2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■室戸vs枕崎vs伊勢湾vs第二室戸■

1 :名無しSUN:2006/09/15(金) 00:37:42 ID:vKuMcc/X
上陸気圧930hpa未満 ■室戸vs枕崎vs伊勢湾vs第二室戸■

<ネ申>
室戸台風  上陸時気圧911hPa 1934年09月21日
枕崎台風  上陸時気圧916hPa 1945年09月17日
伊勢湾台風 上陸時気圧929hpa 1959年09月26日
第二室戸台風上陸時気圧925hpa 1961年09月16日

1934〜1961年の27年間で、930hpa未満の勢力で上陸した台風は4つもあった。
しかし第二室戸以降の45年間、倍近い年月をかけても、
上陸時気圧930hpa未満の台風は襲来していない。

なぜ台風は弱体化したのか?
今後、かつてのような超A級台風(かつての気象区分で930hpa未満の台風)
の勢力のまま上陸する台風は、もう現れないのか?


2 :名無しSUN:2006/09/15(金) 01:31:23 ID:IS8tVfRD
にだ

3 :名無しSUN:2006/09/15(金) 05:59:16 ID:oD4TnufX
重複

【昭和】歴代台風格付け【平成】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1126974394/

4 :夏の寒冷化≒台風の弱体化:2006/09/15(金) 10:34:52 ID:vKuMcc/X
■東京(大手町)の平年値

1941-1970年最高気温平均/1971-2000年最高気温平均
6月:25.3℃/6月:25.2℃(▲0.1℃低下)
7月:29.2℃/7月:29.0℃(▲0.2℃低下)
8月:31.0℃/8月:30.8℃(▲0.2℃低下)
9月:27.0℃/9月:26.8℃(▲0.2℃低下)

1941-1970年の真夏日平年値:47.1日
1971-2000年の真夏日平年値:45.6日(▲1.5日減少)

1941-1970年の夏日平年値:108.0日
1971-2000年の夏日平年値:106.1日(▲1.9日減少)

最高気温の平均、真夏日・夏日、いずれもこの60年間で減少。
体感イメージを一切排除した、あくまで客観的なデータが示している事実。

ではなぜ、東京の夏は寒冷化したのですか?
マスコミは「温暖化」という、寒冷化しているデータの
真実と逆のウソを流布しているのは許せません!


5 :名無しSUN:2006/09/15(金) 21:38:25 ID:vKuMcc/X
枕崎台風再来激しくキボンヌ!!!!!!!!!!!!

6 :名無しSUN:2006/09/15(金) 22:07:53 ID:vKuMcc/X
シーボルト級再来激しくキボンヌ!!!!

7 :名無しSUN:2006/09/16(土) 10:53:47 ID:lNlGEVI6
しかし南西諸島通過時では925hpクラスは今でもあるが、
本土上陸時にこのクラスはもう45年来ていない。

台風氷河期はいつまで続くのか。

8 :名無しSUN:2006/09/16(土) 17:33:24 ID:emaV/GcO
伊勢湾台風
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~hulk/Isewantaihuu-tenkizu.HTM


9 :名無しSUN:2006/09/18(月) 13:08:23 ID:k1W114Uz
950hpa未満で上陸した台風は、
1934〜1971年の37年間で10個
1972〜2006年の34年間で4個

●1934〜1971年 <栄光の37年間>
911hp 1934年09月21日(室戸台風)
916hp 1945年09月17日(枕崎台風)
925hp 1961年09月16日(第二室戸)
929hp 1959年09月26日(伊勢湾)
935hp 1951年10月14日(ルース)
940hp 1955年09月29日
940hp 1965年08月06日
940hp 1965年09月10日
940hp 1971年08月29日
945hp 1964年09月24日

●1972〜2004年 <ヘタレ続きの34年間>
930hp 1993年09月03日
940hp 1991年09月27日
945hp 1990年09月19日
945hp 2004年09月07日


10 :修正:2006/09/18(月) 21:33:59 ID:k1W114Uz
<950hPa未満で上陸した台風>
 ・1934〜1971年の37年間で11個
 ・1972〜2006年の34年間で 4個

●1934〜1971年 <栄光の37年間>
911hPa 1934年09月21日(室戸台風)
916hPa 1945年09月17日(枕崎台風)
925hPa 1961年09月16日(第二室戸)
929hPa 1959年09月26日(伊勢湾)
935hPa 1951年10月14日(ルース)
940hPa 1955年09月29日
940hPa 1965年08月06日
940hPa 1965年09月10日
940hPa 1971年08月29日
945hPa 1964年09月24日
945hPa 1970年08月14日

●1972〜2004年 <ヘタレ続きの34年間>
930hPa 1993年09月03日
940hPa 1991年09月27日
945hPa 1990年09月19日
945hPa 2004年09月07日


11 :名無しSUN:2006/09/24(日) 22:39:35 ID:ehZV1rhd

> 911hPa 1934年09月21日(室戸台風)
> 916hPa 1945年09月17日(枕崎台風)
> 925hPa 1961年09月16日(第二室戸)
> 929hPa 1959年09月26日(伊勢湾)
こいつら別格だよな
衛星監視下で見てみたかった

12 :名無しSUN:2006/09/24(日) 23:02:37 ID:7kT+U4ko
>>11
室戸の本土接近当時は、朝鮮半島方面にこの時期としては優勢な高気
圧が張り出して、鹿児島→宮崎と通過した寒冷前線が、上陸時前後には
高知付近まで達していたようだ。(4時30分24.1℃→5時22.1℃)
襲来前の海水温も、付近を航行した船舶のデータでみると第二室戸当時
より1℃程度低くなっているし、どうみてもあんな気圧が観測されるよう
な条件だったとは思えん。


13 :名無しSUN:2006/09/24(日) 23:14:10 ID:ehZV1rhd
>>12

でも室戸の記録は実測だもんね 重みあるよな


14 :名無しSUN:2006/09/24(日) 23:32:21 ID:PmAyIBkS
室戸台風は上陸時900hPa以下だったからな。
温帯地方としては驚異的な記録だ。

15 :名無しSUN:2006/09/25(月) 00:04:08 ID:ehZV1rhd
>>14
すぐ上に書いてある気圧さえ読めない


16 :名無しSUN:2006/09/25(月) 00:38:27 ID:yeZ82lTO
室戸台風は上陸時の気圧よりさらに低い気圧が進路各地で観測されていた
これを上陸後に発達したというより上陸時の室戸の実際の気圧はもっと低かった(900mb未満?)と考える説もある

17 :名無しSUN:2006/09/25(月) 00:45:39 ID:yeZ82lTO
あと、上陸前にすでに温低化していて上陸後に再発達した可能性もある説を前スレ?で読んだ
これなら寒気や低海水温の疑問も説明つくかもしれない?

18 :名無しSUN:2006/09/25(月) 00:48:44 ID:/yO45Fuk
>>17
目に入った証言イッパイあるのに温低??

19 :名無しSUN:2006/09/25(月) 05:44:48 ID:+8todYyz
>>13
実測そのものがどこまで信頼性があるのかをまず問わないといけない。
その後に発展した気象学知識とどこまで整合性がとれるのかな。
気象予報士クラスの実力がある人なら、一度当時の原資料にあたってみ
ればおかしな点はいくらでも見つかると思うゾ。

>>14
上陸地点とされている加領郷付近で眼現象が発生したということで、室戸から
の距離で単純計算してるんだが、高知付近まで寒冷前線が近づいてるのは確か。

寒冷前線の風向は南西〜北西と順転するから、その影響で風が相殺されたのと
風向の順転で上陸地と間違えられたとも考えられる。当時の気象学者は室戸付
近を副低気圧が通過したと考えているが実際は室戸付近上陸と考えたって説明
はつくはず。

>>16
どの資料を探しても当時室戸岬以外にそれ以下の気圧を観測してる地点は無い。


>>17
当時の状況は、台風を衰弱させるには十分な寒気だが温低として再発達させる
には不十分なものでしかない。それに上陸後は急速に衰弱したことは当時の観
測網からも確かだ。

枕崎や第二室戸では、上陸寸前に中心近くまで寒気が侵入していた形跡は認め
られないから熱帯低気圧的な性格を室戸よりずっと保っていたことになるが、
それより遥かに温低化していた室戸の方が勢力が強いとはどうも考えにくいな。

20 :名無しSUN:2006/09/25(月) 06:07:00 ID:psKCLTOY
>>15
お前は無知。

室戸台風は室戸岬に上陸したわけじゃない。
24kmも離れた場所に上陸、眼の直径わずか8kmと言うことを考えれば
900hPa以下と考えるのが妥当で894hPaだとする説もある。

21 :名無しSUN:2006/09/25(月) 07:01:26 ID:+8todYyz
>>20
15じゃないが「気象要覧」も「室戸颱風調査報告」もオリジナルを所有
して隅々まで読み込んでる者として言うが、当時の未熟な解析を頭から
信用するのはどうかと思うぞ。

アマならともかく、プロなら心情倫理≠ニ責任倫理≠フどっちに
偏り過ぎるのも好ましくない。

22 :名無しSUN:2006/09/25(月) 07:05:31 ID:psKCLTOY
上陸時900hPa以下、しかも温帯地方ということを考えると室戸台風は驚異的といえるな。

23 :名無しSUN:2006/09/25(月) 09:25:49 ID:+8todYyz
室戸台風なら調査報告書を保存分と研究分の2冊個人所有している年寄り
が来ましたゾ。
室戸台風は、気象庁予報部『予報作業指針』(台風予報),1990の中で、
比較的強い台風循環が弱い傾圧帯に進入した場合の温低化例≠ノ該当
するようですナ。

洞爺丸台風についても、襲来当時とその後の研究の進展でいろいろ修正
が必要になっているようですし、それより遥かに昔の台風については
当然再検討されてよいでせう。
ただし加齢臭を振りまいての書き込みは自分で読み返してもorzですし、
室戸については来年あたり学会誌に投稿してみやうかと思っております。


24 :名無しSUN:2006/09/25(月) 09:26:21 ID:yeZ82lTO
>>19
どうもうろ覚えの情報で書き込んでしまったスマソ
しかし室戸が枕崎や第二室戸より上陸時勢力の衰えが大きかったとなると、室戸の観測値はかなりズレていたということか
あるいはよほど強い(900hpaをだいぶ下回る)勢力で接近したのかもしれん

25 :名無しSUN:2006/09/25(月) 20:06:37 ID:psKCLTOY
上陸時の気圧比較

室戸台風=900hPa以下(894hPa?)
枕崎台風=915〜916hPa
第二室戸=925hPa
伊勢湾台風=929hPa

枕崎もすごいがやはり室戸は別格と言える。

26 :名無しSUN:2006/09/25(月) 20:56:22 ID:+8todYyz
>>24
>室戸台風=900hPa以下(894hPa?)

23の気象庁予報部『予報作業指針』(台風予報),1990の一部が天気
予報技術研究会編の書物に引用されてるが、それによると、台風が中
緯度に深く進入しても、台風の中心意気に暖気核(ウォーム・コア)
が存続している間は温帯低気圧とは認められないし、当然前線も形成
されない、とされている。

1室戸の上陸当時、前線が形成されて中心近くまで達していたとすると
900hPa以下を維持するようなウォーム・コアの形成は不可能なんじゃね。


27 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:01:23 ID:B79fnDvj
900以下での本土上陸となると現代でさえも10万人規模の死者が出てもなんらおかしくと考えるが、当時の死者数からすると900以下はやはり無いだろ。

28 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:14:24 ID:qEIm/AY+
>>27
バングラデシュみたいな広大かつ人口密集の低地デルタが日本に存在していて、そこで高潮が起きればな。

29 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:14:57 ID:psKCLTOY
上陸時900hPa以下の台風は室戸台風を除くとここ300年くらいではシーボルト台風に可能性があるくらいだな。
それを考えても室戸台風の記録がいかにすごいかがわかる。300年に一度あるかないかのレベルか?

30 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:23:38 ID:VlpwQ8+Q
>>29
根拠も無く900割れ認定するDQNの巣か



31 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:28:53 ID:B79fnDvj
君は阪神大震災前夜の評論家みたいな楽観主義者だな、例えば900で大阪平野に入れば原爆級の死者がでるぞ

32 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:32:53 ID:5H/PS51a
室戸900割れで死者10万というシュミレーションを探しています。

33 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:53:11 ID:psKCLTOY
根拠はちゃんと書いてあるんだがw
日本語も読めないらしいなw

っていうか、このスレ馬鹿が多すぎw
死者10万人とか馬鹿じゃねーのか?

34 :名無しSUN:2006/09/25(月) 21:59:40 ID:VlpwQ8+Q
>>33
お前より馬鹿はいないよ

35 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:00:56 ID:47e87/FB
仮に900で大阪平野でも非常事態宣言とか厳戒令が出て百名以下
の犠牲に収まるんじゃないのか

36 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:03:07 ID:B79fnDvj
人口密集地では何万台もの車が空から降ってくる。

37 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:04:09 ID:psKCLTOY
ID:VlpwQ8+Qは俺の根拠にまともに反論も出来ない腰抜けのクズ。
まぁ、無知なんだから反論のしようもないよなw カワイソー 

38 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:05:11 ID:0+h69qaG
>>36ブラックホールの話題は別スレへ

39 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:05:33 ID:psKCLTOY
>>35
現在ならそんなもんだろうね。

40 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:08:21 ID:wKrAZpMV
>>33
当時の観測点分布 機器の制度
残されたかすかな証言資料 (しかも伝聞)
でここまで決め付けれるあんたは何様

41 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:13:28 ID:psKCLTOY
>>40
少なくてもお前みたいなレベルの低いクソより俺のほうが知識は上。


42 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:15:46 ID:wKrAZpMV
>>41
どこがクソか論理的に説明してみ

43 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:22:34 ID:wKrAZpMV
>>41
ぬるぽスレで死ね連呼するレベルか

ごめんねもういじめないから

44 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:35:12 ID:psKCLTOY
結局俺が具体的に示した900hPa割れの根拠、
2つも出してるのにどちらにも反論できずに逃げ出すだけだったなw カワイソー

45 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:40:34 ID:wKrAZpMV
>>44
いじめないって言ったけど
ここまでドキュン厨だと
地獄の底まで虐めたくなるおじさんは
サド?

46 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:45:24 ID:psKCLTOY
で、俺が具体的に示した900hPa割れの根拠についての反論はできないようだな。
お前みたいな知識のないクズは関係ない話題でしかレスできないw カワイソー

47 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:54:15 ID:wKrAZpMV
>>46
40読んだ?制度は制度に訂正

どこがクソかもちゃんと説明してね
後アンカー打ってどのレスへの返答か明確にしてね

48 :名無しSUN:2006/09/25(月) 22:58:33 ID:yeZ82lTO
目の大きさがわずか8キロといわれる根拠は目撃証言だと思われるがその信憑性
室戸で計測した当時の気圧計の精度
これについて教えてください

49 :名無しSUN:2006/09/25(月) 23:12:34 ID:wKrAZpMV
>>48

気圧計は
フォルタン水銀気圧計と自記気圧計
らしいが後者精度悪いらしい

あとは観測員が新米




50 :名無しSUN:2006/09/25(月) 23:50:42 ID:psKCLTOY
>>48
観測された気圧は自記気圧計の値を海面更正したものなので水銀気圧計の精度より落ちる。
しかし公式に認められた記録なのでもちろんそれなりの信頼度はある。

眼の大きさが8km以下というのは室戸台風調査報告による。
台風の規模に比べて驚異的に小さい。

51 :名無しSUN:2006/09/25(月) 23:53:06 ID:psKCLTOY
>制度は制度に訂正
意味わからねぇ書き込みしてるんじゃねーぞ!


52 :名無しSUN:2006/09/26(火) 01:05:34 ID:t1j3nEnr
>>50
その、台風の規模に比べて目が驚異的に小さいというのが常識的には理解され難い気もする
900hpaに近い台風の上陸など他に例がないしそうだったといわれればどうしようもないが

53 :名無しSUN:2006/09/26(火) 01:09:18 ID:t1j3nEnr
dat落ちしてますが一応前スレ貼っておきます
伊勢湾台風VS室戸台風
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1081224670/

54 :19&26:2006/09/26(火) 08:58:47 ID:gKPr9bSv
室戸台風が900hPa以下で上陸したっていうのは「室戸颱風調査報告」で
当時の神戸海洋気象台の堀口氏が言ってるんで、その後の気象学の発展の
なかで誰かが言い出した説ってわけじゃない。

むしろ、当時の気象学の大立者である岡田武松氏や藤原咲平氏、及び大谷
東平氏などの著作では、900hPa以下の可能性について言及していない。
いわば身内同士ということを考えると、無視≠ニいう形で900以下の推定
を実質的に否定したと考えてもいい。

それが思い出したように取り上げられるようになったのは、1962年の台風シ
ンポジウムでアメリカのハリケーンの記録が紹介されたあたりからだ。
その後の気象学の進展で、室戸台風の900以下の可能性が補強されたわけ
じゃなく、ひたすら根拠を「調査報告」においているだけで劣化コピーと
いってもいいくらいだ。

ちなみに、「調査報告」では室戸測候所の観測担当者が、「我国の観測は
極めて厳密でどこの測候所の測定でも定時に水銀晴雨計で同じ気圧を測っ
て0.1粍以上の相違は起こさないものである」と書いている。

学術論文でこんな表現をとること自体、室戸岬での測定値自体が当時から
疑問を呈されていたことを示しているし、定時での観測の正確さが非常時
の観測の正確さを保証するわけじゃないのに、プロらしくもない書き方だw

55 :名無しSUN:2006/09/26(火) 09:04:37 ID:2Inu+VKk
一度でいいから室戸台風みたいな900hPa以下で上陸する台風を体験してみたいものだ。

56 :名無しSUN:2006/09/26(火) 09:07:37 ID:2Inu+VKk
上陸地点が室戸岬から24kmも離れてること、
眼が非常に小さく中心付近の気圧傾度が極めて大きな台風だったことを考えると
上陸時の気圧は900hPa以下と考えるのが妥当だな。

57 :19&26&54:2006/09/26(火) 10:58:03 ID:gKPr9bSv
>>56
>上陸地点が室戸岬から24kmも離れてること
上記の堀口氏はそう推定したが、その付近まで寒冷前線が迫ってた
ことを考慮していない。900hPa以下の台風の中心付近まで前線が
迫ってる例があったら教えてもらいたいw

また寒冷前線通過の風向は南西〜北西へと順転するし、台風との
位置関係で風が相殺されて台風眼と間違えられるケースは、戦後
にだって犯されてるんだしww


58 :名無しSUN:2006/09/26(火) 13:34:13 ID:HfSl6vtO
地球の温暖化によって傾圧性が日本付近で弱まり、
偏西風に乗るまでの時間(経路)が長くなり、台風が摩擦などで幾分衰えてから
日本に上陸するようになったのかも。
大寒冷時代は大陸の放射冷却が強く、日本付近の傾圧性が強いため、
台風発生・最盛期から偏西風に乗るまでの時間が短く、
速い速度で日本に北上、しかも傾圧帯の北側の寒気の刺激も受けて、
強い勢力のまま日本に上陸しやすかったのかも。

あくまで仮説。

59 :名無しSUN:2006/09/26(火) 16:54:09 ID:2Inu+VKk
>>57
それじゃ、中心付近まで寒冷前線が迫っていながら実測で910hPa近い記録を出した他の台風を教えてくれ。
大体中心付近まで寒冷前線が迫っていたことが上陸時900hPa以下否定の根拠にならないしなw

実際に室戸台風が寒冷前線が近くまで迫っていながら実測値でも900hPaに迫る数字たたき出してるんだし。

60 :名無しSUN:2006/09/26(火) 17:52:01 ID:gKPr9bSv
>>59
とてもマジとは思えんレスだが釣りかw
第一、前線が形成されるようじゃ台風の中心域の暖気核(ウォーム・コア)
はもう崩壊に近いことは誰でもわかるだろww













61 :名無しSUN:2006/09/26(火) 18:18:37 ID:2Inu+VKk
しかし本当に馬鹿だな、お前。

室戸台風は前線が形成されかけてて900hPa近い実測値をたたき出してるんだがw
もし、室戸岬で900hPa以下の数字たたき出してたらお前みたいな頭のおかしい奴は、それすら否定するんだろうなw
そして否定する理由は前線が形成されるようじゃ台風の中心域の暖気核(ウォーム・コア)
はもう崩壊に近いからってか?(プッ!



62 :名無しSUN:2006/09/26(火) 19:13:39 ID:mGETkPzi
室戸の894mb上陸説に賛成!

63 :名無しSUN:2006/09/26(火) 19:27:33 ID:I46/9mKv
まず室戸の最低気圧は多分に怪しいが実測値としてある程度尊重すべき数字だと思う
対して上陸時中心気圧が900hpa以下という推測は、上陸地点?の住人が目?を目撃した?というかなり不確かな情報に基づくに過ぎない
一方で、前線に達した台風だから900hpa前後の中心気圧はありえないという断言も論理的な説得力に乏しい気がする
いま同じような気圧配置のところに再び室戸級の台風が来ない限り検証のしようがないだろうな
俺の住むとこには絶対こないで欲しいがw

64 :名無しSUN:2006/09/26(火) 19:41:27 ID:mGETkPzi
室戸は不確定要素が多いが、枕崎は鹿児島でも922mbで、
各地でかなり信憑性の高い気圧が観測されている。
枕崎の実績も凄いな。

でも紀伊半島で929mbを観測した伊勢湾の底力も凄いと思う。

第二室戸の大阪での937mbも神だな。
第一室戸は大阪では947mbだった。

65 :名無しSUN:2006/09/26(火) 20:03:32 ID:3teT2oWI

今日も900以下クン元気だな

沖永良部にでも引っ越してみたらどうだ

66 :名無しSUN:2006/09/26(火) 20:33:19 ID:HfSl6vtO
前線解析の手法が昔と今とでは極端に違う気がするのだが、
昔の天気図を見ると今では有り得ない様な場所に単独の
温暖・寒冷前線がいくつも描かれていたりする(今は主力の前線のみ表現しているような感じ)。

前線解析の専門家ではないので、よく分からないが、
その辺から議論をスタートさせて見てはどうだろう?

67 :名無しSUN:2006/09/26(火) 21:12:11 ID:I46/9mKv
いま東海道沖にある低気圧も昔なら熱帯低気圧−台風と解釈されたかもしれないね

68 :名無しSUN:2006/09/26(火) 22:06:25 ID:TECG2eUT
山地にはね返った風が、海からの風とぶつかった海岸線付近に前線を表示したりしてたようなこともあったな。

69 :名無しSUN:2006/09/26(火) 23:27:38 ID:gKPr9bSv
老母の介護でバテ気味の老骨が来ましたゾ
室戸颱風については、多分皆さんの生涯より長く研究を継続しておりますが、
老骨が若い頃にオフレコで聞いた話では、戦前の地方官署では、台風時に停
電がつきもので水銀気圧計の読み取りの桁を誤ることもあったとのことです。

また自記気圧計の示度調整が難物で、もっとも普及していたリシャール製や
その国産化した製品は、単純に指針を調整したのでは倍率が狂ってしまうも
のでもあったようです。(緊急時に裏底のネジを回転して示度調整するのは
ベテランでないと中々困難)

室戸の場合がそうだという証拠はないが、国際連盟を脱退するなどいわば、
北朝鮮化を辿っていた当時の日本のこと、先進国にあるまじき大災害を与
えた台風は世界的なものでないとメンツが立たん風潮はあったようですナ。

枕崎台風は幸い?アメリカ軍とアメリカ気象局で500hPa天気図まで作成され
ており、老骨が確認したところでは、そのウォーム・コアの巨大さは第二室戸
や伊勢湾を上回っておりまして、その天気図からは地上の前線は検出できそう
もないし、その点で室戸の参考には全然ならないのが実際のところです。なお
部外ですが、佐田岬灯台でも枕崎は930台の気圧を観測しております。

>>64
>第一室戸は大阪では947mbだった。
大阪では954.1であり、第二室戸937.0と1912年の台風の953.2に次ぐbR。

70 :名無しSUN:2006/09/26(火) 23:33:19 ID:gKPr9bSv
連投になりますが、枕崎の貴重な天気図はここで確認できますゾ

ttp://tokyo.cool.ne.jp/typhoon21/images/index.html

71 :名無しSUN:2006/09/26(火) 23:40:49 ID:mGETkPzi
>>70
貴重な資料ですね!

伊勢湾・第二室戸は今の分類でも大型(超大型?)になるかと思いますが、
第一室戸は中型以下の気がします。マエミー型?

枕崎は気圧だけでなく、スケールもやはり大型だったようですね。
室戸のデータが信頼できないとそれば、上陸時のスケールでは、
枕崎が案外20世紀最強の「総合力」をもった上陸台風だったのかもしれませんね。

72 :名無しSUN:2006/09/26(火) 23:45:25 ID:UGioIMD1
第一室戸は大阪の気象変化の推移からいっても、
恐らくはコンパクトタイプだと思う。
大阪を台風が通過したのは午前8時頃だけど、
午前6時は6m、7時は12m、7時30分は23m、7時50分に29m、
と短時間で風が強まってる。
そして8時3分だったか、最大瞬間60m観測。

73 :名無しSUN:2006/09/26(火) 23:48:11 ID:8/SEOzYW
枕崎台風が沖縄近海通過時に米海軍が858hpaを観測したという話を聞いたが作り話なのだろうか

74 :名無しSUN:2006/09/26(火) 23:54:16 ID:UGioIMD1
>>73
マジネタだけど「参考記録」
でも、新ドボラック法のCI8.0が「-858hPa」なので、
意識はされてそう。

75 :名無しSUN:2006/09/27(水) 00:42:08 ID:7Dih19M/
>>71
ご参考になったようで幸いです。(^_-)-☆
第一室戸については、アメリカといえども高層天気図は未作成ですが、
北半球地上天気図は現在の前線解析に通じるノルウェー学派流を熟知
した描画がなされております。

 これも所有しておりますが、画像サイトの管理者様が御多忙中なので
アップ依頼を控えております(^^;;
 上陸前日の日本時間20日22時、台風の中心が宮崎南東海上に迫
った当時のものではあるとはいえ、本土接近時の姿を現代流に近い形
で確認することが出来る点では貴重なものと思います。

なお69のとおり家庭の事情で留守がちであり、その隙に愚息あたりが
研究資料をもとにレスして御迷惑をおかけしたかもしれませんが、失礼
の段はお許しいただきたいと存じます。m(__)m
※しかし海外どころか国内の研究旅行さえできなくなるとは・・・orz

76 :名無しSUN:2006/09/27(水) 00:59:28 ID:oaShXTwJ
>>73
1980年版のギネスブックに記載があるよ(貴重品w)
たしか観測したのは船で、856mbだったような。
国会図書館で確認よろしくw

1979年にTIPが870mbを観測し、その後こちらが
ギネスブックでも公式記録になったようです。

77 :名無しSUN:2006/09/27(水) 01:15:29 ID:ZLTfk5sK
>>76
それほど長くない飛行観測期間に870mbのチップをはじめ、
いつくも870〜880mb程度の台風は観測されている。

このことを思えば、もし100年単位で飛行実測値を詳しく測定していれば、
枕崎台風の参考記録のように850mb〜860mb程度の記録は充分統計偏差内で、
出てもおかしくない範囲だと思う。

少なくとも飛行観測が始まる前では、20世紀でも860mb台の
台風があったことは充分考えられる。

78 :名無しSUN:2006/09/27(水) 01:18:36 ID:ZLTfk5sK
あと1980年以降の台風はデジタル台風で衛星画像が見られるけど、
87年までは実測していたから、80年代前半の800mb台の台風画像と、
最近の910〜920hpaで解析される画像だと、後者のほうが強そうにも
見えるんですよね。

最近気象庁が910〜920hpaと解析されている台風は、実際は870〜880hpa程度の
可能性も充分ありそうです。

79 :名無しSUN:2006/09/27(水) 05:08:26 ID:iewsb+Nx
・上陸地点は室戸岬から24kmも離れた場所であること。
・眼の直径は8km以下と推定されていたこと。
・中心付近の気圧傾度が極めて急だったこと。
・副低気圧が室戸岬の東側を北上したが5:10にはまだ海上と考えられること。
・894hPaと推定されている説があること。

などを総合して考えると上陸時900hPa以下だったと考えるのが妥当で
前線があったから900hPa以下ではないというのは否定する根拠にはならない。
なぜなら室戸岬で900hPaにせまる数字が観測されているから。(900hPaも912hPaも大した差ではない)

やはり室戸台風は別格と言える。

80 :名無しSUN:2006/09/27(水) 05:16:51 ID:iewsb+Nx
>前線が形成されるようじゃ台風の中心域の暖気核(ウォーム・コア)
>はもう崩壊に近いことは誰でもわかるだろww

温帯低気圧ですら912〜915hPaと解析された例があり、
前線があるとか暖気核が無いとか言うのは900hPa以下を否定する根拠にはならないのだ。
しかも室戸台風は別格、いわば例外的な台風とも言えるので例え温低化が進んでいたとしても
900hPa以下もありえる。レアケースだからな。

まぁ、馬鹿には理解できないだろうがwww



81 :名無しSUN:2006/09/27(水) 06:46:06 ID:idTvLWks
それ以前に昔は今なら描画されない前線を描いていたしな。
冬型然り台風然り…

82 :名無しSUN:2006/09/27(水) 06:46:12 ID:AosFTK55
つーか、昔は結構ホイホイ前線書いてたから、
それがどういう根拠をもって書かれた前線かわからんことには何とも。

83 :名無しSUN:2006/09/27(水) 09:57:58 ID:INKkL/fD
全然の解析手法が昔と今では全然違う。
寒冷前線だけ独立してあったり、温暖前線だけとか。
しかも気象衛星も無い時代では解析の仕方が違うのは当然と思われる。

確かに今の天気図の描画法では台風近傍に前線が解析される頃には
ウォームコアも消滅傾向なのは違いないが、
昔の解析手法ならばちょっと気温差で前線を書くことも十分考えられる。
データ解析の不均質性も十分考慮して議論する必要がある。

昔の天気図を見れば前線が全く違う形をしていることは一目瞭然。

84 :名無しSUN:2006/09/27(水) 10:08:00 ID:kVe30C3m
凄いジジイが来てやがったな?何者だ?

85 :名無しSUN:2006/09/27(水) 12:12:30 ID:AosFTK55
メテグロ氏でしょ。気象界のお宝を結構持ってるみたいだよ。

86 :名無しSUN:2006/09/28(木) 00:03:42 ID:/opW8Z8N
洞爺丸は何で入れてくれないの??
死者1200人余りだぞ!

87 :名無しSUN:2006/09/28(木) 14:16:16 ID:DoV+RrTK
>>86
>>1の四台風が上陸台風の中で、総合力で別格だから。
上陸時の気圧が、ここ45年間経験のない、930mb未満だから。
>>1の文章を読めば一目稜線だと思うが。

カスリーンも狩野川も死者1000人超えてる。
でもカスリーンは980mbクラスで大雨のみ。それも秩父では600mm降ったが東京では100mm以下。
もし現代にカスリーンが来ても、荒川は充分に耐えられる。死者0人の可能性もある。



88 :〜((((((((((((((´;゜;ё;゜;) ◆895VVoilOU :2006/09/28(木) 14:29:31 ID:jhJ4milM
南の会場に歴史的な回転来たな!!(´;゜;ё;゜;)
なんか知らんけど?

89 :名無しSUN:2006/09/28(木) 16:16:34 ID:woBQ+Wek
カスリーンが今来ても2ちゃんねる的にはヘタレ台風だな。

90 :名無しSUN:2006/09/28(木) 18:21:46 ID:1YCLm/KD
ここは、温低化の定義も知らないやつが居るのかよ・・・。
気圧の上下と温低化の結びつきはないんだよ。
>>80のレスはやや大げさだけど、勿論その可能性はありえる。

91 :名無しSUN:2006/10/01(日) 20:39:35 ID:HN7HYppw
家人に病人が出て大弱りの上、某在阪球団の敗戦や雨天のハンカチ王子フィー
バーで不本意炸裂の老骨が、それでも何とか週に一度のペースで参りましたゾ。Σ(゚д゚|||)

個人所蔵の気象資料を掲載していただいている管理者様が御多忙につき、
室戸台風襲来当時の画像アップが延び延びになっておりますので、アップ
予定の同台風を含めての、同サイトで見れる北半球天気図(地上及び500hPa面)
について御紹介しておきますじゃ〜。

まず歴史的経緯から述べれば、第二次世界大戦がナチスドイツのポーランド
侵攻によって起こった後も、アメリカは暫く中立を守っていたのはご承知の
とおりですが、諸般の情勢に照らして近い将来の参戦止むなしと判断したためか、
アメリカ海軍・空軍、及びアメリカ気象局が協力して、軍の作戦上の参考資料
として、第一次分として1899年1月から1939年までの北半球過去天気図の作成が
行われ、1941年10月の着手後1943年に完成したわけであります。(`ロ´)ノ


92 :名無しSUN:2006/10/01(日) 20:44:47 ID:HN7HYppw
>>91承前
当然のことながら作成当時はマル秘扱いでありましたが、戦後は自由に
閲覧することができるわけで、スケールだけでもさすがアメリカ!と
呼びたいところですが、肝心の質的な面たるや、まず20世紀気象学上の
巨人の一人でスウェーデン出身のロスビーが、1939年から1941年まで
アメリカ気象局、そしてアメリカの第二次大戦参戦後は軍の気象顧問を
務めていたという事情があり、さらに加えて、もう一人の巨人として
前線解析の大家・・・というより、前線解析の権化ともいうべきビヤー
クネスその人が、1939年のアメリカ講演の途次、自動的に亡命の形とな
った等々、この過去天気図の整理にあたっては、その当時の最高の気象
学の成果が反映されているとみてよろしいわけです。

前線解析については、戦後日本には強制的ともいう格好で導入された
ためか、その概念が何とか消化される1960年代に入る頃までは、今日
からみて不自然と思える描画がなされているケースも多いことは否定
できませんが、ビヤークネス等のヨーロッパの大家が移り住んだアメ
リカでは、前線解析の本家本元の指導よろしき得てというべきか、
単にその点だけをとっても同時代の日本とは比べ物にならないレベル
であることは明白でありますので、過去台風を研究するためには必須
ともいう資料であるわけでございますナ。

むろん第一次分以後も引き続き作成され、それどころか1945年の枕崎台
風当時は500hPa天気図も作成されており、はからずも日本にとっては
戦後の混乱期で資料不足をかこつ同台風とされがちですが、実は大逆転
で当時として望みうる最良の天気図が残されておる!というわけであり
ますのは天の配剤ともいうべきか。

老骨の気分次第によりますが、一応将来的に発表を予定している室戸台風
関係を含む過去台風の論文においては、日本の天気図もさることながら、
同資料が積極的に活用されていることをお知らせしておきますです。(^◇^)


93 :名無しSUN:2006/10/01(日) 21:06:58 ID:HN7HYppw
三連投で恐縮ですが、週一回程度しか来れませんので〜m(__)m

え〜ざっとレスを見渡したところ室戸台風当時の日本の天気図に前線が
書かれているように受け取っている向きがありますが、これは全然反対
でありまして当時の日本の天気図には前線は描かれておりませんです。

 ところが前術のロスビーやビヤークネスの徹底した監修を受けたと
思われる米国の北半球天気図では、同台風が九州の南東海上にあった
日本時間20日22時段階の天気図では温暖前線に続き寒冷前線も発生
しつつあるように描画されております。

ちなみに当時の気温の変化を調べると、鹿児島20日21時24.8℃→22時22.6℃、
宮崎21日1時25.5℃→2時22.0℃、高知4時30分24.1℃→5時22.1℃という
変化をしたことが記録で確かめられますので、これは米国式の解析に分
があるように思えるわけですナ。

なお温帯低気圧での記録的な低気圧の観測事例についても個人的に調べ
ておりますが、室戸襲来当時の気象データから判断する限り、温帯低気
圧として異常に発達するだけの位置エネルギーが決定的に 不足している
ようであります。


94 :名無しSUN:2006/10/01(日) 21:26:30 ID:5BERhvcS
目低愚老爺氏キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

95 :名無しSUN:2006/10/05(木) 22:12:06 ID:xFQW3vl9
残念ながら、今年も室戸級はお目見えしませんでした。

96 :名無しSUN:2006/10/05(木) 22:19:16 ID:Q1GLyYBB
>>95
いや、短い時間だったら室戸級の強さになった事ある。
つい1週間ほど前だったけど、15号が小笠原諸島を通過する寸前、
910hPaまで発達して、猛烈な勢力になっていたぞ。
父島測候所では、最大瞬間風速58.8mを観測したほどである。


97 :名無しSUN:2006/10/05(木) 22:59:46 ID:lS6mFcd5
15号は室戸台風には程遠い。
しかも小笠原諸島はかすりもしていない。

98 :名無しSUN:2006/10/05(木) 23:23:11 ID:xFQW3vl9
>>96
??????そりゃそうだろ。南海上で910hpaなら過去毎年平均2個ある。

http://agora.ex.nii.ac.jp/cgi-bin/dt/search_name2.pl?lang=ja&t=0&b=14&type=1&size=128&upp=870&sy=1906&lowp=910&ey=2006&basin=wnp&name=
1951年以降ではちょうど100個(1987年以降のインチキドボラック解析気圧も
実測していれば、実際はもっと多だろう。)

本土上陸時に930hpa未満であることが、ここでいう「室戸級」。


南海上では枕崎は856mb(非公式)、室戸も余裕で800mb台だろう。
第二室戸や伊勢湾、南海上ではもちろん800mb台。

99 :名無しSUN:2006/10/05(木) 23:26:19 ID:xFQW3vl9
訂正:枕崎の非公式は856mb→858mb

100 :名無しSUN:2006/10/06(金) 10:37:50 ID:GQYoGN6L

台風の威力を何によって測るべきか
風速? 気圧? 水害規模? 
違う違う。台風の本質がわかっちゃいねえ
台風の正体はエネルギーの塊だ
そのエネルギーは台風が山脈を越えるときに空気の温度上昇となって現われる
従って大きいエネルギーを持った台風ほど温度上昇も大きい
ここまで言えば何をもって台風の威力とするか、わかるだろう
こう考えれば、(話を日本に限定すれば)昔の台風がいかにすごかったかもわかるはずだ

101 :名無しSUN:2006/10/06(金) 11:30:01 ID:TMYtwNJN
北陸 近年の台風による顕著なフェーン現象(夜間)
9119 ・・・9月28日夜中に35℃以上の高温と暴風、富山/小矢部大火で16軒の家が焼失。
0418 ・・・9月上旬夜中に35℃の高温と暴風
暴風域の大きい台風は怖い。フェーンはコースにも左右されるけど、代表的台風は各々どうだったのだろうか。

102 :名無しSUN:2007/02/20(火) 12:07:49 ID:wUB9egat
、、、

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)