2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

研究以外の諸事がうざいと感じる人の数⇒

1 :Nanashi_et_al.:2005/09/28(水) 11:29:25
週3〜4回は教授の事務的な仕事を押し付けられてストレス倍増
それもメールで放り投げてくるから説明不足なことばっかり


2 :Nanashi_et_al.:2005/09/28(水) 11:39:38
外国人のお守りがマンドクセ

3 :教授:2005/09/28(水) 15:33:59
>>1
嫌だったら辞めてもかまわないんだぞ。

4 :教授:2005/09/28(水) 21:37:11
>>1
辞めろ。他の優秀な者に道を譲れ。
研究も教育も雑務処理もできる有能な者は、おまえ以外にたくさんいるから。
頼むから辞めれ

5 :Nanashi_et_al.:2005/09/28(水) 22:29:19
辞めたいけど生活があるからやめられないのが実際だろ。

6 ::2005/09/28(水) 22:33:19
自惚れじゃなくて、サーバー管理ができるのは今の研究室では俺だけだよ
最初は後輩に教えてやってもらっていたが、そっちの方が時間かかるし、なかなか覚えようとしないから俺独りがやっている
後輩もやる気ないので教授は俺にすべてを押し付ける
俺が卒業したら多分あの研究室は終わると思う

7 :Nanashi_et_al.:2005/09/29(木) 00:07:12
お前がやるからみんなやらない。
お前がいなくなれば嫌々やる。
所詮お前は使い捨て。特別だと思ってるのは自分だけ

8 :Nanashi_et_al.:2005/09/29(木) 01:09:00
よし!
書置きして旅に出るぞ!

9 :Nanashi_et_al.:2005/09/29(木) 06:34:40
>>7
それには同意する。
俺もあれこれ面倒を見ているが、たぶん居なければ居ないなりに
研究室は動いていくんだろうな、と思う。

10 :Nanashi_et_al.:2005/10/08(土) 20:43:54
サーバ管理ごときでいばるなよ・・
俺もおまえと同じように学部時代からやらされていたが,文句言わなかったぞ.


まあ雑務より研究したほうが有意義ではあるな.

11 :Nanashi_et_al.:2006/01/22(日) 00:17:43
>>10
同意。俺もサーバ管理してた。
研究室の掃除、実験装置、道具などの手配、
自分と異なる研究分野の学生指導もしてた。

12 :Nanashi_et_al.:2006/01/30(月) 12:00:08
鯖管理くらい誰でもできるだろ。

13 :Nanashi_et_al.:2006/01/30(月) 15:06:42
>>7
使い捨てかどうかわからんが真理だな。。。orz

14 :Nanashi_et_al.:2006/02/01(水) 01:41:44
>>7, 9
そういう人の使い方してる教授は人を育てる資格なし。

15 :Nanashi_et_al.:2006/08/24(木) 19:51:55
ゲルマニュームラジオはなぜ電源が要らないか
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1108720903/




16 :Nanashi_et_al.:2006/08/26(土) 22:03:30
あいや−
パソコン打ちすぎ、目ぇ疲れる〜。

17 :Nanashi_et_al.:2006/08/26(土) 22:05:31
ここの板、いくつかのスレをみてて、興味惹かれるのは
1. 大学・研究室の話題
2. ロンダ
3. 博士いろいろ
だわね。
とくに3がすごい。法人化後は特に話題が尽きない。

18 :Nanashi_et_al.:2006/08/26(土) 22:19:54
博士課程に進学するヤツって、自身の将来どう考えてんだ?
オレなんて指導教官から「博士とっても就職ないよ☆」って言われたよ。
それでも逝きたい、なんて言うやつはある意味すごいわ。
かくいうオレも、その一人だったんだけど、あの時は「どうにかなる!
失敗してもブラジルでホームレスになろう」なんて考えてました。
大学法人の話がちらほらあって、その時からポストが増える気配は
なかったのに。だから教官もあんなこと言った、言ってくれたのね〜。

この「どうにかなる、実績積めば万事OK」という
考えのヌルさ、アヤうさ。

19 :Nanashi_et_al.:2006/08/26(土) 22:31:25
博士号とりたいヤツの希望は、将来、研究職に就くことだろ。
たしかに、研究職につくなら学位は必須...
そう考える人は多いかも、企業も国Iも就職活動がイヤ(無理)なら。
特採にも「要学位」が条件なら、なおさらだ。
しかも、論博廃止になるんだって?
今、論博目指してるヤツ、どうなんの?

だからねぇ、アンタの言う「学位を取りたい」っていう気持ち?
わからないでもない、ってゆうか、マジでわかる。

20 :Nanashi_et_al.:2006/08/26(土) 23:46:37
いやー
博士過程、進んでもいいじゃん別に、そんなに逝きたきゃ。
だってあれでしょ、「ここで逝っとかないと、将来絶対後悔するわ」
そういう気概なら、もう説得しようがないずら。
こんなこと、上位スレではとても書けないけどね。

オレが言いたいのは、自分の状況をよく判断して進路決めろってこと。
お前さんの業界で、自分の立ち位置はどの辺なの?イケてるの?
少なくとも、研究室でトップにならなきゃ駄目よ。
こんなとこ見てる場合じゃないよ。
ほら、はやく実験しろって。
やることないなら論文でも読めや。

21 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:30:05
a〜
いいわココ。すっごいきな臭い。

22 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:30:57
〜学振採用者の推移について〜
学振の採択状況をみてると,申請者・採用者数が各Webページで若干異なる。
そのへん,ちょっと気になるんだが,
ttp://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_syusyoku.htm
ここの「PD就職状況」をみると,なんだ?
PD採用者数と終了者数の推移が記載されているんだけど,どうだい兄ちゃん。
平成
年度採用者数
6 517
7 650
8 819
91163
101328
111589
121586
131713
141689
151895
161906

23 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:33:11
なにこれ、ずれっちゃってるじゃん。
ひどいよ。
平成
年度 採用者数
6 517
7 650
8 819
9 1163
10 1328
11 1589
12 1586
13 1713
14 1689
15 1895
16 1906

24 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:37:21
〜学振採用者のその後〜
平成11年から採用者数は1600〜1900人
終了者数は800人で推移している,採用された人間の約半分が終了。
このうち終了時の直後に常勤についた割合は40割
1年および4年経過後の割合はそれぞれ6割および8割である。
いくつか疑問はあるのだが,
終了した人には,近い将来,研究者としての未来が待っている・・・?
少なくとも,数字的には言える(?)。
そもそも,申請時にある程度の業績があったことは,ほぼ前提にあるわけだろう?
しかも,行う予定の研究が湯意義なものと評価されたわけだから,
学振終了者には研究者の未来は暗くは無い。“概ね”保証されている...
のか?ねえどうなの?

25 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:43:37
〜学振採択状況から母集団を考えてみる〜
学振採用者数は平成7年から毎年140人近く増えてて,
上に記した10年で約3-4倍増加している。
この要因には,COE形成にともなうCOE毒の増加が効いてるんだろうが(ホント?),
仮に,学振採用率10-13%で変動してたら,単純に申請者そのものが増えたと予想できる。
これって,研究職志望の人間,特に博士課程後期に進学する学生が増えたんでしょ。

そうすると,研究職を志望する学生は増えたものの,90%は学振には採択されずだ。
どうなるのよ,かれらは?
はかせ100人むらの結末は御勘弁。


26 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:48:25
はははははは
地区ショー,地区ショー
死ねよ,もう殺してくれよぉおぉお!

27 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:51:16
〜ポストの削減あるいは縮小への道〜
いままで受け皿となっていた,地方・私立大の数は軒並み減少してる。
強烈なのは,私立大の減少だ。
これってどうすんだろな,現職の人たち。
絶対,他所に流れざるを得ないでしょ。
そうなると,毒はどうなるのよ?

そういう現状であっても,学位を目指す人がクリアすべきは,
1. 学位を取得
2. 学位取得後のポスト獲得を考え,戦略を練り実践
3. 1とその後の過程で,論文数を稼げるデータをアウトプット

場所によっては,1が結構曲者だ。

28 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 21:52:36
〜学位餅の位置づけ〜
「学位は足の裏の米粒」。
これはデカルト(独)の言葉,メモっておくように。
これって言い得て妙。
学位餅に対する社会の評価は国々で異なる。
米国・欧州の社会からは一目置かれるのだが,日本では「ふ〜ん、すごいネ」程度である。
つーか,オレが面接に行った企業なんてひどかったんだから。
「キミ博士なんだ,ふ〜ん。で,どこで研究続けるの?」なんて言ってきて!
これって、「お前はいらない」の意思表示じゃねーか!
あははは,ホント笑っちゃうよね…
あははは
糸冬


29 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 22:01:41
そうそう,欧州ってもギリシャとポルトガルだけは別。

学位は必要?不必要?
必要なんだろお前は?
最近はブログの影響もあって,研究職志望者の生の声が聞こえるようになった。
ポスドクや学生など,生々しい肉声。ありゃ拷問だよ。
あ"〜ガラガラガラ。失礼。

〜博士ネット一人旅〜
O上氏の「恐るべき実態」は,身の毛もよだつ話しだった。
さしずめ,「ひねくれ教授のイバラ鞭の舞」。
これって事例としてどうなんだろね?一般化できんの?
こんなの見ると,オレは恵まれてたな,なんて思っちゃうよ。
そういや,ガイア理論のA川氏はどうなったの?
相変わらず,ネットで素っ頓狂なこと書いてんの?論文でも読んでりゃいいのに。


30 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 22:03:30
〜知己〜
連敗氏にみるように,外部の人間が公募ポストを獲得するのは大変だ。
研究職志望者は,これから5年を想定した場合,
とりあえず,現分野で自分が得られると期待するポストを考えてみれ。
医学系以外なら10あったら良い方だろ?
アンテナを広げ,新規なポストにチェックを入れるのは重要の助。
そのポストに関与する人(ボス)の別刷りくらいもらっておけば良い。
もし,興味をもってくれたら,自分の別刷りを渡してもいいんじゃないかな。
事前に興味を持たせるようにするのが重要だろうケド。

研究室のボスを想定せよ。
名も知らぬ,人柄も分かりぬの人と,今後10年やっていける決断ができるか?
すくなくとも,公募前に候補として選定されるくらいの,自身の人柄は示すべき。
とにかくコンタクトを得よ。
小さなやり取り一つ一つで,知己を得るのが重要である。
そのためには,ターゲットを広げ戦略的に攻めなければならない。
学会の場が重要なのは言うまでも無い。

31 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 22:12:02
〜業績最優先思考は間違いじゃないけど〜
公募にあたっては,「業績が一番大事」と真剣に考えているヤツがいるから困る。
欧米に池,お前の好きな欧米に!
たとえCNSを連発していても,大学・研究室の方針に合わないヤツは不要だ。
今後,特に教育指導可能な内容,産学官連携の具体的ヴィジョンが問われるのは
ほぼ間違いない。したがってda,研究室生え抜きは基本的に有利だ。
そんな内部でも,周囲を納得させるには,絶対条件の論文数はクリアしなくてはならない。
外部ならなおさらだ。

公募に対して内部・外部であろうと,データの貯蓄はせず,アウトプットあるのみ。
教育内容を定量評価している大学が限られている以上,また,助手などのポストは
これまでの教育歴が問われることは少ないので,とにかく研究成果が問われる。
論文にならないデータはあくまで予備型貯蓄データだ。
ただし業績至上主義はどうかと思う。

あとな,実は飲酒で捕まった経歴があるやつは注意しとけ。

32 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 22:16:49
〜日本の社会構造〜
ttp://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/stfc/stt021j/0212_03_feature_articles/200212_fa01/200212_fa01.html
いろんなとこで指摘があるんだけど,文科省には届いてないみたいね。
社会構造が異なる米国・欧州と同じ道歩いてどうすんだよ?
なんで、南蛮人の研究社会システムが優れてると絶対評価できるんだ?
日本人と日本社会の特性に合った独自の研究社会システム構築に向けた舵をとるべき。
科学立国って…今はそうかもしれないけど、それを維持・発展させる気あんのかね。
そういう本質から外れた政策を行う、文科省と日本のトップはバカ過ぎ,ついでに財務省も。
とどめのバカさ加減を示したのが、「女性研究者の比率をアップさせる」発言。
これってクレイジーの究極だろ?本質から大ズレてるもん。
この比率が高まれば、日本の研究の質(成果量?)は向上するのか?
母集団の内訳を考慮せずに,結論が出てるし。権力って怖いね。
せめて「〜ように努力する」としておけ。


33 :Nanashi_et_al:2006/09/22(金) 22:18:57
〜博士課程は就職してから〜
とにかく,どこでもいいから研究職に就職せよ。話しはそこからだ。
学部卒でダメなら修士卒,これならトータルで訪問できる企業数を増やせる
わけだから,確率で言えば研究職につける可能性は高まるはず。
そこからが正念場。ただし医学系は知らん。
そこで業績を貯めたら,博士課程に行けば良い。
たとえ,論博が廃止になっても,実質3年?へたすりゃ2年?授業料をおさめれば
ほとんど自動的に博士はゲットできるだろう。教育体制が整った大学でも
巧く立ち回れば,正味の業務に大きな支障は無いんじゃないかな。
向こうさんとしても,願ったり叶ったりでしょ。
実質指導はほとんど無しに,学位は卸せる,論文も連盟してもらえるんだから。

そういう状況で学位をゲットすれば,足の裏の米粒は金粒になっている。
かもしれない。

「まず学位!」じゃなくて,「まず就職!」なんだよな。
それでも行きたきゃ行けよ,博士課程。

ここで〆
「覚悟はできてんのかい?オレはできてなかった」

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)