2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■恒星間宇宙旅行を考える■■

1 :名無しSUN:2007/01/18(木) 22:04:29 ID:iPFc4Q7l
  前提条件
@今使える技術を使う
A金はいくら使っても良い
B地球には帰ってくる
C何世代かかってもよい
D事故は起きないものとする




2 ::2007/01/18(木) 22:11:32 ID:iSXt9q8b
板違い です

3 :名無しSUN:2007/01/18(木) 22:14:20 ID:rYdIDfgz
まあ いいんじゃないか 

4 :名無しSUN:2007/01/18(木) 22:18:11 ID:E8tl+PhT
ラーマみたいに延々と主星でスイングバイをするんですね

5 :名無しSUN:2007/01/18(木) 22:18:26 ID:iSXt9q8b
そうだね、じゃあ考えてみる。

目的地は特になし?

6 :名無しSUN:2007/01/18(木) 22:25:45 ID:2X3p/uAD
死ぬかもしれんがとりあえずコールドスリープ使えば行けるんじゃないか?

7 :名無しSUN:2007/01/18(木) 23:14:27 ID:bsHvgtB7
板違い気味かつ重複気味

50億年以内に恒星間宇宙船ができるか
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/sky/1117801848/

8 :名無しSUN:2007/01/19(金) 01:39:24 ID:nwacUmC9
じゃあ、盛り上がらなかったら終了。

9 :名無しSUN:2007/01/19(金) 09:39:39 ID:j8cTVaFV
目的地はαケンタウリでいいだろ。
コールドスリープは妄想だから却下。
とりあえず光速にどこまで近付ける?
スイングバイ繰り返してもいいけど
遠心力で死なない程度じゃないとな。

10 :名無しSUN:2007/01/19(金) 19:37:07 ID:YNR0KxgW
光子ロケットで比較的近い恒星へ行く。例えばアルファケンタウリやシリウスとか。

11 :名無しSUN:2007/01/19(金) 22:59:04 ID:B9SuLCDp
>>10
光子ロケットってなんだよ(プ

ベンフォとかラリーニーブンで語り尽くされてるが〜
レーザー推進か、核爆発推進かな。


12 :名無しSUN:2007/01/19(金) 23:06:28 ID:FFo/9GEn
光と同じ速さで進むロケットだよ。
たとえば地球から月まで1.3秒で着くんだよ。

13 :名無しSUN:2007/01/19(金) 23:46:33 ID:TVNBxaKb
イオンエンジンだと何年かかるかな?

14 :名無しSUN:2007/01/19(金) 23:50:16 ID:fdTDXmrz
みつこロケット?
陽子ロケットは?

15 :名無しSUN:2007/01/19(金) 23:53:35 ID:a/3regYD
タイトルは「恒星間旅行を考える」でいいだろ。

宇宙じゃない恒星間って無いからな


16 :名無しSUN:2007/01/19(金) 23:56:08 ID:uAEgfkCs
例えば1Gで加速していったらどのくらい
で秒速30万キロに達するんだよ 

17 :名無しSUN:2007/01/20(土) 00:04:44 ID:fJl7fTMN
またワープとか書くバカが
50レスを越えると出てくる。
間違いない。

18 :名無しSUN:2007/01/20(土) 00:07:58 ID:fJl7fTMN
>>15
軽やかにヌルーされたな

19 :名無しSUN:2007/01/20(土) 00:13:31 ID:c97LNh8Q
ワープ

20 :名無しSUN:2007/01/20(土) 00:34:01 ID:s9YvcRks
俺、シリウスやカノープスへ行ってみたいな。近くで見たらどういうふうに見えるのかなあ? 太陽以上にまぶしいのかなあ?

21 :名無しSUN:2007/01/20(土) 01:14:45 ID:s7TJq30+
何百年もかかるなら、遺伝子組み換え乗組員も開発しないとな、
長寿命、少食、変異しにくい遺伝子、対曝性、協調性、優れた知能と容姿。
食料と船内スペースの節約のため、身体の成長は10年でとまるようにする。
同様の理由で男はいらん、冷凍精子でいいよな。

どうしても初代船長になってくれといはれたらどうしよう

22 :名無しSUN:2007/01/20(土) 01:31:36 ID:fpJ7zLN+
まず@を読んで理解できる人間が船長になるべきですね。

23 :名無しSUN:2007/01/20(土) 19:53:48 ID:llivgSV1
>22
今生きてる人間を搬送する前提に立たなければ「2001夜」で既出かと
元ネタがあるかどうかは知りませんが

24 :名無しSUN:2007/01/21(日) 01:11:15 ID:/8nhPDVy
今出来そうな技術だと、

太陽スイングバイ+原子力ロケットで太陽系脱出

そのあとはイオンエンジンで延々と加速→減速

アルケンAとB、残りの推進剤を全て使ってスイングバイで帰還コース

減速は数世紀後の技術(お迎え)に期待

こんな感じ?


25 :名無しSUN:2007/01/21(日) 01:43:17 ID:w68BgUIx
D事故は起きないものとする
とはいえ、超高速で移動する宇宙船に小石でも当たろうものならガクブルなのでは

26 :にしきごい ◆vxB1ssirVM :2007/01/21(日) 08:52:48 ID:V96exL7L
今現在恒星間飛行の話は聞かないがな。

27 :名無しSUN:2007/01/21(日) 09:29:45 ID:WwnBtK/m
亜光速船でαケンタウリまで行く。相対性理論から、旅行者にとっては4.3年の時間は流れない。
極端にいうと亜光速なら旅行者にとっては一瞬でαケンタウリまで行ける。αケンタウリレベル
ならむしろ加速度が限界。重力加速度+αで加速・減速し続けながら旅行すると結局数年かかる。

28 :名無しSUN:2007/01/21(日) 16:39:07 ID:yBjUkp9C
乗員にとっての数年ですか?
加速できれば現実的な話になるの?

29 :名無しSUN:2007/01/21(日) 16:54:02 ID:N3MP9Nr0
星間物質を収集しながら行くか…。 

30 :名無しSUN:2007/01/21(日) 17:26:46 ID:UbpNels7
ダイダロス計画って昔あったよね

31 :名無しSUN:2007/01/21(日) 17:36:43 ID:LVtU/v8C
何それ?

32 :名無しSUN:2007/01/21(日) 18:03:41 ID:UbpNels7
確か、直径3p位の小型核爆弾を毎秒250個、船尾についている巨大なおわんの中で
爆発させて高速の10パーセントまでの推力を得ようってやつだったよ。
4、50年かけてバーナード星に行こうか?ってやつ。

33 :名無しSUN:2007/01/21(日) 18:07:08 ID:UbpNels7
あっ、Wikipediaに詳しくかいてある。

34 :名無しSUN:2007/01/21(日) 18:09:03 ID:iHqT3MBo
>>30
昔あった「OMUNI」って科学雑誌で見たな
当時の計画じゃ日本もスペースシャトル作ってバンバン宇宙に行ってるはずだったのに


35 :名無しSUN:2007/01/21(日) 18:20:01 ID:58a+x5cK
なんか瞬間的な強劣なGと放射線でやられちゃいそう 

36 :名無しSUN:2007/01/21(日) 18:44:51 ID:rT3NpmLF
核爆発を利用したエンジンを開発するだけで、
百年以上かかってしまいそうやね


37 :名無しSUN:2007/01/21(日) 20:43:49 ID:GAJKd6NE
5年で充分だろ

38 :名無しSUN:2007/01/22(月) 18:41:05 ID:nZDSbzpD
過疎スレが自己上げしてるな

39 :名無しSUN:2007/01/22(月) 19:30:29 ID:AKUxf5Cz
太陽系全体も恒星間宇宙旅行してるって考えりゃ…

40 :名無しSUN:2007/01/22(月) 20:58:45 ID:OH60jrJj
原子を電磁力を使って超振動させると高熱を発する。
そのまま高熱を発する状態をこれまた電磁力で維持する。
すると部分的核融合を起こす。
この時生じる熱を電気エネルギーに変換し、電磁力の相乗効果を作り出す。
相乗効果によって原子の部分的極衝突を発生させ、マイクロブラックホール(MBH)を作る。
この時出来上がったMBHはコンマ以下秒で蒸発するので電磁力で纏め上げて衝突合体させる。
出来上がった安定型MBHを電磁カーゴで捕らえて安定した状態に保つ。
このMBHを利用した空間移動システムを確立する。
MBH回転を止めてAからBに向かって変化させる事により、オールで水を漕ぐような重力変化が起こせる。
これを瞬間的に反復することで、亜光速以上の推進力を得ることが出来る。
実質上数光年を数十分で移動するような状況が出来るだろう。
乗組員はMBHの重力の支配下にあるのでGは掛からない。


41 :名無しSUN:2007/01/23(火) 14:48:11 ID:4gZa1qu+
解った。いくらかかるんだ?


42 :名無しSUN:2007/01/24(水) 11:02:51 ID:94RNuVUh
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1092452533/195-201

43 :名無しSUN:2007/01/24(水) 19:22:36 ID:MvwThhLK
>>40って星野之宣の2001夜物語にあるH・S・C(超空間飛行体)と重力場ミラー効果のパクリじゃねーか。

44 :名無しSUN:2007/01/27(土) 01:48:43 ID:Cqdv94ck
age


45 :名無しSUN:2007/01/29(月) 15:15:01 ID:SdtikSxg

ノノ「わーぷですっ!!!」



46 :名無しSUN:2007/02/01(木) 11:27:10 ID:ISJdrOYj
僕のモーニングオナニー力で、シリウスくらいには行けませんかね?w

47 :名無しSUN:2007/02/01(木) 12:46:28 ID:Syv2NLJA
何世代かかっていい+事故が起きないっていう条件なら
居住スペースさえきちんと作れればいけるんじゃね?
何百年かかるか知らんが

48 :名無しSUN:2007/02/01(木) 14:08:30 ID:YeqvQdMF
誰か片道覚悟で行ってほしいな

49 :名無しSUN:2007/02/01(木) 23:13:07 ID:+QP+uDKc
宇宙飛行士はみんな片道覚悟してるぞ

50 :名無しSUN:2007/02/02(金) 11:51:26 ID:RiNQa51f
大戦末期の帝國海軍の飛行兵もな

51 :名無しSUN:2007/02/02(金) 11:59:47 ID:zbAETKmE
まずは火星に片道で行ってみよう

52 :名無しSUN:2007/02/04(日) 22:10:39 ID:J12UHNkB
>>50
こらっ!陸軍航空兵も忘れるな!


53 :名無しSUN:2007/02/05(月) 13:06:37 ID:SY7sDNBv
エンジンの音〜、轟々と〜、隼はゆく〜♪

てか、零戦の唄ってないよな・・・スレ違いだが、知ってる?

54 :名無しSUN:2007/02/05(月) 13:55:11 ID:Uff0wUrV
>>1
人間が乗っていなくても良いのか?
「旅行」と書いてあるから、人間が乗っているのも前提か?

 >B地球には帰ってくる
これがちょっと厳しいな。

55 :名無しSUN:2007/02/05(月) 22:14:29 ID:B+xqXXAi
まず目的地の星系を通過するならともかく
止めるとなるとエライことだよな、、

56 :名無しSUN:2007/02/06(火) 00:04:41 ID:urZmMRbF
αケンタウリなら主星と伴星を上手に使えばUターンならできるのではと>>24がいってるけど。

>@今使える技術を使う

ではやはり厳しいかなと思う。
どこら辺が無理っぽいか難しい事はよくわからんがたとえば百年後とかに再点火可能なロケットて出来るのか?
機械がぼろぼろになったり推進剤がダメになったりしないのかな?

 だ れ か お し え て く だ さ い ナ

57 :名無しSUN:2007/02/08(木) 05:36:29 ID:2FerRetq
普通にパラシュートでいいだろ?直径数十キロくらいの

58 :名無しSUN:2007/02/19(月) 15:13:03 ID:y6u46Kwn
月面を一周するリニアを使えば光速近くまで加速できないかな?

59 :名無しSUN:2007/02/19(月) 18:33:21 ID:Dql583QL
>>58
遠心力のGに耐えられないだろうな、、、

60 :名無しSUN:2007/02/19(月) 22:59:03 ID:y6u46Kwn
なかなかむずかしいな

61 :名無しSUN:2007/02/20(火) 00:01:42 ID:z8HqiAPv
やっぱタイムスパンを人間の寿命にあわせちゃダメなんだろうな、、
1万年とか10万年スパンで考えないと恒星間の移動なんぞ考えちゃダメだべ、、

62 :名無しSUN:2007/02/20(火) 00:06:57 ID:w/vH7lt4
数年で行けるくらいじゃないとおもしろみがないんだよなー

63 :名無しSUN:2007/02/20(火) 01:15:40 ID:z8HqiAPv
まず、光速の10%(秒速3万キロ)とか仮に出せたとしても、星間物質と衝突した場合の衝撃が
桁違いの物になるだろうし、、、ちと現実的ではない。
だからダイダロスのような宇宙船はちと問題ありかと、、、とするならば、ある程度物が衝突したくらい
ではへこたれないもんっつったら、推進機関を無しにして、こちら側からレーザー等々で押すような
もんなら良いかもしれんね、、、宇宙船の本体の大部分はこのレーザー等の力を受ける帆の部分にして、
重量をめっさ軽くして、超小型の観測機器も分散させて複数積ませて、この帆の部分を使って通信も
するってことにすれば、、ただ当然これは無人だし、恒星間宇宙旅行じゃなくなるが、、
まあダイダロスも無人っつうことで考えられたんだが、、

64 :名無しSUN:2007/02/20(火) 09:18:09 ID:w/vH7lt4
無人でもいいから短期間で行けるならいいぞ。光速での衝突は二回に一回とかでも死刑囚使えば有人でもできそうだな

65 :名無しSUN:2007/02/20(火) 23:25:19 ID:z8HqiAPv
>>64
有人じゃあ無理だべ。上の方法はなんかの本で読んだが、探査機自体は超薄い膜のような
もので、直径2kmくらいで重さ数十グラムとか、そんでレーザーを当てて亜光速までもってく
みたいな感じじゃなかったかな、、、ナノテクノロジーでその重さの中に通信機器から何から何まで
詰め込むみたいな感じで、、

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)