2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ「美しい」という感情が生まれたのか?

1 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/14(金) 15:29:03
「美しい」って感情はどのようにして生まれたんですか?
人間以外の生物にもあるんですか??
教えてください!

2 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/14(金) 22:03:53
このスレは終了しました

3 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/15(土) 00:46:10
18万年5千6百とんで2年前の3月23日の日曜の午後4時56分に、現在のスペインで生まれたネアンデルタール人の赤ん坊が
LOC211459の遺伝子の456番目のAがTに変化したことにより
それをコードする蛋白の32番目のアラニンがセリンに変化し、CKIIリン酸化酵素によってリン酸化されるようになったことが原因で
美しいという感情が生まれた気がする

4 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/15(土) 00:59:01
そこで、これを証明するために、マウスの相同遺伝子に同じ変異を導入した
ノックインマウスを作成
ノックインマウス21匹に対し、モナリザの模写と学生に書かせたへたくそな絵を用意させ
マウスのケージの中にいれたところ、コントロールの学生の書かせた絵の前には、3匹のマウスがよってきただけだが、
モナリザの模写の前には、21匹中18匹があつまり、うち一匹は涙を流しているそぶりを見せた


5 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/15(土) 01:02:29
図1Aノックインのコンストラクト
図1Bノックインしたことをサザンで確認、ゲノムをシークエンスした波形データにより変異の確認

テーブル1
モナリザの図 18匹
へたくそな絵 3匹

図2A 絵の前によっているマウス達を上から映した写真 
図2B 涙をながしているマウスのアップを激写

そのうちつづく

6 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/15(土) 03:50:48
Comments from Reviewer 1

"Genetic mutation in LOC211459 results in emotional
excitement induced by artistic beauty through sight"
3 et.al.,

査読者は以下の2点に関し甚だしい疑問を抱かざるを得ない。

LOC211459にコードされる蛋白質の32番目のアミノ酸残基はアス
パラギン酸であって、アラニンではない。そもそも、456番目の
ヌクレオチド変異でなぜ32番目のアミノ酸残基に変異を導入でき
たかの説明がない。著者らはLOC211459(アクセションコード:
XM_156807)のシークエンシングの結果を再確認されたい。

実験に用いた絵画の評価がきわめて恣意的であって、著しく客観
性に欠ける。モナリザの模写の出来が悪く、学生に書かせた絵が
実は高度な解釈を要求する前衛芸術の可能性が否定できていない。
その場合、これら変異マウスの行動は、単に芸術を理解してい
ないだけかもしれない。更にモナリザを美しさのコントロールと
する科学的根拠があいまいである。モナリザの模写と学生に書か
せた絵をsupplemental dataとして提出した上で、その美しさを
定量化することが要求される。


7 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/16(日) 00:35:54
査読者の丁寧な査読と適切なコメントに感謝いたします。

LOC211459の456番目の変異が32番目のアミノ酸に変異を入れることについて
本文中にも記載のとおり、Usoプロテアーゼによって切断されたC末端の断片の
N末端から32番目のアミノ酸がアラニンとなります。われわれの不明瞭な記述のために誤解を与えたことを深く反省いたします。
本文中には、誤解を与えないように書き加えました。

また、シークエンスの結果についてもさらに確認するため逆ストランドのシークエンスも行い、図に加えました

モナリザの模写の評価を定量するため、美的基準とされる顔の縦横の比が黄金比であることを確かめテーブルに加えました
また、サプリメンタルフィギュアとして、模写と学生の絵を付け加えました。
さらに、客観性を加えるため、両方の絵の美しさについて213人について尋ねた結果についてデータを加えました。



8 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/16(日) 00:43:01
図1Aノックインのコンストラクト
図1Bノックインしたことをサザンで確認、ゲノムをシークエンスした波形データ(両ストランド)により変異の確認


テーブル1
        マウス  人
モナリザの図 18匹   213人
へたくそ絵   3匹    0人

テーブル2
顔の縦横比  x:y 
黄金比    x:y


図2A 絵の前によっているマウス達を上から映した写真 
図2B 涙をながしているマウスのアップを激写
図2C 涙を流している女性の顔のアップを激写

9 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/20(木) 00:36:06
われわれはこのLOC211459がコードする蛋白質をビーナスと名づけさらに解析を進めた。

まず、リン酸化されたビーナスのみを認識するモノクローナル抗体(15KA3)を作成し
マウスの脳切片の染色を行った。

つづく

10 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/20(木) 01:36:24
涙フェロモンの可能性がある

11 :名無しゲノムのクローンさん:2005/10/26(水) 11:54:35
涙フェロモンの可能性を排除するために、
涙フェロモンレセプターをノックアウトした
バックグラウンドで同様の実験を行ったところ、
上記で示した結果とほぼ同様のものが得られた。

12 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/13(金) 18:30:32
無駄をなくすためじゃないの

13 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/13(金) 21:42:00
孔雀メスが、派手な孔雀オスを「目立つけど生きのこってるから体力があるんだろう」
と、思ってんじゃなくて
カラスが光物好きなように、キラキラでカッコいいという美意識があるんじゃないか
太陽の光にあたって活動を始めるとか
視覚の刺激で脳が活発になることで、美しいと感じるようになったと

14 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/13(金) 23:36:47
>>13
孔雀の主観は問題じゃない。キラキラでカッコいいと思いつつ結局「目立つけど生きのこってる」奴を選んでるんだから。
「タイプなんて無い、好きになった人がタイプ」とか言いつつ高収入・高身長の男としか付き合わない女みたいなもの。

15 :ナント:2006/01/20(金) 03:45:33
美しいっていう感情?

16 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/20(金) 13:22:11
>>3
ネアンデルタール人は現生人類の直接の先祖ではない

17 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/20(金) 23:59:30
教えられなかったら美しいという単純化は起こらないと考えられる
他人とは明らかに違う
本当に美しいがあるか、はたまたないか、
このいずれかに決めるのが先決ではないかね!
諸君!


18 :名無しゲノムのクローンさん:2006/03/17(金) 03:49:54
test

19 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/25(火) 22:08:00
>>1-100

20 :名無しゲノムのクローンさん:2006/08/03(木) 22:55:58
未来から来た僕が話す
人間に美しいという感情は存在しない
この事実は2236年の8月3日に発表された
人間は美しいという感情を持たず
そのように錯覚するのは周りとのコミュニティを取るためにすぎない
と僕は学?スで習った
詳しい事は僕には分からないが美しいという感情は存在しない

21 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/21(土) 18:09:37
美しい国=憎いし苦痛

22 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 15:03:04
孔雀は寄生虫にやられると飾り羽が立派にならないそうな

だからそうではないオスをメスは選んでる
美しいってことは健康ってことに繋がってるんではないかね


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)