2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文系だが、微分積分の発明ってそんなにすごいのか?

1 :132人目の素数さん:05/03/02 21:38:28
星の動きかなんかを調べるくらいしか役に立たないんでしょ。

2 :132人目の素数さん:05/03/02 21:40:57
n

3 :132人目の素数さん:05/03/02 21:42:51
n

4 :132人目の素数さん:05/03/02 21:43:43
いやnじゃなくて。

5 :132人目の素数さん:05/03/02 21:43:51
> 星の動きかなんかを調べるくらいしか役に立たないんでしょ。

残念ですが全然違う。微積分がなかったら今の文明はないよ。

6 :132人目の素数さん:05/03/02 21:46:46
発明っつうか発見じゃねえの?

7 :132人目の素数さん:05/03/02 21:47:38
セブンイレブンよりはすごい。

8 :132人目の素数さん:05/03/02 21:48:51
ニュートン力学は微積分に依存している。
ニュートン力学がないと現在の物理学はまったくない。
またもちろん現在の物理もいたるところで微積分に依存している。
物理無しじゃもちろん現在の科学技術はない。

9 :8:05/03/02 21:50:01
> ニュートン力学は微積分に依存している。

この言い方だとなんかツッコまれそうだな。
まあ、細かいツッコミは勘弁してください。

10 :(。(。):05/03/02 21:50:21
>>8
でもニュートン自身はプリンキピアを幾何学で書いた。

11 :8:05/03/02 21:58:15
>>10
やっぱり来たか…。
>>9は見てなかったわけだよね。

12 :132人目の素数さん:05/03/02 23:37:56
具体的にはどんな技術に応用されているんですか

13 :132人目の素数さん:05/03/02 23:41:57
経済予測とかの方面では非常に役立っております。

14 :132人目の素数さん:05/03/03 00:47:23
微積(ってか数学)が無かったら今の文明(ってか地球、寧ろ宇宙)は成り立たない訳で愚問だな

15 :132人目の素数さん:05/03/03 00:51:27
なるほど

16 :132人目の素数さん:05/03/03 00:59:40
なるほどかぁ?

17 :132人目の素数さん:05/03/03 01:00:45
ある種の動物の個体数の予測なんてのにも使われてるしな

18 :132人目の素数さん:05/03/03 01:07:54
>>13 >>17
あえて大したことない応用を挙げてるんですか?

19 :132人目の素数さん:05/03/03 01:12:57
あ、直接的な例を挙げてるのか。
確かに物理や基本的な原理の理解や研究に微積分は必要だが、
それらの結果が応用されるだけで、
具体的な応用の部分では微積分があまり表に出てこないのかもな。

20 :132人目の素数さん:05/03/03 01:32:47
>>14
動物の個体数を予測することがそんなに文明に貢献しますか?

21 :132人目の素数さん:05/03/03 01:35:42
速度は微分だし、面積は積分だから、身の周りにも応用はたくさん
あるんだけどね。

22 :132人目の素数さん:05/03/03 01:51:30
>>1
ある程度の大きさの建造物を作るには不可欠。
新幹線などの設計にも使われている。
>>13に書いてあるように経済学などでも使われている。
(ただこの点に関しては最近の学生の学力が低すぎるせいで
多くの大学の経済学部では教えていないらしい。
うちの大学の教授によるとまともに経済学を教えている大学は
上位の一部だけだそうだ。)

23 :132人目の素数さん:05/03/03 03:54:27
現代建築の殆どに応用されているそうだよ。

24 :132人目の素数さん:05/03/03 06:27:18
東京理大生ら9人逮捕 振り込め詐欺で50万円だまし取った疑い
 東京理科大学の学生ら9人が、振り込め詐欺の疑いで逮捕された。
 逮捕された東京理科大学4年・谷口風太容疑者ら9人は先月中旬、警察官などを装って「ご主人が追突事故を起こした」などと電話をかけ、兵庫県内の49歳の女性から現金50万円をだましとった疑い


理科大ざまあw


25 :132人目の素数さん:05/03/03 06:57:10
さてと、積分で樽の体積でも量るか。

26 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :05/03/03 11:47:00
ニュートン力学に、電磁気学、弦の理論などに微分積分が出てくるはずだが。

27 :132人目の素数さん:05/03/04 00:56:03
そもそも微分積分って何よ

28 :ニュートン:05/03/04 05:00:36
まぁ、それほどでもないよ。

29 :132人目の素数さん:05/03/04 15:26:29
まぁ理系世界の九九ぐらいに思っとけば

30 :132人目の素数さん:05/03/04 18:02:25
>>29
ワロタ。
文系にとっての九九=理系にとっての微積かw

>>22
経済は学生のレベルが両極端だと聞いたことがあるな。
数学的にちゃんと学んでやってるエリートと、
ぱーぷーな落ちこぼれ。

31 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :05/03/04 18:47:43
Re:>27 微分積分とは、微分と積分のこと。微分とは差分の基点を限りなく近づけるときの極限で、積分とは区分求積法で、区間の分割幅の最大を限りなく狭めるときの極限。

32 :132人目の素数さん:05/03/04 19:04:26
たいしたことない、古代エジプト人も知っていた。

33 :132人目の素数さん:05/03/04 19:10:49
>古代エジプト人も知っていた。

と聞くと古代エジプト人は皆頭が良かったように聞こえるが、
恐らく古代エジプト時代を通して1人か、多くて数人が知っていた。


34 :132人目の素数さん:05/03/04 19:21:31
アッカド人はルベーグ積分も知っていた。

35 :132人目の素数さん:05/03/04 20:48:21
関数空間を微分積分するほうがキテイーです。

36 :132人目の素数さん:05/03/06 16:05:38
つか、糞蚊刑はくんな

37 :132人目の素数さん:05/03/06 19:32:17
>>36
こういうクソスレ立てなきゃね…。釣りスレだろうけど。

38 :132人目の素数さん:05/03/06 21:46:11
微分積分自体はギリシア時代からあった。
でなければ円の面積公式などはなかった。
感動すべき事は積分計算が微分計算の逆である事を証明したこと。

39 :132人目の素数さん:05/03/06 22:32:39
レベルの低いスレ

40 :132人目の素数さん:05/03/06 23:35:14
微積のスゴイ所は「いたる所に使える大変画期的な物だった」
って所だと思う。
微積がすごいんじゃなくて道具として優れていたって感じ。
まぁ初心者の意見だけど


41 :132人目の素数さん:05/03/06 23:50:04
あのさ、ウザイよな、微積って。
後から出てきたくせに
我こそ数学みたいな顔しやがって。
幾何学こそ紀元前から続く数学のなかの数学、
いや、数学そのものじゃないか。
微積(解析学)なんか
離散数学とか基礎論と同じ、きわものだよ。
でなきゃ物理学の分野。
逝ってよし!だよ。全く。

42 :132人目の素数さん:05/03/06 23:50:47
>>41
微積に恨みでもあるのかw

43 :132人目の素数さん:05/03/07 00:10:58
いや、特に恨みはないけどさ。でも、思わん?
ユークリッドが原論を書いたのが
紀元前300年ごろで、
それに対して微分が考え出されたのは
17世紀になってからだよ?

どう見てもあとからポッと出てきた
なんちゃって学問じゃん。
それがなぜか一過性で終わらず
ずっと住み着きやがって。
もう。とりあえず我が物顔するのだけは
止めていただきたい。

44 :132人目の素数さん:05/03/07 01:30:06
地球46億年から考えると、ユークリッドもなんちゃって学問だ。

45 :132人目の素数さん:05/03/07 01:35:32
そんな無理矢理な難癖しかつけれんようでは
やっぱり漏れの理屈は正しいということの
証明にしかならんぞ。

46 :132人目の素数さん:05/03/07 01:57:27
数学に古いとか新しいという概念を持ち込むのがナンセンス。
たまたま微積が画期的だっただけ。


47 :132人目の素数さん:05/03/07 03:36:29
整数って数学の女王って言われてるけど、じゃあ王様は解析なのかな?

48 :132人目の素数さん:05/03/07 03:40:00
王はガウス

49 :132人目の素数さん:05/03/07 04:45:54
王子様は数論幾何なるぞ。

50 :132人目の素数さん:05/03/07 06:01:11
>>38
微分は無かったでしょ。

51 :132人目の素数さん:05/03/07 13:36:40
>>46
ガッデム!
それを言うなら計算機数学とか統計学も画期的だろうが。
でもこいつらはちゃんと自覚があって
ちゃんとマイナーな位置付けになっとる。
だから許せる。

微積はいかん。文系の高校生のカリキュラムにまで
入り込みやがって。何様のつもりなんだか。

52 :132人目の素数さん:05/03/07 15:13:58
文字式も1500年ごろから使われ始めたぽっと出のなんちゃって学問だな。
中学生から文字式なんて教える必要ないな。

53 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :05/03/07 15:21:13
Re:>38 昔から無限小の考察はあったけれど、微分はニュートン、ライプニッツの時代からだよ。

54 :132人目の素数さん:05/03/07 15:25:31
それはおめーそれまでの代数の
見通しをよくするために導入されたもので
昔からずーっと続く代数のひとつの流れだよ。
やっぱり代数、幾何の2つが数学の2大柱。
解析を並べるのはおかしい。

55 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :05/03/07 15:40:20
それじゃあ、応用数学の二大柱として、解析学と統計学を挙げておくか。

56 :132人目の素数さん:05/03/07 15:42:01
それならよし

57 :132人目の素数さん:05/03/07 19:39:23
>>54
文字式による代数と、それ以前の代数は見通しどころじゃない違いがあると思うよ。
文字式と座標によって、計算で証明ができるようになったわけだし。文字式以前は
幾何による証明しかなかったわけで。

58 :132人目の素数さん:05/03/08 18:51:41
んー、なんか話が平行線に漸近しとるな。
もーいーや、このへんで引いとくわ。
とりあえず言いたいことは言えたので満足っす。

59 :132人目の素数さん:2005/03/25(金) 12:07:32
このスレ文型が立てたの?

60 :132人目の素数さん:2005/03/26(土) 09:43:58
Sugoisa!!

61 :132人目の素数さん:2005/03/26(土) 09:53:38
微積をしらなくてもエジプト文明は栄えた。

62 :132人目の素数さん:2005/03/26(土) 11:18:08
>>20
その人間の傲慢さが自然破壊を招いたのだよ。

63 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 13:29:31
               ノ
       __     /
      /⌒ ヽ  /        /
      (     )'゙ヽ.     _/
.    /iー-‐'"i    ,;   /
  i ! ( ヽ.    )  ノ/ .:/
    (\.゙ヽ_(_/,イ/
  i ! (\\_,_)' ノ
    (\\_,_,)'
  i !  l ,i\ ヽ、 !  グチュッ グチュッ
    l }!  ヽ、 )
     し'

ウフフ、可愛い坊や、いつまで耐えることができるかしら

64 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 14:36:49
数学・物理系の解答が多いから敢えて化学系からの意見。
分析機器を使ってクロマトグラフィーによるあるチャート。
shot毎に仕込み量が変わってしまうのは仕方ないとして
ここで一定重量(重量既知)で混合させた反応不活性な内部標準をいれて
クルマトグフィーを行ってみて、そのチャートの積分値の比率から
大小関係はおおよそつかめる。さらに検量線まで引けていたら
かなり信頼精度の高い定量分析が可能になる。
 例えばある地域での環境汚染物質の有無や量を知りたい時に活躍だ。
この手法を後輩に教えようとしてもその相手が”微分・積分”の概念を知っていると
5分で説明が終わる。「積分の面積比ね〜それが比になるから」 「そうですか、OK」
しかし知らない香具師だと、高校・大学で何年もかけて
習得した概念だから、語学と同じくらい、一朝一夕では教えられない。

ダメだね。  技術屋としての仕事として使えない。

65 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 15:03:41
>>64
それのどこが微積分なんだよ。チャートの積分だの、
内部標準だの小難しいこと言ってるが要はグラフで
囲まれた図形の面積だろ。そんなの中学生レベルじゃん。

66 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 19:51:33
ってか微分って日常生活において何に役立ってんの?
このスレ見る限り役立ってる役立ってる言ってるだけで何もわかんないんだけど。

67 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 19:53:58
>>66
そうだな。
役に立っていればスピードオーバーで列車脱線なんて起こさないよな。
微分は役立ってなかった。だからあんなに人が死んでしまった。

だから
勉 強 っ て 必 要 な ん だ よ 。

68 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 20:05:45
>>66
まあ、お前の知らないところで役に立ちまくってるんだよ。
コンピュータも微積分が無かったら無いし。
電球はあったかもしれないけど、発電所はいまほどのは無いだろうしな。
結局素養のない奴にはわかんないだろうし、
知らないままでも困らないからいいだろ。
でも知りたかったらそんときゃ役に立つってか必要だから勉強しな。

69 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 20:07:18
>>66
おまえが「役立ってない」と思っているものの大部分は
お前の知らないところで(お前が知ろうとしていないだけのところで)役立っている。
そして今のお前の生活がある。
肝に銘じておけ。

70 :66:2005/04/27(水) 20:07:41
すいませんでした。出直してきます。

71 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 20:29:49
66の何に役に立っているのか?
って問いに詳しく答えてないあたりうさんくせーな。

72 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 21:34:07
いろんなとこで役に立ち過ぎててどの例を挙げればよいかわからない。
ついでに役立ってると言ってもかなり基本的なことなので、
ちょっと遠くて生活に直結したとこまで説明すると長くなって大変。
だし、一つ一つの例を挙げて詳しく説明しても理解してもらえるかわからんし。

73 :132人目の素数さん:2005/04/27(水) 21:39:25
>>66のヴァカは謝れば許されるが、本当のヴァカが権力の座に着くとこうなる。


今回の学習指導要領改訂で、中学校三年の数学から、二次方程式の「解の公式」が消えた。 
上野健爾氏によれば、教育課程審議会会長の三浦朱門氏は、
「私は二次方程式もろくにできないけれども、六五歳になる今日まで全然不自由しなかった」
というような数学嫌いの委員を半数以上含めて、数学の教科内容の厳選を行なう必要がある、
と述べたという。

ttp://jugyo.jp/bun/tokushuu/toku185.html

74 :68:2005/04/27(水) 22:32:33
その後どうなったのか知らんのかお前は。
あと別に>>66だって謝らんといけないことなどないだろ。

となぜか噛みつく俺。

75 :66:2005/04/27(水) 23:19:16
調子こいてました

76 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 01:13:07
>>73
でも、ぶっちゃけ二次方程式なんて日常生活に出てこんのだからいらんのではないか、って思うけど。

文型がよくする批判なのだけど、俺はまったくそのとおりだと思う。

理系がよくする、古文なんて日常生活のどこにも出てこんのだから意味ないだろ。

ってのは、なんか筋の通ったものとされてるけど、上の文型批判と差はないから。

77 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 01:14:41
きちんと日常生活には必要ないものも学ぶべき意味があることを説くべきだと思う。

78 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 01:18:09
俺曰く、日々の生活が支障なしに送れるLvまで知識をつけたならば、
それ以上は個々人の趣向によって様々な分野を学んでいくべきだと思う。
二次方程式なんぞ、普通に生きていれば使うことはないだろうから、
何も二次方程式というものを特別なものとして学ぶ必然性はそこにない。

79 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 01:21:03
まあ、一番の問題は全員に等しくやらせようとすることなわけで。

80 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 01:29:25
なんで画一的な教育しか行わんのだろう。例えば俺が教師になったとしたら
「おい、お前ら!図書室行くぞ図書室!」って感じであとは子供らの好きな
本読ませるだけの教育をする。
興味ないといくら頑張ったって頭に入ってこないんだから。

81 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 03:57:22
少なくとも、自分の生活に自覚的に登場する事柄と、自覚してないが実は裏方として支えてくれている事柄とを、
キチンと分けて考えるだけの思考力を身につけるのに数学・物理は良い題材だと思う。

そんなことが区別できない、そんな程度の想像力も無い作家の作品って面白いのか?

自分の発言と「私は〜という作家、およびその作品の存在もろくに知らないけれども、
六五歳になる今日まで全然不自由しなかった」 というのと、どっちが罪が重いか、
ちゃんと自問自答したのかと小一時間 (ry

また、「個性を伸ばす教育」なんぞという自己矛盾した概念に疑いを持つだけの思考力をつけるのにも役立つ。

82 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 05:45:32
ビセキの威力が理解できない糞文系はいくら説明しても理解できない

83 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 10:27:53
>文系だが、微分積分の発明ってそんなにすごいのか?

類似の問い
・文盲だが、文字の発明ってそんなにすごいのか?
・猿だが、言語の発明ってそんなにすごいのか?

84 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 10:30:06
文系「微分積分の発明ってそんなにすごいのか?」
理系「別にすごくないよ。でもお前そんなことも
   わかんないなんて恥ずかしくない?」
文系「・・・(-ε-)」

85 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 12:26:50
俺は文型だがライプニッツ尊敬してるぞ!!
モナドとか

86 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:48:23
アメーバだが、有性生殖ってそんなにすごいのか?

87 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:49:46
うん。すごいよ。すごくきもちいい。

88 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:49:53
原核生物だが、酸素呼吸ってそんなにすごいのか?

89 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:49:57
有性生殖はすばらしい。
やらしい意味じゃなくて。

90 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:50:34
>>86
凄い。超凄い。

91 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:50:47
酸素呼吸もすごい。

92 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:51:42
生物で性のこと学んでみろ。

93 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:52:42
途端にネタスレ化したな

94 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:53:10
これもいっしょなんだよな。
星ぐらいしか知らないから>>1にはすごくないんだよ。
すごくなんかなくてもいいが、知ってればもっと役にはたつ。

しらない奴になんかどう役にたつかなんか説明してやるもんか!
君(>>1)にとっては役に立たない。どうして人はそこで立ち止まらないのか?
結局、傲慢(馬鹿)だからだな。

95 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:55:56
>>94はもしや、馬鹿がどうとか言って暴走するヤツじゃ、、、。

96 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:58:54
>>95
6時間荒らされつづけたスレがある。

97 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 21:59:37
そうだ。呼んだか。しかし、後半はくれぐれも俺ではない。
だれかが成り済ましたんだ。まあ、どっちでもいいが、、、。

98 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 22:00:45
正確には3時間しかいなかったが、後は誰かが続けたんだ。決して俺ではない。
まあ、俺でもいいが、、、。

99 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 22:31:02
今、へそに指をつっこんで
それを嗅いでみてるのだけど
よくかいで見ると微妙に鉄分の臭いが混じってるような
気がするのだけど
微妙に鉄分って・・・・略すと微分?

100 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/28(木) 22:38:02
Re:>99 皮を引っかいたんじゃない?

101 :132人目の素数さん:2005/04/28(木) 23:19:40
微分に鉄妙なにおい

102 :132人目の素数さん:2005/04/29(金) 07:27:54
誰もが一度は「微分積分とか社会でてつかわねぇじゃん」って思ったんじゃないの?

今では微分積分さまさまな環境で生活を送っている自分ですがね。

103 :132人目の素数さん:2005/05/03(火) 11:06:38
微積分と簡単な代数ぐらいは教養として知っておいて欲しいと思う。
今の科学技術はそういうもののうえに成り立ってるわけだし。
まあ、俺も数学以外の分野の教養があるかといわれれば、
いわゆる専門馬鹿なので、あまりこういうことを強くはいえないのだけど。

俺なんかは、自分の教養の無さを自覚するたび恥ずかしく思うのだけど、
数学が分からない人は逆に、それを堂々と誇らしく言うことさえあるのは問題だと思う。

104 :132人目の素数さん:2005/05/03(火) 23:37:06
微積分の簡単な啓蒙書を読んで凄く面白いと思いましたわ。
深くやってみたいんですが、数学やり直すのはキツイんで、
パラシュート勉強法(好きな所から始めて、わからん所は随時補完)でやってみます。
良い本があれば教えて下さいませ。

105 :132人目の素数さん:2005/05/05(木) 11:35:28
数学に王道なし

106 :132人目の素数さん:2005/05/08(日) 00:01:00
age

107 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/08(日) 00:26:28
パラシュート学習法が有効なのは、せいぜい数1・Aまでだろ。

108 :132人目の素数さん:2005/05/10(火) 20:39:20
>>104
解析概論でも読破すれば

109 :132人目の素数さん:2005/05/11(水) 05:13:14
age

110 :The Fake King of Mathematician:2005/05/11(水) 17:40:40
               ノ
       __     /
      /⌒ ヽ  /        /
      (     )'゙ヽ.     _/
.    /iー-‐'"i    ,;   /
  i ! ( ヽ.    )  ノ/ .:/
    (\.゙ヽ_(_/,イ/
  i ! (\\_,_)' ノ
    (\\_,_,)'
  i !  l ,i\ ヽ、 !  グチュッ グチュッ
    l }!  ヽ、 )
     し'

>>1 何を言ってるの坊や、経済学でも、効用関数の最適解を求める
際に、ラグランジュの乗数法を使うじゃないの。


111 :132人目の素数さん:2005/05/13(金) 05:44:00
それより、昨日風の強い丘の上からウンコをしたら、オレの腹筋力と風の力で放物線を描いて結構飛んだな。
落ちた形を見たら、歪な10面体のような形をしてた。中に微積って出てたなあ。。

112 :132人目の素数さん:2005/05/13(金) 19:34:18
>>111
他薦自薦を問わない真の文系乙。

113 :132人目の素数さん:2005/05/14(土) 04:49:55
感動した。

114 :132人目の素数さん:2005/05/15(日) 09:42:48
dy/dxをディーエクスぶんのディーワイと読まない理由は
「分数じゃないからだ」というのは可笑しいですよね。
正しい理由はどうなりますか。

115 :132人目の素数さん:2005/05/17(火) 07:12:28
age

116 :132人目の素数さん:2005/05/17(火) 07:21:27
>>114
「分数じゃないからだ」

117 :132人目の素数さん:2005/05/17(火) 10:34:37
>>114
分数じゃないからだよ。

118 :132人目の素数さん:2005/05/17(火) 10:50:28
>>114
別に可笑しくないよ。

119 :(。(。):2005/05/17(火) 16:17:39
分数じゃないから読まないんじゃなくて、
分数と考えてそれほど不都合は無いし、
読まないことにしただけでしょ。
英語で考えれば自ずと明らかだと思うが。

2/3   two..thirds
dy/dx  dy..dx

(d/dx)F(x)の形になったって、同じこと。

120 :132人目の素数さん:2005/05/18(水) 07:38:32
y=f(x)なら
dy=(df/dx)dx
なんで不都合ないけど
z=f(x,y)だと
dz=(∂f/∂x)dx+(∂f/∂y)dy
なんで不都合ありまくり。

121 :(。(。):2005/05/18(水) 15:16:10
>>120
そりゃ、ここだけ切り出せば

> 分数と考えてそれほど不都合は無いし、

そういうコメントもありだろうけどね。

> dz=(∂f/∂x)dx+(∂f/∂y)dy

では「dz/dxやdz/dyと書かないなら、
分数と考えるか否かという問い自体が存在しない」でしょ。
ところでその式を

dz/dx=∂f/∂x+∂f/∂y・dy/dx 
または dz/dy=∂f/∂x・dx/dy+∂f/∂y

と表記することはできるの?
dxで割るという式変形じゃなくて、つまり同値な式として認められるの?
俺、文系なんでお手柔らかに。


122 :132人目の素数さん:2005/05/19(木) 12:03:22
>>108
解析概論を虚数の情緒レベルで解説した内容の
書籍って無いですかねー。

数論だとヘタレナポピュラーサイエンス好きでも読める良著が
多いんですが、微積分の世界だと、なかなか無いんですよ。
今更数学者や物理学者になるわけじゃないんで、コーヒー
飲みながら、偉い人達が頑張ってるんだなぁ・・・と読める、
良著が欲しいですがなー。



123 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 11:18:39
>>121
z=f(x,y)=f(x,g(x))なら
dz/dx=∂f/∂x+∂f/∂y・dy/dx

124 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 11:22:27
>>122
そうおっしゃるアナタは「虚数の情緒」が良い本だとでも?

125 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 11:45:37
>>1
文系でも経済とか金融で微積使うでしょ?

126 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 13:40:12
M理論のMはなんですか。

127 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 21:30:02
>>122
「虚数の情緒」って読んだことないけど、その手の本の説明でほんとにわかるの?
中途半端な解説よりきちんとした証明とかが書いてあったほうがよくわかると思うけど

128 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 21:33:41
ハイラー&ワナーとか名著だと思うけどね。
あれで本格的に勉強しようってのは無理があると思うが。

129 :132人目の素数さん:2005/05/21(土) 22:57:43
>>128
具具ってみました。
おぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

それそーゆう感じの奴です。
アマゾンでクリックした。

ありがとんです。


130 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 03:42:12
>>125
あと、経済学のケインズは物凄いニュートンマニアで
ニュートン関係の文献を集めまくってたらしい。

131 :132人目の素数さん:2005/06/18(土) 02:25:15
>>1
文系だから、微分が要らないだと!
じゃあ、「需要に対する価格の弾力性」の値は、どうやって求めるんだ!
もし、経済学系なら、偏微分ぐらいは、やっとけ!


132 :132人目の素数さん:2005/06/18(土) 18:05:52
age

133 :132人目の素数さん:2005/06/18(土) 18:19:39
やたらと文系を自称したがる人間はそれほど文系路線を歩んでいない。ただの理系嫌い。

134 :132人目の素数さん:2005/06/19(日) 14:13:27
個人的な感想だけど、俺は理系または文系と自称するやつは
その反対の要素を欠いてることを正当化してるただの不出来な人間だと思うよ。
東大・早稲田に多そう。 上智・中央大学あたりだと「で?」といわれそうなのでわざわざ主張しなさそう。
 東京理科大なんかの場合は自明なのでわざわざ言うようなことでもないね。
京大は、試験の便宜上の境界など無視して多彩な人が多い印象があるけど。
どんなかんじなんだろう。  阪大は阪神ファン同様よく知らない。

135 :132人目の素数さん:2005/06/20(月) 02:54:09
漏れは、あくまで、学校での分類上は、文系だが、
文系でも、数学は、必要だよ。
あえて、もっとも簡単な例を挙げるが、
デパートの売上の対前年同月比とかいうのがあるだろ。1.2%増とか、-0.5%減とかそういう奴だ。
ある年度のそれだけの数字を考えれば、ただの四則演算の世界。消防の算数の世界だ。
ところが、その±α%の値を時系列的に並べて、αの値の変動自体を議論の対象にするとなると、
話は一変する。やや、強引かもしれないが、たったそれだけのことでも、もう微分の世界に近い。
ここらは、感じ取れるかどうかが、大事なのだがな。理屈付けの上手い下手の問題ではなく、

ましてや、そのαの値を変動させる要因となる変数は何かを探せ!となると、
もう、これは、多次元ベクトルの世界だよ。もち、Y=F(X)の世界である筈がないから。
法律だって、論理学そのものだし、ビジネスセオリーだって、工学的な部分は山ほどある。

>>1なんて、いわゆる文系の世界でも、海の藻屑なんだわ。
まあ、どうせ、釣りスレなんだろうから、大して、マジにもならんが・・・、

ちなみに漏れは、得意ではない。
まあ、趣味の囲碁将棋に例えて言えば、好きは好きなのだが、大ヘボだ。
数学は、あくまで使用(借用)するという意味で、必要ならやる、というスタンス!
それで良いんちゃう?
>>1みたいなこと言ってたら、何も身につかないもんな。

ああ、そうだ!漏れは、実生活で、台形の面積はおろか、平行四辺形の面積すら、求める機会がまだないぞ。
これから、先にあるのかなぁ?w





136 :132人目の素数さん:2005/06/20(月) 19:46:23
↑典型的な文系。ぷぅ。

137 :132人目の素数さん:2005/06/22(水) 14:22:59
3次方程式 Y=ax^3+bx^2+cx+d の実数解を求める一般方程式を求めよ。
ただし、a≠0とする。
こういう話は、少なくとも、文系には、関係ないなw
最も、漏れにも関係ないのだがw

普通に考えても、経済や商なら、微積ぐらいは使うだろう。阿呆で無い限り。
あと、漏れの知ってる法学部は、やたら、集合論ヲタが多いなぁ。
∪とか、∩とかをなんだか知らないが、使いたがる。必要以上にという感じだ。
ただ、折角使うなら、もっと、きちんと使ってくれというのはあるな。


138 :132人目の素数さん:2005/06/22(水) 14:28:32
馬鹿、馬鹿、馬鹿、間違えたでは内科医!
3次方程式 Y=ax^3+bx^2+cx+d の実数解を求める公式を求めよ。
じゃい!
あ、あ、逝く〜〜〜、

139 :132人目の素数さん:2005/06/22(水) 22:15:15
age

140 :132人目の素数さん:2005/06/23(木) 17:53:25
天気予報の予測に微分積分は使われている

141 :132人目の素数さん:2005/06/23(木) 18:04:47
・・あと、漏れの知ってる法学部は、やたら、集合論ヲタが多いなぁ。
  ∪とか、∩とかをなんだか知らないが、使いたがる。必要以上にという感じだ。

なにか思い当たる節が。
異様にアキレスと亀に萌えてた人が、法学部で学者コースを歩んだらしい。
 思考回路的な共感や、その記号に必要以上の価値を見出してるのかもしれない。
法学部の人だと「天気予報の予測って何!? 天気予報に微分積分は〜だろ!」
なんて言いそうだね。言わないかな? あっ、なんか涎が垂れた。

142 :132人目の素数さん:2005/06/23(木) 18:08:25
教育課程審議会長だった三浦朱門が,妻の曾野綾子の「私は2次方程式をろくにできないけれども,
65歳になる今日まで全然不自由しなかった」という発言を紹介して,結果的に数学の教育内容を
ぶちこわしたことを思い出すね。こいつらを文系と呼んでは文系に悪い。単にアホ系と呼ぶべきだろう。

143 :132人目の素数さん:2005/06/24(金) 02:45:16
漏れは、文系の院生なのだが、漏れの分野(企業会計)では、
売上とは、何か、費用とは、何か、を大真面目で議論する。
特に費用の本質なんかは、この分野に足を踏み入れた以上、一生、背負い込む課題だ。
こういうのって、数学専の人からは、どう映るんだろう?どっか、変か?

ああ、一応、付け加えとくが、実用という意味なら、数学を使わない訳でもない。
最小二乗法なんかも、必要上、使う。観測値から、費用線を推定したりするときにだ。
意味が解っているかどうかは、自分でも大いに疑問だが、使うことは使う。
(他の例もあるが、止めとく。一つ上げておけば、説明には充分。
ああ、必要十分なんていうのは、当たり前で使うよ。そのとき、便利だから集合も使うことは使う。
かつ、または、の概念を仕訳けるときに便利だからだ。
これも、自分では、使い方が合っているのかどうか、常に自問自答しているのだが・・・、

で、数学板なぞを時々覗いてる自分は、はっきり言って、数学コン!
受験の時には、結構、点数稼ぎの科目だったのだが・・・、
数Vすら忘れてる自分が悲しい。(><)


144 :132人目の素数さん:2005/06/25(土) 03:14:15
「または」とか、「かつ」みたいな接続詞も数学だといえば
自然言語話者全員が数学を常用してることに・・・

145 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 02:32:38
それは論理学でしょ
広い意味の数学であることは間違いないが

146 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 06:30:24
age

147 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:09:00
パソコン・CD・ラジオ・TV・車・鉄道・飛行機・建築物(ビル)
エアコン・ロケット・各土木・高度農学・薬学・会計学・・・・・・
全て微積がなければ発達しなかった。


148 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:10:22
微積をいっぱい使っていたのは海軍砲兵隊だった

149 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:11:18
147
電話・通信・光学機械もそうだった。
まだまだいくらでもある。

150 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:12:12
「俺そんなの知らなくても使えるし」

151 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:39:22
147・149等を使用(運転も含め)するのに、一々微分・積分を知らないと悪いのかな?
マンションに住むのに「この建物の計算は」等、思考も必要はない。
それに、いくら計算して建築されていても「阪神淡路大震災」の時、
壊れた建物はなかったのか?

パソコンを操作するのに微分・積分を知らないと出来ないことはないが。
電話をかける時も、電話料金を考えても微分・積分は考えないが。
薬を飲む時も考えない。
食事の時も、この果物はどのように計算して、こんなに大きな果実になったのか等、
考えないが。

できない俺のひがみか(^_^)

ね〜、147さんよ、あんたは微分・積分を知っているのかもしれないが、
生活に何か約にたつの?数学のセンセーなら別だけど。


152 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:46:12
151
誤字の訂正
>生活に何か約に→生活に何か役に・・・

153 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:50:02
発達しなかった、って言ってる通り、知らなくたっていいよ。でも生活の役に立ってる
ことは知っておいて欲しい。君はその恩恵を間接的に享受してるってこと

154 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:50:29
学校で将来殆ど役に立たない事ばかり教えられる代わりに、職業選択の自由のある社会と
学校で将来役に立つ事だけ教われる代わりに、職業選択の自由の無い社会と

どっちがいいか。という問題だな。

155 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 22:59:01
シャラポワやってるよ

156 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 23:01:09

発明じゃないだろ。数学はすべて発見に過ぎんのだよ。

157 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 23:04:17
数学の壁は証明ができないと事実を信じられないことだ

158 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 23:06:07
>>1
はっきり言おう。20世紀生まれで、10歳までに微積分に相当する考え方のツールを編み出せなかった奴は、ニュートンよりより馬鹿であると。
普通に子供で過ごしてても、速度の速くなり方遅くなり方の違い(加速度)なんていくらでも見て・感じていたはずだろう?
であるのに、その感覚を自力で「考えるツール」に出来なかったなら、それが意味するのは「阿呆である」ということだ。

159 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 23:07:10
ニュートンよりより馬鹿

160 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 23:10:44
ニュートンほど姑息なやつはいなかった

161 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 00:39:12
>>154
「微分積分」が「役に立たないこと」? 「役に立たない」ような仕事に就いているだけだろ。上の方のレスを読め。

>>158
「ニュートンより馬鹿である」?
君は、本がなかったら、他の人が本の内容を知らなかったら、そういった社会に生まれていたら、知らなかったかもしれないよ。
あと、仮説を立てる、式を立てる、のは凡人には出来ないね。
現に、当時は、彼以外のほとんどが、それを考え付かなかったのだから。

162 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 01:19:16
          , -'"´  ̄`丶、_
           ,.∩         `ヽ
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_
           /  / /  /ハ \\ ト--- 、
          _/  //  /  ハ  \\     \
   , -‐ ''"´ /  /  / ̄\ `丶、   \ \  ヽ
  /  '´ ̄ ̄ / /  / \    \  \    ヽ \ ハ
  |    , -,--'  /    \    ヽ   \   ヽ  ∨
  ヽ、  //   /       ヽ   ____..--- 、  ハ
      ̄〈| | /   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ /         ̄`ヽ}
      しーヘ            {__{__.... 、      / |
          ` ー─── ''"´        `ヽ、  | /
                             ` ┴′

163 :GreatFixer ◆Q4adNeKW2Y :2005/06/29(水) 01:27:59
数学板住人は死ね、くたばれ、消えろ、潰れろ、馬鹿、あほ、間抜け、ドジ、 ガラクタ、クズ、最低以下の下劣、下等種族、下衆野郎、 腐れ外道、
邪道、外道、非道、ウジ虫、害虫、ガン細胞、ウィルス、ばい菌、疫病神、 病原体、汚染源、公害、ダイオキシン、有毒物質廃棄物、発ガン物質、猛毒、毒物、
ダニ、ゴキブリ、シラミ、ノミ、毛虫、蠅、蚊、掃き溜め、汚物、 糞、ゲロ、ほら吹き、基地害、デタラメ、穀潰し、ろくでなし、夏厨、ヤクザ者、社会の敵、犯罪者、反乱者、前科者、
インチキ、エロ、痴漢、ゴミ虫、毒虫、便所コオロギ、詐欺師、ペテン師、危険分子、痴呆、白痴、 悪霊、怨霊、死神、貧乏神、奇天烈、変人、
毒ガス、サリン、糞豚、豚野郎、畜生、鬼畜、悪鬼、邪気、邪鬼、クレイジー、 ファッキン、サノバビッチ、小便、便所の落書き、不要物、障害物、
邪魔者、不良品、カビ、腐ったミカン、腐乱、腐臭、落伍者、犯人、ならず者、チンカス、膿、垢、フケ、化膿菌、放射能、放射線、異端者、妄想、邪宗、異教徒、
恥垢、陰毛、ケダモノ、ボッコ、ろくでなし、ヒ素、青酸、監獄、獄門、さらし首、打ち首、戦犯、絞首刑、斬首、乞食、浮浪者、ルンペン、不良品、規格外、欠陥品、不要物、
埃、塵埃、インチキ、居直り、盗人、盗賊、残酷、冷酷、薄情者、クソガキ、ファッキン、有害物質、 発ガン物質、誇大妄想狂、アホンダラ、怠け者無能、無脳、
脳軟化症、思考停止、人格障害、極道息子、見栄っ張り、不良、イカレ、狼藉者、放蕩息子、道楽息子、迷惑、厄介者、異端者、タリバン、オサマ・ビン・ラディン、テロリスト 、
チェチェン、嘘つき、不正、叩き上げ、ケチ、裏切り者、ムネヲ、抵抗勢力、悪性新生物、原爆を落とした奴、アルカイダ、宮崎勤、吉岡(旧姓:宅間)守、朝鮮将校、乞食、
知覚的障害者、邪教祖、DQN、覚せい剤、エイズウイルス、SARS、テロリスト、荒らし部隊、アーレフ(旧:オウム真理教)、精神年齢3歳、3審は必要なし、
金正日、宇田川慶一、奥田碩、おおさか人、上新庄、あう使い、放射性廃棄物、割れたコップ、血歯死者、廣嶋死者、パナウェーブ研究所、
あの11歳の少女以下の知能、国民の資格なし、白血病の原因、ハイブリッドカーの排気ガス、IQ10!
そして、この板に書き込む権利も価値もないクズ


164 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 07:49:48
>>161
いやぁ、宗教だのセックス・麻薬・暴力の連鎖っていう「停滞要因」がなければ
ニュートン物理に到達するのは、もぉーと早くに出来たんじゃないのぉ?
仏陀もキリストも日本の八百万も、ぜーんぶ、人類の邪魔をした奴等だと思うよ。

ちなみに、おれは7歳で「速さの早くなり方がいつも同じ」って概念には自力でたどり着いてたよ。
自動車の群れが走っていくのを眺めてるのが好きな「自閉」気味の子供だったんだけどね。


165 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 17:59:03
>>164
ああ、そういうことね。
でも、人間という存在は、常に「心の拠り所」を求めている。
「進化」ってものは、「遺伝子」にしろ、「文化」にしろ、「学問」にしろ、
完全に「合理的である」とは行かない「偶然」という不確かなモノに左右され得る面が、
多々あるとは思いませんか?

もしも、貴方が自転車の無い世界に生まれていたら。
自動車・飛行機・バイク。
当時は、そんなものは無かったんだよ。
ゆったりとした時間が流れていたんだ。

166 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 18:01:56
>>1に言っておく。
「プロスポーツ選手」「芸能人」「政治家」なんて奴等と比べてみたら、
(全部とは言えないが)一部の科学者が、如何に優れていて、「社会に役立っているか」が分かるよ。

167 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 19:20:34
>>158
なんか考えるツールって一時代前の響きですねw
具体的に何を指してるのかも不明だし

168 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 21:09:15
>>167
まぁ、古いかもな。こんな本なんかが、脳裏にあってツールと言ってみたんだけどね。
「思考の道具箱」by ルディ・ラッカー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875022131/249-1823414-0122704

169 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 21:18:00
>>165
進化って、数十代ぐらいの世代交代じゃ起きないでしょ?・・・ってのは、おいといてぇ(笑)

偶然というよりも、人間には「考え抜いてみる」ことと「賢しらさ」の区別をつけるのが苦手な
面があるんじゃないかな?で、偶然や運命なんていう「思考停止」をもってきて、「考える」
ことの孤独や頼りなさ・所在無さを避けてしまうんじゃないだろうか?
そうして、停滞は正統さや常識という「暴力」を生きながらえさせているように思ったりするけど。

ガリレオのことを思えば、なにもそんなに速い乗り物がなくても、「加速度」概念には到達できるよ。きっと。

170 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 23:28:10
八百万てどこの八百屋かとオモタ。

171 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 07:22:34
>>170
これだ!(w
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C8%AC%C9%B4%CB%FC&kind=jn&mode=0&base=1&row=1

172 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 19:30:11
164て相当馬鹿、

173 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 03:29:21
>>172 詭弁のガイドライン

174 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 03:29:43
104 名前: 132人目の素数さん [sage] 投稿日: 2005/06/30(木) 11:57:18
>>102
何この馬鹿ww
誰が数学みたいな役立たないものを好き好んでやるかよw
単位が必要だからやるだけ。

いつまでも数学なんかやってる負け組み乙

175 :132人目の素数さん:2005/07/31(日) 00:16:05
微積の発明がすごいのはわかった。
では数列の発明のすごさを説明してくれ。あれだけは納得出来ん。
漸化式解けてもすごさがわからん。

176 :132人目の素数さん:2005/07/31(日) 00:20:00
>>175
http://www.research.att.com/~njas/sequences/indexjapanese.html

177 :132人目の素数さん:2005/07/31(日) 02:00:20
漸化式は場合の数と確率かな。

178 :132人目の素数さん:2005/08/21(日) 13:06:53
もしローマやオリエントの時代に微分積分が発見されていたら
科学技術は現在より大幅に進歩していたと思う香具師はどのくらい?

179 :132人目の素数さん:2005/08/21(日) 13:38:03
>>178
どうでしょう。科学技術の発達はテクネー(=現場の工夫)に由来するので、
ソフィア(=教養的な知性)には由来しないと言うのが定説なので、せいぜい
ゼノンとかがものすごく馬鹿にされるとか、そういう効果しかなかったのでは?


180 :132人目の素数さん:2005/08/22(月) 05:25:36
微積分だけじゃだめだね。
それを力学(運動の話)と結びつけて、さらに軍事利用まで行けば、
歴史に影響した可能性もあるとおもうけど

181 :132人目の素数さん:2005/10/08(土) 15:44:42
108

182 :132人目の素数さん:2005/10/20(木) 20:08:57
age

183 :132人目の素数さん:2005/11/04(金) 18:56:33
>>1
なにを言うか!
携帯電話の電波の波形(フーリエ変換)やら病院のMRIやら微分積分
は現代社会になくてはならないもの。
微分積分を発見したニュートンとライプニッツに感謝しなさい!

184 :132人目の素数さん:2005/11/06(日) 19:32:06
age

185 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 13:01:49
warosu...!!?????

186 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:03:02
>文系だが、微分積分の発明ってそんなにすごいのか?

文字の発明ほどではない。
数学においても数字の発明や筆算の発明ほどではないな。


187 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:06:38
>あのさ、ウザイよな、微積って。
>後から出てきたくせに我こそ数学みたいな顔しやがって。

ああ、もっとウザイ奴知ってますよ。
複素関数論っていうんですがね(w

188 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:16:09
>微積はいかん。文系の高校生のカリキュラムにまで
>入り込みやがって。何様のつもりなんだか。
その前に、sinもcosもlogもexpもいかんのじゃないか?(w

厨房
「√だっていけねーよ。分数に表すのが無理だから無理数なんてバカか?」
消防
「分数だっていけないもん。ひっくりかえして掛けるって何?」

189 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:20:31
>私は二次方程式もろくにできないけれども

とある議員のセンセイ(T大卒)が一次方程式を解いたやり方。
「1から順番に数当てはめてったら4でうまくいった」
答えが自然数で、本当にようございました(w

190 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:25:46
文系「微分積分の発明ってそんなにすごいのか?」
理系「別にすごくないよ。
   T大法学部の連中なんて分数の計算できなくても
   財務省とかに入って国家予算とか決めてんだぞ。
   そっちのほうがよっぽどすげぇや(w」
文系「・・・(-ε-)」

191 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:31:37
>・文盲だが、文字の発明ってそんなにすごいのか?
>・猿だが、言語の発明ってそんなにすごいのか?

文字や言語なしで生きていける猿って、なんかすげぇ!(w


192 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:46:02
猿や動物って自分の感情を理解できてるの?

193 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:50:00
>>164
>おれは7歳で
>「速さの早くなり方がいつも同じ」
>って概念には自力でたどり着いてたよ。

多分君がそう思い込んでるだけでしょ。


194 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:50:23
鳥にすらミームはあるというから、できているんだろう。

195 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:51:57
「早さの速くなり方がいつも同じ」ならやばいけどなw

196 :132人目の素数さん:2005/11/08(火) 16:56:32
>速い乗り物がなくても、「加速度」概念には到達できる

重力と時計があればいい。
前者はアホでも気づくが、後者はなかなか気づかない。

197 :132人目の素数さん:2005/11/09(水) 09:27:33
コンぴゅーたー言語なんて純粋数学にいらない。
とだだこねるのとにてるな

198 :132人目の素数さん:2005/11/18(金) 11:23:22
108

199 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 02:46:19
高校生ですが高校で教えられる微分積分って結構ごまかしありますよね。
積分の定義は微小面積の和を足したものなんですよね?
なんでその積分の計算は微分を逆演算した値になるんでしょうか?
それの証明って高校の範囲を超えているんですか?
質問してばかりですが、誰かわかりやすく説明してもらえませんか。。。?

200 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 03:43:56
偶然の一致だよ。



うそです。。。微分と積分を結びつけるような定理があるんだ。
平均値の定理が確か使われる。

201 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 08:40:28
高校生でもわかりえるものなんですかね?

202 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 09:07:11
高校で習うだろ?


203 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 09:27:40
積分の計算が微分の逆演算である証明は全然やらないんですよね。。。

204 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 09:44:46
簡単な説明もしないの?


205 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 10:01:06
自分が習った先生の中には少なくともいなかったです…
中には積分の定義は微分の逆演算だという先生もいるので、、、

206 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 10:49:40
そう定義しても面積との関係のとこで説明しない?

207 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 12:12:51
他の先生からは積分の定義は微小面積の和って説明されたんです。
その意味はわかるんですが、なんでそれの計算が微分の逆演算になるのかってのは
説明されてないです。

208 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 12:39:21
そこに疑問を持つぐらいだったら、しかるべき本を読めば判るよ。


209 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 12:44:22
わかりました、探してみます。ありがとうございましたm(._.)m

210 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 13:21:03
>>175
漸化式はすごいよ。
将来の人口予測や食料の需給予測なんてのは漸化式の十八番とするところ。
将来の財政見込みなんてのも漸化式の知識があればどれだけ役立つか。
他のことは、微分積分でもできることしか思いつかない。すまんねw
まあ高校生のうちは、演習問題を解けた解けないで一喜一憂するくらいか?


211 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 16:51:23
因果律と決定論を突き詰めていけば
微積分なしでは世界を理解することは不可能であることがわかるはず。
また、偶然の自由度を許したときには
確率論まで踏み込まずにはいられないが、
これも微積分の基礎の上に成り立っている。

212 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 18:23:45
>>199
ご存じの通り高校では、微分するとfになるような関数Fをfの原始関数という、
Fを求めることを積分するという、みたいな話から始まる。ようは微分の逆操作として
積分を教えているわけで、「fの定数aからxまでの定積分をxで微分するとf(x)になる」って
関係は、いわば公式として扱われてる。証明もたぶん教科書に与えてあるけど、もともと
が微分の逆が積分だからほとんど自明。この辺の話が一通りすんでから区分求積法という形で
(もっとも今の教科書では定積分と級数といういい方をするみたいだ)、微少面積の和が
定積分の値に一致するという話が出てくる(証明は曖昧)。高校生用の本として、微少面積の和
として積分を定義してそこから積分が微分の逆操作であることをちゃんと証明している高校生用の
参考書としては昔あったZ会の『微分・積分のトレーニング』。

213 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 23:07:02
塾の先生に積分は微分より歴史がずっと古く、それぞれ別の学問として研究されていき、
そしてニュートンが積分は微分の逆演算だという関係を証明したって教わりました。
だから数学の歴史的には積分は微小面積の和と定義されてから、微分の逆演算だ
ということがわかったんですよね?
高校の授業やたいていの参考書には、積分の定義はは微分の逆演算である、そしてそれは
微小面積の和に一致する。となっていて、途中をごまされてるなあと思って。。。

さっき大きな本屋にいったんですが、Z会の『微分・積分のトレーニング』は見つかりませんでした、、、
またいろいろと自分で探してみます。情報ありがとうございました。

あとニュートンが証明するまでは昔の人は積分をどのように計算たんでしょうかね。。。?


214 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 23:08:41
一応、微分を使わなくても積分を計算する方法はある。
ただ、めんどくさい。

215 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 23:12:33
即レスどうもです。
そうなんですか?!なるほど・・・奥が深い学問ですね。。。

216 :132人目の素数さん:2005/12/17(土) 23:59:07
微分と積分って両方とも名前が「●分」で似てるよね。
でもそう考えるから誤解をまねく。
似た名前のものが逆演算になってるのではなく、
逆演算になってるから似た名前を付けたってだけの話。
と思う。
まちがってたらごめんね。
でもね、もし、微分と積分が逆演算の関係になかったとしたら、
「●分」なんていう似た名前つけなかったと思うよ。

217 :132人目の素数さん:2005/12/24(土) 11:56:35
積分の歴史は古くエジプト時代にまで遡る。
微分の歴史はニュートンやライプニッツの発明以降。

218 :132人目の素数さん:2005/12/27(火) 03:42:15
微分の逆演算じゃない積分の計算ってどうやんの?


219 :132人目の素数さん:2005/12/27(火) 14:18:49
値が既知の積分に変形するとか、定義まで遡って極限を求めるとか
いろいろ手はある。

220 :132人目の素数さん:2005/12/27(火) 14:35:34
私も独立に発明した。
だから私もすごい。

221 :132人目の素数さん:2006/01/02(月) 04:36:49
131

222 :132人目の素数さん:2006/01/25(水) 06:15:18
>>216の話って本当なの?

223 :132人目の素数さん:2006/02/02(木) 23:17:39
どうなんだろうね
積分という学問は微分のずっと前にできたんだよね?
日本に積分がやってきたのはニュートンが積分と微分の関係を示した後って事?
それとも積分はほかに呼び方あるのかな

224 :132人目の素数さん:2006/02/03(金) 01:41:24
積分の歴史は古いとか言ってるのは弧長や面積の計算が
昔からあったという意味と思うが、こんなのは近代の
積分の理論とは関係ないよ。

日本語で微分と積分が似ているからといって、そんなのは
日本語の都合でそうしただけで、原語を見れば無関係だ。

225 :132人目の素数さん:2006/02/03(金) 04:54:39
>>224
>日本語の都合でそうしただけ

間違い。微分・積分という数学用語は中国で作られたもの。
http://www.rimath.saitama-u.ac.jp/lab.jp/fsakai/language.html

226 :132人目の素数さん:2006/02/03(金) 05:35:58
微積分ってインチキで、どこかでその辺りを有耶無耶にしてすり抜けをしてるんだろ?

有名な科学分析家が言ってるんだから、間違いないんだろ。

科学じゃないね。砂上の楼閣ってところか。

227 :132人目の素数さん:2006/02/05(日) 09:33:49
520

228 :132人目の素数さん:2006/02/10(金) 13:28:35
完全文型人間で経済学部に来てしまったんだが・・・
どうもおれ以外全員数学できとるらしい・・・
高校のときは数学は毎回赤点っていうかいつも一桁で
微分積分まったくわからんす ><
微分積分の基礎の基礎を本当にやさしく解説してくれる参考書おしえてくらはい

229 :132人目の素数さん:2006/02/10(金) 15:45:08
それでも受かってるんだから経済学部も相当懐が深い。

230 :KingOfCrab ◆2LJf1MohA6 :2006/02/10(金) 17:36:11
>>228 教科書がいいのでは?

231 :132人目の素数さん:2006/02/11(土) 14:01:30
>>228
微分の目的は「y=なんとかエックスの何乗+sin(なんとかエックス)+・・・」
とかいう関数のグラフを書くことだ。
これはくねくねしたグラフになる。
とりあえずグラフを書くために微分を学ぶんだということを念頭に置くことだ。
これを念頭に置かずに、微分の公式覚えたって意味ないよ。
これくらいは知ってた?ならごめん。

積分については明日教える。

232 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 05:45:07
すごい物とか最強なものが欲しい人は数学なんかしない方がいいよ。
テレビゲームとか格闘技でも見てればいいんじゃない?

233 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 05:55:51
局所的



234 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 06:23:13
思うに「馬鹿」が最強ではある。

235 :GiantLeaves ◆6fN.Sojv5w :2006/02/14(火) 07:31:18
talk:>>234 私に分からないことを言うとろくなことにならないぞ。

236 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 08:49:34
>>226
君の言うところの有名な砂上の楼閣分析家の戯言を信じる知能は高々幼稚園児

237 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 08:57:01
今まで微分積分の証明なしに普通に使ってる。
なんで面積になったりするのかしらないけど..。

238 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 12:00:40
>>76
>>78

なんか勘違いしてる奴多いよな。
二次方程式の解の公式も、ただ丸暗記させるだけならやる必要ないと思う。

数学教育にとって重要なのは問題解決のプロセスを考える力であって
社会生活に必要な解法、公式、結果を丸暗記することじゃない。


余談だが、うちの会社の営業に、定価と原価の分かっている商品をとりあげて
「定価の〇掛けで売り続けたら利益率は何%確保できるか」
と質問した所、案の定わからない奴がいた。マジで頭痛い。

239 :132人目の素数さん:2006/02/14(火) 12:07:42
そんなもんだ。厨房のときは公式最強!公式!公式!と言い、長じれば役に
たたないとカッコつけた気になる。

本当に役に立たないのはお前なんだ。

240 :132人目の素数さん:2006/02/16(木) 02:29:00
でもさ、数式を愛してるようじゃぁ、数学者(もの)としては「まだまだ」だよねぇ

241 :132人目の素数さん:2006/03/02(木) 18:11:15
247

242 :132人目の素数さん:2006/03/26(日) 13:49:43


243 :132人目の素数さん:2006/04/15(土) 19:33:48
959

244 :132人目の素数さん:2006/05/02(火) 02:20:50
高校のときからの疑問です。dx は △x にくらべてどれくらい小さいのですか?

245 :GiantLeaves ◆6fN.Sojv5w :2006/05/02(火) 07:18:35
talk:>>244 それではdxと△xとは何か?

246 :132人目の素数さん:2006/05/02(火) 07:20:09
dxはベクトル、△xは数

247 :132人目の素数さん:2006/05/02(火) 08:01:29
>>237
縦「f(x)」かける横「dx」=ぺらぺらの長方形の面積
このぺらぺらの面積を集めるのが∫だ。

248 :132人目の素数さん:2006/05/03(水) 11:45:35
↓このスレをもっともりあげてくれ〜 ヽ(`Д´)ノ

マスコミ板
数学関連の記事をもっと増やして欲しい
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1136467967/l50


249 :132人目の素数さん:2006/05/03(水) 15:44:25
数学の場合、すべて「発明」じゃなくて「発見」だよ。


250 :132人目の素数さん:2006/05/03(水) 17:55:07
>>249 何故?理由を説明できる?

251 :中川泰秀:2006/05/03(水) 18:37:01
積分は体積を求めるのに便利。

252 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 15:47:06
>>245
dxが微分量、凅が微少量。ただその違いがイマイチピンとこないのも事実だが…。
微分という作用素が加わっているのがdxというところかな。


253 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 16:30:15
いや、dx dy などは単なる線型写像でしょう。

254 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 16:58:31
微分=掛け算
積分=足し算

ですが何か?

255 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 17:11:08
>>250
>>249は実在論の立場に立っているに違いない。

256 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 17:52:17
じゃルート2を拾ってきて標本箱に入れてきてください

257 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 19:40:22
>>30 文系すごいな

258 :132人目の素数さん:2006/05/04(木) 22:24:22
うん、もはや人間とは呼べないぐらい、スゴイねw

259 :132人目の素数さん:2006/05/05(金) 09:07:07
ネピア数"e"って何ですか?
どう考えても喧嘩を売られているようにしか見えません。
微分にネピアを引き合いに出す必要がわかりません。

260 :132人目の素数さん:2006/05/05(金) 10:58:03
>微分=掛け算
はぁ?

261 :132人目の素数さん:2006/05/08(月) 21:13:14
dy/dxってこれ全体で一つの記号と習ったのですが、
うそでしょ?分数ですよね?
建前上はそうかもしれないけど、本音の部分では分数でしょ?

262 :132人目の素数さん:2006/05/08(月) 22:02:55
君が一変数の世界から一歩も出ない覚悟があるなら、その程度の
理解でもなんとかなるかもしれない。保証は出来ない。
しかし分数では決してない。

263 :249:2006/05/11(木) 21:47:44
>250
僕の考えなんだけど、数学って「数の隠れた性質を見つけ出していくもの」なんだろう。
無理数とか虚数とか微分積分とかは、元々自然界にあって、それを人間が見つけ出して使いやすくしているってイメージ。

264 :132人目の素数さん:2006/05/13(土) 22:24:04
960

265 :132人目の素数さん:2006/05/26(金) 13:23:23
240

266 :132人目の素数さん:2006/06/13(火) 22:30:35
king

267 :GiantLeaves ◆6fN.Sojv5w :2006/06/13(火) 22:40:59
talk:>>266 私を呼んだだろう?

268 :132人目の素数さん:2006/06/16(金) 02:27:18
374

269 :132人目の素数さん:2006/06/30(金) 19:51:10
スクリプト?

270 :132人目の素数さん:2006/06/30(金) 19:53:26
talk:>>269 私を呼んだか?

271 :132人目の素数さん:2006/07/07(金) 02:16:47
age

272 :132人目の素数さん:2006/07/07(金) 13:52:03
>>259
多くの自然現象・社会現象は,「極端に単純化」して考えると,
「ある量 N の変化率 dN/dt はそのときの量に比例する」
と決め付けることによって説明できる(t は時刻).
例えば,高校の倫理で習うマルサスの人口論を思い出せ.

比例定数を k として,微分方程式 dN/dt = k N を解けば,
N = N(0)×e^(kt) になるわけで,自然現象・社会現象の解明には,
e が必須です.

273 :132人目の素数さん:2006/07/08(土) 11:53:27
>>1
嘘つけ
理系のくせして

274 :132人目の素数さん:2006/07/08(土) 12:53:00
>文系だが、微分積分の発明ってそんなにすごいのか?
>1 名前:132人目の素数さん 05/03/02 21:38:28
> 星の動きかなんかを調べるくらいしか役に立たないんでしょ。

真面目に回答すると、

Heisenbergの不確定性原理は単なる不等式で書かれている。
一方Schroedinger方程式は2階線形偏微分方程式で書かれている。

どちらの方が、使いやすいか・・・ 工学部出身/在籍者に聞いてごらん。

275 :132人目の素数さん:2006/07/17(月) 02:30:36
>>1
微分や積分を全く使わずに、ある程度まとまった高度な数学理論になっているものって
あるの?むしろそっちを聞きたいんだけど。

276 :132人目の素数さん:2006/07/17(月) 04:14:39
証明論とか基礎論あたりではあんまし聞かないな
漏れが知らんだけかもしれんが

277 :132人目の素数さん:2006/07/17(月) 09:25:56
有限のものが相手だと出番は少ないだろうな

278 :132人目の素数さん:2006/07/19(水) 09:55:57
理系全分野に微分積分は不可欠だよ。ただし、中にはΣや複素数を用いた力技で何とかなるものもある。
微分の考え方をわかりやすくいうと、そろばん計算の正反対の理屈。
つまり、粘着質な分析能力がいる。
多分、医師も微分積分ができる奴の方が腕がいいかも?

279 :132人目の素数さん:2006/07/19(水) 14:46:42
微分積分は……

まあ、日常生活に近いようなことを言えば、
たとえば建物の設計とか土地の測量とかするとき。(あんまり日常生活じゃないか)
三角関数ってのがあって(not三角関係)その値を求めるのには、単純な計算じゃできない。
そんなときに微分を使ったマクローリン展開ってのがあって、それを使うとどんな細かい三角関数の値でも求まる。

たとえば3つの角度が10°、80°、90°の直角三角形。この三角形の辺の比は作図すれば確かに求まるが、大きな誤差が出る。
つまり、分度器とか使って紙にこの三角形を書いて、定規で辺の長さを測っても、全く正確じゃない。

そのときに微分を使った展開を使うと、この三角形の辺の長さは小数点以下、何桁でも求まる。
こうして、土地の測量なんかに便利になるってわけ。


でもこれは微分積分を使ったほんの一例。日常生活では気づかぬところでたくさんお世話になってるはず。



280 :132人目の素数さん:2006/07/28(金) 17:30:54
110

281 :132人目の素数さん:2006/08/30(水) 16:00:05
857

282 :132人目の素数さん:2006/10/03(火) 00:06:05
870

283 :ぴか∠(.゚−゚) ◆pikaMw.D1M :2006/10/22(日) 04:17:37
d↑L/dt=↑N

284 :132人目の素数さん:2006/11/07(火) 22:57:12
微分積分って科学技術のどんなところに使われているの?

285 :132人目の素数さん:2006/11/08(水) 13:48:16
ぜんぶ

286 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 06:33:07
203

287 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 18:30:59
>>279
あなたの話、とても面白いですね。
もっと聞かせて貰えませんか?

288 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 20:31:22
微分は割り算を一般化したもの。
積分は掛け算を一般化したもの。

289 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 20:49:37
工学部向け微積の授業の1回目にガイダンスやれー、と命令が来たので、
「微積が実際に使われいる例」としてこれを渡している。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/19th/sanko-3.html
ごちゃごちゃ書いてあるが「(世間一般で使われている)平均寿命の定義」だ。


290 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 20:57:01
人工衛星のお世話になってるだろが。
衛星通信。GPS などで。
その衛星の軌道計算を微積分なしでどうやる?

291 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 21:16:23
衛星の軌道計算も、最終的にはフーリエ級数みたいな近似式で計算して、
最後の微妙なところはネガティブフィードバックかましてるんだが、
「そういう方法でうまくいく」という保証は、微積抜きでは語れんわな。


292 :132人目の素数さん:2006/11/13(月) 21:50:55
フーリエで思い出したが、
iPodを始めとする音楽プレーヤーは離散フーリエ変換しまくりじゃん。
jpeg見るのだってフーリエ変換しまくり。
地上波デジタル移行完了したら、どこに行ってもフーリエフーリエ。

と、これだけを書くためにパソを立ち上げる。


293 :132人目の素数さん:2006/11/20(月) 19:53:53
なんで割り算(微分)より掛け算(積分)のほうが難しいの?

294 :132人目の素数さん:2006/11/20(月) 22:09:02
このスレに自然対数の話題は出ないのか

295 :132人目の素数さん:2006/11/21(火) 02:04:03
高卒の俺は酔っ払って初めてこのスレ読んだけど
何言ってるのかさっぱりわからん

296 :132人目の素数さん:2006/11/21(火) 07:39:54
シラフで嫁

297 :132人目の素数さん:2006/11/21(火) 14:36:59
微分積分いい気分

298 :β ◆aelgVCJ1hU :2006/11/21(火) 15:49:06
ここって数学者、大学院生ばっかと思ったら
高卒の人とかいろいろくるんだね。
数学板かと思ったらいろいろな人あふれててオモロすww

299 :132人目の素数さん:2006/11/27(月) 04:29:50
発明なのか?

300 :132人目の素数さん:2006/11/27(月) 12:20:20
利己的に言えばね

301 :132人目の素数さん:2006/11/27(月) 20:23:59
積分に関しては、発見というよりは発明という感じがするが。


302 :132人目の素数さん:2006/11/27(月) 20:27:55
何をもって発明/発見というのか……

303 :132人目の素数さん:2006/11/27(月) 20:41:58
>>291
>衛星の軌道計算も、最終的にはフーリエ級数みたいな近似式で計算して

それも微積分使うんじゃないの?

304 :132人目の素数さん:2006/11/27(月) 20:49:57
>>303
天文計算の理論書ははっきりと微分積分の記号があるが、
具体的な計算をする本では表面上微分積分の記号はなく、
三角関数の和としてだけ書かれている。
だから「微積ぜんぜんわかりませーん」という人も、
関数電卓かパソコンがあれば一応計算出来る。


305 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 00:10:52
微分積分がないとビルも建てられてないだろうね

306 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 04:36:43
まず電磁気学はおろか力学が絡む分野は全部アウトだろうな。
加速度〜速度〜距離の関係も使えないから時刻表すら経験に依らなければ作成不可能。
それどころか飛行機の到着予定時刻さえ予想できない。換言すれば、与えられた到着時刻
から出発しなければいけない時刻さえ決定不可能。
コンビニ売ってる缶ジュースだって、ジュースを缶に注ぐ工程で注入する時間すら
決定できないから、世の中の飲料は全て手作業に頼ることになるな。
ほかには円錐や角錐の体積を決定することが出来ない。

つまり何も出来ない。本当に何も出来ない。

307 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 04:51:39
正直数学無くてもおk
と理学部数学科がいってみる

308 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 08:54:01
数学は100年後の先にある技術を「発明」しているんじゃないのか?

309 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 13:37:48
なるほど、「微分積分」が主語ね。

310 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 14:00:31
10mを5秒で歩いたときの秒速を求める、これもりっぱな微分の問題。

311 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 14:22:23
>>306
>それどころか飛行機の到着予定時刻さえ予想できない。

そんなもん小学生だってわかる。
距離を巡航スピードで割ればいいんだろ。
離着陸時は誤差範囲。

312 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 14:27:46
釣り?

313 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 14:45:41
おまえら微分積分を馬鹿にするなよ
微積がなければ今の文明生活はない

314 :132人目の素数さん:2006/12/06(水) 15:32:54
>それどころか飛行機の到着予定時刻さえ予想できない。
その前にまず飛行機が造れない。

315 :132人目の素数さん:2006/12/07(木) 00:35:10
高卒までに習う高校レベルの問題を本来の使い方の現実での事象に結びつける
という事が普通は出来ないから
高校以降微分積分を習ってない人は凄さを実感できないと思う

という俺は文系

316 :132人目の素数さん:2006/12/07(木) 02:30:02
>>315
実感できなくても簡単な微積分は無意識に使ってるんです。

317 :132人目の素数さん:2006/12/07(木) 16:59:41
薬の効果時間にも利用されているらしい

318 :132人目の素数さん:2006/12/07(木) 18:15:40
>>317
そもそも化学で超重要な反応速度論は微分方程式です。
酵素反応だって同様です。

319 :132人目の素数さん:2006/12/07(木) 20:28:05
>>316
無意識に使ってても使ってるって自覚や意識がない・できないから
>>1みたいなトンチンカンなことになるの

320 :132人目の素数さん:2006/12/11(月) 18:25:35
>>275
代数的位相幾何学。ホモトピー論。
色々本読んでるが、微積分は使わない。


321 :132人目の素数さん:2006/12/11(月) 19:52:24
大学の授業レベルの工学でも微積分は必須なわけで。

322 :132人目の素数さん:2006/12/11(月) 19:59:05
こうやって、携帯電話から2ちゃんに書き込みしたり、読んだり出来るのは
エライ人が微分積分を応用してるからだよね?


323 :132人目の素数さん:2006/12/11(月) 22:39:45
>>320

ポアンカレ予想には使う。

324 :132人目の素数さん:2006/12/11(月) 22:57:10
差分で頑張れ

325 :132人目の素数さん:2006/12/11(月) 23:27:58
微積分の発明ってより実数の発明が偉大なんじゃないの?
微積分の定理は実数の公理を特殊化したものに過ぎないんだから

326 :320:2006/12/12(火) 02:55:58
>>323
それは知らなかった。微分幾何だと思ってたんで(笑)

327 :132人目の素数さん:2006/12/12(火) 12:30:12
>>326

ポアンカレ予想を微分幾何の予想だと思ったの?

328 :132人目の素数さん:2006/12/12(火) 12:34:57
>>327
ポアンカレ予想、最近有名みたいだけど、
「微分形式に関するポアンカレの補題」
が記憶にあったんで。勘違いしていたみたいです。

329 :132人目の素数さん:2006/12/12(火) 12:55:49
代数トポロジーやっててポアンカレ予想を知らないってのはかなり
めずらしい。


330 :132人目の素数さん:2006/12/12(火) 14:25:46
高卒という低学歴で役者の道を選んだ元進学校理系トップクラスだった俺から一言。


微積分でここまで語れるおまいら何かカッコヨスwwwwwww


俺なんざ今となっては数V・Cはおろか数U・Bすらうろ覚え…。寂しいもんだ。


『全ての事象、経験は芝居の肥やしになる』という思想の俺たち役者から言わせれば、>>1のような意見は自分自身の可能性を狭めてるだけにすぎない。

文系がどんな事を学ぶ人達なのかは知らんのだけど
『微分積分とか役に立ってなくない?』→『必要ないね!!』
とかいう短絡思考でなく
『微分積分とか役に立ってなくない?』→『じゃあ役に立たせるにはどうしたらいいんだろう?』
と疑問を持つことが重要なんじゃないかい?
それが学問であり、発展というものだろ?

331 :132人目の素数さん:2006/12/12(火) 19:16:28
>>330

同感。役者さんの「向学心」って、すごく前向きなんですね。
見習わないと。

332 :132人目の素数さん:2006/12/12(火) 23:07:16
>>330
いいこと言った
役者を見直したよ

333 :275:2006/12/13(水) 22:02:27
微積を殆どか全くか使わない数学の理論って何でしょ?
ちょっと興味あるんですけど。>>276で言うように確かに基礎論はあまり
関係なさそうなイメージがある。(よく知らないけど)
>>277が意味が分からない。有限なものでも速度、加速度、面積、体積
いくらでも微積が関係してくる余地がある。
(離散的なものと言いたかったのだろうか)

基礎論以外で他に思い当たるのあります?

334 :.:2006/12/13(水) 22:14:44
小学校の算数で
”速さ”= 移動距離を時間で割ったもの
って教える。
するとそれはある時間幅についての値のはず。

ところが日常目にする乗り物のスピードメータなどは
この10分間の(平均の)速度などではなく
この瞬間の速度として表示されている。
会話でも”今までの10分間の速度”などとはいわずに
"今の速度”と普通にいってる。

そこには微分の第1歩が入ってきている。
日常生活に無縁とは到底いえない。

335 :132人目の素数さん:2006/12/13(水) 22:39:32
>>333
俺もよく知らんが,結び目とかはどうなんだろうか

336 :132人目の素数さん:2006/12/14(木) 02:03:46
結び目は多項式を作ったり不変量の話が出てきたりで
結構使うんじゃないの。たぶん。

337 :132人目の素数さん:2006/12/14(木) 07:48:55
>>334
時間の本質が不明なままで、時間を連続な実数と見なしてる訳だから
いずれ覆る可能性はあるんじゃないのか

338 :132人目の素数さん:2006/12/14(木) 08:11:45
>>337
まあそれでも物理学におけるガリレオ、ニュートン以前と以後くらいの差は有る。

339 :132人目の素数さん:2006/12/14(木) 11:22:05
>>330
いいレスだと言いたいところだけど、
>『微分積分とか役に立ってなくない?』→『じゃあ役に立たせるにはどうしたらいいんだろう?』
これ微積が役に立ってないと、もしかして思ってない?
散々これでもかってくらい役に立ってるんだけどね。
微積を否定するのは巡り巡って近代文明全体を否定することにすらなりかねない。

340 :132人目の素数さん:2006/12/15(金) 17:39:50
数学上で微分積分がなかったら物理学の発展も無かった。

341 :132人目の素数さん:2006/12/16(土) 11:14:23
というか微積分学は物理学からの要請で確立したようなものだしな。

342 :132人目の素数さん:2006/12/16(土) 22:12:51
Leibnizは別に力学の要請など無くても微分積分を発見していたんじゃないかな。

343 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 18:55:53
四則計算しかできない人間ですが微積やることは可能?

344 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 18:58:31
>>343
努力あるのみ。がんばれ!

345 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 19:00:49
速度なんてΔx/Δtでいいと思うんだが・・・

346 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 19:02:48
>>344
サンクス

微積と統計やりたいんだけど算数と中学数学なにやってけばよく理解できるかな?

347 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 19:20:27
>>346

失礼ですが、中学生ですか?

348 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 19:42:35
いつも思うけどすべての人が等しくいろいろな学問を勉強するのは
勉強する人の中からスペシャリストを見つけ出すって言う社会の要請
なんじゃないかな。もし数学を中学の頃から選択性にしていたとすると
数学を志す人は少なかったと思う。自分も中学の頃は自分を文型だと思ってたし
高校でようやく数学の面白さに気づいたんだよね。
今は代数幾何勉強してるけどまさか大学で数学勉強するなんて昔は夢にも思ってなかったし。
二次方程式やった意味なかった。ってよくきくけど一部の人には意味あったんだよ
って言いたい。お前だって学校の勉強で役立ったことあるだろ。
だったらいいじゃねえかってね。

349 :132人目の素数さん:2006/12/19(火) 20:31:15
>>346
杉浦解析入門おすすめ。中学生でも読める。

350 :中川泰秀 ◆5xTePd6LKM :2006/12/21(木) 09:17:15
積分=面積・体積を計算するのが速い。
微分=実生活への応用は分からん。

351 :中川泰秀 ◆5xTePd6LKM :2006/12/21(木) 09:20:39
積分は公式が多いのでいやだ。

352 :132人目の素数さん:2006/12/22(金) 17:07:57
>>351
公式なんか覚えるな。導出できるようにしとけ。

353 :132人目の素数さん:2006/12/22(金) 21:30:34
変数の置換なんかは覚えないとしょうがないじゃん

354 :132人目の素数さん:2006/12/23(土) 02:17:53
変数変換はなぜその変数で置換したのか、ということへの理解が望ましい。

355 :132人目の素数さん:2006/12/23(土) 02:32:14
何故も何も式計算で上手く行くから以上の深い意味が無い置換もたくさんあるし
とくにt:=1+(a^2/x^2)とかなんかそういうのとか

356 :.:2006/12/25(月) 13:48:08
>350
日常会話で
”乗り物etcの速度”
といったとき
ある時間幅での移動距離の平均ではなく
その瞬間瞬間の速度っていう感覚で
使われている。
時間幅に対してじゃなく瞬間瞬間に速度という量があることを
誰もがなんとなく前提としている。

357 :132人目の素数さん:2006/12/26(火) 19:47:26
微分は割り算、積分は足し算。それだけのこと。

358 :132人目の素数さん:2006/12/27(水) 03:53:39
>>80
それは教育か?

359 :132人目の素数さん:2006/12/27(水) 04:21:38
>>350
微分は
動きの予測とか音データが飛んだときの補修なんかに役立つんじゃない?


高校で習うような、寡黙として認識されてる微分、つまり演算の技法としての微分に限ったら
直接ありがたみがわかる事柄なんてそう転がってないと思うけど
そのあたりをごっちゃにしてるから変なんじゃないかなぁ

>>334>>339のような、現代科学の基礎の1つという意味合いと
>>343のように、自分が学習する学問としての意味合いは分けて考えないと。

世の中の衣・食を作るためには、欠かすことなど考えられない「料理や裁縫」という文化・技術と
家庭科という科目の中で習う、自分が実践するものとして見る「料理や裁縫」とを
分けて考えるのと同じ。
「俺、外食か他人につくってもらうから、料理できなくていい」というのと
「この世界に料理なんてなくていい」というのは全然違うから。


>>330
>『微分積分とか役に立ってなくない?』→『じゃあ役に立たせるにはどうしたらいいんだろう?』
>と疑問を持つことが重要なんじゃないかい?
>それが学問であり、発展というものだろ?
愚問を持つことは大事だが、なんか問題がすり替わってるような。
微積のなかでの話だったのを、微積とその外の話にもっていってしまったというか、
商品開発研究の話がいきなり営業論にとんだ感じ。
「学問」という言葉の使われ方のレベルがずれているというか。

360 :132人目の素数さん:2007/01/16(火) 20:06:07
美しいCGグラフィックスって
微分積分がなかったら実現できない気もしないでもない。

361 :132人目の素数さん:2007/01/21(日) 23:41:52
Fランカー工学部に行くのですが高校数学さえガチでまともにやったことありません
進研模試でも偏差値40切ってました
こんな私でも大学でやっていけるんでしょうか?

362 :132人目の素数さん:2007/01/21(日) 23:57:01
そんな大学では高校の復習をするから大丈夫。
大学出ても高校レベルの知識しか身につかないかもしれないが。
この板的には、大学なんて行かないで工場で働けといったところか。

363 :132人目の素数さん:2007/01/22(月) 03:20:10
バカが大学いって何する?
とっとと働けばいいのに。どうせ勉強しないし時間のムダだろ?
そもそも「大学」って何のためにあるのかっていう哲学が大学側にないな。
授業料さえ払ってくれりゃバカでもオッケーって所詮私企業といったところか。


364 :132人目の素数さん :2007/01/22(月) 03:49:18
>>1
>文系だが、微分積分の発明ってそんなにすごいのか?

別におまいが知る必要などまったくない。
一生理解できないまま棺桶に行けばいい。

365 :132人目の素数さん:2007/01/22(月) 05:33:53
>>1
ちっちゃいネジにしたって、JISが定める国家規格には
破断や疲労破壊が起きないようにしなきゃいけないし、
同様にそのネジをつかった機械や建築物には材質の物性値から全体の強度を考えなきゃいけない。
(どっかの高卒の馬鹿が「震度5ぐらいまでなら耐えられるとおもったんですが」って発言して叩かれまくってたな。プールでパイプの強度を心配してりゃ、子供も死ななかったかもしんない)

フィルタ理論が発達しなかったら、テレビからノイズは消えないし、
熱効率考えなかったら、地球温暖化止める術がほとんどなくなるし、
微分方程式なかったら車は走らないし、飛行機とばねーし、機械のコントローラないし、
いっぱいありすぎじゃ。とにかく>>1とkingは氏ね。


366 :にょにょ ◆yxpks8XH5Y :2007/01/22(月) 06:52:35
>>1もkingさんも死ぬな。

367 :132人目の素数さん:2007/01/22(月) 09:06:57
いーや、死ね。

368 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2007/01/22(月) 11:50:26
talk:>>366 私に何か用か?
talk:>>367 お前が先に死ね。

369 :132人目の素数さん:2007/01/22(月) 11:52:15
>>368
お前の考えを脳から読み取ったぞ。

370 :132人目の素数さん:2007/01/23(火) 00:26:29
当方お医者さんやってます。
その辺の県名がついてる国立大学出。

昔から微分積分が大好きで、ビセキの勉強が趣味でした。
医学博士いらないから、微分積分にどっぷりつかれる研究室ないですかね?

いいところあったら教えてくださいな。

371 :132人目の素数さん:2007/01/23(火) 00:41:02
お医者さんが「どっぷりつかれる研究室」を知ってどうするのか全然分かりませんが。。

レスから判断する限り、医学博士要らないも何も、
まず学士入学とかから始めたほうが良いような感じ。

そもそも医学と違って「微分積分」というのは「基礎的な解析」くらいの意味で
微分学第一講座とかそんなのはありません。

372 :132人目の素数さん:2007/01/23(火) 06:27:47
数学史によれば

積分が、先に(土地測量のため)開発された。
その後、およそ1600年後に、微分が開発され始めた。

各々の図形や関数については、その形態に合わせ
微分したり、積分したりと計算されてはいたが

それらの一般的な定理として発見したのは
アイザック・ニュートンの先生であるアイザック・バローである。
その定理は微分・積分が互いに逆演算になっていることを示している。

アイザック・バローこそが真の微分・積分の発見者なのである。

373 :132人目の素数さん:2007/01/24(水) 07:15:49
関数の演算としては微分の方が簡単だが

直感的には積分の方が簡単だよな
概念そのものは積分の方が思いつきやすい

374 :ビッパー:2007/02/03(土) 14:55:01
うはっwwwwwww

375 :132人目の素数さん:2007/02/05(月) 14:43:28
age

376 :132人目の素数さん:2007/02/05(月) 15:09:05
>微分方程式なかったら車は走らないし

それがないころから車はあったよ
効率はよくなったけどな

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)