2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太陽発電衛星(SPS)を語るスレッド

1 :オーバーテクナナシー:2005/05/30(月) 18:20:30 ID:K5xxNOpa
これができれば石油はいらなくなるのか?
でも衛星の太陽電池の寿命って10年ぐらいだから、10年ごとに打ち上げないとだめなのか・・・

2 :オーバーテクナナシー:2005/05/30(月) 23:29:02 ID:sFdwz4CA
>>1
機器の定期保守管理も必要になると思われるので、
地球と衛星軌道上の定期便ができなければ実際の運用は難しいのでは。

3 :オーバーテクナナシー:2005/06/19(日) 00:10:21 ID:/RvQvAK1
重要な話題なのに伸びないね。。日本が最先端をいってるのに。

4 :オーバーテクナナシー:2005/06/19(日) 23:20:42 ID:nGVTEQJ7
>>3
SPSを運用するためには、まず起動エレベータを実用化しないと厳しいからな。
無線で電力を伝えるなんて、はっきりいって妄想だと思うし。

5 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 00:19:13 ID:Ajp7Az8w
うーむ、砂漠に大規模な太陽光発電施設を作った方がコスト的には安い希ガス

6 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 03:14:50 ID:+jqHww7i
>>5
たしかにコスト的には安いかもしれないが
砂漠に作る場合のデメリットとして

夜があるので発電時間が半分以下になる
チリとか埃がパネルを覆い隠して発電効率がおちる
雨が降らないので積もったチリを掃除しなければならない



7 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 09:47:13 ID:EsLKdbpY
砂漠からの送電コストも問題と思われ。

8 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 00:33:31 ID:+FiToyRt
砂漠で発電→衛星に電力の転送→衛星から世界各国へ配信

パネル掃除は電動ロボットにやらせる。勝手にクーラーのフィルター掃除してくれるやつ。

9 :オーバーテクナナシー:2005/06/26(日) 20:47:13 ID:u+aM0lR1
SPSを開発すれば中東のくそったれどもと係わり合いにならなくて済むようになるね。

10 :オーバーテクナナシー:2005/06/26(日) 22:12:21 ID:u+aM0lR1
ふと思ったが、太陽発電衛星を静止軌道に配備すれば世界を支配できるな。
敵艦隊に高出力のマイクロ波を照射して電子機器を破壊したり、都市に照射して
人の殺傷や建物を破壊することもできる。


11 :オーバーテクナナシー:2005/06/27(月) 14:01:11 ID:3Nvd0qTz
SPS1機分の発電量が原発と同じ100万キロワットとしたら
電子レンジ200万台分のマイクロ派を発生させることができる計算だし
兵器として十分に役立つと思われる

まあ原子力発電と核爆弾に似た関係なるんじゃないだろか
平和利用と軍事利用は紙一重ってなぐあいに

12 :オーバーテクナナシー:2005/06/27(月) 23:28:12 ID:AMf7OhNK
http://www.nasda.go.jp/lib/nasda-news/2002/07/kenkyuu_j.html
100万キロワット級のは質量10000トンだって(w
こりゃ無理だ。
低軌道なら100トン上げられるスペースシャトル改をバンバン打ち上げれば可能だろうけど、
静止軌道で10000トンなんて不可能に近い。

13 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 11:10:24 ID:tIkGzV/G
発電衛星は低軌道に置いて、軽量な中継衛星を静止軌道に配置
とかではどう?


14 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 11:14:46 ID:tIkGzV/G
もしくは低軌道で組み立てて、後はイオンエンジンで徐々に軌道を上げていく。
電力はもちろん自前。

15 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 11:47:21 ID:IJArOJhz
計画だと低軌道で組み立てて、イオンエンジンかなんかで静止軌道に運ぶんでしょ。
低軌道でもペイロード100トンのロケット100基分だけど。
まあ、100基なら不可能じゃないかな。

16 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 19:58:46 ID:DtiyAxvZ
イオンは時間かかりすぎ。
地球の周回軌道だから高度上げるならテザーが使える。

17 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 12:09:55 ID:cvI8Fio+
テザーでどうやって軌道を上げるの?
引っ張り上げる側に相当な質量が要るような気がするんですけど。

18 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 00:25:58 ID:HlUevPwl
スペースシャトル1回の打ち上げ費用が500億、ペイロードが30トンとして
333*500億=16兆6500億円

低軌道10000トンあげるだけで16兆もかかりそうなんですが?

その他にも
スペースシャトルの増産@2000億
地上のマイクロ波受信施設???億
SPS材料費・・・・


一方で12のリンク先に
「100万kW級のシステムを30年間運用すれば、
それらを回収できることが見込まれています」
byNASDA

どんな計算なんだかわかる人います?

19 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 01:30:23 ID:vjzjmxPD
>>18
なんでわざわざコスト高なスペースシャトルを使うのよ・・・
H2A204なら低軌道15トンだから、
10000/15=667基で、
打ち上げ一回85億円として5兆6700億円だ。
これでも高いけど、不可能じゃない。
別に単年度の予算でやる訳でもないし。
アメのスペースシャトル改の100トン打ち上げられるやつがどの程度のコストなのかは知らないけど、
H2Aより低コストならこれを借りることもできる。

20 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 07:54:16 ID:8gl9FLb0
ロシアのプロトンはもっと安くない?

21 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 11:09:02 ID:hmzp4Co6
やはり軌道エレベータが先だろ
ロケットで資材打ち上げるのは論外っぽい

22 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 13:23:25 ID:pJYgyL4j
10000トンの打ち上げは今の技術の延長で可能だけど、軌道エレベータはブレークスルーがないとできん。

23 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 15:10:59 ID:dg+XxWex
>>17
テザーを帯電させて、地球磁場との相互作用で高度を上げる。

24 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 15:29:52 ID:XqF12tJE
>>20
実はプロトソはH2Aより高い。


25 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 21:30:03 ID:HlUevPwl
>>19
>なんでわざわざコスト高なスペースシャトルを使うのよ・・・

H2A204で打ち上げた場合667個以上のパーツをどうやって組み立てるのか?
また商業利用の段階で10基作る場合、使い捨てのロケットが大量に必要になってしまい

667基*10=6670基
量産効果で費用が抑えられるだろうが、
デブリのことを考えるとクリーンなエネルギーとはいえなくなる

そこで再利用可能なスペースシャトルを使ってみた。
どちらで計算しても15兆・5兆円なんて打ち上げ費用がかかっては商業利用は出来ないけどな

原子力発電所のコストは建設から廃棄までで大体1兆円ぐらいだとしたら
SPSの打ち上げ費用は5000億円ぐらいが目安になるのでは?

その計算だと1トン5000万円、H2A204で7.5億・・・_| ̄|○

26 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 23:38:51 ID:dIfuSS04
>>25

> H2A204で打ち上げた場合667個以上のパーツをどうやって組み立てるのか?

日本お得意の合体メカで。

27 :オーバーテクナナシー:2005/07/01(金) 02:08:47 ID:hAR7ALmy
>>25
そこでスペースプレーンですよ。


28 :オーバーテクナナシー:2005/07/01(金) 12:26:42 ID:xjx+m8BM
>>23
要するに、帯電させた凧を揚げて、凧に引っ張り上げてもらうって事ですか?
それが出来るなら、自分自身を帯電させて勝手に上がっていくってのは出来ませんか?


29 :オーバーテクナナシー:2005/07/14(木) 19:43:48 ID:ITVST4wE
米軍が開発進める「指向性エネルギー兵器」(上)
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050714301.html

マイクロ波兵器が本当にきちゃった。


30 :オーバーテクナナシー:2005/07/14(木) 20:29:42 ID:Ti/KVNS4
(゚Д゚)ハァ? H2A204を667機だぁ?!

そんなにエネルギーを使えるんだったら地上に100倍の規模で
太陽電池パネル敷けるだろうか!!

意味ねぇー

31 :オーバーテクナナシー:2005/07/23(土) 23:11:50 ID:rcgCwvDZ
>>30
卵が先か鶏が先かの議論に似ているが、
SPSは宇宙開発のための目標だと思う。

宇宙に大量に物資を運ぶ必要がないなら
宇宙船の開発が進まない。

そこでSPSなどの需要が必要となる


>>地上に100倍の規模で

ODAや宇宙開発の予算の半分でも毎年
太陽電池パネルと風力発電にまわせば

石油と原子力に依存する必要もないと思うのだが

32 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 09:18:04 ID:EkdcKsSz
>>19
>>25
今研究中の二段式スペースプレーンなら打ち上げコストが1/10になるって言われてるから、
それなら余裕かもよ。ターンアラウンドタイムも1週間ぐらいらしいし。

33 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 10:40:26 ID:Yf2UW8CW
スペースプレーンは20年たってもできるかどうか怪しいな。

あと地上で太陽電池と風力発電すりゃいいじゃんという意見もあるが
このふたつは安定居供給が望めないから主力とはなりえんだろう。

34 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 14:34:39 ID:6CqHO+qE
>>33
一台で不安定なら、あちこちにたくさん設置すればよいじゃないか。
そうすりゃ、全体として平均は安定するだろ。

35 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 15:15:52 ID:Yf2UW8CW
ばらつきは減るかもしれんが
太陽は夜は駄目だし、風も季節によって変わるがな

36 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 15:34:00 ID:nkOegKv/
>>35

欧州の風力発電33%増 日本の原発20基分
欧州風力発電協会は、2002年の1年間・・・

・・・風力発電能力が最大だったのはドイツで1200万kW。
総発電量に占める割合が最も高いのはデンマークの20%(288万kW)だった。
(030206共同)

日本ももうちょっと割合を増やすことはできそうだ


37 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 21:47:49 ID:tZhsK33s
>>4
送電実験はやっている。
電動ラジコン飛行機を飛ばしたこともあるらしい。
効率の問題はあるだろうが妄想ではないよ。

38 :オーバーテクナナシー:2005/08/04(木) 22:29:36 ID:BIIcwIk/
>>4
有線のほうが妄想だろw

39 :オーバーテクナナシー:2005/08/07(日) 20:02:23 ID:m59SWDfp
戦時に敵のインフラを破壊するのは戦争の常だから、地上からのマイクロ波照射やキラー衛星の攻撃に
耐えられるような装備をしなきゃならんな。
自衛用のレーザー砲を衛星につけたほうがよさげ。電力は自分で発電する分を使えば良いから、物凄い
大出力のレーザー砲になりそう。

40 :オーバーテクナナシー:2005/08/07(日) 21:05:31 ID:LI50FMyx
戦争しなければいいんだよ

41 :オーバーテクナナシー:2005/08/08(月) 22:34:25 ID:TioA54PO
>>39
一度使ったら月の裏のラグランジュに引越しさせられそう……

42 :オーバーテクナナシー:2005/08/09(火) 13:31:58 ID:lisswhix
>>39

>戦時に敵のインフラを破壊するのは戦争の常だから、地上からのマイクロ波照射やキラー衛星の攻撃に
>耐えられるような装備をしなきゃならんな。

つまりは原発には核攻撃にも耐えれる装備とがあるとでもいいたいのか?

43 :オーバーテクナナシー:2005/08/09(火) 16:51:16 ID:WZ66iDzW
>>42
有事の際には地対空ミサイルとかで守るでしょ。

44 :オーバーテクナナシー:2005/08/09(火) 18:38:04 ID:UlKfuc29
>>43
少なくとも現状では守れんな。
戦略核での原発攻撃というのは冷戦下でも
悪夢のシナリオとされていた。

45 :オーバーテクナナシー:2005/08/10(水) 09:39:58 ID:VACuY9U6
太陽フレアや電磁パルスにはどう対応するの?

46 :オーバーテクナナシー:2005/08/10(水) 13:24:01 ID:zun6jv7X
太陽フレアには「がまんする」
ま、最悪修理だな

電磁パルスって何だ?

47 :オーバーテクナナシー:2005/08/18(木) 02:26:10 ID:MKvJduyO
太陽光を利用して直接レーザーを発生させて発電する方法もあるみたいだな。
太陽電池使って宇宙で発電してから送電するのとどっちのほうがいいのかな

48 :オーバーテクナナシー:2005/08/20(土) 23:11:01 ID:wWHPyxRr
>>47
レーザーを発生させて、お湯を沸かすのか?
それともレーザーを太陽電池のようなものに当てて発電するのか?

よくわからないが商業ベースの発電所を作るなら
SPSと同じぐらいの物資を宇宙に上げる必要があると思われる。

 

49 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 08:59:33 ID:irU8F1U7
>>47
あれはレーザーじゃなくてメーザー(マイクロ波)だったんじゃないかな。
受ける側はアンテナアレイ。
光の波長付近だと大気や雲による減衰が酷いと思う。

50 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 14:15:32 ID:BNCUT4NU
>>46
核攻撃を受けた場合でも考えてるのかね>電磁パルス

51 :オーバーテクナナシー:2005/08/24(水) 12:42:17 ID:ZopYG6Dp
サイレント・ワールドとかいうB級映画に軍事転用可能なSPSが出てきた。
表向きはエネルギー問題解決のためという名目で、軍が兵器としても使えるよう
出資していたって設定だった。
兵器としての利用法は当然に思いつくことだから、日本がSPSを持つ時は相当政治的な問題が
起こるだろうな。

52 :オーバーテクナナシー:2005/08/25(木) 18:03:39 ID:zyTBM5sB
兵器以前に日本にエネルギー自立して欲しくない勢力が妨害してくるだろうな・・・
SPSさえあれば原発も石油もいらなくなるし。


53 :オーバーテクナナシー:2005/08/25(木) 20:56:32 ID:eSn3vT+3
SPS作っても原発は必要だろう
SPSと原発、あと風力とか水力とかをそれぞれのバランスを考えて
発電したほうが1つがなんかの理由で使えなくなっても対応できるし。

石油のことで日本に関して言えばこれから消費量は減る一方だが
中国とかインドとか代わりの国が出てきてくれるから大丈夫じゃない?

54 :オーバーテクナナシー:2005/08/26(金) 10:33:44 ID:8wXoClnu
早くしないとエネルギーテラヤバス状態かつ宇宙開発マンセーな支那に先を超されて、アジア上空の静止軌道を全部支那SPSに取られそうな予感。

55 :オーバーテクナナシー:2005/08/26(金) 11:37:48 ID:+kuFE+dD
SPSの研究は日米が圧倒的に進んでるから大丈夫
それに、現行のロケットに変わる低コスト打ち上げ手段がないとどっちみち実用化は無理。
支那はそんな研究してないでしょ。アメリカもしてないけど。
日本のATREXスペースプレーンぐらいか。こっちも予算なくて進んでないけど。


56 :オーバーテクナナシー:2005/08/26(金) 15:41:10 ID:C8O0WI6K
>>52
簡単には防衛できないってのも大変だよな。
まあ国内の原発も弾道弾打ち込まれたら終わりだけど
人道的問題が無い分だけ衛星の破壊攻撃は行いやすい。

57 :オーバーテクナナシー:2005/08/26(金) 15:42:25 ID:C8O0WI6K
>>55
基本的に打ち上げっぱなしのSPSになぜスペースプレーン???
組み立てる人間さえ往復できれば充分でしょ。あとは低コスト使い捨てロケットで。

58 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 01:05:51 ID:zuz+EeFw
誰か教えてくんない?太陽電池パネルを東京ドームの屋根に敷き詰めたら、
ドームの電力賄えますかね?

59 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 09:22:53 ID:3d5fT45Q
ナイターは無理

60 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 10:17:51 ID:r+EIL1vh
>>59
デイゲームも照明を要する予感。

61 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 11:08:22 ID:ybPU1+0e
>>60
それは盲点だった!!

62 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 11:58:20 ID:vjfY4fD0
>>57
スペースプレーンの狙いって低コスト打ち上げでしょ。
例えば上の方でH2A(1回85億円)で10000トンを打ち上げた場合、
打ち上げ費用だけで5兆6700億円って書いてあるけど、打ち上げコストが
1/10になれば5670億円になる訳で、これなら十分実用化可能な領域
に入ってくる。
逆を言えば現行のロケットじゃ実験用ならともかく大規模な実用SPSを作るのは無理。



63 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 12:16:41 ID:r+EIL1vh
>>62
うーん、まだ絵に描いた餅・・・といいたいけどまあここ未来技術版だしな。
燃料と打ち上げ材料以外のものを加速する無駄と、1回きり使用で信頼性を確保すれば
いいものを複数回使用に耐えるようにするコスト、マッハ6のエアブリージングエンジン
という技術障壁などを考えるとうーん・・・・
最後の奴はこの板らしく希望を持って見なければいけないのかな。

ところで、よくエアブリージングエンジン(スクラムジェットなど)は酸化剤をもっていかなくても
いいので有利といわれるけどこれは真実なのだろうか?
ロケットだと酸素を液体酸素としてもっていき、これと燃料を加速することになるが、
エアブリージングだと、必要な酸素とその4倍の窒素を静止した空気からとりこみ
圧縮によって速度を落とし(外から見ると外気をロケットで加速して)それから噴射。
これって同じことのような気がするんですけど、実際問題どれくらい有利になるんでしょうか?
全体が小さくなるというのは理解できるんですけど。
馬鹿な質問ですけど誰か教えてください。

64 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 11:35:57 ID:3goV4LIp
>>62
打ち上げコストが1/10にならずとも、エネルギー価格が10倍になれば同じなわけだが。

65 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 12:53:40 ID:xOxyuGGC
>>62
打ち上げコスト1/10の根拠がはっきりしていないとねえ。シャトルが失敗した後だし。
シャトルと違って軌道に乗る部分は使い捨てで、1段目だけ再利用だからまだいいけど、
燃料・整備費用込みの20回打ち上げ費用が使い捨てロケット20本の2倍になって
やっとコスト1/10ということを考えると、かなり大変だと思うのだけど。

66 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 13:16:42 ID:oC005Hqj
>>63
恒星間ラムジェットでも同じことが問題視されている
星間物質を取り込む時にブレーキ掛かってしまうんじゃ意味なし
いかにして恒星船で星間物質にブレーキを掛けず燃焼させるか?

打ち上げ費用もだが、発電効率が2倍になればすべて半額で済む
ここは未来技術なので理論上の限界について知りたい
現在の太陽電池パネルは変換効率20%程度
「理論上は」何%まで上げられるの?

67 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 20:51:34 ID:3goV4LIp
色素増感で理論33%らしい。

68 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 20:57:36 ID:3goV4LIp
まぁエネルギー確保は国策なんで、少々割高でも必要と踏んだら税金ぶち込んで強行する可能性もある。


69 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 22:18:20 ID:65Mxcvd9
スクラムジェットも推力を発生するかやってみないとわからないので
実験機を飛ばしていたりするからな。
一応マッハ10までは加速するのは確認されたがまだまだ道は遠い。

70 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 23:24:26 ID:C5/M/hci
>>66
多接合太陽電池を使えば、かなり上げられる。
現在30-40%に向けて研究中。理論的には80%も。

71 :オーバーテクナナシー:2005/08/30(火) 13:30:44 ID:V0CB5rwY
スクラムジェットはマッハ17あたりまでしか使えないので、実用化されないのでは?との話もある。
軌道速度がマッハ25であることを考えるとかなり有効に思える。
しかしエネルギーは速度の2乗に比例するから、
マッハ17では軌道投入に必要なエネルギーの半分以下しか生み出せない。
つまり、残りの半分以上は既存のロケット技術などに頼ることになる。

スクラムジェットとロケット両方搭載するのであれば、最初からロケットだけの方がマシでは?
この疑問に果たして答えられるか?

72 :オーバーテクナナシー:2005/08/30(火) 13:52:21 ID:k0hmLu5j
>>71
外気取り込みのための空気抵抗増大が苦しいね。
この辺が亜音速〜マッハ3程度のジェット機とは違うところ。
酸化剤もっていく苦労をしてでもスリムな空気抵抗が少ない形にしたほうが有利かもしれないし、
そもそもとっとと大気圏外に出て空気抵抗を節減したほうがずっと有利って結論になりかねない。

やるとしても通常のジェットエンジンをブースターにして
せいぜいマッハ1、高度数kmまでってのがよさげに思うのだが。

73 :オーバーテクナナシー:2005/08/30(火) 13:54:49 ID:k0hmLu5j
もう1つの要素を忘れていたな。
翼を持つ機体で、揚力を利用して成層圏まで通常のジェットエンジンで
上がるという発想はあってもいいな。これも亜音速で考えないと成立しない気がするけど。

74 :オーバーテクナナシー:2005/11/01(火) 15:46:45 ID:UygtIouO
設計大賞は「地球大気流出観測衛星」
第13回衛星設計コンテストが開催されました
http://www.jaxa.jp/news_topics/hot_topics/index_j.html
http://www.jsforum.or.jp/event/contest/
10月30日に行われた「第13回衛星設計コンテスト」で、応募38件から最終選考に残った14作品のうちから、最高賞である設計大賞に、東北大学大学院の「地球大気流出観測衛星」が選定されました。
また、アイデア大賞には鳥羽商船高等専門学校の「宇宙で洗濯!」、今年から設けられた高校生対象のジュニア部門賞に、山口県立厚狭高校の「宇宙創薬衛星」が選ばれました。

75 :オーバーテクナナシー:2006/01/28(土) 23:20:56 ID:9We4FmCx
>>71
実際にスクラムジェットが使えそうな速度域はマッハ5〜9くらい、という
話もあったような。増速量的に固体の補助ロケットを超えられるかどうか

76 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 16:44:03 ID:VjFnttlh
ここの住人って年齢わかそうだな
10代くらいかな?

77 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 23:29:55 ID:1MAVLZdT
多分もっと上
おまえは10代

78 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 12:42:17 ID:IfSchZRn
残念
おれまだ8歳だよw

79 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 23:23:17 ID:C1FENKSz
多分30代のおっさんだらけだと思うよ

80 :オーバーテクナナシー:2006/05/09(火) 16:29:30 ID:ccZ+zUeJ
単純にそれぞれの家の屋根にのっければいいんだよ
損失もないしロケット使わなくてもいいしこれがベスト!

地上にスペース無くなってどうしようもなくなってから
宇宙に持ってけばいい。
わざわざ効率の悪い方法に頼らなくてもいいじゃん


81 :80:2006/05/11(木) 07:50:43 ID:xuMk4W8W
夢の無いこと言ってすみませんでした

82 :オーバーテクナナシー:2006/05/11(木) 22:43:19 ID:6nKfn6f+
なあ、未来技術って夢じゃないだろ?
ここで言う”コスト”って、金銭的コストじゃなくてエネルギーコストで行こうや?
あくまで、つぎ込むエネルギー>得るエネルギー。
無駄に消費する時代は未来技術じゃない。

83 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 00:40:51 ID:EsNc8GQq
本気で考えるなら

つぎ込むエネルギー+使った廃エネルギーの処理>得られるエネルギー

後処理を無視して利益を上げるのは経済的思考

84 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 22:45:14 ID:SVR6V9qZ
二人して言ってる事と不等号が逆な気がするんだが。
ここは頑として突っ込むべきなのか、己の無知を顧みるべきなのか、軽妙なジョークとして受け流すべきか判断に迷う。

85 :オーバーテクナナシー:2006/05/13(土) 13:57:32 ID:qhbOBxsv
海上とかに浮かべるって言うのは?

86 :オーバーテクナナシー:2006/05/17(水) 02:12:16 ID:BbnryBog
>>82
エネルギーは単位が曖昧で話しにくくないか?
ちなみに30キロの実験衛星を打ち上げる時のエネルギーってどんなもんよ

>>85
保守するのが大変そう

87 :80:2006/05/17(水) 13:06:17 ID:kHP0ptbf
海上なら潮力や波動の方が効率ヨクネ?
それらを上まれば太陽発電でもいいと思うけど


88 :オーバーテクナナシー:2006/05/22(月) 15:30:03 ID:LUUvhCVh
>>85
洋上では天候に左右される&鳥糞がやばい。太平洋のど真ん中なら鳥糞大丈夫かな?

89 :オーバーテクナナシー:2006/05/22(月) 21:14:28 ID:443YY4RX
洋上に設置→機器類に海藻が付着→ついでに藤壺も付着→プランクトンも集まる→小魚が…鳥が…鳥糞
いや妄想

90 :オーバーテクナナシー:2006/08/30(水) 00:35:29 ID:pqT+d8PH
>>82
エネルギーコストだけで考えるとこんな問題が起こる。

例えば同じ火力発電所をイラクのワマーワと東京に建設する。
建築・維持運営に関するエネルギーを無視した場合、
燃料の原油から得るエネルギーコストは同じはず。
ところがイラクでは1バレル2ドル〜4ドルで原油が採掘できるのに、
東京では1バレル50〜70で調達することになる。

太陽発電衛星の目的は電力の供給なのだから既存の技術と
コスト競争する発想は未来技術でも必要だろう。


>>84
(つぎ込むエネルギー)+(使った廃エネルギーの処理)>(得られるエネルギー)
(原油・輸送E・建設E・維持管理E・+α)+(資材廃棄E・排ガス対策E+α)>>>(電力)
(原油・輸送E・建設E・維持管理E・+α)+(資材廃棄E・排ガス対策E+α)>(電力)+(廃熱E・送電E・+α)


91 :オーバーテクナナシー:2006/09/02(土) 16:00:43 ID:cgUHtLDK
>>85
海に浮かべるくらいなら砂漠とかに置いたほうがいいんじゃない?
砂漠の環境を破壊しそうなぐらいパネルを敷き詰めたら気候変わりそうだけど。

92 :Kひげ:2006/09/04(月) 19:25:02 ID:YDeQwTtS
パーツを宇宙へ運ぶ方法
真空チューブを使ったリニアモーターでマッハ20くらいが出れば
宇宙まで行かないかな〜〜。
富士山に作って、富士山のカーブに習って上を向いていく、最後は
真空チューブの端を作っている、薄いガラスをぶち破って、
宇宙に飛んで行く、(宮沢賢治の銀河鉄道の夜のように)
これを繰り返して、パーツを宇宙の送リ続ける。
強力なリニアモーターと、丈夫な真空チューブがあればイイ
リニアー新幹線を、真空チューブに入れれば、出来上がらないかな〜〜。

93 :Kひげ:2006/09/05(火) 08:26:02 ID:8CdfxR7Q
マッハ20 = 7000m/sec
7000/9.8=714G
*** 10Gで71.4秒 加速すれば宇宙にいける(人間よう) ****
*** 100Gで7.14秒加速すれば・・・・・・(部品よう) ****

94 :オーバーテクナナシー:2006/09/05(火) 14:33:50 ID:bYxHZx4s
>>92
問題は曲率。
富士山のカーブに沿って7km/sなんて出したら
加速よりカーブの加速度でつぶれちまう。
地球曲率と比べられる程度の曲がりのレールが必要。


95 :オーバーテクナナシー:2006/09/05(火) 20:20:34 ID:JJ9Oq9M+
確か研究中のレーザーで燃料加熱して推進力にするロケットとかジェットエンジンがあれば低コストで軌道上まであげられない?
あと、宇宙に発電衛生あげる利点て、地上の十倍くらいの強さの太陽の光が二十四時間利用できるから。とどこかで読んだ記憶があるっす。
ということは、単純な比較で地上に作る二十倍以下のコストなら採算取れると言うことですね。
まぁ、実際は光量=発電量ではないのですが、そこは未来版故お許しを。

96 :Kひげ:2006/09/05(火) 23:58:40 ID:8CdfxR7Q
>>94
あ、そうですね、富士山ではだめですね〜〜
地球の曲率と言うと海が地球の曲率ですね
海上に浮かべればいいのかな(地球の曲率で上がっていく)
ところで、真空リニアーの長さは 
10Gで 7000 X 71.4 ÷ 2 =249.9Km
100Gで 7000 X 7.14 ÷ 2 =24.99km
まず機械用を作り(100G)、実績を上げてから、人間ようを作る。
以外と、100G型は小さく出来る、チューブも1m直径
くらいならば、パイプラインぐらいの設備で出来てしまう
と思うよ〜〜。

97 :Kひげ:2006/09/06(水) 00:07:55 ID:e2XCcvhk
ちなみに
250Kmと言うのは東京ー名古屋間ぐらい、こら〜大変。
25Kmと言うのは東京ー横浜間ぐらい、たいしたことはない。


98 :Kひげ:2006/09/06(水) 00:19:49 ID:e2XCcvhk
ところで、真空チューブを7Km/sec で飛び出した瞬間に
大気との摩擦で、流れ星のように燃え尽きるような気がしてきた
おまけに、その熱を作っているのは、打ち出されたリニアーの
速度エネルギー、ドンドン速度が落ちていく。

99 :オーバーテクナナシー:2006/09/06(水) 00:40:09 ID:GwvxnhB/
質量が十分あれば速度が落ちる前に大気圏外に出られるだろ。

100 :Kひげ:2006/09/06(水) 10:35:02 ID:e2XCcvhk
速度が60Km/sec、とか、重さが1000tとか??。

101 :オーバーテクナナシー:2006/09/07(木) 11:05:43 ID:leGvlnRG
>>98
真空チューブの先を充分高度高くしてやればいいだろ。
理想を言えば100km。現在の技術ではアレだがここは未来技術版だし、理論上可能ならいいだろ。
もしくは30km、5km/sくらいで手を打って、のこりは小さなロケットで加速とか。
巨大なロケットが不要になるだけ現在のより楽にはなる。

>>99方式なら、大量のアブレージョン材と共に打ち上げるってとこか?
でも地上(高山含む)くらいだとすごい速度がいりそうだ。


102 :オーバーテクナナシー:2006/10/10(火) 16:01:06 ID:RFrotIWC
米軍が研究しているマスドライバー。
tp://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200610051941&ref=rss
山手線くらいの円形の磁力を用いた加速器で打ち出すことが最終目的。
10キロくらいの小型のものを打ち出すのに使用を目的としている。
加速時には2000Gにもなるため人や精密機器の打ち上げは無理。
一応、この加速で打ち出しても軌道制御できるらしい。
コストは年間300回で1キロあたり745ドル。
3000回で1キロあたり189ドル。

いい加減な計算だが、一回10キロで3000回。年間30トン。
コストは10×189×3000=5670000(ドル)。
1ドル110円計算で、5670000×110で623700000円。
30トンを約6億。太陽電池のパネルやそれらを支えるフレーム。各ケーブル等。
Gが関係ない多くの資材をこれであげて、人(または工作ロボット)や精密機器のみ普通のロケット。
これだと、結構採算とれるかも。


30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)