2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東洋医学と東洋占星術の関連について

1 : ◆62pShadowc :2006/06/30(金) 00:10:49 ID:C0Nl1g6L
いかがなものだろうか?
かなり密接な関係にあると思われるのだが。

2 : ◆62pShadowc :2006/06/30(金) 00:11:30 ID:C0Nl1g6L
参考までに、五行と内臓の簡単な対比をひとつ。

 木 火 土 金 水

 肝 心 脾 肺 腎

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 10:00:38 ID:vbJXmK3U
テポドンは?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:57:51 ID:TC8jQaBX
陰陽五行説を信じるかどうかだな。陰陽五行説は破綻していると漢方では言い、気学では破綻してないという人がなぜか多いね。
というかそういうことにデリカシーのない人が多い。例えば細き数の子が心はどこに有るかとタレントに聞いていたが、心は腹(胆)=きもに有ると言った。
脳ではないらしい。そういうことが人前でまじめに言えるくらい信じてないとダメだな。
例えば養老先生が漢方は脳の機能を全部内蔵に帰着させたからダメだ。といっておられたが普通はそうだろう?
かく言う私も実は漢方では陰陽五行説の誤謬を指摘してきたが、気学、まあ九星占いなどは意外と信じ込んでいたりしたから人のことは言えんがね。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 23:36:31 ID:3dZm4DKM
当薬局では、気学で毎年の天候を知り、それにあわせて薬を用意しています。
御陰様で、お客さまのご要望に今年も遅滞無くお応えできております。
信じるかどうかの問題以前に、陰陽五行説が身についてないと、
処方選択はおろか診断さえ困難なのではないでしょうか。
唯脳論?単なる宗教的信念でしょうね、アレは。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 15:16:39 ID:x42RZTAl
要するに陰陽だろ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 23:03:42 ID:Wy/pq1eG
歴史的哲学的には、また実用上でも、陰陽と五行は全く別もの。気学でも漢方でも同様。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 18:41:06 ID:GhSOhUIZ
 

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 21:19:48 ID:BsW/NtCy
そうか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 21:44:32 ID:5fWsUJHl
そう。なぜ、同じだと考える?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 18:24:46 ID:opw7m+fB
東洋占星術はインドの占星術と違うの?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 20:53:02 ID:THH6jnPu
ttp://syosetu.com/
小説じゃ、五行ってわりとメジャーだけどね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 10:31:29 ID:VJLFd29O
アーユルベーダについて書かれている本を
探しているのですがお薦めはありませんか?


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 13:23:43 ID:rHpAQj7R
五運六気!!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 13:31:21 ID:zrkJGdqj
>>4
でもさ、心臓移植したらその元の人の性格になってしまったって話を聞くと
心はやっぱり心臓にあるのかなぁと思ってしまった自分がいる

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 03:54:54 ID:7HHqenKw
>>13
上馬場和夫
児玉和夫

検索してみて

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 19:26:08 ID:VLlZzRqH
私の学校では易と九星を学びます。
それがどう鍼灸にからんでくるか、一年ぼうなのでまだよくわかりません。
でも天地の運行と体の働きが関係あるのはなんとなくわかりますた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 19:34:07 ID:RHz/YpoO
意味は習った人が、自分で見つける。
え?と思う人がいるかもしれないが、たとえば、英語なら習う価値があると思うか?
そう言ったことを考えてみてほしい。
人によっては学校そのものが、資格を取るために必要だから行くだけだと言う事もある。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 02:07:55 ID:XJCjY/Ky
うん?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 09:58:03 ID:ceVrNchY
九星気学では、
陰陽五行の木・火・土・金・水の漢字の意味に囚われると胡散臭く見えるが、
解りやすく表現しただけであり、A・B・C…でもよいのだ。
つまり三碧木星は「雷気Aタイプ」でも「東A」でもよい。
A・B・C・…間の関係を解りやすくするために自然現象の漢字を当てただけである。
要は五角形が宇宙の基本にあるということである。
五角形と六角形が出現して宇宙が複雑化していくという事実は、
有機化合物の分子模型をみれば明らかである。
9星は六角形と八角形の複合モデルである。
中国4千年の大嘘から真実を見つけることが大切である。
瓢箪から駒を出すのだ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 12:01:27 ID:kbpMb8yD
>中国4千年の大嘘から真実を見つけることが大切である。
うならせるね。

瓢箪から駒を出すぞ。逆さにしても鼻血も出ないおれだけど。


22 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 21:41:52 ID:A79Php+O
今だ、2ゲーーット!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザザーーーーーッ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 00:17:43 ID:exAW+XEI
占星術と人体の照応を言うならば、厳密に言えば
歳差運動とかも考えなきゃいけないのでは…。
西洋占星術はそうでした。
東洋占星術にはあまり詳しくないんですけど…。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 20:37:02 ID:LY4S+2Qd
易と九星?東洋医学に何の関係がある?
素問・霊枢に八卦や九星の記述があるかい?
ええかげんにしなはれや。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 23:09:50 ID:EWMQEXRQ
元になる思想が同じなんだよね。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:10:19 ID:NmktTjal
素・霊は根本に易の思想があるしね。

思想がわからなくても、九宮八風篇とか、もろにそうでしょ。
あと、分かりやすいところでは陰陽応象大論とか。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 13:46:50 ID:urflP+HD
(^3^)/オシマイ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 14:59:34 ID:7QKUUIIx
>>4
養老の唯脳論は構造言語学を単に自分の言葉で語ったに過ぎないよ
養老が何て言ったか知らないけど、本当にそう言ったんだとしたら五臓というものを全く理解していないということですね。

30 :kodzura:2007/02/18(日) 18:53:43 ID:iycw5xAV
するとまぁ分類用の概念が被ってる、と。形容詞、形容詞。
↓は色相順だけど、あとは文化(ジェンダーと同じ)効果。
寅〜子(丑は後述)に一白水星(紫みの青)〜九紫火星。
後半(五行の星)は完全に破綻していると思うよ。さておき、
巳と酉と丑の居場所がない。共感覚的に。抜けてる。
西洋占星術の宮はアルファベット順で、
対応しているのはハウスのほう。十干は降順で惑星に。

実際の天体とは関係ないだろう。感じたことないし。
もしあればあんなに意見がわれるわけがない。
タイプ数の由来は解かるけど無意味と知ってればOK。
土行から金行に空から地が対応するのは簡単として、
それぞれが等号と加減乗除に対応するのは?
中国・インド系は、仏教&啓示宗教とは別の象徴体系。
何しろ用語や象徴が下手に被るから混乱する、混用不可。

金行は除算・空白や空虚・容器(インターフェイス)だから
それで形容してあったら背景や袋(の表面)に関する話。
悲哀に当てられているのは空虚(miss等)から、
欲求に当てられているのは空白(need等)から。
はたらきの性質からの分類だから、
実在の臓器などとはある程度は被る。それだけ。
その本質からいって、大抵はほぼ妥当。そんなもの。

前頭葉が金行とか頭頂葉が土行とかも同様の理由。
図と地の扱い向きと粗雑並列処理向きの役割分担。
たとえば栄養素は後者向き(ほぼ独立要素だから)。
でも頭頂葉と栄養系統は関係ない。役割の類似だけ。
五行で扱うと非常に簡便に全体の傾向を扱える。
ただし、だからこそ「割り当てた五行」には従わない。
八卦の乾・坤・・・は癸・戊・・・。ここでも五行は破綻。

本来、陰、陽、相殺など土行系、は互いに独立のはず。
相殺=等価交換による順序評価・量化の対象にならず、
これら(十干側)は残った四神(十二支側)と区別された。
よくわからないならそのままにしておけば良かったのに。
  せっかく使い易くできていたんだから。
養老氏なら、三つ以上の相互対立要素を扱えないから、
悪意はないはず。。無能なだけ。責めないように。

とかえらそうにかいてみる。本当は向き不向きは
遺伝だから、これらの操作能力は努力ではないし、
えらいのはこれ向きの遺伝子を残したご先祖様。
情報提供は義務ってもの。でも説明難しいゃw

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)