30年とか話にもならん

17 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:55:42 ID:nbLIBJCk
否定派論客の指摘リンク

地球は温暖化しているか?
http://www.takenoma.com/hibiki-40.html
地球温暖化の何が問題なのか?
http://www.nagaitosiya.com/a/global_warming.html
「二酸化炭素は悪の大魔王」という神話
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid38.html

18 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:55:53 ID:4HnC2XEy
>>10
去年が暖冬とまでは言わないが、1984年や1986年、1981年よりは
レベルがかなり下なのは事実だよ。世間一般は気象観測などしていないからそれこそ主観で
「寒い」とか言うだろう。それに10年単位で平均を出してみたら、近年は連続暖冬が多いのも事実。
全て統計を元にモノを言っているが・・。
まあ1984-86年あたりの気象庁高層天気図を買って見られることをお勧めする。
あの規模の寒気団を見たら、何も言えなくなるよ。

19 :名無しSUN:2007/02/06(火) 15:59:40 ID:nbLIBJCk
>>17に付け足した。前スレより。

温暖化否定派無頼論客の無頼リンク

地球は温暖化しているか?
http://www.takenoma.com/hibiki-40.html
地球温暖化の何が問題なのか?
http://www.nagaitosiya.com/a/global_warming.html
「二酸化炭素は悪の大魔王」という神話
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid38.html
二酸化炭素地球温暖化脅威説批判/温暖化防止の論理構造/地球温暖
化脅威説
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss025/ss0251.htm#ss01

20 :名無しSUN:2007/02/06(火) 16:05:35 ID:nbLIBJCk
気象庁 | 世界の気象統計データ http://www.data.kishou.go.jp/climate/db/monitor/?tm=monthly&el=TanmMIn&dt=200609
NCDC: Climate Monitoring
http://www.ncdc.noaa.gov/oa/climate/research/monitoring.html
デジタル台風:台風カレンダービュー
http://agora.ex.nii.ac.jp/cgi-bin/dt/calendar.pl?start=1&end=20376&lang=ja&basin=wnp

21 :名無しSUN:2007/02/06(火) 16:07:21 ID:aQdVjWKj
温暖化の主因がCO2かどうかは知らないけどね
海洋汚染などによって海からの温度上昇も考えられると思う
大気が暖まって海が暖まるのか?
海が暖まって気温が上昇してるのか?

22 :名無しSUN:2007/02/06(火) 16:07:23 ID:nbLIBJCk
これくらいか

23 :名無しSUN:2007/02/06(火) 16:13:48 ID:OuaqShYe
>>19の貼ったやつを見て、地球温暖化説=創○学会だと感じた

24 :名無しSUN:2007/02/06(火) 16:18:51 ID:aQdVjWKj
>>22

しかし温暖化否定って言うか
温暖化の何が問題なのか?は相当笑えるな


25 :名無しSUN:2007/02/06(火) 17:44:03 ID:BYc3bT2H
温暖化を声高に唱える人達(特に日本の)って、じゃあどんな対策を言ってるかといえば
全く触れないとか精神論ばかりで、具体的な方策は全くといっていいほど知らないか
触れてないんだよね。

無責任な人達って事じゃ否定派と同じだし、温暖化を問題だと言いながら
何もしないって点で言うと無責任な上にひどい偽善者でもあるんだよね

26 :名無しSUN:2007/02/06(火) 18:02:41 ID:aQdVjWKj
温暖化は現実に起こってるって言ってるだけだぜ?
温暖化が人間の経済活動によるものだとも思う
だから何?
温暖化を認める奴と
これ以上の温暖化を防ぐべきだと思ってる奴とはまた別
一番悪質なのはこの期に及んで温暖化を否定する奴




27 :名無しSUN:2007/02/06(火) 18:38:06 ID:fdFbfXoz
ロシア・中国は温暖化ですみ易くなるのでニコニコなんて・・・顰蹙?

28 :名無しSUN:2007/02/06(火) 18:40:33 ID:BeP5LVj5
ロシアはあり得るかもね・・
温暖化は進んでみないと国によって大きな当たり外れがあるだろうからな

29 :名無しSUN:2007/02/06(火) 18:59:03 ID:SQz9csLa
日本も温暖化でいろいろ恩恵を受けているはずだぜ。
「日本には四季がある」とか言う奴は気が狂いそうに
なっているかも知れんが・・・・・。

30 :名無しSUN:2007/02/06(火) 20:16:10 ID:WHrisyFd
二酸化炭素の寿命は140年以上。つまり放出を完全にやめても元に戻るのに140年掛かる。
対策の取りようがない。人類がこれ以上子孫を一切作らないこと以外には。

31 :名無しSUN:2007/02/06(火) 20:23:05 ID:PUPEaivM
環境問題の中の1カテゴリーに過ぎない地球温暖化の、
そのまた気温の上昇のことだけを考えれば、確かに色んな恩恵が想像出来るね。

32 :名無しSUN:2007/02/06(火) 20:33:31 ID:1dfHGWkr
>>27
ロシアはどうか分からないけど中国はどちらかと言えば被害を被る国だよ
北部は降水量減で砂漠化進行
南部は逆に降水量増で洪水が多発。などなど‥

33 :名無しSUN:2007/02/06(火) 21:17:26 ID:9uyaf5Xw
温暖化の詳細なシミュレーションとかは無いの?
何年後に滅亡しますよみたいな

34 :名無しSUN:2007/02/07(水) 10:26:12 ID:8qVfQlet
あげてみる

35 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:02:17 ID:qFFA6Mva
>>6はキチガ(ryだろ。2003年は並冬(北日本はやや寒冬)だっだんだけど。
それに昨年は昭和の頃の大寒冬には及ばなくても、十分な
寒冬だったぞ。と敢えて釣られてみる。

36 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:12:54 ID:puH55eJ2
先週発表されたIPCCの資料だとここ最近の温暖化の原因の90%は人為的って断言したけどさ、
地球規模での気温観測なんて科学的に観測し始めてまだ200年もたってないんだよな

それ以前の地球の気温観測なんて化石やらとかでの間接的なもので不確実性が高いからIPCCは使ってないでしょうね
いずれにしても今の段階で温暖化は完全に人間のせい、二酸化炭素のせいって断言するのどうかと思うよ

それよりもエネルギー問題の方が深刻なんじゃないかと思うよ

37 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:22:50 ID:8qVfQlet
◎温暖化は完全に人間のせい
△二酸化炭素のせい

自然の流れなんてそう変わるものじゃないからな
近年の急激な変動は人間のせいじゃないと説明つかないんだろう
アメリカも温暖化否定国として将来戦犯国となるのを恐れ
急いで政府が産業界を口説いて温暖化を公けに認めたいきさつを考えると
相当深刻な事態になってると容易に想像できる

38 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:27:12 ID:puH55eJ2
>>37
小氷河期など急激な変動は人間じゃなくても余裕で起きますが

39 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:28:05 ID:CzvDqyTT
>>33
「NHKスペシャル 気候大異変」がおすすめ
日本が開発したスーパーコンピュータ「地球シュミレータ」をもとに百年後の仮想地球を描いていた

○海面上昇などで土地が無くなることにより発生する環境難民
○熱帯特有の伝染病の温帯への広がり
○気候が極端になることによる世界の食糧供給への打撃
○砂漠化や洪水の増加
○超巨大な熱帯低気圧
○温暖化による日本への影響

なんかが主な内容かな
なかなか興味深い事も紹介されてた。例えば

今広大な熱帯雨林が広がるアマゾンは百年後には砂漠に変わる
一年の内6ヵ月が夏になる(日本)
冬は雪が積もる事がなくなり紅葉の季節になる(日本)
梅雨が明けにくくなり8月になっても梅雨前線が上空に居座り続ける(日本)

まぁ百年後のことだからこの予想と外れる事も出てくるかもしれないけどね

40 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:37:03 ID:mwsLnS1w
ロシアやカナダなどの極近くは永久凍土の崩壊が問題になっている。
融けるとメタンが大量に放出される。CO2よりずっと怖いぞ。
まもなく起こる南海大地震で、海中のメタンハイドレート層から大量に
メタンが放出され、温度は急上昇。気温の差が極端に激しくなり、夏は+50℃、
冬は−50℃の地域が出てくる。今年の夏、日本は40℃を越える地域が増える
と思われます(これは海水の温度と対流次第です)。
ツバル、キリバス、トンガ、モルジブなどの国や地域は沈み、難民があふれる。
あと30年もすれば、オランダの国土3分の1は海に沈む。
日本もゼロメートル地帯が多いので東京、大阪の5分の1は、水没する。
堤防をつくっても、毎月床上浸水で住めなくなる。
中国は今、世界中から石炭、石油買いあさっているし、これからの地球は中国、
インド次第。もし急激に発展すると15年後に悲劇が来ることもある。
海洋深層水の流れも近年落ちてきて50年以内に停止するかもしれない(これ重要)。
これ以上は言いたくても言えない。自分で調べて下さい。

41 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:38:23 ID:8qVfQlet
>>38
その変動さえも遥かに超越する動きを今してるんだと思うよ
アメリカがつい最近まで真っ向から否定してきた温暖化を
急に態度を変えさせたほどなんだから



42 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:42:45 ID:8qVfQlet
東シベリアで新しい天然ガス油田が見つかったそうだ
日本の年間消費量50年分だそうだ

43 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:45:58 ID:/buKZOfi
>>37
それ、アメリカに対する誤解があるね。
アメリカには、むしろ日本や欧州よりよっぽど温暖化問題を深刻に考えてる勢力がいる。
民主党なんかはそうだし、カリフォルニア州なんかは、州独自で早い段階から
温暖化対策に本腰を入れてて、自動車の排出ガスや通行規制なんかは大都市では
世界一レベル。
高速道路ではハイブリッドや集合乗り合い車を優先したり、燃費が良い車には低減税、
悪い車には重課税、通勤時間帯規制もやってる。
それに、企業産業界のほとんども温暖化問題を積極的に考えてて、
先日はブッシュに温暖化対策を早く進める嘆願書を産業界でまとめて提出したぐらい。

悪いのは、ブッシュ、特に軍事エネルギー利権がバックについているから、
温暖化ではなく寒冷化が進むとまで言ったペンタゴンレポートなんかはまさしくその軍事筋レポート。
ブッシュが政権についてからアメリカと世界は変わり、おかしくなった。

ブッシュさえ政権についていなければ、仮にゴアが大統領なら間違いなくアメリカは
京都議定書にも積極的に参加してたし、イラク戦争もなかった。

あの投開票ゴタゴタ騒ぎがあった「フロリダの悲劇」で歴史が変わった。

44 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:52:02 ID:qFFA6Mva
>>38そう言えば去年、北半球を中心に記録的な大寒波が襲ったとき、
ロシアかどっかの科学者がこれは地球が今後10年以内に小氷河期に
入るシグナルだと言ってたのを思い出した。


45 :名無しSUN:2007/02/07(水) 12:54:36 ID:8qVfQlet
野党なんて与党の逆の立場取るのは何処の世界でも同じだろw
与党になれば財界の犬
アメ車の現在の不振はなんなのよ?
アメリカ舐め過ぎ

46 :名無しSUN:2007/02/07(水) 13:50:54 ID:PcquCj7S
今温暖化してるからってこれが拡大するとも限らんが。
これから10年温暖だとしてもその先も温暖とは限らんし。
来年、もしくは11年後からは寒冷化の傾向が出るかもしれんよ。

逆に今仮に地球の全てが寒冷化してても人為的温暖化が本当なら
いずれ温暖化するはず。

47 :名無しSUN:2007/02/07(水) 14:47:46 ID:tj54RzkK
世界に限らず日本のここ20年程の気温上昇はかなりやばいだろう・・・。
1989年から急に気温が上がりだしたからな。
1988年までは寒暖繰り返しても年平均気温は平年並傾向だったのに。
観測地点の都市化だけでは説明がつかないし、やっぱ地球規模で変動が
起きてるんだろう。

48 :名無しSUN:2007/02/07(水) 15:01:23 ID:cUna0pvl
環境、環境って叫ぶ人に限って、無駄(資源などを)に生きている気がするんだよな。やっぱり環境保護をとなえるには、仙人の様な生活をしてもらわないとな、それが出来ないから、自然と人間は共存出来ない気がする。

49 :名無しSUN:2007/02/07(水) 15:15:27 ID:/buKZOfi
>>45
アメリカへの誤解があるね。
アメ車の不振は、アメリカ車メーカーが利幅の高い大型車にばかり頼って
低燃費車を好む消費者のニーズを無視した結果。
アメリカ国内でもアメリカ人からアメリカ自動車メーカー不振は自業自得だと叩かれてる。
アメリカ人の中にもイラク戦争に賛成する人もいれば反対する人もいて、
温暖化問題に積極的な人もいれば消極的な人もいる。
ただ、最近はアメリカ人でもイラク戦争も反対が多いし、温暖化なんとか汁!ってのが多い。
特にカリフォルニア辺りはそういう意識が高い、だからこそ州単位で独自に厳しい対策やってる。

カリフォルニアは伝統的に民主党が強い地盤で、その民主党は温暖化問題は積極的。

企業財界の中にも同じで、温暖化なんとか汁!って強く主張してる経営者もいれば、
そうでないものもいるので誤解のないように。

で、アメリカは与党も野党もない。大統領は共和党だが、議会は民主党が支配してて
民主党は民主党の主張イデオロギーに基づいた政策を粛々と成立させていくだけ。
建国以来200年以上、二大政党による政権交代がずっと続いているから与党も野党もない。

財界も与党だからくっつくとかじゃなくて、イデオロギーに基づいて民主党か共和党を支持、
あるいは両方の党の中の支持する政策について是々非々で支持支援してる。

次の大統領が民主党になればアメリカは京都議定書に参加するよ。
ま、共和党でもあきらめて参加する可能性もあるだろうけどね。
温暖化を警告した「不都合な真実」という映画を作ったアルゴアは前々回大統領選挙の
正式な民主党の大統領候補で、米国の投票総数の過半数を取ったが、
重要なフロリダでブッシュにわずか0.5%の得票差で敗れた為に大統領になれなかった男。
ちなみに彼はその時から温暖化問題は深刻視していた。

50 :名無しSUN:2007/02/07(水) 15:40:32 ID:+g2ZE2DU
アメリカが地球を滅ぼす

51 :名無しSUN:2007/02/07(水) 15:40:45 ID:8qVfQlet
>>49
釣りかw
でもアメリカを小さく見てもしょうがない
実際イラクに派兵したし、化学兵器製造やアルカイダと関与した証拠も見つからなかったしな。
世界に大量の武器を売り捌いてるのもアメリカ国民の総意なのか?
未だに銃社会なのも国民の総意か?
と聞かれると根底には各産業界の利権が絡み合ってて複雑
民主党の大統領が誕生すればそれが無くなるかと言えば無理な話だしな





52 :名無しSUN:2007/02/07(水) 15:51:03 ID:fvxMItbv
http://www.asahi.com/international/update/0205/003.html
「トルティージャ食わせろ」 高騰にメキシコで抗議デモ
>トウモロコシは地球温暖化対策の代替燃料
>エタノールの原料となることから注目され、
>収穫減もあって米国などで価格が上昇。
>メキシコは北米の貿易自由化の流れで、
>米国から安価なトウモロコシを輸入している。

あれこれやっても、こういったねじれが生じてしまう。

53 :名無しSUN:2007/02/07(水) 16:25:42 ID:/buKZOfi
>>51
アメリカの現実をよく見た方がいい。
アメリカ内部はそんな単純ではない。

政府を操っているのはごく一部の人たち。
政府がやったことすべてをアメリカの総意と捉えることが
日米双方国民にとってポジティブな結果を生み出すとは思えない。
アメリカ人にも温暖化問題を深刻にかんがえている人はたくさんいる。

カリフォルニア州の日本を超える厳しい環境規制を見ればわかる。

ブッシュとゴアとでは歴史が大きく変わっていたのは明白。
ブッシュチェイニーラムズフェルドは名だたる軍事石油利権政治家で、
彼らはイラクのフセインが個人的に嫌いだった、
テロとの戦いはイラクなどを「悪の枢軸」と名指しした事から始まった。

温暖化問題もブッシュ政権になってからアメリカは急速に消極的になった。

民主党はむしろ金融テクノロジー系の企業で温暖化利権を持ってるから
温暖化問題は積極的。

ブッシュ前の民主党政権では巨額の財政黒字があったが、
ブッシュ&ゴア大統領選挙では温暖化や環境対策に当てるべきという政策が
ゴアの公約にあったのは確か。

ブッシュはそれを富裕層向け減税とイラク戦争に使った。

まさしく歴史が変わった。

「アメリカだから」と捉えるのはそろそろ卒業した方が良い。
ブッシュのアホが世界を変えたんだよ。

54 :名無しSUN:2007/02/07(水) 16:28:31 ID:8qVfQlet
>>53
いやだから現実を見てないのはあなただし
単純に考えてるのもあなた

55 :名無しSUN:2007/02/07(水) 16:30:05 ID:puH55eJ2
ID:8qVfQletには相手しないほうが良さそうですな
典型的な温暖化厨

56 :名無しSUN:2007/02/07(水) 16:31:30 ID:/buKZOfi
だな。

57 :名無しSUN:2007/02/07(水) 16:34:47 ID:8qVfQlet
★33トンの水銀放出で非難集中 インドネシアの米社

 【ニューヨーク25日共同】インドネシア・スラウェシ島北部の住民らが金鉱山からの
水銀による健康被害を訴えた問題で、米コロラド州デンバーに本社を置く世界最大の
産金会社ニューモント・マイニングが、4年あまりにわたり、計33トンの水銀を
大気や海に放出していたことを米紙に認める一方で「健康に影響はない」と主張、
「事態は深刻」とするインドネシア政府や地元住民から批判を浴びている。

 同問題は地元メディアが「水俣病」として大きく取り上げていた。
 AP通信によると同国のウィトラー環境相は24日、ニューモント社が「市民に苦痛を
与えるまで環境を悪化させた」と指摘。捜査当局も米国人1人を含む計5人について、
同島で重金属を廃棄した疑いで近く訴追する見通しを明らかにするなど、刑事問題に
拡大する可能性も出てきた。

河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2004/12/2004122501001704.htm

中国の台頭でいつまで正義の味方面していられるか
アフリカに軍を編成するらしいねw

58 :名無しSUN:2007/02/07(水) 17:06:16 ID:8qVfQlet
私怨で戦争を仕掛けるアメリカ
企業利益優先で世界に兵器をばら撒くアメリカ
学校でキチガイが銃を乱射しても相変わらず銃社会のアメリカ

個人レベルで間違いだと分かってても
国、企業、組織の壁を何一つ乗り越えてない
アメリカが本腰でCO2削減に乗り出そうとしてるのは
そこに利を見出したからじゃないかな?
温暖化を利用しての金儲け

59 :名無しSUN:2007/02/07(水) 17:17:42 ID:le+WlAcV
うーん、自国開催の京都会議の議定書に意気揚々と署名したものの
CO2削減目標の達成は言うに及ばず、削減どころかどんどん排出量を
増やしている日本でアメリカやその他未署名の国ををとやかく言うのは
なんというか滑稽だね

60 :名無しSUN:2007/02/07(水) 19:23:06 ID:d5SF9KiI
もうすべて手遅れだよ
温暖化を阻止することは人類にはできない。
諦めろw

61 :名無しSUN:2007/02/07(水) 19:42:26 ID:+g2ZE2DU
いつ滅亡するの?

62 :名無しSUN:2007/02/07(水) 19:45:25 ID:oHJvIB05
>57
これは酷い

63 :名無しSUN:2007/02/07(水) 19:48:37 ID:oHJvIB05
57関連ニュース
http://kumanichi.com/news/kyodo/index.cfm?id=20070205000202&cid=international
【ナイロビ5日共同】国連環境計画(UNEP)は5日、本部のあるケニアの首都ナイロビで
管理理事会を開催した。期間は9日までの5日間。世界的に関心が高まっている水銀汚染の
防止を図る国際条約づくりに向けた交渉開始が決まるかどうかが焦点。

 スイスやノルウェーなど5カ国が、法的拘束力を持つ条約制定に向けた交渉開始決議案を
提出する予定。だが、大気中への水銀排出量が多い米国や中国などは拘束力のある条約を
嫌っており、先行きは不透明だ。

 世界最悪の有機水銀中毒とされる水俣病を経験した日本政府は大筋で交渉開始に賛成の
姿勢。

 スイスなどが提出する交渉開始決議案では(1)水銀の1次生産廃止(2)水銀の輸出禁止
(3)2020年までに水銀使用量や排出量の大幅削減−などを求めている。

64 :名無しSUN:2007/02/08(木) 11:17:01 ID:R4Y8ZpSu
>>14
1984年以前も毎年寒気はそんなものだったの?

65 :名無しSUN:2007/02/08(木) 11:55:54 ID:bDi4CTLG
今年のような冬が当たり前になるのもなんとなく締まりが悪くて嫌だな
雪不足でスキーができなくなるしな
まぁ温暖化で夏が猛暑になるのは大歓迎なんだが(゜∀°)
気候大異変が言うように梅雨が長引くのは勘弁だな(´・ω・`)

66 :名無しSUN:2007/02/08(木) 13:05:04 ID:2/lGH0nX
>>35
東京 2003年1月 5.5℃(+0.3) 2月 6.4℃(+0.8)
札幌 2003年1月−3.6℃(+1.0) 2月−3.5℃(+0.5)
名古屋2003年1月 3.8℃(+0.1) 2月 5.9℃(+1.6)
鹿児島2003年1月 7.4℃(+0.2) 2月 10.4℃(+2.1)
()内1961-90年平均との比較。
今の平年値は昭和の平年値に比べて相当温暖化してるんだよ。
2003年も1961-90年平年値では暖冬に分類されます。
つまり、1987年以降2007年までほぼ連続して暖冬傾向。
平年値は10年ごとに更新されるから、温暖化が隠蔽される。
「基準」を1961-90で固定すべき。
2006年の冬も、05年12月は文句なしの厳冬だが、1月は小暖冬、2月は大暖冬で、
結局平均するとかろうじて並程度に過ぎない。北陸平地の降雪量は引き続きやや少なめ(昭和平年比)。
全国的にこの年も冬日は少なかった。

67 :名無しSUN:2007/02/08(木) 13:10:24 ID:2/lGH0nX
>>64
1977年、1981年など、寒冬豪雪年が数年おきぐらいに現れていた。
暖冬は連続することはなく、暖冬の次は寒冬、というようにバランスが取れていた。
ところが1987年を境に記録的な暖冬が連続するようになり、
寒気が入りやすい年(1996,2001,2003,2006年)であっても、
昭和の平均では暖冬・かろうじて並、程度までしか下がらず、
本当の寒冬がまったく来なくなってしまった。

68 :名無しSUN:2007/02/08(木) 13:45:46 ID:5mHaDJHT
暑いよ〜
汗かいてきた@すとけん

69 :名無しSUN:2007/02/08(木) 15:05:47 ID:UVCDvPd2
水不足が深刻になるな

70 :名無しSUN:2007/02/08(木) 16:17:14 ID:1QuRnZ0q
雪解け水が大幅に無くなるね。地下水も。

71 :名無しSUN:2007/02/08(木) 17:14:02 ID:/sotu3N2
>>67
去年は昭和の冬でいう寒冬豪雪年。

72 :名無しSUN:2007/02/08(木) 17:47:14 ID:L1kKDHew
世界中で山火事になれば温暖化進んで

73 :名無しSUN:2007/02/08(木) 20:25:48 ID:anwM2HdL
昨シーズンは「12月限定・山間部限定で!」>>71

74 :名無しSUN:2007/02/08(木) 20:42:48 ID:L1kKDHew
めぇつぼぉうするYO

75 :名無しSUN:2007/02/09(金) 22:28:18 ID:1EEn6nxm
例によって熱しやすく冷めやすいネタですな。

76 :名無しSUN:2007/02/11(日) 14:26:46 ID:NAODTkIf
age

77 :名無しSUN:2007/02/12(月) 18:50:52 ID:yMyqgMXu
今年猛暑なら間違いなく全国各地で断水だな

78 :名無しSUN:2007/02/15(木) 17:53:07 ID:x1ky3Fjx
爆弾低気圧age

79 :名無しSUN:2007/02/16(金) 14:25:10 ID:5atyKhjt
hosyu

80 :名無しSUN:2007/02/16(金) 15:07:32 ID:Lsj9Es2/
1 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/15(木) 22:37:20 ID:gIZCPGDM
962 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/12(金) 06:52:38 ID:0wf1ypQR
最近近くに越してきた一家の夫が、どうやらコンクリ殺人の犯人らしい。
すでに町内はパニック状態で、
署名を集めて出て行かせようとしたり、その一家には何も売らなかったりとかなりの差別っぷり。
私はひょんな事からコンクリの奥さんと話すようになったんだけど、
引っ越しても引っ越してもストーカーのように追いかけ続ける人が何人もいて、移り住んだ地域の人達にソース付きでバラしてしまうらしい。
そしてそれは妻が子供を連れて別居しても続いてしまうので、離婚もできないらしい。

23 :おさかなくわえた名無しさん:2007/01/13(土) 11:33:58 ID:1ooRv/+3
前スレ962だけど、
全部本当だよ。日本も捨てたものじゃないね。
昨日、家にコンクリの奥さんから電話かかってきて、
「私たちの事、掲示板に書いたでしょう!」って言われた。
生活板住人だったみたい。
「どうなるかわかってるでしょうね!」って言われちゃったから、もうすぐコンクリにされちゃうかも。

63 :おさかなくわえた名無しさん:2007/01/13(土) 18:35:59 ID:1ooRv/+3
>>57
石川県。田舎を転々としてるみたい
リストの名字と一致しないから、たぶん婿養子なんだろう。
中学生の娘がいるからたぶん最後の人。仕事はしてないっぽい。
あと>>53、引っ越してきて直ぐの時にストーカーにそれやられてた。
ついでに市のサイトのBBSにも書かれてたよ。

5 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/15(木) 22:39:15 ID:gIZCPGDM
この事件を知らない方はここにあります。多分冗談だろ?と思いますが事実です。
これがあの震撼させた事件です
http://tokyo.cool.ne.jp/maromi/pic/jyoshikouseiconcretehannninnpic.htm
http://www5e.biglobe.ne.jp/~rolling/concrete.htm
http://2ch-library.com/news/concrete/
さらに恐ろしい事に主犯・宮野は2月2日に出所済。近郊の方、要注意!

81 :名無しSUN:2007/02/16(金) 17:54:11 ID:ZBURUhrb
地球温暖化の主因が人為的な二酸化炭素濃度上昇によるものというのは間違っている可能性がある。
まず近年の二酸化炭素濃度の変異グラフは温暖化があって濃度があがっていることを示している。
では温暖化の原因はなんなのだろうか?

地球の温室効果の95%は水蒸気によるものと推測されている、二酸化炭素は3%に過ぎない
温度が上がり水蒸気が増えれば、水蒸気は雲になり雲は太陽光を反射し温度を下げる。
このサイクルがあるので地球は水蒸気の温室効果による際限のない温度上昇から逃れられる
しかし雲の精製が阻害されることが起きたらどうなるだろうか?
ひとつは雲ができる仕組みにおいて核となるエアロゾルが減少しているのではないか?という説
近年は地球規模で見ると火山活動が小康状態となり、エアロゾルが少ないといわれている、雲を作る核が少なければ
それだけ雲の量も減少し、温暖化は進む。
もうひとつは太陽の活動の活発化がある、太陽活動が活発化すれば太陽風の活発化により
地球に届く宇宙放射線が減少する、宇宙放射線は大気圏内でイオンの種を作り出し、それを核として雲ができる
それが減少すれば雲は減り温暖化が進む。(スベンスマーク効果)

この二重の温暖化促進により気温が上昇、海洋中の二酸化炭素が放出され二酸化炭素濃度が上昇しているのが現在ではないだろうか?
ほかにも仮説はいくつもあり、二酸化炭素ばかりがメディアによりクローズアップされる現状はおかしいとしか言いようがない。
あなたはマスコミに騙されている可能性がある。

一部参考HP
http://stesun5.stelab.nagoya-u.ac.jp/study/sub8.htm
http://noyatetuwo.hp.infoseek.co.jp/politics/gw1.html


82 :名無しSUN:2007/02/16(金) 18:29:38 ID:T8AlcyJP
んなわけがないw
化石燃料を大量使用しているのも事実だし、
排出量に見合って大気中の二酸化炭素濃度が増えているんだから、
少なくとも二酸化炭素濃度増加までもが人為ではないとか、もう、あほかとw
雲やエアロゾルが減少しているという根拠・データもどこにも無いし、
むしろ工業化に伴って増えているはず。
経済優先政策に必死な奴ほど温暖化人為説を否定するわな。
地球の温暖化も、二酸化炭素濃度上昇も観測された事実。
近年の異常な高温連発といい、どう見たって否定できるはずも無い。
今年はとうとう冬が絶滅する年になってしまったな、世界的に。

83 :名無しSUN:2007/02/16(金) 23:34:26 ID:pZlGbgLt
>>排出量に見合って大気中の二酸化炭素濃度が増えているんだから
「見合っているかどうか」は証明されてないんだなぁ〜。


84 :中国大震災で100万人の死者がでる☆ジュセリーノ預言:2007/02/17(土) 06:45:20 ID:2XtbFA9d
中国大震災で100万人の死者がでる★ジュセリーノ預言
■ジュセリーノ預言を映画化?米ゴア副大統領の映画■
元アメリカ副大統領ゴアの地球温暖化問題の映画「不都合な真実」
※驚くべきことに★ジュセリーノ予言★をそのまま映像化したような内容
映画の予告編「不都合な真実」 動画 http://www.futsugou.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■脅威のジュセリーノ予言★アダム航空墜落事故予言■
●期日●場所●搭乗者数●犠牲者のすべてを的中!
(以下預言)私は夢の中で2007年(一月が抜けている)一日の月曜日に
アダム航空のボーイング737−400型旅客機が102人の乗員乗客を乗せて
消息を絶つのを見ました。それはジャワ島とマナドの間で、スラウェシ島の
トラジャ市です。しかし、山林の中なので、かすかな生還の可能性があります。
  ────ジュセリーノ(今年、1/1アダム航空墜落の予言)
※ジュセリーノのインドネシアラジオ・バスFM局への手紙(東スポ引用・たま出版情報)
2chジュセリーノ予言スレ http://live24.2ch.net/test/read.cgi/eq/1170734664/301-400
=================================
<実際の事故の記事>インドネシア旅客機不明、墜落か乗客の安否未確認
 【マニラ=青柳知敏】インドネシアの民間航空会社アダム・エアの国内線旅客機
ボーイング737(乗客96人、乗員6人)が1日午後、遭難信号を発信して行方不明
となった。2日朝になって同国スラウェシ島西部の山中に墜落したと伝えられたが、
機体が見つからずに情報が混乱し、国軍が現場周辺で捜索活動を続けている。
(中略)同機はジャワ島東部スラバヤを1日午後1時(日本時間同3時)
に出発し、スラウェシ島北部マナドに向かっていた。

85 :名無しSUN:2007/02/17(土) 10:07:32 ID:ZDAy2RF/
>>83
それは完全に定量的に見積もるとズレが生じているというだけで、
人為による排出の莫大な影響は誰の目からも明らかだろwww

86 :名無しSUN:2007/02/17(土) 10:31:57 ID:JOfB/xZz
もっとも現実的な将来の展望

京都議定書の目標は結局どこの国も達成できなかった。
そこで政治家は自己保身のためスタンスを変え
「地球温暖化は都市化や自然変動が原因でした」と、「何を今更」
なことを言う。終いには「温暖な気候は人間活動にとって好都合」
と温暖化を好意的に見るようになる(一部ではこういう見解もあるよね。
私にはよく分からんけど)。

結局ここの住人が一番環境問題を真面目に考えているんだよな。

87 :名無しSUN:2007/02/17(土) 18:33:42 ID:Tzl/S0O2
>>85
> 人為による排出の莫大な影響は誰の目からも明らかだろwww

本当に明らかなら京都議定書が発効された何年も後になってIPCCがわざわざ人為説を証明する必要もないわけだが。
そもそも科学的に証明される前に議定書が発行されたのも疑問だ。うやむやのまま発効されたのは事実だろ?
経済的政治的な駆け引きがあったとしか思えないな。


88 :名無しSUN:2007/02/17(土) 19:20:26 ID:XZ505uAA
IPCC報告読んでみたけど、何も証明なんてしてない。

相変わらず、勝手に推定して、人為による放射強制力効果は
これ位、と言っているだけ。

何年もかけて刷り込みを行ってるわけだ。

89 :名無しSUN:2007/02/17(土) 20:52:27 ID:Tzl/S0O2
>>88
補足どうも。
テレビでは証明されたようなニュアンスだったのでつい・・

しかし世の中が温暖化、温暖化って、テレビの中だけかと思ったら、
俺の職場でも今から行動しないとヤバイよと真顔で語る同僚もいるし、
公務員の会員が大多数と思われるチーム-6の売り込みしてるのもいるし、
マジで刷り込み効果抜群だな。
長らく低迷してた原子力産業にはまさに追い風だ。
資源エネルギー庁も原子力にやる気満々だし、アメリカが、ロシアが、
中国が、韓国が、世界中が原発建設推進しはじめたし、
京都議定書発効した日本は原発の設計・製造・建設技術は世界一ときてるし、
父ゴアは上下院合同原子力委員会のメンバーだった。
石油の次はウランで儲けるつもりなんだろうな。
もう車も暖房もみんな原子力で動く時代になるのだろう。
そんなことはお構いなしに温暖化は更に進んで、もうだめじゃーんっとなった時に>>86のようになるのだろう。

90 :名無しSUN:2007/02/17(土) 21:20:36 ID:xEqOQ0G2
http://blog.drecom.jp/yamada_shuzo/archive/39

IPCCの第4次報告書によると・・・
温暖化は人為の確率が90%以上とほぼ断定した模様
世界環境機関も創設とか

91 :名無しSUN:2007/02/17(土) 21:26:20 ID:ZhYDExeM
締め付けが来ますな。

92 :名無しSUN:2007/02/17(土) 21:41:47 ID:2sd1wlnp
>>89
何で原子力?
より安全な風力、波力、地熱、太陽光発電じゃダメなの?

93 :名無しSUN:2007/02/17(土) 22:12:07 ID:Tzl/S0O2
>>90
世界環境機関ってシラクが国連に提言してたんですね。
フランスは国内の総発電量の80%近くが原発です。

>>92
主にコストとかの問題じゃないかな。
資源エネルギー庁のHPに理由が簡単に書いてあるよ。
http://www.enecho.meti.go.jp/policy/index.htm

94 :名無しSUN:2007/02/17(土) 22:32:07 ID:85ppNJRZ
一歩間違えれば身近で核爆発の時代か
怖い怖い

95 :名無しSUN:2007/02/17(土) 23:08:36 ID:YaYhSurY
>>94
確かにそんな欠陥原子炉ばかりが作られる世界は怖いな。まあ一番怖いのは無知に無自覚な人間だけど。

96 :名無しSUN:2007/02/18(日) 10:19:47 ID:ZUHL4/bF
>>94
環境保護団体も原子力に賛同するような時代になったし、万事安全なんじゃないすかw

97 :名無しSUN:2007/02/18(日) 10:26:56 ID:LNom0LZS
確かに原子力は怖いイメージがあるが、欠陥やトラブルによる事故の確率の問題だろう、

利用することで命を奪われる危険を委ねるという点では飛行機だって同じ。

年に数回は、確実にどこかで飛行機事故で死んでる人たちがいる。

むしろ、原子力なら事故時の対処療法次第では安全なエネルギーになる可能性はある。

原子力によって本当に、温暖化ガスによる壊滅的な温室効果を削減できるなら
それを利用してみる価値はあると思う。

98 :名無しSUN:2007/02/18(日) 11:26:59 ID:nGYBo+w7
地球寒冷化のソース
http://kuri8.livedoor.biz/archives/13648149.html
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/hara/post_169.html

99 :名無しSUN:2007/02/18(日) 13:15:08 ID:o5GxNKmi
そんな怪しげなペンタゴンレポートを持ち出さんでも、
ドームふじの氷床コアデータがある。

http://tgr.geophys.tohoku.ac.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=26&Itemid=44

一万年前位をピークに、現代に近づくほど最低気温が下がってる
のが判るだろう。
ついでに、気温の変動幅が±3〜4℃というのはごく自然なことだ
というのも判る。

100 :名無しSUN:2007/02/18(日) 14:19:13 ID:HPYaN3Kk
>>92
これらは、施設の単位面積あたりのエネルギー密度が低く、特に
日本では無理。
欧州・中国・北米に期待。

101 :名無しSUN:2007/02/18(日) 17:52:20 ID:pp75/6Gw
【ニュース速報】 科学誌元編集者「だが、実はCO2が地球温暖化の原因だという証拠は無いんだよ。」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1171566122/l50

暇つぶしにどうぞ。

102 :名無しSUN:2007/02/18(日) 18:11:40 ID:Q9/GCHNi
>>97
飛行機の事故と原子力の事故を一緒にしないで欲しいね
規模が違う
それに、温暖化がまだCO2やらが原因って決まったわけじゃないのに
それよりもなんで全力で風力とか太陽光に力入れないのか。
なんか最初から諦めて安易に電力確保できる原子力に頼ろうって姿勢がなんかなぁ・・・

103 :名無しSUN:2007/02/18(日) 21:05:59 ID:/4Q0h0Eb
>>102
エネルギー収支比が高いというのも理由のひとつかも。
最も高い高速増殖炉はあと20年位で欧州で実用段階に入る予定だし。
でも風力は結構増えているよ。以下ATOMICAより引用。
エネルギー収支比
原子力: 76(ウラン濃縮に遠心分離を利用)
水力: 50
地熱: 31
原子力: 24(同じくガス拡散を利用)
石油火力: 21
石炭火力: 17
波力: 8
LNG火力: 6
風力: 6
太陽光: 5

発電システムの温暖化影響
石炭火力: 294
LNG火力: 218
石油火力: 212
波力: 35
風力: 34
太陽光: 33
地熱: 6.3
原子力: 5.7
水力: 4.8

総合的に見て原子力・地熱・水力ってところかな。


104 :名無しSUN:2007/02/18(日) 21:11:05 ID:/4Q0h0Eb
データが10年前なので風力に関しては今のエネルギー収支比は20くらい。
将来はもっと高くなる予定。

105 :名無しSUN:2007/02/20(火) 12:18:50 ID:hfFoKCAb
>102
そんなのいうまでもない。
温暖化問題のCO2主犯と言う俗説そのものが原子力業界のプロガバンダに他ならないからだ。


106 :名無しSUN:2007/02/20(火) 13:56:05 ID:hwvMbLdD
地球温暖化のエセ科学
http://tanakanews.com/070220warming.htm


107 :名無しSUN:2007/02/20(火) 14:11:24 ID:FzVUlr9u
風力なんて白くて優雅に見えるだけで、発電容量も少なすぎ。
騒音や漁業被害や渡り鳥に対する害など公害も意外にあって良い事無い。
雷や台風、果てはボルトの締め忘れ位で全壊する。
日本国内の発電適地に全て建てたとしても割合は20%に満たないという。
そんなありとあらゆる山と海岸が風車に埋め尽くされた風景なんてごめんだ。
しかも国内の風車の大半はデンマークやドイツからはるばる運ばれてくる。
日本は世界に冠たる地熱王国なのに、なぜ不安定な風力に頼ろうとするのか?
風力発電所の運営母体が散々原子力を推進してきた電力会社だから仕方が無い。
結局は目立つだけの電力会社の免罪符としての宣伝塔でしかない。

108 :名無しSUN:2007/02/20(火) 16:10:08 ID:SYffx/QQ
>>106
田中宇、この人、視点は面白いけれど、結局はネオコン派なんじゃない。


109 :名無しSUN:2007/02/20(火) 19:06:08 ID:hfFoKCAb
ウータソがネオコンだって?
ほかの記事見てからいうべきでは?

110 :名無しSUN:2007/02/20(火) 20:19:29 ID:b/uS6sFH
【ニュース速報】 CO2海底貯留へ法改正案 環境省
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1171970314/l50

111 :名無しSUN:2007/02/20(火) 20:21:55 ID:b/uS6sFH
【ニュース速報】 CO2海底貯留へ法改正案 環境省
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1171970314/l50

112 :名無しSUN:2007/02/20(火) 23:19:36 ID:fDTfkMgw
>>107
>風力発電
イギリス政府(の誰だったか忘れましたが)は
「風力発電は温暖化防止に向けたキーテクノロジー」と言ってたような。
田中宇の記事と繋がるね。

113 :名無しSUN:2007/02/20(火) 23:50:06 ID:fDTfkMgw
広瀬隆の著作によると、科学を無視する温暖化対策の「怪しげな正義」は
22年前のフィラハ会議の頃から気象専門家の間では不評だったことが書いてあるが、
その採択宣言の中に、「科学者と政治家や官僚などの政策決定者は、
地球温暖化を防止するための対策を協力して始めなければならない。」
とあるので初めから防止という姿勢でいたのかと思うと、政治的戦略というのは
ほんとうに気長でそつがないものだなと感じ入る。


114 :名無しSUN:2007/02/21(水) 12:58:12 ID:kP5RsDuZ
素人考えだけど植物って二酸化炭素多い方が育ちやすいんだよな?
排出量抑えるより木植えた方が皆幸せじゃね?

115 :名無しSUN:2007/02/21(水) 13:39:52 ID:ody8RBSC
>>107
しかし、何もない草原の巨大風車の真下に立つと、何とも言えず荘厳な気分になる。
風車の風を切る音がまた何とも言えない。まるで他の惑星に降り立ったような気分になる。
一度風車を見に行くといいかも。

116 :名無しSUN:2007/02/21(水) 14:29:14 ID:GlWHB3nU
>>114
木が枯れるとまた排出されるから。

117 :名無しSUN:2007/02/21(水) 16:09:32 ID:OpaSxWzM
>>108
どうして田中がネオコンだと思ったのかとても興味あるけど、
それ以前にこいつはただの電波


118 :名無しSUN:2007/02/21(水) 18:00:00 ID:iLqZcH24
>>116
メリットが大きい。
水資源の安定化。
沿岸部漁業の安定化。
生態系の安定化。

安定化とは急激な変化が起きにくいと言うことです。

119 :名無しSUN:2007/02/22(木) 09:08:57 ID:pydZY9hE
環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態 (単行本)
ビョルン・ロンボルグ (著), 山形 浩生 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163650806/


120 :名無しSUN:2007/02/22(木) 10:12:08 ID:AM6jDNat
>>117
彼の文章が裏の裏を読む内容だからなんじゃないか。


121 :名無しSUN:2007/02/22(木) 12:55:04 ID:y3G+2/r4
【ニュース速報】 【産油国涙目w】日本で年600万リットルのエタノールを生産可能に
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1172082110/l50

122 :名無しSUN:2007/02/22(木) 17:35:34 ID:ZYJGR/zD
>>121
技術大国日本だな

123 :名無しSUN:2007/02/22(木) 17:49:51 ID:Fny3nP3S
ブラジルではエタノールはとっくに実用化されてますが

124 :名無しSUN:2007/02/22(木) 17:59:09 ID:yebf6xUn
【環境行政とは何か?】

地球温暖化報道を科学する
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070221220931.html
乾式メタン発酵を科学する
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070221203356.html
狂牛病(BSE)を科学する
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070215002329.html
秋田県等における大量殺人行政を科学する(森林環境税&子育て支援税とは殺人税である)
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=sci&vi=1170024269
http://ame.dip.jp/ame/cosmos/070210082256.html



45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)