2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

気功ってマジすごくね?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 02:53:29 ID:2nC+8rzD
中国では大学で気功科もあるって話だ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 09:45:29 ID:n79EpUV0
2get

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 08:34:42 ID:ftvyJDcd
気功とヨガ、両方やっても問題ない?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 10:01:51 ID:sNNELsVX
中国には気のパワーで人をふっ飛ばしたり岩を砕いたり、病気を治したり、超能力を使ったりと
凄い事が出来る気功家がかなりいるようです。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 18:23:15 ID:zH/V7WaV
漏れ、火星人と交信できる気功家

6 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 12:32:18 ID:k1o7YcCO
気功家だけど質問ある?


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 13:22:14 ID:PtSmOU/p
儲かりますか?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 00:23:30 ID:UEMMJG5y
はい

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 20:14:37 ID:53LUIM8N
マジで?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 17:58:41 ID:MTpZJ4za
生活できる位には儲かるんじゃないか?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:19:08 ID:r+T78Pg4
>>7
遠隔されてると思うのですが、元にもどしてもらえませんか?
前にもされていて 同じ症状になっているもので。
お願い致します。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 16:51:30 ID:OYYVeCAi
日本の気功はうさん臭い格好した詐欺師

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 17:28:34 ID:uvs3MgSo
ttp://community.pureness.co.jp/3/read.php?id=988&nf=1&st=100&ls=1

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:47:48 ID:Vi9hRDge

日本の気候は、湿った空気に覆われた亜熱帯。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 12:45:06 ID:FFL4iAeu
>>14
おまえ否定の嵐だろ
あちらで論破されたからコチラで書き込みか
かっこ悪いで

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 15:45:37 ID:f+R+PscA
武術の話題でもいいか?古い合気道のようなものと長い時間つったってる中国拳法?のような気功をやっているんだけど。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 18:17:45 ID:5pXASXR5
http://www.alpwork.co.jp/
これも気功だな。。。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 06:13:10 ID:WTObwBiz
>>17
古武道ってやつか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 10:13:15 ID:MmdB/KUm
武術気功をしています。

21 :17:2006/06/30(金) 15:30:07 ID:vtMZs4xS
>19
武道板の気功武術系スレが格オタに絶滅させられたのでこっちにきたのよ。
自分がやってるのは それぞれ大東流と太気拳というもん。
大東流は近代創作説もあるけど古武道のカテゴリーだとおもう。
太気拳は中国の古武道のエッセンスをあつめて最近作られた。
気功が関係するのは太気拳のほうなんだけど、格闘技っぽい内容も若干あるんで
もう少しスレの流れを見て話すかどうか決めるよ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 16:11:06 ID:uDa2baGn
>>17,21
うーん。。。 ここは東洋医学板だからなー
ウルサイ人が出てくるかも。。。 だいじょぶかもしれないけど・・

武術系だったらこんな掲示板もあったぞ
 ttp://www.kikoh.info/2ch/test/read.cgi/kunren/1140004105/

23 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 16:32:33 ID:ZR64mHz3
>>21
間違ってたら悪いけど、あなた武道の方も初心者ですね。
大東流合気柔術は気功とは関係ないし、太気拳は完全
に中国拳法で、しかも「最近」作られたわけではないですからね。



25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 21:58:00 ID:NqtEUFQG
横からあれだが、
太気は中拳の中では最近と言っていいだろう。
なにしろ戦後になって沢井先生が教えだしたんだから。

清代になって生まれた八卦掌ですら新しい扱いされる世界なので
最近という表現には問題ない。

26 :24です:2006/07/03(月) 22:45:04 ID:ZisG2cCh
>>25
「最近」とはいつ頃かということについて私とは考えが違うようですが、
清代の拳法が新しいものというお考えなら、確かにあなたのご意見は
正しいと思います。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 00:41:32 ID:QISiNgDe
>>24
21は大東流合気柔術が気功だとは言ってないように読める。
太気拳は意拳を習った沢井さんという人が名前を変えて普及したんだよね。
沢井さんのオリジナルというのはそこで多少は入っているのかね。
そこで新しく流派を作ったと見れば新しいというのは正しかろう。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 09:29:37 ID:rAOuIfkx
中国の気功家で一番凄い事が出来るのは誰ですか?

29 :とわ:2006/07/05(水) 09:51:39 ID:q7xGu4xz
一番はわからないけど一所懸命練習すれば誰でも健康になれるし他人の病気が治せるようにもなりますよ。
神を信仰するのが宗教ならば自分が神になるのが気功と言えます。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 12:04:03 ID:HIK+FYiN
>>19

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 13:09:22 ID:t4Jr3fLb
気功の本場、中国が長寿国にならないのは何故?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 13:32:48 ID:C2bkvAxH
>>31
柔道の本場、日本が全員柔道をやってるものでもないのと同じ。

33 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 19:38:19 ID:Twzs1oNq
「武術と東洋医学」のスレをたてたほうがいいか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 20:24:49 ID:s5dpNqaQ
気功で人の治療が出来るようになった人いる?

36 :氣っちゃん ◆9RK4ery/lQ :2006/07/06(木) 20:30:47 ID:5c8Lxj/W

 ...初めは雲をつかむような試みでしたけど、今では、人の難しい症状も3呼吸で消せる
ように成りました。開花出来たのは、先生の温かいご指導と仏様のような母のおかげと
思っています。わたしが自分で工夫して得たコツも大きいようです。松果体を使います。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 00:06:28 ID:K1cY1wNG
>>36
松果体ってなんですか?


38 :◆ppMq9fbkvs :2006/07/07(金) 20:43:55 ID:vbOkVdVT
呉式太極拳の太極養生功と気功の違いが分からないんですが…
詳しい方いらっしゃいますか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 23:36:34 ID:Mc0wocwa
呉式のことは知りませんが一般的な意味では、養生功と気功はほとんど同じ物です。

40 :◆ppMq9fbkvs :2006/07/08(土) 02:40:58 ID:vZ0kqoMt
最近は太極拳は24式と32式ばっかりですからねw

確かに養生功はトウロとはかなり異質で、
立ち位置が変わったり派手な動きをしたりしませんよね。


所で、気功にも太極拳と同様に起勢、収勢が有るのを知った時は驚きました。
いや、歴史的にはこちらの方が古いんでしょうか…?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 07:58:22 ID:S7dhzPiA
そうか、、。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 18:32:17 ID:mGjAYGbI
気功の先生の施術を受けた時に、体がフワフワしてとても気持ち良く感じました。
2,3回受けたころから、あまり感じなくなりました。体が慣れてしまったのでしょうか?
それとも、体質が変わったのでしょうか?だれか教えて下さい!

43 :大東めぐみ:2006/07/08(土) 21:00:02 ID:OOmvSKEL
>>21
どの派の大東をやってるの。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 21:18:00 ID:nhMvH1lV
気功と言うのはね、ユリ・ゲラ−のスプ−ン曲げね!原理は同じでしょ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 14:17:39 ID:NxUlu+BK
エロ本を読むとちんこが勝手にたっちゃう
これも気功だよね?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 14:21:52 ID:NxUlu+BK
>>33

互いいいかげんにしろよ。そんなコピペしてると名誉毀損でがっつり金をとられるぞ。
なんでおまえは全然関係ないこの板にまで出てくるんだ?
気功と合気道は関係ないだろ?誰からも相手にされないんで
適当にはって様子をみてるんじゃねぇよ。
見当違いなとこに貼るな。おまえのは嗅覚がするどいんじゃなくて
思いこみが激しいんだよ。アホだって事をじかくしろ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 09:22:11 ID:onzVhEZS
>>46 はマジメそうにコピペに文句付けているが IDからすると>>45のくだらない書き込みも同一である。
変人がこのスレにも乱入してきたな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 14:10:12 ID:5ENVOAsj
ttp://www1.ocn.ne.jp/~iyasiro/ohuda/sakusya.html

49 :氣っちゃん ◆9RK4ery/lQ :2006/07/13(木) 21:19:41 ID:3xDMfZoo

>>37
昔の人類の ≪第3の目≫ だった痕と謂われる器官です。場所については、下の画を
ご参照ください。7歳で石灰質化が始まるという、人体で最も衰えの早く始まる性質上、
それだけにむしろ人体機能の深奥を発揮させ得る鍵になっているのではと考えました。

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/image/010233_02.jpg

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 13:03:14 ID:9/A0PpOZ
あの…23才ともなると、もう殆どトウフのようになっちゃってるんでしょうか? 心配です

51 :2ch従業員詐欺師 若林恒気光教室ドゥナウ:2006/07/15(土) 16:49:54 ID:lczX24mm
2ch従業員詐欺師 若林恒気光教室ドゥナウ
〒556-0016 大阪市浪速区元町1丁目4番11号ルミエール難波301号室


52 :めっ:2006/07/15(土) 17:43:32 ID:wo2FPUAJ
もういいよ、書き込み無いのは需要が無いの。

53 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

54 :大東めぐみ:2006/07/18(火) 08:08:56 ID:zNWQe9xo
レスがつかなひ・・・

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:20:17 ID:0lTnqHZQ
「気功」 実際どうなの?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1151165816/l50

【氣】気功の情報を出し合うスレ【健康法】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1152895432/l50

56 :氣っちゃん ◆9RK4ery/lQ :2006/07/20(木) 20:27:55 ID:4h2Xr2hn

松果体はお豆腐みたいには成りません。木炭みたいに成ります。果実の 「ライチ」 に
似た本来の姿の保持には7歳以前からの特別なこころがけが要りますが、7歳を過ぎた
以後や二次性徴以後でも、液体状のライチを想う事でゆるませ使用に値させられます。

57 :相撲家:2006/07/21(金) 16:05:19 ID:y4069XpF
>>28
それはわたくしです。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 18:10:08 ID:O6VeRcGF
なるほど…トレーニング次第と…

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:30:49 ID:kr7oeWXV
>木炭みたいに成ります。

そんな状態から、理想的な状態へ持って行くのに何年かかる事やら...

凡人は普通に死ねと言う事でしょう...

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 10:17:32 ID:P/uYDv+u
素妄家は何がでけるのよ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 19:08:49 ID:P7Rj6ldL
関連スレ 空の会
 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1148770888/l50

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 19:10:24 ID:P7Rj6ldL
タカツカヒカル友の会
 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1097776979/l50

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 19:11:29 ID:P7Rj6ldL
矢山式気功法
 http://science4.2ch.net/test/read.cgi/kampo/1153388748/l50

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 19:15:04 ID:P7Rj6ldL
安田隆
 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1131095666/l50

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 19:16:03 ID:P7Rj6ldL
パーフェクトハーモニー
 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1137985666/l50

66 :66:2006/07/26(水) 06:06:24 ID:vxntuAP6
>>31

(氣功ならぬ)気候によるのでは。

67 :氣っちゃん ◆9RK4ery/lQ :2006/07/27(木) 21:35:32 ID:oHzfrNM+

>>58-59
氣功は、智慧の輪を解く作業に似ます。知識や筋量や経験の積み重ねはほとんど要り
ません。車の運転その他のほうが、知識や経験や一度に配慮すべき事の多さを必要と
する面で難しいとさえ謂えます。氣功は、智慧を利かせれば一日で得る事も出来ます。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 22:28:28 ID:tkM7M9VL
レモンみたいなイメージしたら何かすっぱ気持ちよくなりました。これでいいのかな?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 22:33:51 ID:rp3M68I4
>>68

それが頭の中だけでなく身体全体として気持ちよさが通せればそれも静功の一つでしょう。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 08:50:17 ID:EHkul8RG
>>68 >90
軟蘇の法の応用ですね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 12:53:56 ID:nBin08v2
気って何?気配と同じ?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 13:57:40 ID:1xgppXDv
そう、同じ。
だから、気という物は、確かに存在してる。
だけど具体的に、細かく説明し出すと、とたんに胡散臭くなる。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 13:58:39 ID:xjoZU8cR
そもそも「気」をどのような定義でとらえているのか。

気一元論に基づく、万物の構成要素としてか。
(気は全ての根元であり、気が集まれば形を無し、気が散ずれば形はなくなる)

それとも中医学における身体や精神の機能としてか。
(人体は気・血・津液の循環によって作動している)

気功家や仙道家がいう、人体のエネルギーとしてか。
(精を練って気となし、気を練って神となす)

中国は同じ言葉でも、人によって時代によって指している内容が異なるから
議論の前提として「どのような意味でもちいているのか」を明示した方が
会話がかみ合いやすい。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 14:26:37 ID:EeuPzozJ
tu

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 08:34:44 ID:GHcDkwTY
気とは何か?
この世に存在する物はすべて気から出来ています。つまり物質・生物など。
さらに幽霊などのオカルト的存在も気から出来ています。

気とは幅広い概念のため中国などの国では健康、武術、占い、魔術、超能力開発
などさまざまな分野で気が利用されています。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 18:38:56 ID:TSskHLdb
もっと具体的な定義よろ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:36:25 ID:+n9mKhTH
便秘にならないように気を送ってください。
力がある人お願いします。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 19:27:57 ID:RUy+IdLB
中国?アハハハハハハ。
中国、アハハハハハハ

79 :◆ppMq9fbkvs :2006/08/10(木) 04:49:44 ID:cIMVNQEw
東洋の思想には、ものを定義しない傾向があるので
西洋的な考え方に慣れてしまった我々が気を言葉で説明するのは難しいのでは?

80 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

81 :残念:2006/08/27(日) 02:04:20 ID:9NYtpRMT
どうしても気功に関心ある人ってオカルトや神秘なムードのままにしておきたいみたいですね。
確かに事実上理屈が明かされていない訳で神秘の世界なのですが,もう少し限定的な定義をもって語った方が良いのではないかと思いますよ。
79さんの指摘はごもっともですけど・・・

 さて私は霊やオカルトに全く興味がないのですが,ヒドい自律神経失調症を患い、何ヶ月も病気休職をしたため気功治療を受けることに。
この先生は手技だけでも高く評価されている。その情報だけを頼りに通う決意。気功なんかハッタリでも手技がしっかりしていれば回復の一助になるだろうと言う精神的担保にして。
今でも「気が伝わってくる」なんて感覚は全くないのですが、とことん壊れた自律神経、そして知的能力(自分の名前さえ思い出せないほど^^;)が、かなり回復しましたよ。
今はエアロビや水泳をしたり、仕事も復帰して職場のリーダーをこなせるくらいに。
病気前の元気なときより、知的活動やスポーツをしている。ただ、頭の故障だけに睡眠はたくさん取らないと次の日にダウンしてしまいますけどね。

この先生の主張はハッキリしていて、どんな病気も自己治癒力を指示命令する脳みそ,特に自律神経などの脳幹部を活性しなきゃ治らないと言うもの。
そのために脳呼吸を利用して脳脊髄液を脳内(脳室)でたくさん増産し、それをキチンと末端まで流すことが基本。
東洋医学の「気は意に従い・・・」というのは脳脊髄液(気)などの体液が神経(意)に沿って伝わることだろうと考えているそうです。
ただ、外気功(遠隔治療)だけはどうして自分が出来るのか全然分からないそうです。

この先生はおしゃべりだから、治療中は「うるさいな〜」と思ったりするんだけど,常に逆転の発想を提示してくれるから治療とは別に頭の体操にもなる。
自己管理の秘訣もホイホイと教えてくれる。私は病気持ちだから逆に効率的に働かなきゃイケナイ訳だが、この先生のうるさいおしゃべりを思い出すと
たくさんの解決策が思いつく。二年の通院でかなり先生の考え方に感化(洗脳^^;)された。自信持って言えるのは、健康管理法と頭の使い方(物
事の考え方)はこの先生の言っていることは、正しいんじゃないか?ということ。

と、全然神秘的なムードのない気功治療の体験談でした。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:55:30 ID:jVuVTyi5
気功治療なんざ神秘でも何でもなく実は皆日常で普通にしてること。
人間なら誰でも持っている能力だから特別な訓練なんて何もいらない。
ようは出来ないと思い込んでいる自分の我を変えてやればOK

俺も含めてうちの流派(=日本の療術系)の人間みんな講習受けたその時点で出来る様になるから、
自転車乗れたのと同じぐらいの感覚で気功治療してる。
講習会費も2000円と格安!

気功っていやぁ中国が本場って思ってる奴多いけど、良く中国の気功家が見せる
パフォーマンスの殆んどは戦前の大正〜昭和に日本の療術家(≒宗教家)達が
中国で行った信者獲得の為のパフォーマンスが原形。
遠隔や外気治療なんてのも日本が元!
ま、パクったというより中国の気功家が真似してやってみたら出来たから・・・
って事らしいのと、
療術家のトンでも科学理論武装の形が、後の共産主義の中国では都合が良かった!
んだと
詳しくは井村宏の本を読んどくれ。

それから眉間使って気功治療すると、心臓壊すから気を付けなよ〜

83 :66:2006/08/28(月) 09:07:41 ID:wRC0Kk75
>>78

どうされました。

>>81

施術も頭部接触型で行われるのですか。

>>82
眉間はたしかに。

脳戸からトコロテン式に使えばまだ安全ではありますが。

84 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 16:12:33 ID:5t5D4t5U
成都の女子中学生、麗華ちゃんに教えてもらった気功

1 両掌を熱くなるまで磨り合わせる
2 掌どうしを向かい合わせに少し離し、ゆっくりと動かしてみる
3 両掌の間に押しあうような感じ、あるいは逆に引っ張りあったり粘り気のようなもの(これが気の感じ)が出るまで1-2を続ける
4 両掌の間の気をこねるように掌を動かし、気を練っていく

1-4を数日やって4の時に掌や腕が引っ張られるような勢い、掌の間にかなり強い気の圧力を感じられるようになったら次へ

5 両掌の間の気を一方の掌に集めるようイメージする
6 実際にイメージした方の掌に気が集まってくる感じがしてきたら、さらにその気を腕の中に引っ張り込む
7 腕の中にしびれるような感じ、何かが這っていくような感じが流れ込んできたら、それを腕の中ほどに集めるようにする
8 腕の中ではっきりとした気の流れを感じられるようになったら、それを胸に流していく
9 胸に気が集まってきたら、その気に意識を集中ししばらく瞑想
10 逆の方の腕に気を流し、掌に流して一周させる


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 17:08:09 ID:IGzdtqCr
矢山式腕周天功
みたいだね

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 16:50:03 ID:YsNAzxS+
そういえば、俺も上海で女子高生の紅漣ちゃんに気功を教えてもらったなぁ。
今度会った時に房中術とかいうの教えてくれる、って言ってたけど、房中術って何だろ?


88 :微生積生:2006/09/03(日) 04:22:11 ID:fkVhPH7P

裏気孔術

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:20:17 ID:yutXD6XA
便秘にならないようにしていただけませんか
お願いします

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 21:43:21 ID:bYshDRZy
42歳 女 兵庫県

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 22:00:15 ID:7+6L+I8m
気を感じる能力が元々ない人は
どんなに力んで鍛錬しても気功はマスターできない。
能力があれば初めてでもその場ですぐできるようになる。
それだけのことです。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 04:50:05 ID:3T+Jeaby
なんかつまらない世界だね

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 07:36:47 ID:lNvpDhAz
誰でもできるよ?
感じる能力の無い人などいないから

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:10:33 ID:m7KPvgNk
そうだね。
>>85みたいなことやれば、たいていは数秒から数分で、遅くても数日で誰でも気を感じられるようになる。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 13:26:47 ID:3T+Jeaby
>>85
交感神経の反射弓を意識している⇒自律訓練法じゃねーの?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 14:21:06 ID:zQCU8NFl
>>95
>>85みたいのは典型的な気功の初歩(気の感覚化から意識で気をめぐらす周天)だよ。
まぁ、別に他の呼び方で読んでも良いけどね。

ただ、自律訓練法に比べるとかなり強い感覚(強い圧力や何かが這いずり回っていくような感じ。実際にやってみるとかなり違和感があるw)が出やすいかも。
逆に熱い感じ、とか少しモアモアする、という程度の感覚が出てきた段階で止めてその感覚に意識を集めたりすれば自律訓練法的なものになるんだろうな。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:25:09 ID:/sFb/EMF
自己流気功術を開発して体得してます。
今日はかなり空を飛びました。いわゆるハイの状態でした。
この現象をG行為最終段階保留状態下でのフォーリング感覚現状と名付けました。
名前はそれを必要とするもの以外に意味を持ちません。
自己流なのでどう名付けてもあなた方には関係のないことです。
批判を受ける言われもないし同情や共感される覚えもありません。
おのおのの道を歩んでいけばいいのです。
お互いに切磋琢磨してなんとかしましょう。
星の輝きは何万年も昔の光だと聞きます。
一つの星になるには過去にさかのぼってタイムフィードバックする必要などありません。
あれは邪悪なたとえですね。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 09:12:19 ID:NofSM4gc
>>97
キミちょっとやばいぞ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 09:20:14 ID:NofSM4gc
>>97
かつて薬板で瞑想からきみと似たような状態になって、あげくに頭の中に独立した人格の女性が
住んでしまったヤツがいた。小周天がどーのこーのと周りのヤツが心配していたが、彼は
たぶんイッてしまわれたよ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 15:03:45 ID:qr8WhCYA
>>99
>かつて薬板で瞑想からきみと似たような状態になって、あげくに頭の中に独立した人格の女性が
>住んでしまったヤツがいた

ああ、これは心配ない。
むしろ行が深い証拠だ。

俺も、大周天の頃から瞑想に入ると内的世界で俺に道を教えてくれる桃華という仙女に会えるようになった。
彼女は、全身が淡い青色の光に包まれていて透き通るような無色の光の衣を着ているんだ。
年齢は5000歳くらいらしいね。
諸葛孔明と親しかったようで、彼の発明の話とか色々教えてくれたよ。

昨夜は出神を教えてもらった。
これができるようになると、向こう岸へ逝けるらしいんで、がんばってやるつもり。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 19:52:08 ID:fUnJH0is
ああそう、

よかったね

102 :99:2006/09/16(土) 21:17:10 ID:NofSM4gc
スレタイ『ドライの上(禅・ヨガ・仙道・瞑想・呼吸法など)』
http://web.archive.org/web/20041105110418/tmp4.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1094566584/

上記URLの107〜200くらいで登場する男性も最初は心のなかに自分の思うままの世界をつくれた?らしいが、
だんだんとおかしくなっていくのがわかる。本人がそれを自覚して嘆いているのが痛々しい
対処法を他のヤツがレスしてる。

薬板だが彼はたぶん瞑想でこうなったようだ。

103 :99:2006/09/16(土) 21:19:54 ID:NofSM4gc
そこの107でのレス
>そのうち、あることにふと気が付く。
>自分の世界も、外の世界も、そんなにはっきりとした境界はないんだって。
>そもそも、そんなあやふやな概念なんて最初から必要なかったんだって。

自他の境界が不明瞭になる・・統合失調症の症状でもある。というかこういう思想は理解できるが
彼のようにいやおうもなく「認知」するレベルになること自体あぶないね。西洋医学的には
完全に病気の域だ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 07:28:55 ID:3OFcwtYV
ドライの上(禅・ヨガ・仙道・瞑想・呼吸法など) 2ちゃんねるみらー
http://2ch.dumper.jp/key=1094566584
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament3/1094566584/

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 12:57:44 ID:Z3dxNdGb
臨西録に
「神に会えば神を斬り、仏に会えば仏を斬りなさい。」
て書いてある。そんなもんに囚われちゃダメポ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 14:08:20 ID:PYZMoDq6
そっちのすれの1に
>注意点:
>瞑想時の魔境(禅病)には、くれぐれもご注意ください

ってあるジャマイカ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 03:40:02 ID:qUmcQo1p
もしも、頭の中に嫌な奴(妙な奴)にすみ付かれたとしたら(憑依されたのか?)
どうすれば追い払うことが出来るのでしょうか?
まじめに聞いているのでよろしくお願いします
妙な修行をしたりしたら悪化しそうなので警戒しています

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 08:28:28 ID:b8U5DcQR
唾かけてあっち行けボケと追い返す。

これネタじゃなく本当の話

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 08:47:30 ID:+3wreMEG
早いうちに精神科に行けばいいと思うよ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 23:49:07 ID:qUmcQo1p
>>108
それもわかりますが
悪意の相手を悪意で追い返すのは難しい気もしてるんです
お払いとかって効果あると思いますか?
>>109
今の所正常だと思いますよ
正常だからこそ、研究しているわけです


111 :99:2006/09/20(水) 01:53:04 ID:xmNZxvpy
>>110
>>108のIDは他スレでも見たが、オタク的知識を書くが、未熟なオツムだよ。聞くだけムダだと思うな

むずかしいのは、統合失調症の場合、本人の病識は伴わないとこだ。本人にとっては現実だからね


112 :110:2006/09/20(水) 04:04:52 ID:WM5IO3Pf
>>111
統合失調症の人は何人か見たのでわかります
本人にとっては本当に聞こえていますね

でもね、私は平均的な部類だと思いますよ
意識するかしないかの問題であって
ほとんどの人に起こっていることだと思います



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 07:06:01 ID:pMOM3B+S
他スレにてオタク的知識を披露している頼りにならない奴です。

>>110
御払いは根本的な解決にはならないかと。
先ずは精神科に行かれて診断を受けられた方が無難です。
その上でのレスとお思い下さい。

それは悪意で来た『別の存在』では無いと言われます。
『思い込み』『執着』からくる『我』であるそうです。
ですから、そこに執着せずにその奥を見なさいと。
唾吐いてが・・・なら、白隠禅師のナンソの法など如何でしょう?元々禅病を
治す為のものですし。(同様と思われるものにシュルツの自律訓練法があります。)

ところで貴方は動功をちゃんとされていますか?気功の流派の多くが動功から静功
へと進みます。動功でみっちりと身体感覚を身に付けてから静功に進まなければ、
偏差を起こすからです。
中国気功の動功は独習するのは難しいので、ハタヨガをおすすめします。
ヨガなら良書が沢山出ておりますし、私は成瀬雅春氏の本をオススメ致します。
独創するのがどれ程大変で危険か分かりますから。

114 :99:2006/09/20(水) 07:50:36 ID:xmNZxvpy
それを自分で体験してる者からいったほうがいい。>>110は読み齧りの知識を求めてるのか?

115 :99:2006/09/20(水) 07:56:13 ID:xmNZxvpy
シュルツの自律訓練法が白隠のソレとどこで同様だと思うんだよ。「思われます」とか根拠を言いなさい。
教科書や本の知識にのせて、かってな思い込みを混ぜる手合いは東洋医学系の典型的なカルチさ

さすがに瞑想や精神病領域でここまで好き勝手書くとは思わなかった。こりゃだめだな

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 09:08:04 ID:pMOM3B+S
99よ君もあれだ他スレで独り言で頑張ってるあのチミだな!

シュルツの自律訓練法は、自分でシコタマやりこんだよ。
白血病で死にかけた時分自分が精神的に追い込まれた時に何度も救っても
らった。
ナンソの法との共通点は静松の状態を作り出す感覚訓練だと言うこと。
静松が出来ていないと頭ばかりの観念になって禅病をおこし易くなる。一番独習が
怖いのはこの点だ。

身体の一部から初めてそれを全身に広げて行くんだが自律訓練法の方が段階的
に行うので、ナンソの法より初心者には習得しやすい。

それよりなにより99よ、君はそもそもナンソの法や偏差、禅病がどういうモノ
か分かってるのかい?
禅病・偏差=精神病とまでは必ずしも言い切れないのだから、彼が精神疾患か
どうかは精神科行って診察してもらわないと分からないだろ?2ちゃんのレス
程度でどれだけの事がわかる。

精神疾患の対処法が知りたければ該当板のスレに行けば良かろう。
ここは東洋医学板の気功のスレ、ただ禅病や偏差を起こしているだけなら
これを試してみてわ?と勧めただけで良くそこまで反応できるな?


117 :116:2006/09/20(水) 10:00:49 ID:pMOM3B+S
あれ?静松?松静?どっちだったっけ?

118 :116:2006/09/20(水) 10:08:05 ID:pMOM3B+S
あ、それと気功って瞑想(静功って言うんだけどね)するから、99よ、東洋医学
を全く知らない君よりかは知ってるよ。

119 :99:2006/09/20(水) 13:07:39 ID:xmNZxvpy
>>116
ナンソの法は良く知らないので、できれば教えてほしいね。ナンソの法とシュルツの自律訓練法が
どう同じなのかもちょっと詳しく書いてもらいたい。
禅病とはどういうものなのか、も君なりの解説をしてもらいたい。
その上でアドバイスを書く。これだけで十分長文がかけるし、他にも理解しやすい。
オレもその上で言うべきことがあれば書くよ

君の傾向は、いろんなものを紹介し、あれをすればいい、とか簡単にいうことだ。
たとえばどこかで「西洋医学の門をたたけばいい」とアドバイスしていたが、君じたい西洋医学の
鳥羽口にいる状態なのに、なにか全てを理解した上で書いてしまう嫌いがある。
そんなことより、ひとつひとつ、相手にわかりやすく、たとえば「なぜ自分がこれを薦めるか」を
書かないと、ただのマニアックな人にしかとられない。
白血病になって苦労したらしいが、オレが臨床についてない、と決め付けたり暴言をはいたり
あからさまな感情をむき出しにするところをみると、あまり苦労も身についてないと思われて仕方ない。
これはあおりではなく、誰もが当然だと思うだろう。

たとえば、オレと君のカキコミをみて、どちらかを治療者に選べ(苛酷な洗濯だw)といわれたら、まずオレを
選ぶだろうね、と勝手ながら想像してしまう。まずは冷静に。無駄な煽りは必要ない。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 14:43:57 ID:rX5SJQg5
ここおもしろいね
西洋でも東洋でも医学は医学
いろいろな患者さんを通して得られた結果論の集大成だよ
どちらが正しいはない
心に効けば 免疫力も高まるさ
対立するより 学び合うこともいいよ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 16:01:20 ID:wx14dZYg
99さんでも116さんでもどちらでもいいけど、107(=110)さんの症状を直接改善させてあげられる能力があるほうが正論側でしょう。
直接改善してあげられないなら、どちらも机上の空論。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 17:04:51 ID:CbwRJhJ2
>>107
>もしも、頭の中に嫌な奴(妙な奴)にすみ付かれたとしたら(憑依されたのか?)
>どうすれば追い払うことが出来るのでしょうか?
>まじめに聞いているのでよろしくお願いします
>妙な修行をしたりしたら悪化しそうなので警戒しています

「もしも」と言うのは仮定としての事ですね。
「妙な修行」と思うようなものはやらなければいいです。
TVなどの霊特集と気功をごちゃまぜにしているのでしょうか?
「憑依された」とか「頭の中にすみ付かれる」とかは、
気功の概念においては無い事です。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 17:37:04 ID:pMOM3B+S
すまねぇ今思い出した、放松だ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 17:52:41 ID:otuwJkA3
気功やヨガは自己流でやるのは本当に危険だ。
私は脳波の研究で、健常者や精神分裂病、気功前と気功後の脳波の違いを
比較する作業を行っていた(苦痛で1年でやめたけどね)
禅病にかかっている人の脳波は、精神病患者の脳波に限りなく近くなっている。
指導者が偏差や禅病の知識と対処法を教えることが必要だ。
ヨガにいたっても同じこと。
身体と精神面での準備が出来ていない状況でクンダリニーが上がってしまうと
着実に精神異常をきたすよ。

125 :110:2006/09/20(水) 22:59:19 ID:WM5IO3Pf
>>99
>>113
精神病ではないと思います
さらにいうと私のような状態の人は周囲を見てもたくさんいますので。
なんていうのかな、最近取り付かれたというものではなくて
おそらく私の個性の一部のようなものについての話をしているのです

>それは悪意で来た『別の存在』では無いと言われます。
>『思い込み』『執着』からくる『我』であるそうです。

言っておられることはわかるつもりです
ただ、そういうものを言っているのではないのです
わかりやすく言うと(言うつもりですが)
弱い相手を踏み潰すようなときに「にや〜」って笑うような感覚ありますよね?
あれのことを言っているのです

私は気功の勉強を真剣にしたことはありませんが
それでも、ナンソの法や自立訓練法は何度か試したことがあります
その奥義の部分に触れているのかどうかはわかりませんが、気の流れは
そこそこ感じられているつもりです

>>122
私も書いていることが気功とは関係ないのかもしれないとは感じています
しかし、このスレなら、何かわかっておられる方がいられるかもしれない
と思って書いているわけです

弱い生き物を殺したり踏み潰したりするときに生じる、あの「にや〜」っとした感覚。
あれをなんとかしたいのです、あれも憑依現象の一種なのではないのか?
と推測しているわけです
気功の力で追い払えるのならば、もちろんその方法を学びたいと思います

126 :124:2006/09/21(木) 03:17:56 ID:QSVFoYqU
>>110=125
哺乳類で群れを作って狩りをするハイエナや、チンパンジーなどの一部霊長類には
弱い相手を嗜虐する時に快感を得る脳の働きがあるものだ。
サルの研究論文には残虐性についての報告が多数ある。
もちろん人間も霊長類なので、そういう感情が存在する。

憑依ではなく、原始的な感情だといえる。
そういう感情にとらわれることを「魔にとらわれる」というのよ。
お釈迦様を例にだすけど、修行中に悪魔やセクシーな女の幻覚が誘惑したりする。
それとほぼ一緒。

対処法としては、そういう感情が通り過ぎるのを待つ。
なんとかしなくてはと思うほどとらわれていくからね。
その感情を無視、存在しないものとして放置するうちにとらわれなくなってくるよ。

127 :124:2006/09/22(金) 12:32:00 ID:TzAj+Yce
…スレを止めてしまってごめんね。

昔アネリカのとある刑務所でハタヨガが教えられていた。
教え始めて数ヵ月後、ヨガを習う囚人たちが凶暴化してしまったのだ。
己の感情に迷いがなくなり、体力がみなぎる体で暴れるので大変だったそうだ。
ヨガも気功も精神修養がなければ『やばいヤシ発生法』になってしまう。
新渡戸稲造の『武士道』でも読んで心を育てて欲しいよ。

128 :99:2006/09/22(金) 13:03:02 ID:jCtOuKvk
アネリカか・・ちょっと行ってみたい

129 :99:2006/09/22(金) 13:14:15 ID:jCtOuKvk
おっと。
>>126
○○をするのは、そのときに快感物質が脳内にでるからするのだ、という論理は一見最終的な
結論だと思われやすい。しかし、なぜその行為をすると快感物質が出なければならないのか、を
考えてみると、答えはその先のほうにあるという考え方がでてくる。
つまり、エサ(=弱い相手)を襲う時に快感物質がでるようにすると狩りをする動機付けになるという推測の余地が生まれる。

人間を含め生物の体のはたらきには必ず原因や理由があり、快感物質(エンドルフィン等)が分泌されるのも分泌されなければ
ならない理由がある、

という考え方ををとると、ただただ
>その感情を無視、存在しないものとして放置するうちにとらわれなくなってくるよ。
という解決法がはたして本質的に正しいのか?という疑問も湧いてくるかもしれないね

130 :99:2006/09/22(金) 13:18:31 ID:jCtOuKvk
>>127
>ヨガも気功も精神修養がなければ『やばいヤシ発生法』になってしまう。
>新渡戸稲造の『武士道』でも読んで心を育てて欲しいよ。

その通り。ヨガも気功も、たとえば受験勉強や難関試験を突破する学力も同じ。
それらは技術に近い。モノゴコロつかないうちからピアノを習わせ、超絶技巧で演奏できたとしてもとしても
人格の修養や善悪の判断にはほとんど結びつかないのと変わらない。
そのためにいわゆる精神修養や、いわゆる「教養」つまり生きていくための血の通った勉強がまず大切だと思う。

131 :110:2006/09/23(土) 03:03:45 ID:iacFls+v
>>99
>>124
ごめんねなんてとんでもないです
こちらも考えていました

>その感情を無視、存在しないものとして放置するうちにとらわれなくなってくるよ。

とのことですが、実は私もそういう方向でやっておりました
しかし「劇的に」なくなるということはありません
長い時間が掛かるのかもしれませんが「確実になくなる」
という手ごたえは今のところ感じられないのです
しかし同時に「それを続けていこう」とも思っています

>もちろん人間も霊長類なので、そういう感情が存在する。
>憑依ではなく、原始的な感情だといえる。

の部分ですが、人間とまとめてしまうとそうかもしれませんが、個人差が非常に大きいと思うのです
ごくまれにそういう感情が非常に大きくて
「なんでそんなに醜悪な表情なのか?」(ちょっと言い方がきついですが)
と思えるような表情をした人もいますし
そうかと言えば、0ではないにしても、
本当にそういう感情がほとんどないような人もいるように感じています

その差は教育の部分もあるとは思いますが、生まれつきの差の方が大きいように感じています
じゃあ、その差はどこから来るのか?
と考えると、「脳の構造の差」だけなのだろうか?
などと思ってしまうのです。


132 :110:2006/09/23(土) 03:18:06 ID:iacFls+v
ちょっと補足します

修養って不思議ですね
修養によって、人格も醸し出す空気も全部変わって来る
じゃあ、修養によって、
その人の中で、何が変わっているんだろうかなどと考えてしまいます

133 :124:2006/09/23(土) 11:52:57 ID:wUWwRyyp
>>110
脳の構造の差というのは実際に存在しているよ。
でも、「犯罪脳」といわれる脳を持っていながら犯罪を犯さない人もいる。
その差はなんでしょう。
私は教養や教育による「他者を思いやる心」の成育度合いによると思ってる。
そう言う意味で>>130と同意見。
>>110は「醜悪な表情」をしたくないと思っているでしょう?だから大丈夫。
しつこいけど「武士道」を読んでほしい。とくに「惻隠…」のあたり。

劇的になくなる、というより徐々に意識しなくなる。
「にや〜」よりも優位に快感を得られる、社会的な感情を育ててみるのが第一歩。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:27:00 ID:1LQCJkEu
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1157530344/l50

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 16:01:27 ID:b96TkRml
ttp://www7.ocn.ne.jp/~n-kikou/index.html

自称すごいおっさん

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 17:57:13 ID:XTqgqusc
修養主義は成立したのは明治後期。
富国強兵が一応達成され、立身出世がある学歴以上の者に限られる
ようになってきた。こういった閉塞感を打破するような形で起こってきた大衆文化。
このころ成立した武道にもとりいれられている。
修養主義は江戸期の寺小屋や新興宗教にも萌芽はみられるが、馬前の討ち死にを
最高の名誉とする武士道とは直接の関係はない。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 18:17:26 ID:XTqgqusc
修養と鍛練は日本では結びつけられる。その結果、結果よりも過程が重視される
ようになるのは、高校野球を見ればおわかりの通り。武道や各種のオカルトみたい
な健康法が成立するのもこの影響と考えていいだろう。



138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 00:11:47 ID:P8dfqf6C
>>135
 雑誌で紹介されたとか肩書き、有名人が薦めてるっていうのと治療技術
は一致しないからね。俺は散々いろんなトコで実感した

139 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 12:51:19 ID:fhxZWLcD
>>126
イルカにもあります。

141 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:39:17 ID:+5ZmssX4
2CHの東洋医学板の気功スレでこんなに書き込みが少ないという事実
他の板でも気功に関してはない様子
気功ってあまり一般の人の関心を引いていないんですね
わかりやすく証明できないからなのですかね


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:29:58 ID:iA9ipHMr

釣り師が来たようだw

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:14:20 ID:+5ZmssX4
>>143
釣り師とは失礼な
気の凄さを感じているものからしたら
みんなの関心の低いことが純粋に不思議なだけなんだよ
まあ私も10年前気の話のしている人を「この人何言ってるんだろう?」
と思って見ていたいた過去があるから
わからないでもないんだけどね


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:25:18 ID:azseyIxp
>>144
どこがすごいと感じているのかkwsk

146 :144:2006/10/21(土) 02:42:10 ID:w3cVGDxM
>>145
たとえば綺麗な部屋とほこりだらけの部屋であれば
綺麗な部屋のほうが心地いいですよね
それだけでも凄いことだと思います
みんなそれを認識出来ていないのですかね

何て書いてますが私もあまりわかっていません
これからボチボチ勉強です

147 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

148 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:08:05 ID:nseLt2QF
手から気功を出して動物を眠らせる気功師をテレビでよく見かけるけど、あれって、
凄いよね。雲を書き散らす気功師は嘘くさいけど(笑)、動物を眠らせる気功師、
あれは本物だと思う。自分もあれができるようになるなら、厳しい訓練を受けても
いいとさえ思ったよ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:43:20 ID:4Ixo55t7
あんなの、誰にでも出来ますよ。

151 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 18:52:19 ID:roL0oj6k
>>150
動物園の動物を片っ端から眠らせるんだよ。
あんなの誰でもできるわけないじゃん。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:50:43 ID:nmWWJ7wY
気は人間の体を動かしている電気なんだろう
誰の手からも無意識に弱い気が出ているがそれを鍛えて
強く出せるようにしたのが気孔師で超能力じゃないよ
ただ気孔で病気を治してくれるところなんてほとんど
見ないからわざわざ離れた所から気を送るより直接
触れる指圧やマッサージの方が効果は上じゃないかな


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:55:30 ID:nmWWJ7wY
手のひらを広げてもう一つの手で指で突く形にしてちかずけてそこで
縦下に動かせば俺でも10センチくらいで気を感じることができた
しょっちゅうしていたら60センチはなれた所でも手のひらが
むずがゆさを感じるようになった
知識を身につけて訓練をすれば誰でも一定のレベルに行くんじゃないかな


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:58:55 ID:IPKHVCAM
はぁ!?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 19:17:30 ID:nmWWJ7wY
超能力じゃないんだよ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 19:35:18 ID:IPKHVCAM
まがいモンだろw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:35:55 ID:kz9KEx3U
気のパワーで凄い事が出来る気功家は中国にはかなりいます。
ある気功家は気のパワーで病気を治すのはもちろん、物を燃やしたり、ビンの中の錠剤を
気のパワーで出したり、高電圧のコントロールなどが出来ます。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:59:24 ID:jvLtP13c
そんなに凄いのならK-1に出たら簡単に優勝すんじゃね?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 12:58:05 ID:m9xgIiop
↑典型的な揚げ足取りだなw


161 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 16:14:37 ID:nK43UVB+
K−1に出て勝てるのは太極拳などの武術気功の達人。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 01:05:55 ID:r7tsJ8Vj
気孔で病気を治してくれる治療院は日本ではほとんど見ない
理由は簡単
気孔は知らなくても直接手を触れるマッサージや指圧の方が
患者の体への気の伝達がはるかにいいからだろう
気孔師は気を離れた所から遅れるようになった曲芸師に近い者だ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 01:07:09 ID:hz6oGnAv
気功=偽モノ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 09:43:26 ID:GI7YWtlT
気功の天才はスプーン曲げと大麻で修行。

166 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:22:35 ID:ZL2063Xq
【伝統】漢方薬・鍼灸・気功【医術】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1162636249/

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:59:00 ID:CvHHSUG0
インポとか不感症は気功で治りますか?
つりとかじゃないのでだれか教えて下さい

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:44:45 ID:oPhBm3RB
マジで言ってるのか。
http://www.ichigiryu.com/mokuhan.html
ここに行きなさい

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 22:50:34 ID:lwbtDLDV
>>168
つ房中術


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 22:52:55 ID:RnM1kVvu
てす

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:00:03 ID:iof6tRCx
万物は性交によって生じるという思考は、現代にかぎらず古代人に共通して見られる
普遍的な思考であり、人類は石器時代の昔から男根形の石棒や女陰石などを祀って、
性の神秘的な力を信仰してきた。森羅万象、まぐわいという行為をおこなわないもの
はない。太陽は月とまぐわい、天は地とまぐわう。理にかなった交媾は、自然界の
正しい循環と発展を保証し、人類に健康と富をもたらすが、理に背いた交媾は、貧困、
病気、死の原因となる。
中国の 道家の神話によれば、伝説の仙人にして皇帝であった黄帝は2000人の女性と交わ
ることによって仙人となった。性の営みを支配出来る者は生命を支配できる。この確信
に基づいて道家が編み出した、性および性交を中心とする養生法、それが「房中術」
である。

房中術には、男女の生理から倫理、精力の養成、子の産み分け、媚薬・精力剤などの
調合法、性器の改造法、実技の指導など、性にまつわるあらゆる項目が網羅されており、
さながら古代の性科学知識の集大成といった趣きがある。
そこでは女性のエクスタシーの重要性が唱えられ、十分な情感の高まり(和合)を待っ
ての性交の重要性が唱えられている。こうした主張は、今日にも通用するきわめて
進歩的な性の思想には違いないが、タオイズム(道教)に固有のものではない。
房中術において最も肝心なのは、みだりに《精》を漏らさないことである。
この《精》とは、われわれの身体を形作っている氣の一種で、アンリ・マスペロなんか
は「本質」と訳している。これは精液(女性の場合は経血)に含まれるが、精液その
ものではない。「精が減少するたびに人間は病気になり、精が尽きれば死ぬ」(「養生
延命録」)。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:01:23 ID:iof6tRCx
そこで男性は女性と交わりをもっても、精液を漏らしてはならず、それを還流しなけ
ればならない。そのためには、男根がまだ十分に勃起する前に女性に挿入し、激しく怒張
したら抜く。そうして一昼夜に数回から数十回、交わる。もちろん精液は漏らさない。
万が一、漏れそうになったらどうするか。左手の中指と薬指とを陰嚢の後方、肛門の前方
いわゆる“蟻の戸渡り”の部分に当てて圧し、男根をつまむ。そして強く男根を握りなが
ら、口からゆっくりと気を吐き、同時に歯を数十回かみ合わせる。これは体内の神を外に
逃がさないためにしばしば道家が用いる道教固有の秘術だという。こうすれば、かりに
射精してしまっても神は出てゆかず、男根を経由して脳髄の上丹田に《還流》するらしい。

別のやり方もある。
9回浅く突き、1回深く突く。そして休む。射精しそうになったら、右胸の上、約2cmの
ところにある屏翳(びょうえい)という経穴(ツボ)を圧して射精欲求を抑える。
行為の最中、男性は下丹田にある赤く輝く精氣をイメージする。それは中が黄色で、外側
が赤と白に分かれている。この精氣は、やがて赤と白の精氣に分かれる。赤は太陽、白は
月となり、脊髄の道を通って上丹田に至る。そしてそこで再び一つに結び合わされる。
この過程は、人体の裏側(「督脈」ルート)を用いた、太陽と月、陽と陰、火と水、
陽龍と陰虎の神秘的な結婚を表す。
さてこのとき、男性は男根をひときわ深く女性に入れて動かさず、女性の唇に唇を重ねて
彼女の息と唾液を吸う。同時に男根の先から彼女の分泌液を吸い上げ、
ふたつの液の神秘的合一をはかる。これによって、人体のもう一つの経絡、胸の側にある
「任脈」ルートにおける神秘的な結合も果たされ、《精》の循環が成就されるのである。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:06:21 ID:e/hVuh0C
ttp://www.daitouryu-aikidou.jp/cgi-bin/daitouryu/siteup.cgi?category=5&page=2

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 13:31:04 ID:ajZvqbIz
その星がちょっと松茸ば半身不随の病人が起き上がり、
精子をさまよう人に虹がかかり、すぐ治る。

ttp://www.youtube.com/watch?v=T42EljR-RLM&mode=related&search=


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 08:22:50 ID:TYHz7HT8
>気孔は知らなくても直接手を触れるマッサージや指圧の方が
>患者の体への気の伝達がはるかにいいからだろう

伝達のいいものが、病気を治すのにいつもいいかというとそうではない。
ファーストフードがスローフードよりも良いとはいえないのと同じ。
 気功でも強力なものほど尊ばれるが、それは正しい判断とはいえないかも知れない。
速くて強い力は表層に瞬間的に作用する。ユックリで微かな力は深部に届く。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:57:13 ID:jHmop5n6
http://www.tokyobbs.or.jp/kaiun/
どうよ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 02:51:56 ID:Q+a7fV0e
気功って他人の病気を治すだけじゃなくて自分の病気を治すことってできないの?

179 :& ◆5GNrkpULr. :2007/01/01(月) 20:26:57 ID:MQ8XdOJe
?? ?????

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 01:39:57 ID:KhZxJqXd
外気功の達人て薄毛の人が多いよね

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:02:27 ID:BsLr5pt4
>>178
どうなんだろうね
もしできるなら気功師は病気知らずだね

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 10:59:28 ID:rXI0rgKS
>>178
普通に習ってる人は自分の病気を治すためや病気予防のためにやってる人の方が多いいよ

でもヘタしたら他人の病気を治療してる気功師の方が気が不足したりして病気がちになる場合もあるみたいだけど

183 :暇人:2007/01/07(日) 14:24:54 ID:pIOONR2v
ヨガを始めて3ヶ月、気功を始めて1ヶ月、太極拳は3週間、瞑想は8回位。
気功は両手を触れ合わさなくても、1週間位で手の平にぴりぴり感じられました。
両手を接近させるより、60cmくらい引き離した方がぴりぴり感が強いです。
正中線に沿って気のボール移動させることもできます。効果としては便通が非常に
良くなりました。ぴりぴり感が強く感じる時間帯は、夜、食事入浴を済ませた後です。
さて、たんとう功も何度か試してみましたが、10分位までしかできませんでした。
ところが、天外史郎著『宇宙の根っこにつながる瞑想法』のCDを聞きながらたんとう功を
やったら、30分出来てしまったのです。終わる頃には両腕が重く感じて、早く
終わらないかなあとは思ったけど、痛みは全然なかったのです。でも瞑想を
終えた瞬間、右腕付け根、両足の太ももふくらはぎに激痛がはしったのです。
こんな痛みは経験なく1時間位もんぜつうって、もだえ苦しみました。瞑想は怖いもんだと痛感。
皆さんもこんな経験したことありませんか?



184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:30:13 ID:YVEU9all
中国には気功で自分のガンを治療した人がいますよ。
気功家の中には病気治療で自分の気を使いすぎて病気なった人がいます。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 01:02:36 ID:E7ois2Vt
うつ病、パニック障害、不眠症
これって気功で治せますか?
ほんとうに悩んでいます

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 01:16:51 ID:6aKnPjDu
太極拳を体験したけど、最後の深呼吸はメンヘラにかなりいいと思ったよ。自律訓練法に似た気持ちよさ。
足腰が鍛えられるから体力向上にもいいし。気も出せる様になるらしい。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 01:23:39 ID:uPfaxh3n
今の医学では不治の病に冒されてるので気功を試したいけど
金取って直してる所というのはどうも信用できない。
もちろん本当に素晴らしい気功師も沢山いるんだろうけどね。
だから自分で気功をマスターして自分の病を治したいんだが
どうやったら覚えられるのかな?
何か適当な教科書みたいなのってあるの?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:22:12 ID:/Ge+hPTi
>>187
とりあえず「気功」で検索しろ。
話はそれからだ。


189 :暇人:2007/01/08(月) 13:55:52 ID:a3gZ3nRD
>>187
>適当な教科書みたいなのってあるの?

私なら、成美堂出版の『気功エクササイズ』、矢山利彦のDVD『小周天気功法』を
推奨します。どちらか一方をと言うなら前者が良いでしょう。女性用に書かれた物ですが、
何十回も繰り返して読んで見てください。気のボールは1週間で出来るようになりましたが、
遅い人でも半年で出来るようになるそうですよ。頑張ってください。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 10:50:09 ID:YXeBAiuD
自己催眠で「私の体には良い気が入ってきている」と暗示すれば速攻でオッケー
気功は暗示

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 18:37:39 ID:WC539ePi
↑気感の得られていないニブチンが粘着してる ププ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:14:19 ID:yceJLLGA
やるなら内気功だな
外気功は人は治せても自分は治せない


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 23:09:26 ID:/fxohGTy
>>187
ヒント:小周天


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 09:43:44 ID:iKJ+NkNe
つうか、気功師が気感だと区別する感覚って、催眠中に起きる感覚としてかのシュルツ先生が催眠療法患者から統計とった感覚にそっくりなんだが

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 09:55:59 ID:NRoJ7urQ
>194
そっくりってゆうか、同じ物でしょ。
それで一定の効果があると見るか、いかがわしいと見るかは、人それぞれ。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 12:46:16 ID:VwpQEnmK
>>194
そりゃ方法として一部近いことやっているからね。
自律神経訓練系のトレーニングは、効率はかなり悪いけれどある程度は気功的な効果もある。

ただ、気の感覚を磨いたり気をめぐらせたりするなら、本来別目的の催眠や自律神経訓練よりかは気功のほうがずっと効果的。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 13:59:27 ID:uLhwXFlt
>>196
逆だろ、逆
気功なんていう怪しげなものより、催眠療法のほうが遥かに効率的
だいたい気功の実験って追試すれば何もなかったものばかり。トリック対策が不十分な学者が一回騙されることはあっても、継続実験は騙せない

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 14:39:20 ID:leXlKXWd
何に対して効果的なのか?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 15:44:09 ID:FmdP2cJ3
>>197
動物を眠らせる気功にトリックがあるとは思えない。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:18:34 ID:MU39kNJP
>>199
気感も無いやつが悔しがって気功のスレに粘着しているだけだから スルー 無いと思ってる人はわさわざ気功のスレには来ないよ

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 08:10:42 ID:Js9CDZxM
>>199
あれって自然に眠っただけじゃないの。何分も粘着してればそのうち寝るよ
本当に気で眠らせてるのなら、動物が自然と睡眠から覚めて自然には寝ない状態だと確認してからやってみればいいが
そんな当たり前の実験すら逃げてるよね、気功師(笑)は

202 :199:2007/01/23(火) 09:49:57 ID:ITj1aRFf
>>201
>あれって自然に眠っただけじゃないの。何分も粘着してればそのうち寝るよ

動物を眠らせる気功
http://www.youtube.com/watch?v=SXsFndVCjMk
かなり不自然にみえるが?


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 10:03:07 ID:Js9CDZxM
>>202
そう見える人には見えるだけでしょ。
せめて同条件実験を何回かやればいい。本当に気でやってるのならその都度同じ結果がでるはずだ。しかしそれすらやらないよね?
だいたい、黄帝内経や老子など気功の古典と呼べる書物は古くからあるが。その内容は赤子の心に戻れ、とか呼吸をゆっくりしろとか内功的なもの
特殊なパワーが出て他者にどうのこうの、なんていうオカルトが罷り通るようになったのはここ数十年の気功ブーム以来
明らかに証明も無し、ついでに蓄積も無しじゃないか

204 :199:2007/01/23(火) 10:36:17 ID:ITj1aRFf
>>203
>そう見える人には見えるだけでしょ。
たしかにそのとおりだね。
ただ、黄帝内経や老子を不用意に出してはいけないよ。
なにも知らんのだろう?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 10:46:15 ID:VG5cNMF7
迷信として否定された気功が中国で認められるきっかけになったのは中国共産党の幹部の難病を気功で治した例が出たから
しかしそれは郭林女史の気功で、自分で動作して治す内功
気功は本来内功しかなく、かつて外功というと肉体鍛錬のことを指していた
外気発射だの物を動かすだのの超能力的なハナシが出てきたのは本当に最近
その内容たるやかつて超能力ブームが起こったときにパフォーマンスとしてやられ、そしてトリックが見破られて消え去っていったようなのとそっくりなのばっかで……

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 12:47:03 ID:o0Waph2Q
気功否定派と肯定派の争いじゃなくて。オカルト気功信奉派と否定派の論争か

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 14:44:58 ID:q9VP8vFp
手を触れず、薬も使わないでオナニー決められたら
気功は本物。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 14:46:16 ID:q9VP8vFp
眠っているインポオヤジのティムポを気功で右に左に
動かせたらほんもの

209 :田中守平:2007/01/23(火) 14:49:17 ID:q9VP8vFp
太霊道

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 21:32:13 ID:qcos27UX
いままで気を後れるとか、邪気を観ずるとかという人とお会いして得た
特徴は次の通り。

長所
カリスマ的であって、それを魅力として使っている。
人が幸せになることを願っている純粋でまじめさがある。
白黒を常にはっきりさせる傾向が強い。

短所
失敗しても責任を感ずることはない

一般人には検証が難しい気の概念は依存しやすい人にはとても魅力的に映ります。
そこで私の考えでは、こういうかたは2つの点を明らかにしておくべきではなかろうか。
1,何ができて何ができないかをはっきりいうべきでしょう。病気は治せるけど
ティッシュペーパーは動かせないとか。
2,どうすれば同じ能力が獲得できるか。



211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 08:08:48 ID:xJvkQFTp
気功で治る理由はプラシーボ効果
偽薬を本物と信じ込んで飲めば、何人かに一人は治癒してしまう現象
詐欺療法で喧伝される「実例」っていうのはこういうもの。どんなアホ治療でも治る人は治ってしまう
だから気が実在しなくても気功で治る人間は出るもの。根っこは鰯の頭を拝むのと同じだから馬鹿みたいな金を取る奴は全て偽者と思っていい
イメージを多用するアプローチから入る催眠療法、ぐらいが良心的な捉え方

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 08:33:30 ID:haZ0K7zi
はいはいウザ田 乙

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 13:23:46 ID:w5nYQvKV
先日から気功信者、反論不能が続いてるね

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:23:32 ID:wGot7FEN
中国ではティムポの鍛錬が重要と考えている。
http://www.youtube.com/watch?v=b9kqjLxr3WE
http://www.youtube.com/watch?v=y8fKib0aLEA
ぶーらぶらぶーらぶら。
チミたちもこのくらいやったんだろ。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:39:59 ID:wGot7FEN
http://www.youtube.com/watch?v=0IUBbyxFiWk
http://www.youtube.com/watch?v=XiFY0kJmFTo


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 10:22:03 ID:nW265E+F
岩を砕いたり、槍で喉をつかれたのに怪我をしない、生卵の上に乗る気功芸を催眠術などで出来る?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 11:42:57 ID:i6mpC2LV
>>216
手品師なら簡単にできるw

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 12:01:23 ID:IY08XeLS
気はある機械で測定出来るそうです。
中国の科学者達が硬気功家の威力を測定したところ人間離れしたとてつもない
威力を測定できたそうです。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 14:37:35 ID:p7qbmmZO
十代で気功を信じない者は情熱が足りない
十代を過ぎて気功を信じている者は知能が足りない

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 14:53:40 ID:hKYhLcuE
>>218
イギリスとか亜米利加じゃないのがねえ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 17:39:09 ID:hKYhLcuE
やっぱ手頃な修行はティムポか・・・・・

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:02:11 ID:NrN9oRNd
オンナはどうすんだ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 10:48:40 ID:gWC4Ompy
日本では気功愛好者の98%にDHMOの中毒がみられる。
DHMO は無色透明・無味無臭で以下のような特徴をもつ、とても恐ろしい
科学物質である。
* 多くの工業において副次的に、 そして大気・河川・海などに何の規制も
   無く放出されている
* 酸性雨の成分の多くの部分を占めている
* 地球温暖化の一因となっている
* 自然の海岸線の侵食の一因となっている
* 多くの金属の錆や腐食を加速させる
* 多くの場合、電子回路の不良や、自動車のブレーキの能力を低下させる
* 夏の海で亡くなった多くの犠牲者の重大な死因の一つ
* 固形状の DHMO に長時間触れることによって体組織障害を起こす
* 場合によっては、火傷のような症状が起きることがある
* 日本では特に夏場に、この物質による被害が多く DHMO 吸引による死者も
   増える傾向がある
* 食品中のDHMOは微生物の繁殖を促進して腐敗を招く。
* NASAは宇宙食の研究にあたり食品中からDHMOを取り除く手法を開発した。
* DHMOは多量の中性子を含む。また、DHMOは微量ながら放射能を持つ。


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 11:12:08 ID:gWC4Ompy
気を感ずることのできない現代人の98%はパンを食べたことがある。
学校給食でパンを食べて育った大人の約半数は、気を見ることができない。
砂糖を好むものは気を放出できない。砂糖には殺菌作用があり保存料として
使われてきた歴史があり、精製することにより砂糖は白い粉として市場に
流通し、なんお法的規制もないからである。依存症になると、不足したときには
空腹感やいらつきが生ずることがある。そして摂取すると糖の血中濃度が
上がりすぎてしまう。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 11:17:15 ID:YPWijEmB
オカルト板の話題になりつつあるw
医療気功ならともかく、気功を否定されて言うに事欠いて大道芸めいた硬気功なんてあきらかに異常

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 21:29:09 ID:hat2xkd+
>>223
ソースは?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 01:31:02 ID:+M69oAUG
前にテレビに出ていた日本の気功家が動物を次から次へと眠らせていたけどあれは?
硬気功は大道芸みたいなモノです。中国の東方気功団などは多くの人の前で硬気功の荒技を見せています。
中国の嵩山少林寺などでは武術に応用していますが。(かなり荒っぽい気の鍛え方をするので怪我をする修行僧が後を絶ちません)

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 09:39:05 ID:JoeEHGvY
動物は自然に眠る
だいたいテレビのことなんだから、演出とかいって餌に睡眠薬入れてても不思議じゃないw
気功の力で眠らせているというのが真実なら、当然トリックが入らないような処置をした上で何度も実権して立証するという方式に耐えられるはずなんだが
誰もやらない

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 11:14:32 ID:vYnYKh/O
>>228
昼行性の大型草食動物、バイソンなどは昼間に眠ることは殆どないらしいぞ。
>餌に睡眠薬入れてても不思議じゃない
外国の自然動物保護区にいる動物に対し餌に睡眠薬なんぞ入れられるか?外国メディアには必ず保護官がつくだろうが。
よしんば、睡眠薬で眠らせているとしても、子供もいれば年寄りもいる、でかいのも小さいのもいるぞ。
個体差のある百頭以上のバイソンを睡眠薬で10分程度の誤差で眠らせることは気功で眠らせるよりむずかしいぞ。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 11:39:18 ID:BSFO0XaB
オカルト気功信者と、純粋に健康法としての気功を認めている人間の温度差ってこんなに凄かったんだな
ここで屁理屈ごねてる暇があったら、「気功で動物を眠らせることができる」と実験を受けて証明してくださいって信奉する気功師にお願いしたほうが早いだろう
インチキトリックじゃないと見破るために物理なんかじゃ何十回も実験を行うのがデフォなのに気功は一回のパフォーマンスで認められるの?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 12:00:04 ID:vYnYKh/O
>>230
>餌に睡眠薬入れてても不思議じゃない
という意見に反論したまでだが。納得したのか?
ほかにどんなインチキトリックがあるんだ?ほれ、いってみろ。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 12:49:27 ID:YX/4g+8V
>227 中国の東方気功団などは多くの人の前で硬気功の荒技を見せています。

あれは気功ではないよ。
やっている人は普段気功をやっているのだろうけど、
日本の戦前の縁日などで興業していた「危険術」とかと同じで、コツがあればできるもの。
この手の気功興業を、韓国のTV番組がお笑い芸人を使って、体験取材させてた。
気功はまったく経験のない芸人が、団員が怪我をして芸を見せられないからと、その荒技をやって成功していた。

こんな風にマスコミやら芸人が気功でないものを気功だとして放送するから、
気功とは言いがたいものを気功だとして喧伝するHPや新興宗教があとをたたない。
詐欺同然のものに騙されたやつもいるんじゃないの?

このような事があるからと言っても、気功の全てが否定されるものではないけどね。



233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 13:00:37 ID:qaCL7E5N
喉に槍を突き刺して怪我をしない技を見せてください。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 16:12:41 ID:zofNRGb5
どうしてこう超能力願望が強いのかね
種も仕掛けも無しで本気で人間にそんな真似ができると思ってるのが不思議

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 20:13:39 ID:oCAuCp56
>>226
ttp://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/chemical/chemical.html

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 20:23:05 ID:oCAuCp56
恣意的に特殊な用語を使うと人は簡単に騙されるというわけ。
「なんとなく虫が好かない患者」は、邪気が多い。病気の人間は邪気
を持っていて触れると移るとか、こういう類もDHMOと同じ。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 20:55:24 ID:Kif+6qYk
映画とかに出る演技専門の動物っているよねw

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 22:20:08 ID:/O5IHnNQ
身障者が暴れているな

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:28:53 ID:kHfVf+0v
いきなり「氏ね」とか「身障者」と言って、このスレの人たちはちょっとおかしい。
ネットではとかく言葉が乱れがちですが、そのような暴言はいかがなものでしょうか。
例えば「よかったら氏んでいただけませんか?」と、少し口調を丁寧にしてみましょう。
すると言われた人も「じゃあ氏んでみようかな?」という気持ちになるわけです。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:53:03 ID:z56yvHg0
自発的に身罷ってみては如何でしょうか?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 12:14:30 ID:UiXG2uX7
中国で気功の研究がさかんなのは、旧ソ連で超能力研究がさかんだったのと一緒でしょ
予算分捕れるし、成果が上がらなくても客観的基準を誤魔化せるから責任も問われない
官僚主義国家とオカルトは実は仲良し

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 14:55:56 ID:S99Bc5jK
http://yushukan.fc2web.com/
うおー! ス、スゴイ! 『本物』の『氣』の使い手が存在したなんて!

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:51:50 ID:rWxUevfX
動物を眠らす気功の達人の動画ですよ。
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=SXsFndVCjMk
良かったら御覧下さい。
気功に興味のある方、志す方に是非見ていただきたいです。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 23:48:13 ID:gDI+ju0E
あるあるでやらせが問題になってるのに、まだテレビでやってることには嘘がないと思ってる奴がいるよ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 00:45:58 ID:jI0goDiO
年配者に多い傾向だな

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 08:33:02 ID:W5KmuPAl
>>244
ステレオタイプだな、そのうえ思考停止に陥っている。
嘘があると思うなら指摘したらどうだ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 08:46:19 ID:9Mk/BiLy
>>242
凄いですね! こういう人がもっと表舞台に出てくれば良いのに!

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 09:20:21 ID:UHmZdJXq
>>247
>>248

ここの館長のやってきたこと

ttp://inokata.tripod.com/

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 12:38:43 ID:YisA7cQL
動物を眠らせたから何?そんなもの睡眠薬入りの餌事前にやっとけばオレでもできるぞw

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:28:11 ID:W5KmuPAl
>>249
>動物を眠らせたから何?
すくなくとも、気功は暗示やプラシーボだけでなないと言えるのではないか。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 09:07:26 ID:aoPI1Gmv
>>250
つまりトリックということだね

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 09:36:57 ID:fAjQQ0No
山の頂上で邪悪な気配がする
王さまに命じられて、頂上へ探索に行くことになった勇者(主人公)
城門に行くと、王さまが呼び寄せた6人のお供
戦士、僧侶、魔法使い、盗賊、狩人・・・一人足りない
次の町の宿で待っているとの事
勇者はこの中から3人選び次の町に進むことにした(あとの2人は別行動)

ここで組んだパーティによって、この後のシナリオが変わったり、
次の町で待っているもうひとりのキャラが変わる。

流れとしては
スタート→ダンジョン→町(休憩所)→ダンジョン→休憩所→ダンジョン・・・休憩所→山の頂上
休憩所でシナリオに沿ったイベントが起きたり、パーティの入れ替えができる




253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 11:35:23 ID:Sj9uroKv
違うんじゃね?
>>249のはつまり
眠らせるだけなら気功である必要がない
ってことだろ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 14:06:41 ID:pjYYfqx5
>>253
いずれにしても本末転倒だな。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 08:06:05 ID:b8J7HDrm
>>254
トリックではないと証明されていない以上、その例えは不適当だろうな
どうして気功師ってマトモな実験からは逃げるわけ?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 14:15:06 ID:dR1niZN7
>>255
>トリックではないと証明されていない以上、
むちゃ言うなって!


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 22:15:03 ID:xrV/3BVk
>>255
>どうして気功師ってマトモな実験からは逃げるわけ?

えーと、あなたにとってマトモな実験とは?


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 09:34:15 ID:HQVUelL2
実験はどなたか書くでしょうから、この質問もやっておきましょう。

鍼の分野に限ると、邪氣という知覚があるという前提に話をすると、
病気は正気の虚があるから生ずるわけでして、それでは正気の虚はわから
ないのですかという論になります。つまり氣の虚がわからないという
ことは、氣を知覚できていないことになりませんか。

ついでにいうと、鍼灸師のするこの種の邪氣論って、西洋の霊魂とか
の2元論としか思えないのですが。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 09:42:59 ID:HQVUelL2
失礼な言い方しちゃうと、邪氣が邪氣が・・・っていう鍼灸師は
平均レベルの鍼灸師よりも気のとらえ方が劣るのではないか。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 10:12:55 ID:phMF4sVT
何があっても「邪気が、邪気が!」と言っているならレベルが低いだろうなw

邪気と言う知覚があるという前提→氣は感じている→氣を知覚している事になる
のでその仮定はなにたたないでしょ。

鍼の分野がわかっている上でカキコしているのだろうから、色対表という物がある事は当然わかっているよね?
あの表が全部当てはまるとは思わないけど、経絡も五行に分けて考える事が出来るように、氣には質の違いもある訳だ。
実と虚という考えは氣の量の問題、それを質の問題と合わせて語ってしまうのはどうかと思うよ。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 10:30:07 ID:ztSiA2VD
「良い気吸って、邪気出して」と気功を習いにいったらそう先生が連呼してたけど
いきなりそれだったからわけわかめだった
そもそも気ってなんですか?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 10:38:16 ID:phMF4sVT
氣って何だろうね?

ウィキペディア
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97

excite辞書
ttp://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E6%B0%97&match=beginswith&itemid=04525300

Infoseek楽天マルチ辞書
ttp://dictionary.www.infoseek.co.jp/?ii=9&lp=0&sm=1&sc=1&gr=ml&qt=%B5%A4&sv=KO&se=on


とりあえず辞書とかだとこんなの出てたよ。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 11:53:34 ID:JwsMGJll
>>259
邪気とは正気の対称概念でもある。
正気の虚に注目するも邪気に注目するも片手落ちだ。
程度はかわらんな。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 15:48:43 ID:v9yTZUoB
普通の鍼灸師は気功師のように気を感じ取って邪気がどうのと言ってる訳じゃない。
身体の症状を診て邪気だとか気が虚してるとか診断してる。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 16:38:56 ID:IPCbzSLc
気は通常の状態に対して消費の方が勝り(気が追いつかない消費量か、気が抜けて行っている状態)が虚
悪い方に作用する気が邪気

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:25:59 ID:rO4hIk3X
ttp://www.gaikikou.com/

>この度、外氣功療法が、
>  日本予防医学行政審議会より
>   予防医学代替医療として、承認を頂きました。

で、総務大臣所管日本予防医学行政審議会って行政機関とまぎらわしいが
民間の政治団体。バカ高い会費。それはいいとして、会長、理事は肩書がない
けど、どういうひとだろう。


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 18:04:35 ID:vZ1FcNDa
>>264
鍼灸師が気を感じ取れんでどうする。
感覚できんもんは操作できんぞ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 10:18:31 ID:2SKzZars
>>267
またまた概念の混乱が見られる。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 12:35:36 ID:XapVESEs
>>268
どう混乱しておるのか具体的に指摘したらどうだ。


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:40:57 ID:IJ4tvItJ
>>269
まじめな話、得気なしの鍼灸など何の意味もない。
それは「気に働きかける」鍼灸の効果がなかったということなのだから。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 07:48:32 ID:fr0KhdNO
>>270
灸の得気と鍼の得気っておなじなの?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 07:49:07 ID:fr0KhdNO
それにここは気功のスレ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 13:54:50 ID:+iAah98w
鍼灸と気功なんて関係ないよ
今日の研究で鍼灸のツボは反射効果で脳の快楽物質放出を手助けすることが確認されている
妖しげな気がどうのこうのとは無関係に効果が有ると証明されている
国家資格としての気功師と鍼灸師の違いを見れば良い。端的に分かる

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 17:36:52 ID:xP+xtpma
その証明通に出来る鍼灸師はほんの一握り
それに反射効果程度なら足裏反射と同じw
そんな程度でエバラレテモ笑いがとまりません
鍼灸なんかしょせん盲人の為にできた資格
晴眼で鍼灸資格とるなならも少しマシな資格でも取れば
でもって気功は良くしりあせん漏れがおじゃました

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 08:26:19 ID:mqvXuJsG
足裏と一緒にする時点で問題じゃないの?
あれは気功並に怪しいよ

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:48:55 ID:f7yzeeQa
>>273
>鍼灸と気功なんて関係ないよ
気功とは、体内の気を調節することにより、本来の状態を回復する健康法のことである。
鍼灸とは、体内の気を調節することにより、本来の状態を回復する治療法のことである。
本質は同じだな。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:45:32 ID:KbKBrNK8
漢方・鍼灸など西洋医学も効果を認めるものは、気というのを体温や血流量の比ゆ的表現として使っている
気功(特に超能力信者のオカ気功)と一緒にしないでくれ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 09:52:59 ID:mNPiqf8O
>>277
西洋医学の視点、考え方から伝統的鍼灸を見たとき、「気というのを体温や血流量の比ゆ的表現」とせざるを得ないということだ。
東洋医学である鍼灸の説明に「気というものは比ゆ的表現です」などと、どこの文献にあるのだ。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 09:53:53 ID:lt7qBnwF
>>276
同じじゃないぞ。まず内気功は東洋的な運動療法、鍛錬であって
短期的な効果を求めなければ有用な場合がある。外気功は呪術的な
暗示療法。
ただし気功師の一部には、限定的だけどまだ知られていない能力を
もつものがいるかもしれない。これからの科学的検討を要する。
とはいえ、未科学的な力があるとしても、これをただちに病気が治る
という現生利益にむすびつけてしまうと納豆の二の舞。


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 10:16:22 ID:mNPiqf8O
>>279
>同じじゃないぞ。
反証になっておらんな。


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 10:47:48 ID:lt7qBnwF
>>280
つっこまれますたね。中国の思想に健康って考えがあるの?


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 10:54:40 ID:lt7qBnwF
さらにつっこむと、本来の状態ってのがわからない。彼らの考える
理想的なカラダのありかたは房中術に反映されるのだが。外気功は
セックスに結びついているだろうか。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 11:47:32 ID:6TRr6krg
気っていうのは科学が未発達だった時代の、原始的信仰と結びついた架空のエネルギー
そんなもの、人体のどこにもないよ
計測されたこともないし、実証されたこともない
気の理論と無関係でも治療は効く。オカルトっぽいインチキ気功は人を害している

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 20:44:38 ID:MYbt0Y2H
>>283
逆だろうね。
むしろ、直観的に自然を見つめたゆえにかなり本質を見抜いている。

古代中国では「すべて」の根源、すべてを成り立たせ動かすものを「気」ととらえていた。
物質とそれを動かすエネルギーを本質的に同じものととらえているから、むしろ現代的な意味での「エネルギー」に近い概念だよ。
大極から陰陽が別れ、様々な気(力として働くエネルギーや物質)が生まれてくる、という感覚もね。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 20:50:19 ID:/8Zv2APC
ところでこのスレで気功やってたり、治療受けた人っているの?

286 :284:2007/02/07(水) 20:57:13 ID:MYbt0Y2H
気功ならやっているよ。
どちらかというと、瞑想的なものだけど。


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:24:30 ID:mT+uXwiM
>>258
仙道の周天法をやってるぐらいかな。
昔は一度だけ治療受けたこともあるよ。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:25:49 ID:/8Zv2APC
さんきゅー!師匠についてやってるのかな?
そして、実際どうなの?
これが変わった、治療の最中どう感じたとか。
今現在解るわけもないんだし、実証云々よりもそこが聞きたい。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:28:59 ID:ppHWZS18
>>284
本質を見抜いてる、とあんたが思いたいだけでしょ?w
気功がそんなにご立派なら、他の医術を駆逐しているよ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 15:29:16 ID:OFsIHNfM
医学は学問。
学問とは、学ぶことでだれでもできるようにする内容。
スポーツなど磨くことにより能力を伸ばす内容は学問にはならない。
能力的取り柄のない人間に限って学問の方を主体にしたがる。

291 :284:2007/02/08(木) 20:48:34 ID:MC5gMERS
>>288
十数年前に本を何冊か集めて気功や小周天やったけど、やたら体力がついて寒さに強くなったかな。
今もそれが続いている。


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 21:34:21 ID:O6j752NB
>>291
さんきゅ!良いねえ。それだけでも十分すぎるな。
もっと体力付けたいし、男なのに冷え性だし。

293 :287:2007/02/08(木) 21:40:39 ID:cQHkhJgo
>>288
色んな本読んで試行錯誤しながら独学でやってるよ。
変わったところは体調が凄く良くなった。
ここ何年か病気といえば軽い風邪に一度かかったぐらいかな。
あと朝起きる時心地がよく起きられるようになった。
他にもプラス面もマイナス面もあるけど、やって良かったと思ってる。

気功治療に関しては十年以上前に腰痛で一度受けた。
受けてる時は当時鈍感だったのか特に何も感じなかったけど、
終わったあと先生に「今夜身体がだるくなるけど、朝には良くなるよ」と言われた。
その夜は確かに身体がだるくなってすぐに寝たけど、次の日はだるさも取れ腰の調子も良くなった。
しかし効果はあまり続かなかったなぁ・・・
やっぱり自分で気功を修練して気を練った方がはるかに効果あるようだ。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 22:21:25 ID:lUkVgwsU
Archmage


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 08:25:34 ID:LZ5AcCNl
そんなに気功が常識外れのものだと思ってるのならオカ板池よ
証明性の無いものを信じるのは宗教だからそっちでもいいよ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 10:30:14 ID:rn0nGkXT
カルト教祖素養診断プログラム
http://leo10.cse.kyutech.ac.jp/koura/check/check01.html

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 12:37:59 ID:rn0nGkXT
ラジオは超低周波、テレビはマイクロ波
ttp://www.honmono-ken.com/electromagnetism/

五芒星・六芒星、陰陽匂玉などの黄金比からできた形状を、日本ではじめて
活水器に取り込み実用化した製品です。この形状により、右巻きの水流を強力
に発生させ、本体前後の水道管との電位差で、更に水へ変化を与えます。
ttp://www.honmono-ken.com/fgravics/

電気エネルギーの次元を引き上げ、
生体にとって有効な電気エネルギーに変換するコンセント
ttp://www.funaihonpo.com/?pid=784526




298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 16:16:23 ID:0AkrB8VW
>>295
>証明性の無いものを信じるのは宗教だからそっちでもいいよ
自分で実践し、自分で証明するんだよ。
自分が実感として経験すれば信じるも信じないもなかろう。
気功板に張り付きながら、実践もせんと証明だ、オカルトだ、宗教だなどと何を言っておるのだ。
ほれ、オカ板へ消えるのはどっちだ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 09:19:12 ID:24eZCTf4
>>298
LSD使って宗教『体験』させてたオウムも同じような事言ってたな
だいたい気功板って何だよ。ここは東洋医学板
どう見てもお前のほうがオカ板もしくは宗教板行きだ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 10:18:32 ID:O2L9CMVG
>>299
星野仙一も言っておったぞ。
「ボールを投げなきゃ野球は始まらん、実践しなきゃ気功は語れん」とな。
ところで、お前は実践しておるのか?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 10:52:06 ID:24eZCTf4
>>300
勝手に人の発言を捏造するんじゃねーよw

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 18:27:54 ID:Z3C5YfRy
おまいは見えない力をどう思っているのかしらないが
磁力の力だって普段見えない力だぞ
基本的にその人がどう受け止めるかの違い

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 14:36:24 ID:PMFDWPop
きっと空気が見えないやつには
空気がないんだよ(笑

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 22:18:33 ID:EDcmmca8
まぁ、空気にしろ磁気にしろ電気にしろ、「気」がわからない奴にはないのと同じなんだろうなw


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 10:29:07 ID:mO/Jy7Gj
気導術の無言カウンセリングってどうよ?
カウンセリングなのに無言って・・・

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 14:14:09 ID:Vyvs7cD/
中古パンティから邪気が移ることはありますか。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 14:31:07 ID:2IoYrS1p
怨念が移ります

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 15:51:41 ID:HKc5e8Wi
臭気が移ります

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)