2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

永久発電 キター

1 :tk:2005/05/16(月) 19:49:33 ID:hR4TCisJ
永久発電ってどうがんばってもふんばってできへん?

2 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 19:51:34 ID:LXqGHYvp
2

3 :tk:2005/05/16(月) 19:53:33 ID:hR4TCisJ
2?

4 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 23:28:49 ID:Qn7WVUyk
血液での発電間近 ―高効率で安全なバイオ燃料電池開発―
http://www.eng.tohoku.ac.jp/php/eng/press/press-20050512.php

東北大学大学院工学研究科の西澤松彦教授の研究グループ(http://www.biomems.mech.tohoku.ac.jp/index_j.html)は新たな電子メディエーター化合物を合成、グルコース(血液中の糖成分)から発電する人体に安全なバイオ燃料電池を開発、
血液を模擬した血清入り培養液(中性、37度)を用いた実験で実用化に繋がる発電量を立証した。

新たな電子メディエーター化合物を酵素と混合,塗布した電極(負極)でグルコースから電子を取り込み,これと,酸素を還元する電極(正極)を組み合わせて発電させるバイオ燃料電池を構成した。
一円玉サイズで0.2mW(ミリワット)程度の電力を生み出すことができ,これは例えば血糖値を計測してデータを発信する装置を作動させるのに十分な出力レベルである。
酵素を用いたバイオ燃料電池は各所で検討されているが、電子メディエーター化合物に金属錯体を用いるケースがほとんどで、生体毒性が無視出来ない問題があった。
今回用いた電子メディエーター化合物はビタミンK3を修飾、高分子化したポリマーで、共同開発を進める第一製薬グループの第一化学薬品(東京 蘆田伸一郎 社長)が合成したもの。
生体物質に近いビタミンK3を基にしていることから、安全性に優れ、将来は体内埋め込み型の燃料電池として血液からの発電も期待できる。「安全性は出力と同等に重要なバイオ燃料電池の性能」(西澤教授)という。
血液中には、ビタミンCなど正極の性能を低下させる妨害成分が含まれるが、生体適合性に優れたシリコン薄膜で電極を覆って酸素だけが反応するように工夫するなど、血液を用いることによる性能低下対策も進めている。
現在、実際の血液からの発電や実験動物への埋め込みも計画中である。

発電量が血糖値に比例することから、バイオ燃料電池としての機能のみならず、電池機能を有した自立型の血糖値センサーとしての実用化の可能性もあり、第一化学薬品、機器メーカーなどと開発を進める。
この研究は、厚生労働省「ナノテクノロジによる機能的・構造的生体代替デバイスの開発」の一環であり、5月19日の第4回国際バイオEXPOで成果発表する予定である。

[お問い合わせ先]
情報広報室 E-mail: eng-pr@eng.tohoku.ac.jp

5 :tk:2005/05/17(火) 17:05:35 ID:x28ru2jS
(〜煤`)よくわからん

6 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 22:05:43 ID:NZqyN7z0
これってどうなの?水を400度で水素に分解して燃やせるんだって。

ほんまかいなw

http://www.jscej-premium.com/keisai/0502/omake0502.htm

7 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 08:37:03 ID:7zgZSBst
水素を燃やして黄色い炎ってところがあやしいね

8 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 08:50:50 ID:k4UVmBc6
だよね〜
フラスコで実験できるレベルならばとっくに実用化されてるだろうしw

9 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 09:28:19 ID:ZB3f4OiA
中高生のチンコに発電機をつけるんだ

10 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 17:48:18 ID:WjqTfJdj
永遠に風にあてたり
永遠に水を流したり
永遠に自転車こいだりしてれば永久発電

11 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 08:57:29 ID:vlu2yruv
11

12 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 09:16:52 ID:3UTX1N0q
いまだに自家発電な訳だが何か

13 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 19:07:01 ID:cFnTsILk
おまえら馬鹿だなー、永久機関なんて中二で思いついたよ。

んなもんモーターを2コくっつけて最初だけ手で回せばモーターAが発電→その電気でモーターBが回る→ ギヤでBとAつながってるからモーターAが発電→繰り返し

ほらね!!

14 :オーバーテクナナシー:2006/05/19(金) 10:19:45 ID:RY+PB1DQ
こぺぴ

海の中に、底が円錐状に拡大して広くなっているパイプを突っ込むのだ。
そうすると海底付近の高い水圧によって、水が上に押し上げられる。
そしてその水を再度落下させる時にタービンをまわせば、恒常的な発電ができる。
重力エネルギーを利用した半永久機関的な発電設備と言うわけだな。


15 :オーバーテクナナシー:2006/05/19(金) 13:33:50 ID:wIoQKAvK
永久発電は無理だが入力を二倍に増幅して出力するブースターの開発に
成功した東京のベンチャー企業があるらしい。
http://www.mag-power-japan.co.jp/newpage9.html

16 :オーバーテクナナシー:2006/05/19(金) 13:45:14 ID:vWKcE6/N
   つなぐ
○--------・地球
太陽

17 :月舘渉:2006/05/19(金) 15:50:59 ID:3lTN0aZS
LEDをたいようぱねるて、囲む                      無理だという罠

18 :オーバーテクナナシー:2006/05/20(土) 12:37:02 ID:ytyzmKO7
>>15
そんなブースターがあれば
図のような複雑怪奇な使い方じゃなく
>>13の方式で可能

つまりガセネタ

19 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 21:31:55 ID:425oWKVo
ハードゲイの腰に発電機をつければおk

20 :オーバーテクナナシー:2006/06/17(土) 20:47:20 ID:KURcQqpY
磁力回転装置。 これに決まり。

21 :オーバーテクナナシー:2006/07/25(火) 00:30:03 ID:ObyzDesZ
1の力の入力で2以上の出力ができる発電機があれば、出力された2の内1を入力に利用することで永久発電が出来る。
実用化されたら世界のエネルギー事情がひっくり返るな。
化石燃料に依存しなくて良くなる。
ノーベル賞モノだな。

22 :オーバーテクナナシー:2006/08/10(木) 10:20:12 ID:6YaWI3wU
ノーベルで済むかどうかだよな
エネルギー事情だけがひっくり変えるだけですまないかもしれないくらいの出来事だ

23 :オーバーテクナナシー:2006/08/15(火) 00:30:10 ID:bjU4YVLp
発電機の軸を動かし続ける事が可能なら良いこと。





24 :オーバーテクナナシー:2006/08/15(火) 01:48:02 ID:MZe0s9jL
星明り程度の宇宙線で発電できる宇宙電池ならば永久発電だろ。
宇宙があるかぎり発電するぞ。
トルマリンなどの電気石とか、そういう素材はある。

25 :オーバーテクナナシー:2006/08/30(水) 15:00:50 ID:61jMME84
>>21
そんなものができたら、世界穫れる

26 :黒アゲハ:2006/10/07(土) 06:50:51 ID:0d1qnRsW
原子レベルのエネルギーをどうにか使えんだろうか?
たとえば永久磁石のスピンエネルギーとか。


27 :田村正和:2006/10/07(土) 14:47:35 ID:zbJUmD6s
はじめまして。私の事をたむっちと呼んでください。

28 :田村正和:2006/10/07(土) 14:54:20 ID:zbJUmD6s
永久発電考えてみたら、自転車をこぎ続けて出来るかな

29 :田村正和:2006/10/07(土) 15:04:32 ID:zbJUmD6s
こぎ続けるには、モーターを歯車と連動させて自転車を動かせばずっと動くんじゃないですか

30 :オーバーテクナナシー:2006/10/07(土) 15:57:37 ID:USSM1s1r
宇宙は無限ではない、なので時間も無限ではなく、
物質の存在も無限ではなく有限に存在する。
これが科学のクオリティ。

31 :オーバーテクナナシー:2006/10/07(土) 19:35:49 ID:rOIvOpyO
世の中には何も食べずに何も飲まずに生きている人がいる。
このような人は体の中に永久機関を持っているのだろうか。

ロシアの動物保護団体会長のイリナ・ノヴォジロヴァ氏はここ数年に渡り、
不食を実行している人物である。彼女は不食について次のように語っている。
「不食というコンセプト自体は、遠い昔から存在しています。例えばロシアの
哲学者でエコロジストのベルナツキーは、かなり早い段階で人間の不食の可能
性について考え、そして人間は本来宇宙から得られるエネルギーで生きる事が
出来るものであると確信していました。実際、現在でも幾人かの人々は不食を
実行し、何の問題もなく生活しています。」

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)