2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

危ない企業実名報告、その中身…信用調査機関が開催

1 :名無し組:2007/01/27(土) 23:04:54 ID:W8vm02TO
 経営に不安を抱える企業を実名報告する仰天セミナーが今週、東京都内で開かれた。会場では、経営再建中の話題企業など18社を講師が分析。合わせて参加者には、A4版10枚つづりの“危ない会社300社リスト”も配られ、講師が実情を報告していった。
金融機関の担当者らがこぞって参加するセミナーをのぞいてみると…。
 【建設が3分の1】
 セミナーを主催したのは、企業内部に深く食い込んで情報を集めることで知られる民間信用調査機関「東京経済」。毎年新春と夏にセミナーを開き、注目企業の経営状況や、倒産・破産予備軍の情報を実名報告する(記事では経営への影響を考慮して、会社名を伏せている)。
 “危ない企業”を実名報告するセミナーはそうそうあるものではなく、銀行、生命保険、リース会社など金融機関の与信管理部門の担当者が必ずマークする情報会として知られている。今月23日に開かれた直近のセミナーには約250人が参加した。
 セミナーで取り上げられた318社のうち、もっとも多かったのは建設業界。ほぼ3分の1の99社を占めた。公共事業が縮小する中、官製談合事件で激震が続く。中でも中堅・地場ゼネコンには物騒な情報も飛び交っているようで、会場ではこんな話が披露された。
 九州の地場ゼネコンの場合は、「有利子負債が多く、過剰債務。会社分割でもしてスポンサーを見つけなければ、法的整理になりかねない状況」と報告された。
 関西が地盤の中堅ゼネコンでは「海外工事で回収遅延が起きているとみられ、財務への影響が避けられない」。
 同じく関西が地盤の別の中堅ゼネコンは「利益度外視受注ばかりで資金面が苦しいとのウワサが流れている」とした。
 関東では、低価格受注を進めた中堅マリコンについて、「財務が脆弱(ぜいじやく)で、信用不足が解消されない」。基礎工事に強いとされる中堅ゼネコンは「収益の8割近くを公共事業に依存。有利子負債も重く、再編のターゲットとして注目されている」と指摘された。
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007012630.html

2 :名無し組:2007/01/27(土) 23:34:01 ID:???
アナル舐め

3 :名無し組:2007/01/28(日) 17:08:04 ID:???
さんげと


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)