2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一級二級】プロが考える耐震工事【建築士】

1 :名無し組:2005/09/01(木) 16:16:58 ID:g0al3gFR
地震が多いです。これから耐震工事の需要は増えると思われます。
しかし、建築免許を持たない一部リフォーム会社が効果のない工事を
している場合も残念ながらあります(--;
個人戸建住宅、マンション、ビル。耐震工事について語るスレです。

耐震工事をマジメに考える素人の方も質問をどうぞ♪

2 :名無し組:2005/09/01(木) 16:42:07 ID:Tn2fb9o6
良スレの悪寒

3 :名無し組:2005/09/01(木) 17:54:45 ID:TebWQmoL


4 :名無し組:2005/09/01(木) 18:03:07 ID:TebWQmoL


↑スマソ。
現状を考えるに耐震補強はするに越したことはないが…。

既存建築物への耐震補強は正直難しいよ。木造軸組み住宅の場合、建材が健全か、
施工に問題がないかを非破壊で確認するのはほぼ不可能。
高層建築は長周期振動、もちろん正確な施工かどうかも確認が難しいなどいろいろあって難しい。
特に高層建築は個々の地震波形によって想像を超える共振が起こったりするし…。

それでも耐震補強はしないよりはしたほうが良い(マシ)と思うのだが、いかがだろうか。

5 :名無し組:2005/09/02(金) 17:46:36 ID:hIOklqLH
東海・東南海・南海がきたら、どっちみちひとたまりもなさそうだね。

昨夜のNHKより♪

6 :名無し組:2005/09/03(土) 16:52:24 ID:???
どうせなら最初から構造物によって棲み分けした方がいいぞ!

木造の場合、それと建築士と言っても構造ど素人の考えで補強設計しているのを
よく見かけるし、第一、去年改訂された建防協の方も改訂に次ぐ改訂だし、
一般診断で補強遣るなんて言うし、剛床仮定をしっかりしていないのに偏芯がどうのと言うし、
つっこみどころ満載過ぎ!
建築士は取っていないので単なる戯れ言といわれるだろうけど・・・

あと、免震構造だと安心だと思っている人が多いが、免震層がある分だけ
上物の構造が弱くても良いことになっているので、(その分確か12階建てくらいになると
総施工費が逆に安くなる)耐えられる想定地震力はほとんど変わらないんだよね
などといってみる


7 :名無し組:2005/09/07(水) 15:16:59 ID:NWHY6kQg
>>6
確かに、現状の耐震補強って、見たり聞いたりするたび、「え?それで大丈夫なの??」
って多々思いますよね…。ピロティの扱いしかり、床剛性しかり偏芯もまたしかり。
吹き抜けは危険という割りに階段の位置は考慮されていないようですし。
実際の補強計画って、カンタンなPC計算ソフトを使って素人同然の人間が行っているらしく、それも規定の数値を入力して
良好な結果が得られない場合、係数をずらす等、わざと数値をずらして入力して良好な結果が出るようにし、その結果を「だから工事すれば安心です」
と言った調子で依頼者に見せているような業者もいるという話も耳にしました。
でも、それでも知識のない人(一般の方)は
「耐震工事さえすれば安心」って思って工事してしまうのでしょうね…。
もちろん、きちんと出来る限りの構造計算、実際の家屋の検証などをして
マジメに取り組んでいる方も多いと思いますが…

はたして現状の(一般に行われている)耐震補強は、そのコストに見合っただけの効果があるのだろうか?
と私は思ってしまいます。

あと、これは知り合いから聞いたのですが(あくまで噂レベルとお考え下さい)、某団体のやっている耐震補強の場合、
補強計画で必要とされた壁量とは違う強度の壁材をコストダウンと称して使用したり等も
あるらしいです…。それじゃあ、何のための補強計算、補強計画なのかと…。そんなことしたら却って
偏芯率が悪化してしまいますよ…

私は、日本は地震国なのだし、そのための基金でも作って、都市整備計画の
段階からやり直すべきだと思います。ほとんど意味のない耐震補強をするより、
助成金制度を作って、危険な住宅の立替えを推進したほうがよほど効果的と
考えます。

いずれにしても、近い将来、耐震補強の効果の是非というのは問題になってくる
気がしますね。次の大地震が起きたとき、『耐震工事をしたのに家が全壊』
という事例が多くなる気がしています。

8 :名無し組:2005/09/07(水) 20:35:45 ID:???
>7
6ですが、まず、今の構造設計そのものが地震時に変形はするが、(もちろん壁も壊れる可能性有り)
一応潰れはしないので、その間に避難してください程度のものであることを一般に広く認識して貰いたい!
そこではじめて、耐震補強しても壊れる可能性が充分あると言うことが分かると思います。

だいたい、補強して、何がどの程度地震に対して大丈夫なのか補強する側ももう少し考えれば
真剣みが増すと思います。許容体力設計法で一度は構造計算をなさった方が耐震補強を考えるべきだ
と思うのですが、そうもいかないのが実状ですよね・・・
もちろん上記のことは木造住宅に関してのみです。(RCやS造では計算が義務化されていますから)

あまりにも批判的なことばかり書きすぎましたが、過去のデータを元に改正されていくのですから
いくら補強したからと言っても自然相手では完璧はあり得ません。無駄なことはないだろうけど
常に慢心しない心が大事だと思います。

せっかくのスレですから、「こんな場合どうしよう?」みたいなことを書くべきでしたかね?スミマセン

9 :7:2005/09/07(水) 22:25:10 ID:NWHY6kQg
>>8
レスありがとうございます。

>せっかくのスレですから、「こんな場合どうしよう?」みたいなことを書くべきでしたかね?スミマセン




10 :7:2005/09/07(水) 22:35:47 ID:NWHY6kQg
すいません、途中で送信しちゃいました。

>せっかくのスレですから、「こんな場合どうしよう?」みたいなことを書くべきでしたかね?スミマセン

いえいえ。そんなことないですよ。これから耐震補強をなさる方(もしくは施工される方)には
色々な考えがあることも知って頂きたい(耐震工事が万全ではないことも)ですし。
私が耐震工事をされた方、もしくはこれからなさろうとする方とお話ししていて気になるのは、
みなさん一様に、耐震工事をすると「家は壊れない」と思い込んでいるということなんですよね。
それは非常に問題があることだと思います。施工する業者も、「最悪倒壊は免れるとは思うが、
破損しないとは言い切れない」くらいのことは伝えるべきだと思うのですよね。いかがでしょうか…

それを言ってしまうと工事に踏み切る方が減りそうなので、請負側としてはあまり言いたくないというのは解らないでもないですが。

施工業者側のモラルの問題なのでしょうか…


11 :名無し組:2005/09/09(金) 13:29:33 ID:???
料スレだと思ったけど、誰も居ないな。ざんねんだ。

12 :名無し組:2005/09/09(金) 20:51:01 ID:ecPtpSlx
たしかに思ったよりいいスレなのにね。そんなわけであげ。

13 :名無し組:2005/09/09(金) 23:50:39 ID:???
耐震補強の定義から始めたらどうよ

プロが考える耐震補強は、何を目的として行うか?

1.素人を騙して契約取れれば桶
2.既存の建築物の耐震性を、現在の新築レベルまで引き上げる
3.費用対効果で程々に
4.どんな地震がきてもへっちゃらさ

どのような方法を用いて耐震補強を実施するか

1.屋根が重いから瓦と土を降ろせ
2.壁量足りない構造用合板貼れ
3.HDくらい要るだろ
4.基礎の立ち上がりが割れてるぞ
5.地盤悪いですね
6.私が念ずれば幸せになれます

あと適当に

14 :名無し組:2005/09/12(月) 12:52:39 ID:???
ちょっと待ってくれ
先ずはこのスレは 『木造』 の 『住宅』 の 耐震補強工事と言うことで良いんだね!

>>13
吊られてみる

目的について

 プロが考えるならば 4 は不可能なことぐらい理解しているよね!w 先にも書いてあるけどあくまでも、

   『部分的に壊れても(これが問題?)倒壊しない程度の補強とすること』


耐震補強工事について去年改正の精密診断に基づく補強だとは思うのだけれど、

  2について、建物が全体で動くと仮定して、全体の壁量(水平抵抗力)が足りていないだのバランスが悪い
 (偏心している)だのいうわけだから、最低限の床や屋根の一体化、及び梁の補強は必要なわけだが、
 これが素人さんに過剰に補強する業者が多かったり、若しくは屋根だけやって、壁の補強を全然していな
 かったりする業者が居て、非常に困る。
 (最近では床や屋根を直すだけで、悪徳業者と決めつける人もいるようだし)

  結構無視されていて心配なのが、崖地(山留め擁壁つき)の基礎の根入れ

  補強しても本当に「大丈夫かな?」と思う心はプロも同じだと思う。(もちろん根拠のある補強はしているけど)
  6の様なこと言って責任取ってくれるなら、こっちからお願いしたい www

15 :14:2005/09/12(月) 21:27:48 ID:R3lsC1cN
あげとく
一般の方の認識も知りたい!

16 :名無し組:2005/09/12(月) 21:31:53 ID:???
女王の教室を見ると耐震補強を思い出すよ。
あと横森の階段もな

17 :名無し組:2005/09/12(月) 23:45:41 ID:???
>>14
一般人ですが、このスレで耐震工事のこと質問してもいいのでしょうか??
1には一般人もOKとありますが…。
耐震工事でちと…というかかなり困ってます(*.*)

18 :名無し組:2005/09/13(火) 08:58:26 ID:???
>>17
詳細キボン

19 :14,15:2005/09/13(火) 11:45:48 ID:???
>>17
遅くなりました申し訳ない、スレ主ではないのですが、詳細教えて欲しいです。
もちろん、他の方も意見くださると思います。

20 :名無し組:2005/09/15(木) 18:53:22 ID:???
17です。
大変遅くなりまして、すみませんでした。なんかPCの調子が悪いみたいで…(*.*)

>>18さん>>19さん
レスありがとうございます。
そして>>19さん、暖かいお言葉をありがとうございます。

耐震工事をしたのですが、3倍の壁が入る予定の場所に実際は5倍の壁が入っていたり、
他にも施工方法自体が間違っていて、本来だったら4倍の壁になる予定の箇所が1倍未満に
なったり…という箇所が何箇所もあることが工事完了後にわかったんです。
最初の診断を元にした施工計画と、実際の工事の結果が全然違っていて、どう考えてもバランスなどに問題あるのでは?と
思ってしまうのですが…。このスレにいらっしゃる方ならお詳しいかと思いまして割り込んできて
しまいました。見当違いのこと言ってたらすみません。

今後の業者への対応なども含めて、かなり困っている状態です。
アドバイスなどありましたら、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

21 :19:2005/09/15(木) 20:47:51 ID:???
>>20
どうもお話の内容から、N倍法での補強と捉えさせていただきます。この仮定が間違っていたら
ここから先は無視してください。

>3倍の壁が入る予定の場所に実際は5倍の壁
三つ割材の筋違たすきがけのみの予定が、構造用合板(両面、若しくは筋違の上から)を貼ら
れてしまっているのでしょうか?

>4倍の壁になる予定の箇所が1倍未満に
二つ割材の筋違たすきがけをボードに変更、さらに胴縁までとなっていると言うことでしょうか?

只、建防協の去年改訂されたものに基づくと、壁倍率や金物など具体的に変更されています。
バランスについてですが、木造の場合、床や小屋組など火打ちや金物等で緊結されていて、
建物が一体となって動くことが大事かつ、梁なども現状で撓みが大きく出ていないことも必要で、
そこではじめて重心に対する、剛芯が問題になってきます。また、その剛性に関しても、新しい
基準では、腰壁や下がり壁の効果も少なからず考慮されており、N倍法の診断とはズレが出て
きます。一度、新基準で精密診断をされてみては?

RCの建物の構造計算(許容体力設計法)で、ルート1として、偏芯云々の前に壁量が足りていれば
OKと。これは、剛性の高いコンクリート構造ならではとの見方もありますが、先にも書いたように
まず、倒壊しないことが前提ですので、充分な剛性がとれれば地震にも耐えると言う考え方も有りだと。

安全面だけを見れば、剛性という点で、構造用合板などのボード中心の補強で、偏芯云々より
壁量を多くすることの方が良いのかなと存じます。(そういう考え方も有りかな?と・・・)
はっきり言って、木造軸組で合板内張など意匠的に難しいヶ所も多いと思いますが、業者さんの
側からすると、その方がトラブルが少なくなると思いますがどうでしょうか?

※あくまで私見ですのでどなたか別の意見でも・・・

22 :名無し組:2005/09/16(金) 11:22:21 ID:???
>>20
図面も無けりゃ、業者さんとの状況もいまいちわからないんで、
深くはコメントできないけど、あまり芳しい状況ではないかと・・。
3→5だけならまぁ、いいと思うけど、4→1未満は問題ですね。
まずは壁量が計画のモノと比べて多いか少ないかがポイントですね。
壁の長さ×倍率を足したものは計画と比べていかがでしょうか?
よくわからなければ、とりあえず、計画より倍率高いものと低いものどっちが多いか、
どっちが差が大きいかでもいいです。

次に建物の重心に対して壁の配置はバランスいいですか?
1方向に倍率高い壁なんかが密集したりしていないでしょうか?

上記2点を考えて、壁率が計画より高いものが多数で、バランスもおかしくなければ、
(神経質に考えなくてもいいです。素人目でいいので)ひとまずは問題なしかと。
ただ、なぜ気づいた段階で業者さんに説明を求めてないのでしょうか??
なんとなく聞きにくかっただけ??それとも聞いてあしらわれたのでしょうか??
前者ならいいのですが、後者ならちょっと危険ですね。
計画と違うことをしてなんの説明もない、聞いても答えないような業者は・・・。
ボルトが締まってない、仕口が納まってないなど、
手抜き工事の可能性も否定出来なくなるので。

まずは普通に聞けばどうでしょう?
それで納得できる答えが返ってくればそれでいいし、
説明義務すらも果たさない業者であれば、別の所に診断を依頼された方がいいと思います。

23 :名無し組:2005/09/16(金) 11:22:52 ID:???
>>13
耐震補強は繋ぎだと考えてる。
1は論外、4もムリポ。
2は現実問題金銭的、デザイン的な問題で個人的には好きじゃない。
3が俺の考えに一番近いかな。
震度7程度の地震が来ても、倒壊を免れるようにさえなれば
古い木造なんかは十分だと思ってる。
特に老人が住んでる古い長屋とか。
失礼な書き方かもしれんが、先がある程度計算出来てしまってるし、
年金だけでそういうトコに住んでる人なんかは金銭余裕もないし。
構造用合板+柱脚補強さえすれば、命助かるスペースは確保できるんじゃないかなって思う。

24 :名無し組:2005/09/16(金) 12:29:09 ID:???
耐震補強について、営業的には皆さんどのように仕事に繋げていますか?

初期診断→一般診断→精密診断→補強設計が普通なんだろうけど、
そこまでやって、補強工事に至る件数はやっぱり少ないし、
「地震に対してここまでやれば大丈夫ですよ!」などと安易に言えないし・・・

じゃあ、本当に柱脚補強と壁補強でヨシとするかというと、小屋組・床組を
ある程度は見ておかないと、ねじれの心配もあるし・・・

やっぱりまともにやろうとするとお金はかかるから、本当に必要そうな人には
どの程度で妥協するかだと思うんですが、結構頓挫するケースがありました。
お役所に、助成金制度をもう少し見直して貰うしかないのかなあ?
初期診断→補強設計で件数が増えるかなあ?

25 :名無し組:2005/09/16(金) 16:48:36 ID:???
施主と業者、あるいはセケイヤとの間で、まずは「大丈夫」の定義をはっきりさせておくのが大事だと思う。

26 :名無し組:2005/09/16(金) 17:10:45 ID:???
お客さんに
「壊れるところはあると思いますけど、潰れはしませんよ!」
等と言って躊躇われて決まらないことが多いんだが・・・orz

27 :名無し組:2005/09/16(金) 20:38:22 ID:9BisRUoD
17です。
>>19さま
ご丁寧にありがとうございますm(__)m
す、すいません…N倍率とかの専門用語、難しくてわかりません。せっかくアドバイスいただいたのに…。
わかる範囲で書かせて頂きますので、よろしくお願いします。

>>3倍の壁が入る予定の場所に実際は5倍の壁
>三つ割材の筋違たすきがけのみの予定が、構造用合板(両面、若しくは筋違の上から)を貼ら
>れてしまっているのでしょうか?

構造用合板を打ち付けて補強するという話だったのですが、実際には強度5倍となる耐震ボードが張られていました。
筋かいは入れていないと思います。

>>4倍の壁になる予定の箇所が1倍未満に
>二つ割材の筋違たすきがけをボードに変更、さらに胴縁までとなっていると言うことでしょうか?

4倍になる耐震ボードを入れるはずでしたが、施工方法が間違っていて、ただ釘で柱に貼り付けてあるだけで、
そういう補強では基準外になり、1倍未満とみなされるそうです。

耐震診断をしてもらったのは昨年の10月ですので、旧基準での診断だと思います。建物は築30年の
木造で、火打ちや羽子板は入っていないとのことでした。新基準の診断とは
どこにお願いすれば受けれるのですか。あと、お手数お掛けしますが、よろしければN倍法についてご教授くださいm(__)m



28 :名無し組:2005/09/16(金) 20:55:03 ID:???
17です。
すいません、上げてしまいました。

>>22さま
ご丁寧にありがとうございますm(__)m素人の私にもわかりやすいようにご配慮くださって、
ありがとうございます。
そうですよね、説明不足だし資料不足ですよね。すみませんm(__)m

>よくわからなければ、とりあえず、計画より倍率高いものと低いものどっちが多いか、
>どっちが差が大きいかでもいいです。

計画より倍率の高い壁の方が多いと思います。予定より倍率の高いところが2箇所(3→4も含めると3箇所)で、
低い所は2箇所(先日書いた1倍程度の箇所です)です。

>次に建物の重心に対して壁の配置はバランスいいですか?

それが判らないんです。そしてそれが一番心配なのですが…。工事前に最終的に提示された
耐震工事計画が、重心、偏芯ともに一番良好だという業者の説明でしたので…

>1方向に倍率高い壁なんかが密集したりしていないでしょうか?

我が家を正方形と仮定すると、左上角のあたりに1倍の壁が2箇所あつまり、
左下角のあたりに5倍の壁2箇所が集まっています。詳しくはわからなくて申し訳ないのですが、
私にはとてもアンバランスなのでは?と思えてしまいます…。



29 :名無し組:2005/09/16(金) 20:55:45 ID:???
(つづきです)

>なぜ気づいた段階で業者さんに説明を求めてないのでしょうか??
>なんとなく聞きにくかっただけ??それとも聞いてあしらわれたのでしょうか??

本格的に??と思い始めたのは工事が終わってからなんです。途中で疑問に思ったことはすぐ質問していたのですが。
めんどくさそうに答えているような印象はなんとなくあったのですが、
一応質問には答えてくれていたので、「ふ〜ん、そうか」と納得してしまっていました。

>ボルトが締まってない、仕口が納まってないなど、
>手抜き工事の可能性も否定出来なくなるので。

実際にホールダウン金物のボルトが締まっていない(1箇所)というのもありました。

>まずは普通に聞けばどうでしょう?
>それで納得できる答えが返ってくればそれでいいし、
>説明義務すらも果たさない業者であれば、別の所に診断を依頼された方がいいと思います。

はい。とりあえず、業者にはもうこの件話しまして、話し合いをするのですが、今のところなかなか納得できる返答は
無いように思います。

私なりにネット等で調べたりもしているのですが、ちゃんとした判りやすいご返信ができなくてすみませんm(__)m

30 :19:2005/09/16(金) 21:29:35 ID:???
>>27
日本建築防災協会」(建防協)のホームページ
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

上記ホームページ内で新しい「木造住宅の耐震診断と補強方法」という本の解説及び購入が出来ます。
はっきり言ってあきれるほどの改訂に次ぐ改訂で、ようやく落ち着いた感じです。

N倍法と申し上げたのは、壁倍率の設定で壁耐力を略算し、全体の水平抵抗力を出す計算方法です。
旧基準では、このN倍法が用いられています。
これに対して、新基準では、実際どこまで耐力を見込めるかと言うことをSI単位系(もう古いか)で計算し
水平抵抗力を求めています。また、この時柱や垂れ壁、床の状態も考慮に入れます。
旧基準と新基準の計算結果を比べると、特に精密診断では結構診断結果が変わってきます。
また、建防協では一般診断を勧める(比較的簡単?)節がありますが、個人的には精密診断をしなければ
意味がないと思います。(それほど一般と精密で違ってきます)

31 :19:2005/09/16(金) 22:05:57 ID:???
次に今回の内容についてです。

壁倍率が「3→5」とのことですが、通常、構造用合板1枚貼りで「2.5」です。2枚貼りで5ですから
1枚貼りを2枚貼りと言うことだと捉えさせて頂きます。
構造用合板の貼り方で、胴差まで届かせられないときなどに、よくこの様な事例が出ると
思われます。また、両面(2枚)貼りの時など注意する点は打ち付ける部材に両側から釘止め
するのですから、割れなどに気を付けることです。特に、本来木と金属は相性が悪いので
(裂けたり抜けたり)、充分な注意が必要だと思います。

 尚、バランスを考える遣り方は先に書いた重心と、壁などによる堅さの中心(剛芯)の離れ
具合を表す偏芯率で計算、認識します。
 しかし、偏芯がやっかいで、基本的に建物が一体となって揺れることが前提です。木造軸組
工法は柱や梁で繋がっており、尚かつそれに力が加わるように2次部材(床材、小屋組材など)を
入れております。ですから、火打ちや、羽子板ボルトなどが入っていないと水平面での力の
伝わりが弱く成ってしまい、一体となってくれないので、補強が必要となります。
 また、地震の横揺れ対策としての水平耐力が必要となるのですから、既存の壁の評価もしな
ければなりません。先にも書いたように、新基準では垂れ壁や、柱部材によるフレ止めの効果も
考慮しますので、若干正確に評価できるかもしれませんが、慎重に考えなくてはいけないことと、
思います。

地域によって異なりますが、市区町村で診断の受け入れをするか、建築士事務所協会を紹介
するなどして対応しているはずです。一度相談をしてみてはいかがでしょうか?

32 :22:2005/09/17(土) 11:27:35 ID:???
>>17
文面を見てると若干怖いですね。(脅してるわけじゃないですよ

>我が家を正方形と仮定すると、左上角のあたりに1倍の壁が2箇所あつまり、
>左下角のあたりに5倍の壁2箇所が集まっています。
とありますが、左上角の1倍っていうのが施工不良で4→1の部分の壁でしょうか?
また、左下角の5倍っていうのが3→5の部分ですか?
もしWで当てはまってるなら偏芯の面でやばいかなと思います。
剛芯が思いっきり下に移動しているわけですから。

>実際にホールダウン金物のボルトが締まっていない(1箇所)というのもありました。
これは正直一番怖いです。
単純なミスですが、結局ボルトが締まってないと耐力壁としての仕事を
きっちりこなせません。
こういうのをきっちり確認してミスをなくせない業者は、
基本的にちょっと疑いたくなります。
他にミスが無いことを祈ります。

取りあえずの対策としては業者と計画と施工の不一致の話をして、
施工不良で壁倍率の足りてない部分を改善してもらえば、
いいんじゃないかなと思います。
17さんは業者さんをあまり信用できてないみたいですじ、
なんかそれ以上のこと求めても話が前に進まなさそうですし(汗
単純明快なその点なら17さんもきっちり説明でき、業者も逃げれないでしょうしね^^

その後どうしても不安であるならば、19さんが進められているような方法で
相談・診断をされるといいと思います。

ほんと、不況でもまじめにがんばってる業者だってたくさんあるのに、
こういう変な業者がいるおかげで全体がそういう目でみられて残念です。


33 :17です。:2005/09/17(土) 18:36:04 ID:qtYgxOhT
>>19さん(30,31)
どうもありがとうございますm(__)m

色々お教えいただきましたが、難しくてまた良く解りません…。うう。勉強不足・知識不足で申し訳ないです…。
でも、耐震工事って、様々な要因が複雑に絡むもので、そんなにカンタンなものではないということは分かりました。。
よくHP等に載っているような、「カンタンな診断、カンタンな施工で安心!」というような
ものではないのですね。
診断、工事に入る前にもっと勉強しておくべきでした。猛反省。
こんな私でも勉強すれば、お教え頂いた本の内容も分かるようになるのでしょうか。。凄くハードルが
高い気がします(--;

壁倍率が3→5倍になっている箇所は、構造用合板の2重貼りではなく、耐震ボードというものの、
大壁用(だと思いましたが。もしくは外壁用??ちなみに外壁をはがして施工してあります)というのが用いられています。木と金属の相性が悪いとは知りませんでした…。
ほんと、知識不足で申し訳ないです。色々勉強になりますm(__)m

新基準の精密診断って、一部破壊検査しないと、分からない項目とかもありそうですよね。非破壊で分かるのでしょうか??
柱の状態や筋交いの結合部などは破壊検査しないと分からないような気がするのですが。
早く新基準の診断が浸透するといいですね。そんなに診断結果が違うのでは…。
あと、我が家はもう一応「耐震工事としての工事」は終わってしまっている(不完全ですが)のですが、それでも
新たに診断を受けることは可能なのでしょうか??

34 :17です。:2005/09/17(土) 19:16:13 ID:qtYgxOhT
>>22さん(32)
どうもありがとうございますm(__)m

やっぱり怖いですか(笑)私もとても心配でした。これでは工事した意味がほとんどないのではないか?と…(--)

>左上角の1倍っていうのが施工不良で4→1の部分の壁でしょうか?
>また、左下角の5倍っていうのが3→5の部分ですか?

はい。おっしゃる通りです。素人の私が考えても、剛芯と重心(で良かったでしょうか??壁芯でしたっけ?すみません)
がかなりずれてしまったのでは?と思えましたので…。

施工ミスは… 細かいのを含めると結構ありました(泣)。細かいのですと、V字金物が天地逆に付けられているとか。
重大なの(?)ですと、ホールダウン金物に使う、基礎に埋め込むボルトが、7センチくらいしか基礎に埋め込まれていないとかいうのもありました(^^;

正直いいますと、あまり業者を信用できない気持ちです。まさに22さんのおっしゃる通りです(笑)
業者が来て今後の話し合いをしたのですが、どうも実際に施工する職人さんにきちんと指導をしていないっぽい感じがしました。
どこにどういう施工をしたかというのも、業者は正確に把握していないようですし…。たとえば、「この場所の施工はどういう施工をしたのですか?」
と質問すると、「多分、こうこうしてあると思いますけど、よく分かりません」という感じで。
しかし、とりあえず、不良箇所については責任を持って対応するという内容のことは言っていました(施工不良についてはごまかさず、認めていました。
ただ、しきりに「なんでこんな施工してあるんだろう?」と言っていたのには正直飽きれましたが(^^;)。

>不況でもまじめにがんばってる業者だってたくさんあるのに、
>こういう変な業者がいるおかげで全体がそういう目でみられて残念です。

私もそう思いたいです(^-^)うちのような事例はごく稀だと思いたいですね。
22さん、いつも分かりやすくご親切なアドバイスをどうもありがとうございます。

19さんといい、22さんといい、大変ご親切にアドバイスをくださって、とても心強く、そしてありがたいです。本当に救われる思いですm(__)m
19さんや22さんみたいな方に工事をお願いすれば、間違いなかったでしょうね(^-^)


35 :17です。:2005/09/17(土) 19:16:51 ID:???
すみません、上げてしまいましたm(__)m

36 :19,31,32:2005/09/17(土) 20:19:17 ID:???
分かり難い解説で申し訳御座いません。説明の仕方も勉強します。 m_ _m

木と金属の相性が悪いと申し上げましたが、今の基準では(また、今の一般的技術では)
金属プレートやHD金物といった物が欠かせません。丁寧な施工が求められます。

まだまだ考え方の違いで、補強ヶ所が変わることは少なからずありますが、補強するヶ所の
施工はしっかりやってもらいたいものですね。(新種の補強材が増えていることも事実ですし)

37 :名無し組:2005/09/17(土) 20:25:49 ID:???
とりあえず
「剛心・重心」と「壁心」は、あんまり関係ないですよ

あと、>>32さんが(私から見ても)的確なアドバイスを
されていると思いますので、参考にされた方がいいかと

耐震補強にも言えることですが、建築工事というのは
経験した人でないと分からない事が多々あったりするので
素人さんがいくら勉強しても不安の方が多くなったりします
信頼できるプロを見つけて、その人に任せちゃってください

38 :19:2005/09/17(土) 21:07:51 ID:???
36です名前間違えました19,30,31です・・・・orz
32さんスミマセン m_ _m

ついでに

現段階で、補強が必要な建物(一応築30年以上)は大抵、仕口を気にする必要は
無いというと言い過ぎかもしれませんが、見られる範囲で良いと思います。
改修している内に予想と違うならば、訂正する程度で良し、としています。
あくまでも一般住宅の話ですが、当時は金物の規定はなかった(住宅金融公庫
仕様は別)ですから、釘止め程度、しかも、経年劣化などを考慮すると、壁としての
耐力は必要最小限で見込んで間違いないと言って良いでしょう。(経験上)
ですから、補強を考えての診断ならば、非破壊ですましておいて、まず間違いない
と思います。

39 :名無し組:2005/09/19(月) 17:54:18 ID:???
左上の4→1。左下の3→5。は偏心率改善の為にそのように設計されたのではないのでしょうか?
上を北側、下を南とすれば、そのようなプランもあり得る。

全体的な壁量が充分あっての話だが・・・・・・。

40 :名無し組:2005/09/19(月) 18:01:49 ID:???
39の補足。
新耐震基準後の公庫仕様物件で評点がでない場合の代表的なものです。
南面に開口部を大きくとり、その分北側で壁量を確保している場合です。

北側の壁量を減らしましょう(壁倍率を下げましょう)という提案をしても、
一般の人にはなかなか理解されません。

新しい診断法の一般法は、何故、偏心率を採用しなかったのでしょうかね。

41 :名無し組:2005/09/19(月) 18:44:24 ID:???
>>41
やっぱり、火打ち材や羽子板ボルトの不足が目立つことから、既存の建物では
全体としての一体化は、診断上矛盾が生じて来るという考えでないの?
(剛床でないということ)

たとえ金物で補強されているとしても、柱材、梁材の耐力をきちんと吟味しなければ
一概に一体化しているとは言えないし、無理な小屋組みしているのもあるし、
(梁の交叉するところに柱がないとか、下階柱抜けとか結構見かけるし)
ねじれが生じても、部分部分で水平力に抵抗するかを考慮した結果でしょ?

でも、だからこそ、ここまでやるなら、きちんとした精密診断を元にしないと、
補強設計は厳しいでしょう?と思うけど・・・

42 :41:2005/09/19(月) 18:48:12 ID:???
>>41 ×
>>40 ○

43 :名無し組:2005/09/20(火) 12:08:51 ID:???
元々、木造軸組は各部材がピン接合と捉えてきたのに、ここに来て、やれ金物だ、
緊結だと言い始めたから剛性がどうの、偏芯がどうの言うわけでしょ?

どっかの木造耐震診断の担当者がちょっと前の診断法で、
「地震時に 上 か ら の 力 で梁が折れる危険性もありますし、危ないですね。」
等とほざいていたが、ピン接合なら、柱や壁の曲げが、梁に伝わるわけはないので、
当然それに伴う剪断力が発生するわけないわな。(軸力は別)

今更、これからの木造は「ラーメン構造」だの「面構造」だのいうわけか?
なら、何でもかんでも 2x4 みたく柱なんていらないじゃんw
木造のことはよくわからん!

44 :名無し組:2005/09/20(火) 13:53:05 ID:???
>>43
剛心や偏心がどうのは、ピン接合であっても言われるような希ガス
HDも筋交い金物も、剛接合にするためではなく
接合部が生き別れになる(抜ける)ような変形を防止ぐためでしょ

>ピン接合なら、柱や壁の曲げが、梁に伝わるわけはないので

これは何か誤解されてるのかなと
軸組工法がすべてピン接合で構成されてるわけではないよ
2階床組なんか良い例かと
2階管柱の下に、必ず1階管柱がある…わけではない

45 :名無し組:2005/09/20(火) 15:21:26 ID:???
>>44

>剛心や偏心がどうのは、ピン接合であっても言われるような希ガス

剛心とは各フレームの剛性の中心の意味で、
本当にピンならば曲げは伝わらないので各フレームで独立に動く
剛床仮定がなりたって初めて、一体となって動き、
剛性の中心である剛心が意味をなす。

もちろん、偏心は重心と剛心の距離から求まるのだから、
剛床でなければ偏心も意味をなさない

ピンかどうかより、剛床かどうかの方が大事なことだと思います。
(もちろん、43氏の言う通り、木造は、完全ピンではないですけどね)

46 :45:2005/09/20(火) 15:29:00 ID:???
間違えました。スミマセン
↑の43氏は44氏の間違いです。
(なにやら吊られて間違えた気が・・・w 重ねてスミマセン)

47 :名無し組:2005/09/20(火) 16:02:52 ID:Yi0sZEXU
平面図
       壁
   ○=====○―――――○
   |        |       |
   |        |       |
地震|        |       |
   |        |   壁   |
->  ○―――――○=====○
->  |        |       |
   |        |       |
   |        |       |
   |  壁     |       |
   ○=====○―――――○

             ↓


3Frame         ○=====○―――――○
            /         /         /
            /        /         /
           /        /         /
          /        /         /
2Frame     ○―――――○=====○
         /        /         /
        /         /         /
       /        /         /
      /        /         /
1Frame ○=====○―――――○    てかんじ?





48 :名無し組:2005/09/20(火) 17:36:08 ID:???
>>47
間違ってる!

49 :名無し組:2005/09/20(火) 21:49:44 ID:???
>>45
剛心ってのは間違いでしたスマソ
重心と書くべきでしたね

実は正直言うと、剛床も含めた耐震補強はよく分かりません

軸組を扱い始めたのは壁量計算以前からなのですが
水平方向の入力に対して床組が耐えきれずに云々という事象が
起こらないかぎり、剛床は不要ではないかと思ってたりします
そして、軸組工法であれば上記のような事態は起こり得ないの
ではないかとも思っています
つまり「剛床は耐震設計に於いて不必要」なのではないかと

もし私が致命的な勘違いをしているのであれば
分かりやすく指摘してはもらえないでしょうか?>親切な方


50 :名無し組:2005/09/21(水) 14:58:19 ID:???
>>49
とりあえず、
日本建築学会の「木質構造設計基準・同解説 -許容応力度・許容耐力設計法-」
の 203 水平荷重に対する計画 の解説を引用します。

(1)方針
強い地震が発生し、大型の台風が通過するわが国においては、地震と風に対する構造計画が重要である。
 中略
法令で定められた規模の構造に対しては、
      許容応力度設計法          (ルート1)、
      層間変形角・偏心率・剛性率の検討(ルート2)、あるいは
      保有耐力設計法            (ルート3)
                    に基づいた安全の確認を行うことが求められる。
 中略
(2)配置
 建物に作用する水平荷重は、荷重に抵抗する各鉛直構面に均等に負担させることが原則である。
 中略
等しい  水 平 剛 性 を持つ  鉛直構面を用いた場合には、これらの鉛直構面を等間隔に配置
することが望ましい。鉛直構面の剛性が異なる場合や、鉛直構面の配置に偏りがある場合には、
建物の ね じ れ 変 形 について検討を要する。
 中略
ねじれ変形は、一部の鉛直構面に荷重を集中させ、他の鉛直構面は荷重を充分に分担しない問題を
生じさせる。
つづく


51 :名無し組:2005/09/21(水) 15:08:46 ID:???
つづき

 中略
・剛な水平面を持つ場合
 床や屋根構面などの 水平構面の 剛 性 が高く、 剛 床 の仮定 を用いることが出来る場合には、
ねじれ変形の性状を 偏 芯 率 などを用いて表すことができる。
 中略
・柔 ら か い 水平構面を持つ場合
 一方、床や屋根構面などの 水平構面の 剛 性 が低く、 剛 床 の仮定 を用いることが出来ない
場合は、建物は剪断変形を含むねじれ変形を生じると考えることが出来る。 剛床の仮定を 用いない 場合、
剛 心 を求めることが 困 難 で、 偏芯率 を用いたねじれ変形の検討が 困 難 である。水平構面の
 剛 性 を考慮したねじれ変形解析を行い、各鉛直構面に作用する力と変形に対して、各鉛直構面が 安 全
であることを確認することが望ましい。

以下略(本当は、これから水平構面についての章があるのですがきりがないのでここまで)

はっきりいって、若輩者の私ですので、こんな事を書くのも生意気だとは思うのですが、意匠を先行された方が
木造の耐震診断を行っているケースが非常に多く、ご存じない方も多そうなのでとりあえず
私の言葉でなく、構造計算用マニュアルから引用させていただきました。ご容赦ください。

52 :名無し組:2005/09/21(水) 15:16:01 ID:???
↑訂正です。
先行×
専攻○

53 :名無し組:2005/09/21(水) 15:54:30 ID:???
おお!詳細な引用ありがとうございます!

ちゃんと理解するためには本買ってきたほうが良さそうですね
本当にありがとうございました
もう一度きちんと勉強しなおしてきます

54 :22,32:2005/09/21(水) 17:31:07 ID:???
>>17
お役に立てて光栄です。
施工不良についてはごまかさず、認めていたということなので、
後は上手く交渉して、きっちり補修してもらってください。

>>39
>工事前に最終的に提示された 耐震工事計画が、
>重心、偏芯ともに一番良好だという業者の説明でしたので…
と17さんが書いているので、偏芯率改善のためとは思えないのでは?
それに4→1は施工不良でそうなっているらしいので、意図的なものではなさそうですし。


55 :17です。:2005/09/21(水) 20:02:39 ID:???
レス下さった皆様、お返事遅くなりましてすみませんm(__)m家を空けていました+体調不良で
大変遅くなってしまいましたm(__)m

>>19(30,31)さま
ありがとうございますm(__)m説明が難しくて申し訳ないとか、どうぞおっしゃらないで下さい(^-^)
レスいただけるだけでもとてもありがたいです。私にはちょっと難しすぎる内容が多いですが、
わたしも理解するように頑張りますので、気になさらないでください(^^)

うちも築30年超なので、仕口はあまり気にしなくて良いレベルに入るのですね。
しかし、お教えいただければ頂くほど、旧基準に関しても、新基準に関しても、「??」な部分も増えてきてしまいます。
それだけ耐震補強というのはカンタンにひとくくりに出来るようなモノではなく、まだ試行錯誤の
段階(?全然ちがったらスミマセン)なのでしょうかね…。

>>37さま
レスありがとうございますm(__)mそうですか。重心・剛心と壁心はあまり関係ないのですか。
お恥ずかしい。凄く関連あるんだと思っていました。また無知を晒してしまいました…(^^;

プロに任せた方が良いとのことですが、実は私も、ここで私に対する皆さんのレスを読ませていただいたり、
このスレッドを読んだりしているうちに、私一人では対応しきれないんじゃないかな…というのは感じて来ていました。
その場合、やはり工事の監査を第三者機関(で正しいでしょうか??)に依頼するというのが正解でしょうか??

56 :17です。:2005/09/21(水) 20:11:12 ID:???
>>39,40
レスありがとうございますm(__)m
そんな施工方法もあるとは知りませんでした(すみません…)確かに、壁を減らすと言われると、
「えぇ?それで大丈夫なの??」と不安になっちゃいそうです。
でも、大きく開口した反対側に壁を増やすとなると、全体的に壁量が増えても、バランス的には
すごく危ないんじゃないか…。とか思ってしまうのですが。旧基準の診断方法ではそうなりそう
ではありませんか?? …う〜ん。やはりこのあたりが素人考えなのですね〜。
奥が深くて難しいです(*.*)

うちの場合は、業者側に施工状況を記録した書類が一切無かったので、
現場監督が撮影していた写真を確認していって、壁の間違いに気付いたのですが、
業者も間違いと認めていましたので、たぶんわざと壁を変更したということは無いと思うのですが。

57 :17です。:2005/09/21(水) 20:13:05 ID:???

>>39,40を>>39、40さま
と訂正します。失礼しましたm(__)m

58 :名無し組:2005/09/21(水) 20:24:34 ID:???
>>55
出来ればどういった経緯で、どういったところ(公共機関or民間)に
耐震補強を依頼したんですか?

天下りの第三者機関で監査と言っても、結構難しいでしょうから
やはり診断した建築士が責任を持って補強工事にあたるべきだと
思います。(ちょっと言葉に刺が有りすぎ?)

簡単にポイントを押さえると診断自体は理解できるかもしれませんが、
補強工事となると、仕口の釘一本で耐力が変わってきます。やはり、
診断した人に責任を持って工事を監理させないといけないと思います。

59 :17です。:2005/09/21(水) 20:36:56 ID:???
>>54(22,32)さま
レスありがとうございますm(__)m
>>54さまのアドバイスにも本当にいつも助けられる思いです。ありがとうございますm(__)m

そうですね。今回の工事に関しては、業者が不良施工箇所をごまかさず認めてくれて、責任を持ってちゃんと対応しますと言ってくれた
ことに関しては、正直ホッしました(^-^)

ただ、今回の工事をするにあたって業者から提示された、「本来の施工計画通りに施工した場合」の補強後の数値に対する、「不良箇所を不良箇所なりの強度として計算した上での」耐震診断の数値を
今回新たに作成してもらったのですが(すいません、上手に説明できなくて(*.*))、その数値にあまり差が無く(不良箇所を考慮した診断の方がほんの少し数値が低いだけでした。偏心も問題なしという結果に…(汗))、
それに関してはちょっと「??」と思っています。耐震工事って、そんな大雑把なモノでOKとなるモノなのかなぁ…??と。
ここでみなさんの書き込みを読ませていただいていると、とても複雑そうなのに…(^^;

今後は、動的診断を行って、今の段階で建物の強度がどれくらいであるかを確認した上で、不良施工箇所の
再工事に入るというような話になっています(^^)


60 :名無し組:2005/09/21(水) 21:03:07 ID:???
>>59
補強ヶ所以外の既存の壁の耐力をどう評価したかによると思う。
築30年以上ということなので、そんなに耐力を認めることは出来ないと思うが・・・

動的診断については前から興味はあるが、どんなもんかなあ?
出来れば受けた後の詳細をお聞かせ願いたい!

61 :名無し組:2005/09/22(木) 15:50:33 ID:B/9ttYhj
木耐協による診断での耐震工事か
動的診断を採用している業者での耐震工事か
判断に迷っています・・・

家の柱、壁が少し傾いているのでこれ以上の傾きを食い止め、
大きな地震に耐えられる適切な工事をしてくれる所希望です。
(建て替えは経済的状況により絶対無理です・・・)

最初、木耐協を検討していましたが2ちゃんの関連スレや、
色々見ている内にだんだん不安になってきました・・・
(思っているほど安くも済まなそうだし)

気持ち的には動的診断→工事が良さそうな気がしますが
情報が無さ過ぎて・・・(壁、柱の事考慮してくれるのかとか)

何分素人なのでトンチンカンな質問かもしれませんが
どなたかそれぞれの利点欠点など教えてくださいませ・・・orz



62 :名無し組:2005/09/22(木) 18:13:14 ID:???
>>61
お住まいはどちらの方ですか?
きちんとした耐震診断は、公的機関でも受付をしていると思うのですが・・・

 木耐協に加盟している業者の中にも、有る程度認識新たに取り組んでいる業者もいると思われますが、
基本的には木耐協j自身の加盟業者に対する教育は不十分で、また、有る教授の名前ばかり表に出して、
個々の工事に対する正当性を訴えるばかりで、自分達で充分な理解を持って施工しているようには思え
ません。只、加盟している会社の多くは木造を専門としている工務店さんだと言うことも確かなので、
少し認識があるところなら、変な工事によるトラブルは起きにくいと思います。なにぶん、一気に巨大化した
団体ですから、あまり一括りにすることはできません。

動的診断については、バランスを見る一つの目安だと思います。有る程度以上の壁量になると、揺れ自体が
すくなるなるので、動的診断でも実際の地震力が働いたときにはどうなるかという疑問も否めません。
新耐震診断の、精密診断では想定地震力の何倍に耐えられるか?と言う形で表示されます。
重量物(RC造・鉄骨造)の構造設計では当たり前の安全率を見るわけです。

費用の面ですが、はなから補強するのであるならば、補強を前提として、精密診断を受ける形をお勧めします。
先に書いたように、公的機関を通せば自治体による助成金制度も受けられますし、先ずは相談してみては?

63 :17です。:2005/09/22(木) 18:29:54 ID:2KftSJ7+
>>58さま
レスをどうもありがとうございますm(__)m
う〜ん。我が家を診断したのって、工事した業者の人なんですよね…。
耐震診断士という方と、一級建築士の方が二人で来ましたが。

第三者機関で監査というのも難しいのですか…。う〜ん…。
確かに、第三者機関というのはたいてい新築を監査するのが主な仕事みたいですね。
うちのように、工事済み(それも不良箇所多数(汗))の再工事では引き受けてくれるところすら
果たしてあるのかどうか…

うちの場合なのですが、台風などでぐらぐら揺れる、小さな地震でも
結構揺れるなど、気になっていましたので、
まずは耐震診断をお願いしました。その結果を受けて、工事に入ったという感じです。
診断の依頼先なのですが、実名出しちゃっていいのでしょうか???(2ちゃんだしいいのかな〜?!?!(笑))
もし障りがないようでしたら、多少なりとも皆さんのご参考になるようにお知らせしたいと思います(^-^)

>>60さま
レスをどうもありがとうございますm(__)m
なるほど。既存の壁の耐力ですか。業者に確認してみたいと思います。アドバイスどうもありがとうございます(^0^)/
動的は工事前にも一回受けていますが、見ていてかなり面白かったですよ(^-^)
今回も再工事前にする予定になっていますので、詳しくご報告しますね(でも、なにぶん素人目線になるであろうことは
どうぞお許しくださいm(__)m)。



64 :名無し組:2005/09/22(木) 18:36:55 ID:???
公的機関も、ただの大工さんが来て、私に言わせればテキトーなことのみで終了。例外もありますが・・・・・。
なんせ、単価が安いので。

木耐協の場合は、その組合員の母体(耐震診断事業以外の事業をチェックしてみたらどうでしょうか。
設計事務所・工務店系なら、ある程度、信用してもOK。
補助金申請制度のある地域でしたら、その申請件数ですかね。
リフォーム系・白蟻系・屋根系・他 は、とりあえず、疑う。

動的での私の疑問点は、二階の床面で振動を与えるというところです。
実際の地震動は下から上、左右と考えますが、
動的診断は上から下、大丈夫でしょうか?

65 :17です。:2005/09/22(木) 18:54:07 ID:???
>>61さま
耐震工事をお考えとのこと。我が家のようにならないように気をつけてくださいね〜〜。

私が実際工事をしてみて思ったのは、やはりまずは自分の知識不足です。耐震診断・工事を専門に行っている業者さん
だと思って安心しきってしまいました…。やはり知識は出来れば多いほうが良いと実感しています(もちろん所詮素人なので限界はありますが…)
幸い、このスレにはご親切な方が多くいらっしゃるので、たくさん質問して、知識を
沢山蓄えてから診断・工事にお入りになることを切にお勧めします。

工事で失敗(?!)している私が偉そうに言えることではないのですが(^^;

66 :61:2005/09/22(木) 19:56:08 ID:B/9ttYhj
>>62-64さま
親切な方が多く感激しました!
>>61さま
助成金制度はある県です。(財)日本建築防災○会の診断を
基準にしているそうです、確か^^;一度TELしましたが
規定のレベルにするまで平均数百万かかるような事を言っていました。
レベルに達しないと補助金0らしいし・・・
50万程度の補助では・・(予算は頑張って150万程度しかない・・・orz)

>>64さま
結構な数の診断士が登録されていますが実際工事をやった事が無い人が
多数在籍だとか。まだ助成金制度が出来てから日が浅いので・・・
木耐協は登録業者をこちらから選べるのでしょうかね?
TELでは結構感じ良かったケド・・・

>>65=17さま
専門の業者さんでもそんな事が・・・(内容はチンプンカンプンですが)
17さんはおかしな点を判明できた時点で尊敬します
でも認めて再検査?してくれるなんて業者さんも良心的な方なのかな・・


67 :17です。:2005/09/26(月) 20:40:39 ID:???
>>61=66さま。

お返事が大変遅くなりまして、すみませんm(__)m

私が工事のおかしな箇所に気付いたのは、今にして思えばラッキー(?!)だった…といいますか、偶然
見つけた、みたいな感じだったと思います。
ただ、私も耐震診断・工事の前に、自分なりにネットで工事(主に診断→工事への流れについてでしたが)について調べたんですね、その時に
読んだり見たりした内容が、なんとなく頭の隅に残っていて、それでおかしな箇所に気付いたのかな、と思います(^-^)

そうですね。業者は、契約時の強度に達するまで、再検査、再工事をしてくれると約束して
くれましたので、ある意味とても良心的(?!)な業者さんだったと思います。ただやはり、
最初からきちんとやってくれれば、とっくに完了していたのに…って思いはたまに出てきちゃいますね…贅沢なんですが(笑)

あと、うちを施工した業者を紹介した協会にも今回のいきさつを全て話したのですが、協会が
再工事の計画や施工の監査にあたってくれる、という線で今のところ話が進んでいますので、
ちょっとホッしています(^-^)

68 :名無し組:2005/09/27(火) 16:04:20 ID:???
>67
事態が良い方向へ推移しているようで、なによりですね。
>ただやはり、
>最初からきちんとやってくれれば、とっくに完了していたのに…って思いはたまに出てきちゃいますね
不良施工や欠陥工事を認めない業者が残念ながら少なからずおりますのが現状です。
あなたの業者は不良を認め、再検査、再工事の約束までしたとのこと。
ひじょうに良心的な業者と思われます。業者の対応にありがたいとは思っても、贅沢は言わないことです。
再工事に際しては、工事の程度がかわかりかねますが、耐震ボードの張替えが
含まれておりますようであれば、ビス留めのピッチにも注意してください。ピッチで耐力が変化する、重要な要素です。

耐震工事を依頼した協会の名前をここで明らかにするのは、何も問題もないと思われます。
誹謗、中傷する内容ではありませんから。
参考にさせていただきたいので、今後の推移もぜひご報告ください。

69 :17です。:2005/09/29(木) 23:01:26 ID:???
>>68さま
アドバイスをありがとうございます。遅くなりまして、すみませんm(__)m

>ひじょうに良心的な業者と思われます。業者の対応にありがたいとは思っても、贅沢は言わないことです。

今のところ、業者に対しては対応はとても良心的だな、とは思うのですが、なかなか心から感謝とまでは…(--)
でもあまり贅沢は言えないとは思います。

>ビス留めのピッチにも注意してください。

すいません、ピッチというのは、ビスを止めるときのビスとビスの間隔のことでしょうか??そんなに重要なのですか??

>耐震工事を依頼した協会の名前をここで明らかにするのは、何も問題もないと思われます。
誹謗、中傷する内容ではありませんから。

そうですね(^-^)耐震診断は、木耐協にお願いして、診断→工事となりました。
協会から、正式にやり直し工事の監査をしてくれると連絡がありました。責任を持って最後まで担当してくれるとのことです(^-^)
ただ、監査に当たってくれる方が、耐震工事の知識はあるけど、建築士の資格は持っていないそうです。
工事の監督・監査って、建築士以外の方がやっても大丈夫なのでしょうか??技術的な知識とか…。ちょっと疑問が(--;

>今後の推移もぜひご報告ください。

了解しました(^0^)
またご助言をよろしくお願いしますm(__)m

70 :名無し組:2005/09/30(金) 16:41:18 ID:???
次の方、どうぞ。

71 :22:2005/09/30(金) 18:54:41 ID:???
>>17
>ビスのピッチ
間隔のことで正解です。
これは重要です。これによって耐力が変わりますから。

一度手抜きで痛い目にあってるのでなかなか難しいとは思いますが、
あまり過度に神経質にならないほうがいいですよ。
ビスのピッチなんかでも、ぱっとみて大きくバラけていたりしなければ
大丈夫かと思います。
定規を片手に1本1本測るとか、そういうことはしないでくださいね。


72 :17です。:2005/10/01(土) 18:42:49 ID:0qQfpd+K
>>71(22)さま

こんばんは(^0^)/いつもアドバイスをどうもありがとうございますm(__)m


ビスの間隔がそんなに重要な要素なんて、言われるまで気付きませんよね…。
皆さんには色々教えていただいて、本当に感謝していますm(__)m
パッと見てばらけていなければ大丈夫なんですね〜。わかりました(^^)
でも、例えば、10センチ間隔でビスを締めるはずが、場所によって、5センチとか
15センチとかになっていたらやっぱりまずいのですよね??
再工事で壁をバラすときに、実際には中がどうなってるか、ちょっと見てみようと思います(*^.^*)

>定規を片手に1本1本測るとか、そういうことはしないでくださいね。

うぅっ。アドバイスして頂けなかったら、やっていたかもしれません…というか、やってそうです(^^;
やるとやっぱりまずいですか??(笑)
おっしゃるとおり、これまでに至るまでの過程が過程でしたので(汗)、やっぱどうしても神経質っぽくなっちゃいますね…。
気をつけるようにしたいと思いますm(__)m

あと、22さんは工事の監査についてはどう思われますか??
いつも質問ばっかりですみませんm(__)m

73 :17です。:2005/10/01(土) 18:43:35 ID:???
すいません。また上げてしまいました。毎回すみませんm(__)m

74 :名無し組:2005/10/01(土) 19:30:01 ID:???
>>72,73(17)さん
22さんではないですが、一応参考までに

構造用合板 釘  :N50(普通はこれを使っています。)
        ピッチ:150mm以下四周打ち
基準耐力  5.2kN/m(N倍法による約5相当)

と、なっております。因みに構造用パネル(OSB)は同様の打ち付け方で5.0kN/mとなっています。
又、上記に紹介したのは木造軸組工法(在来工法)ですが、枠組壁工法ではさらに違ってきます。
「以下」という表現ですから、それ以下であれば良いのですが、個人的にはあまり細かすぎるのも
どうかと思います。(5cmはありえないでしょうw)

マルチで申し訳ないが、木耐協は特に、この木造耐震診断は阪神大震災から急激に建築士でなく
構造の専門でない業者が入り込んで来て、本来、剛床やら長期荷重に対する部材の見直しやら、
木という構造特性やらの気を付けなければいけないヶ所が多数存在するにも関わらず、
単に古い基準による耐震診断が行われてきました。
ですが、もうこの時期までにかなりの件数が処置されてきたのも事実で、その積み重ねの
中からいろいろな工法やそれに対する強度、ものの見方が洗練されてきて、下手な建築士より
ポイントは(こと耐震補強のみ)押さえられる方がいるのも事実のようです。

とことんやるならば、それなりに監査を頼むところは紹介できはしますが、上の遣り取りを見る限り
では任せても良いのではないですか?

75 :名無し組:2005/10/01(土) 22:36:48 ID:???
17さん。あまり度が過ぎると、見えないところで、「手」抜かれますよ。

76 :22:2005/10/03(月) 17:25:14 ID:???
>>17
現状は74氏が言われてるような感じなのではないでしょうか。

難しい問題で、免許を持っているのと仕事が出来るのは微妙に違うんで。
今回は木造の耐震補強という分野のみのことですし。
たとえば、私なんかも1級持ってますが、26の若造で、デスクワークオンリーと言っても
過言ではない状況ですし、私みたいな人間に比べたら
たとえ無免許でも10年とかある程度の期間ずっと木造に携わってる人間の方が、
ポイントをわかっていると思いますし。
正直その人と話たりしない限り、正確なことは言えません(汗

でも、今回はいろいろもめてその場に登場してくるぐらいの人だから
大丈夫なのでは?という気は74氏と同感ですが・・。

77 :17です。:2005/10/03(月) 20:03:21 ID:???
>>74さま
>>76(22)さま

こんばんは!アドバイス、どうもありがとうございますm(__)m

あの後、知り合いの2級建築士の方にも相談してみたの
ですが、74さん、22さんと同じ意見のようでした。やはり、建築士免許を持っているから、
安心というものではないし、大事なのは経験と知識と人間性だ、と。その建築士の方は、もし自分が
耐震工事の監査を依頼されても、耐震に関する知識があまり豊富ではないので、出来ないと思う、
ともおっしゃっていました。難しいですね〜(笑)
あと、協会でも今回の経緯は全て知っているはずだから、良心のある協会であれば、ヘタな人間を担当にすることはしないのでは?
ともおっしゃっていました。

74さんのアドバイスを読ませて頂くと、構造の専門でない業者が耐震診断・施工してるって考えると、ちょっと…ですね。素人ながら平気なのかな?
って思ってしまいます(^^;

今まで22さんにはたくさんご助言いただきましたが(本当に助かっています。感謝、感謝ですm(__)m)、一級建築士の方だったんですね!
その知り合いの建築士の方が、一級も欲しいけど、あれは免許をとるのが本当に大変だからとおっしゃっていましたよ(^^)
22さんはとても良い工事をなさってそうですね(^-^)

>>75さま
あまり脅かさないでくださいよ〜(TT)

78 :名無し組:2005/10/04(火) 15:19:43 ID:???
壁材をビスで止めると言う意味は剪断力をビスで伝えると言うことなので、ビスピッチと同様にビス種類(ビスの首径(ビス断面積)も重要である。

そこんとこもよろしく!

79 :名無し組:2005/10/04(火) 19:11:01 ID:???
>>78
>74 N50

80 :名無し組:2005/10/04(火) 21:30:25 ID:???
2級なんぞ、語るなよ。。。


81 :名無し組:2005/10/04(火) 23:05:53 ID:???
2級を差別するな!




と、1級の漏れがマジレス。

82 :名無し組:2005/10/05(水) 06:56:46 ID:???
>>80
そんなこと言うなら意匠屋が語るなよw

まあそんなしょうもない遣り取りはこれくらいにして、
一概に完成されているとはとても思えないけど、
改訂診断法(精密診断)どれくらい採用されて居るんだろうか?
私は都内だが、自分の知る限り事務所協会でも2〜3区程度ですが・・・

83 :名無し組:2005/10/07(金) 23:52:59 ID:keuDOskJ
http://www.jyuutakuseinou.net/

ここってどうなの?

最近、耐震はじめたんだけど、そのためのソフト入れたんだけど
これがぁね・・・
弱小リフォーム建築下請け会社です〜

84 :名無し組:2005/10/08(土) 00:01:08 ID:???
ソフトって何使っているんですか?大体で結構です教えてください。

85 :名無し組:2005/10/08(土) 00:05:48 ID:???
今日はじめてソフト見ました。
インストールやったんだけどね、ハウスドック(犬じゃないとおも)とかいうの。
専務28歳はインストールの時逃げてた。
私に覚えろとwてか私パートのおばさんですが・・・

86 :名無し組:2005/10/08(土) 00:30:08 ID:???
構造システムさんの診断ソフトですね・・・

重量物の建築構造計算ソフトで名をはせており、元々耐震診断(木造だけでなく)のソフトを
DOCシリーズとして旧基準ではかなり活躍した、こと耐震に関しては代表的なソフトです。

今現在、HOUSE-DOCを含めて多くのソフトが新基準の一般診断までしか対応しておらず、
私の知る限り精密診断まで行えるソフトは1つぐらいです。(つまり、新基準の教材を参考
にしながら自分で、EXCELなどで診断プログラムを作って計算しなくてはならないということに
なります。)

上のレスを一通り読んでいただければ理解できるかと存じますが、一般診断のまま補強しよう
とすると、かなり過剰な補強となると思います。また、金物の知識を詰め込んでその耐力も
一覧表にしておかないと補強できないでしょう。とても一朝一夕でできるとは思えません。

スミマセン脅かしすぎですね・・・ ソフトを使う利点としては絵と連動してくれるので、かなり
入力が楽になるのですが、やはり、これからはじめるのでしたら一通り講習は受けておいた
ほうがいいでしょう。ちなみに地域はどこですか?

87 :名無し組:2005/10/08(土) 00:42:08 ID:???
>>86
千葉県N市だw
ちなみに私はPCの知識はあまりないパートのおばちゃんだ。
お客あてニュースレターとか作るために雇われたってとこ。
専務は特に何の資格とかもってないんじゃ。
大阪かかどっかで、<83のとこ主催の講習受けてきたけど、
最後にやる試験の点数足りなくて、レポート出してたww

いやー、専務は覚えてくださいよとかいったけど、
あれ現場で場数踏んで、知識無いと全然ダメジャン。
このソフトとGDアンカー売った業者は最初、誰でも大丈夫とか
甘いこと言ってたけど。最後、補強アンカー入れるの決めるのって
結局ソフトに頼れない感じだ。
わたししゃ、さっぱりわからん。
で、ソフトおんぼろMEに入れたら、早速動かんしwwwwww
「あっちに新しいく買ったXPに入れましょうや〜」と言っても、
「○○さんは、そんなにこのPCが使いたくないんですか?」と。

まぁ、良くわからんってことだ・・・素人には。


88 :名無し組:2005/10/08(土) 00:46:40 ID:???
そんな調子でいいのか?その会社w

89 :名無し組:2005/10/08(土) 01:03:17 ID:???
だって、自分が来る前は、PCウイルス汚染されたとこ1000〜2000
あったとこだしwwww
耐震以前の問題でしょw
そのこと専務に言うと「え、何を言ってるのかわかりません」だし。

最低のPC知識無くてこのソフトいじっていいのかな〜ww

リフォームのお客さんが、是非うちの会社に耐震もやってほしいって
言って、急遽こうなったみたいwww

90 :名無し組:2005/10/08(土) 01:06:49 ID:???
ああ、いかにも・・・・・・と言った誘い方ですネ(NPO法人といっても)

確かにちょっと前までの診断方法では、誰でも出来るという程度の診断方法でしたので・・・

建築防災協会のほうでも一般診断用ソフト(8千円)は売っていますし、講習もそれなりにやっています。
(テキストの作製元のくせに一般診断のみ)

出来ることなら、最初の何件かは他社の診断補強を勉強させて戴いたほうが良いんですけど
可能でしょうか?他の団体(金物メーカの講習)でそういった内容のことを言われると思うのですが・・・
せめて、木造を新築なさっている1級建築士さんにでも顧問料払ってでも、アドバイスいただかないと
リフォームをやっているのなら協力業者に紹介していただいたら?

PCですが、WindowsMEですか・・・結構グラフィックのせいで、予想以上にメモリーを食うようですし
(システムリソースですから640KBの方)せめて、NX系のOS例えばWindows2000などが
安心して使えそうですけど、いまさら無理ですかねえ?

91 :名無し組:2005/10/08(土) 01:13:44 ID:???
>>90
なるほど。

最初は、診断だけはこのNPOでやってもらえるって
GDとかいう会社に言われたみたいよ〜。で、ハウスドック買って
何件から先はあなたたちでやってちょうだい・・・となって・・・
お客様に、耐震やるっていった以上専務後戻りできなくなって、
この耐震アンカーとか売る会社の代理店になったみたい。
勉強とか、いっしょにやってる一級建築士さんに相談とか無理だし、
やんないでしょう。
なら、PCの勉強してほしいくらい。
今日来た、そのGDの業者(はうすドッグ持ってきた)は、PC問題ME
でもメモリー食ってないから大丈夫ですよとかいってたけど。
いろいろPCやってるとかいってたけど、あやしぃ?のでは。
システムリソース食うのわかってないし。

なんかMEにこだわってるんですよ。OSの区別はついてないようですがw

私は建築に関してはほとんどずぶの素人です(キッパリw




92 :名無し組:2005/10/08(土) 01:31:34 ID:???
この講師の方は例の木●協のアドバイザーということだし、なるほどねえ・・・(ヤッパリ)

オペレータの方はCADでも建築に関して素人の方が行っているのだし別にそんなに
おかしなことではないと思うが、出力されたものに対してその専務だかと言う人が
しっかり間違いかどうか認識できなければならんとは思いますよね。

ただ、このスレに来た以上こと耐震に関しては、しっかり勉強してくださいねww
私が思うに
 1.壁の耐力(金物含む)に注意しましょう!
 2.GDアンカーは力の強く働く壁を中心になるべく最低限にしましょう!
 3.改修前の建物で、ゆがみが出ていないかを確認しましょう!
 4.後はソフトのマニュアルに従って入力し計算結果(必要金物が出力されますよね?)を
  あくまでも参考にしましょう!
といったところでしょうか?このスレをしょっちゅう見にくれば他の方からいろいろアドバイス
いただけるでしょう!(他力本願www)

93 :名無し組:2005/10/08(土) 01:36:49 ID:???
いや〜、このスレに来ちゃったけど、なんかもう地震ないなあ〜。
入力だけならなんとかなるのも、あの専務の前じゃあ、それすらも
はりきりたくないんだが・・・そもそもソフト動かないし。

2、の意味だけは今日わかった気がする。

ちなみにその会社とは、グラ○デー○。
地震タプーリに語っていかれました。
最近では、木●協の人も、うちの金具を使いたがってるんだとか
どーとかこーとか話してた。
相手をけなしててもつながりあんのね。。。




94 :名無し組:2005/10/08(土) 01:37:47 ID:???
自信ないな〜だ。

95 :90:2005/10/08(土) 01:39:29 ID:???
おお訂正
>NX系  →  NT系
我ながらNX系てなんのこっちゃ?(某N●Cのマシンでもあるまいし・・・orz)

96 :名無し組:2005/10/08(土) 01:48:24 ID:???
17さんいわく
>大事なのは経験と知識と人間性だ、と。
人間性・・・・・・・・?w

97 :名無し組:2005/10/09(日) 18:22:19 ID:???
>>82
私の周りでも旧基準での診断が主です。旧基準は補強過剰になる可能性が高いですが、
補強不足になることは少ないということが、周囲が新基準に積極的に移行しない理由かと考えますが。
新基準での診断が相当に面倒と考える人が多いというのもあるかと思われます。

98 :名無し組:2005/10/10(月) 15:45:38 ID:1JjB6znU
>>87
こ、怖いですね。

弱小アホ会社には頼むなってことですかねえ・・・

99 :名無し組:2005/10/10(月) 16:59:37 ID:???
>>97
私のまだまだ中途半端な認識によると、旧基準で偏心を出すところに問題があるんではないでしょうか?
剛床かどうかを無視、若しくは軽視する傾向が旧基準にはあるように思えます。
壁量を余裕を持って増やすと、開く壁が多くなってしまい、COST面で問題があるので、大抵は
必要最小限バランス良く配置するのが多いと思うのですが、そのバランスが問題で、50・51にも
書きましたが、剛床が成り立って初めてねじれ変形について考えることが出来るのですが、
そこら辺が旧基準と新基準で認識が新になっているように思えます。

>>98
この場合、紹介した金物の会社の方が無責任と捉えられるべきで、一応87さんの所の専務さんは
講習を受けていらっしゃるとのことなので、ソフトの入力云々はともかく、出力された物に対して
どこが弱くてどこを補強すべきかと言うことは認識・把握できるはずです。
(講習で補習を受けてまで居るようですし、どこをどう捉えればいいのかぐらいは・・・)
87さんは近くに居すぎるので、客観的に見ることが難しく、あまりにも危うく見えがちなのでしょう・・
後はこの会社の努力次第ですし、この様な経緯で耐震補強工事に入った業者さんも決して少なくなく
いろいろな工法・金物を学び、今では立派なプロとして工事に当たられている所も少なくないでしょう!

100 :むずかし:2005/10/11(火) 18:04:08 ID:yOBSlRYx
真壁の和室で外部壁をえつり(土壁)とした場合、納まる筋交い金物って、
あるんでしょうか?

101 :17です。:2005/10/11(火) 20:10:35 ID:???
こんばんは。17です。
動的診断が先日済みまして、報告書が戻ってきました。前回よりも数値的にはかなり改善されている
ようです(^-^)
診断結果に関しての業者からの説明がありませんでしたので、私が報告書を見た感想になってしまい
申し訳無いのですが…。
今後は、木耐協の方にも間に入って頂いて話し合いをして、全体のバランスが悪くならないように、
不良の箇所を修正する工事をすることになりそうです。

遅くなってすみませんが、ご報告でしたm(__)m

102 :名無し組:2005/10/11(火) 23:08:29 ID:???
>>100
なぜに筋違?

「えつり」って小舞が入っているのなら、新基準では土壁の塗り圧によって壁耐力
見られますよね?確か、5〜7cmで 2.2kN/m つまり旧基準で2倍相当

私なら無理だと判断するんですけど、他の方法有るんでしょうか?

103 :名無し組:2005/10/18(火) 13:27:21 ID:???
あげ

104 :名無し組:2005/10/18(火) 13:50:39 ID:???
↑メール欄にAgeとかないと・・・・ -_-;)

105 :名無し組:2005/10/20(木) 12:55:09 ID:???
一応あげとく

106 :名無し組:2005/10/20(木) 13:17:49 ID:???
今朝被災した建物(木造)の曳き家工事による基礎の補修をやっていた。
曳き家が可能な土地なら良いんだけど、密集地じゃあね・・・

107 :名無し組:2005/10/20(木) 13:19:05 ID:???
↑あ、ごめん。テレビ(N●K)で見たということ

108 :名無し組:2005/10/20(木) 20:45:53 ID:???
新潟?

109 :名無し組:2005/10/21(金) 11:14:15 ID:???
宮城だったと思う

110 :名無し組:2005/10/21(金) 12:23:46 ID:???
基礎のやり替えで、狭い土地なら木造部分だけ直上にジャッキアップして
作業空間を作るよ。基礎工事に機械が使えず、すべて人力作業なのが難点だけどね。

111 :名無し組:2005/10/21(金) 14:27:35 ID:???
はっきり言って、木造の基礎程度だと大きな地震の時もろに地盤の影響を受けるわけだし、
基礎の作り替えは、耐震補強の段階ではやりたくないよな?(金が掛かりすぎる)
何とか補強だけで済ましておきたいけど、それでもジャッキアップ必要な場合があるよ!

中越地震から1年たつけど、地盤の下がり方を見ると、上物が大丈夫で基礎が少々の損壊なら
その時に基礎を作り直した方がいいように思うな・・・

112 :名無し組:2005/10/22(土) 20:26:10 ID:???
HOUSE-DOCはメモリ食う。最低でもギガヘルツクロック+256MBは欲しい。
しかし、わけわからんNPOとか増えたなー。
「内閣府認証」なんて冠つけてさ。ただNPOは届出制なだけだろとw
確かに操作は簡単だけど、補強の判断は一級建築士、しかもある程度は
構造をかじってないと無理じゃないかw

113 :名無し組:2005/10/22(土) 20:45:24 ID:???
>>112
ダヨネーw

なのにうちのPCヴォケヴォケME
28歳の専務、MEにこだわる。システムリソース足りなくなるのにw

うち建築士いませ〜ん。


114 :名無し組:2005/10/23(日) 15:57:47 ID:Qih2cR8x
>>113
素直に専務に耐震工事をあきらめさせたほうがいいんじゃないの?
悪いんだけど、そういう業者にいいかげんな工事されると、トラブルになって、
他の真面目にやってる業者がすごく迷惑するんだよね。

115 :名無し組:2005/10/23(日) 20:05:47 ID:???
確かに耐震工事を始めていく場合には、普通の工事業者では限界があるように思う。
設計・監理と工事を業務的に分けて欲しい!
もちろん工事業者も最低限の知識は欲しいところだ!

>>113
やっぱり、講習を一応受けてきたので、工事専門としてやっていく方向で考えた方がいいよ!
設計側の思惑をデータとして貰って、実際に壁を開いてみると予想と違うなどしたときの指針程度に
HOUSE-DOCを使って、対応を検討するのに利用したら?(もちろん、最終的には設計と相談して)

116 :名無し組:2005/10/26(水) 18:34:58 ID:???
平面的な増築ってみんなどのように考えてる?

木造のありがちな増築、あまり密に躯体が結合してない場合。
けど、屋根・外壁は一体的。

別々の建物として計算。
一体的に計算。

117 :名無し組:2005/10/27(木) 08:02:57 ID:???
>>116
新基準の一般診断で4分割法を応用した、耐力要素の配置などによる低減係数を採用していますね。
旧基準での診断の場合、これを参考にすると、全体で診断したものとX方向Y方向で各々1/4の範囲で
一番耐力的に弱そうな所をピックアップしてその方向のみの診断を行い、全体診断とどれほどの差が
あるかで、再度吟味するという形になるでしょうか?

数多く診断しているならば、新基準に移行するのも手かと思います。

118 :116:2005/10/28(金) 08:12:35 ID:???
既存部のみ。増築部のみ。全部まとめて。の3パターンを、四分割法・偏心で出しますが、
肝心な建物が、一体的に動くのかが疑問です。

新旧梁どうしを羽子板で緊結している現場なんて見たこと無いし、
基礎も旧部分と差し筋でくっついてるかわからないし・・・・・・・・。

人によっては、基本的にピン構造だから、エキスパンの様に考えるんだよ。と言う人もいるし。

119 :117:2005/10/28(金) 12:44:05 ID:???
剛床仮定が成り立たないための4分割法だともとれますよね?

>>51
>・柔 ら か い 水平構面を持つ場合

>各鉛直構面が 安 全 であることを確認することが望ましい。
                          に近い考え方で良いと思うんですが?

ただ、増築部分の接合状況が、本体とどのようになっているかを考察することは
非常に大切だとは思います。増築部分のフレーム剛性が本体に比べて、かなり
高ければ本体と別と考える方が良いとは思いますが、そうでなければ取り敢えず、
4分割法で良いのではないかと。というのも、本体部分ですら、剛床が成り立つ
物が少ないのですから・・・
この様な疑問をお持ちになるのも、増築部分が本体に比べて強すぎるということに
起因するのでしょうから、分けて考えても結果同じですね。

120 :116:2005/10/28(金) 16:43:40 ID:???
なるほど、剛床仮定が成り立たないための4分割法ですか。納得。。
偏心率の算出がめんどくさいから、4分割法採用と、浅はかな考えでいました。

121 :116:2005/11/03(木) 20:24:55 ID:???
伝統工法の耐震改修。
筋交いで耐力壁UPってOKだと思う?

柔と剛 相容れないよね。

122 :名無し組:2005/11/04(金) 07:41:42 ID:???
そうだね。確か最新の木造被災度認定も伝統と最近の壁耐力方式で
やり方分けてるよね。
補強方法は壁コーナーに取付けるダンパーみたいなのが相性よさそ。

123 :名無し組:2005/11/04(金) 10:05:29 ID:Zr/h/ACD
>>114
私もそう思うのだが・・・単なるパートゆえ。ってパートじゃなくても
止められない。実際工事は来週から始まる予定です。そのお客様の要望で
始めた耐震工事でもあります。そのお客様がいなかったらまだこの世界には
着手してなかったかも。

>>115
専務は何故か自分のMeパソにこだわっていて、それ使うとHOUSE-DOC、
最後のプレビュー画面が見れないし、鳥瞰図ぐるぐるとか動かないのだ。
G・○の人はデフラグしたら大丈夫と言ってたが(w壊れると思うがw

ハウスドッグちょっと動かすとシステムリソースが、すぐに20パーセントくらいに。
もちょっと動かすと−5パーセント(?)になるんだが。

デスクトップとかバーの周りすっきりさせてもこうなんがから。

まぁ、実際に現場いって壁開けてどうなるのか、心配でもあります。


124 :名無し組:2005/11/04(金) 18:45:12 ID:???
>>121
新診断基準では精密診断Tの保有耐力計算に於いて伝統的工法住宅は
 4.2.3 保有する耐力 方法2
で書かれているものを参考にすると
 保有耐力=(無開口壁の耐力+垂れ壁付独立柱)×Fs×Fe
として求めているので、これをまともに捉えると補強方法は、単純に耐力壁の向上となりますねエ・・
剛性、偏心も考慮に入れているわけですが、個人的には疑問が残ります。
剛板等よりはもちろん筋違の方が良いだろうとは思うけど、実際の地震力を受けた時の動きを
考えると、なんか釈然としませんね。土塗り壁の新設などでお茶を濁したいところw

>>122
粘着性ダンパーを用いる場合などは限界耐力設計法で減衰性を特定して安全限界変形を出す
ということでしょうか?減衰性を表す数値の上限が30%ということを考えるとダンパー+αを
考慮しておく必要性がありそう・・・
しかし、新築でも伝統的工法で構造設計を行う場合は許容耐力設計ではなく、限界耐力設計で
やるべきでしょうから、やはり補強もダンパーなどの工法を取るべきでしょうかね?

125 :名無し組:2005/11/04(金) 19:09:06 ID:???
>>123
>ハウスドッグちょっと動かすとシステムリソースが、すぐに20パーセントくらいに。
ちょっと酷すぎるwww
PCそのものの常駐プログラムが多すぎるでしょ?普通にメモリーも少ないかな?
せめてHOUSE-DOCを使用するときにはいらない常駐プログラムは解除して起動しましょ!
もちろんMeなら市販PCでしょ?結構多いんじゃない?

126 :名無し組:2005/11/04(金) 19:48:22 ID:???
>>125
常駐プログラムなどは落としに落としてるw
壁紙なんかも無いし。
起動時はシステムリソース70パーセント確保できるようにがんばってるんだが。

メモリーは少ないが、まぁ、めちゃくちゃってほどじゃない。
いろいろ調べてみたが、もうこれはMeの宿命とか言われてた。
システムリソースがすぐにいっぱいになる件。
致命的欠陥なのか。
まぁ、メール見たりちょとネットとかくらいなら支障は無いですがね。

素直に、むこう側の机にあるXPにインストすればいいと思うのだがね。
G・○の人にも言われたようだが。聞く耳が無いのかも。

127 :名無し組:2005/11/04(金) 19:52:16 ID:???
まぁ、愚痴っぽくなりますが、やっぱりこんな会社が事実あるってことで・・・

128 :名無し組:2005/11/04(金) 20:01:22 ID:???
構造システムのプログラムはキープロテクトがUSBなんだから、XPの方にもインストールして比べて貰ったら?
因みに、Windows98も640kBの領域を使うわけだが、そこまでリソース不足になったとは聞いたことがないw
尤も、MEはメモリーの使用領域は同じなのに、無理矢理完全32ビットOSにしているからねえww

まあ、何はともあれ実状にあった診断・補強が出来るようにがんばって下さい。

129 :名無し組:2005/11/06(日) 21:08:41 ID:???
他スレ見てちょっと心配になったんですが…。

木耐●(団体名)について、ここにいらっしゃる方はどう思いますか??


130 :名無し組:2005/11/07(月) 08:07:43 ID:???
>>129
>>74後半他、上のレスを読み返してください。

131 :名無し組:2005/11/09(水) 16:02:13 ID:quZbyuJc
「千葉県N市のパートのおばさん」の投稿、楽しく読ませていただ
いております。(本当は深刻で困った問題なんですけどね.....)
つい最近まで私も、弱小リフォーム会社の下請けをしておりました。

耐震ドクターの件ですが、非力な PC の ME で動作させてたいのなら
v1109 (5月頃) 以前の Ver が良いと思いますよ。比較的に軽くので。
v1110 (5月頃) 以降からは、ソフト名が「With N」となり、N値計算
(別売りオプション)が追加、データ構造を含め大幅に変更されました。

ただし、N値計算をさせて、後付・外付ホールダウン金物を売るため
の販促ツールとして導入したのならば、v1109 以前では意味ないけど。
 その場合、 XP にインストするしかない。専務28歳に「このPC
が使いたくないんですか?」と言われたそうですが、「現実的に使え
ないのだから、しょうがないだろが!ボケ!」とツッコみましょう。

132 :名無し組:2005/11/09(水) 18:46:13 ID:???
制震構造と免震構造と比べれば
どちら良いの?

133 :名無し組:2005/11/09(水) 20:49:02 ID:???
>>132
スレ違い!
その話題は他スレでかなり荒れたw
理由としては対象物に因るし、そもそも認識が一般に浸透していないなど・・・

134 :名無し組:2005/11/10(木) 02:00:38 ID:qnuJWLR7
  >>122 >>124 ダンパー等に関連し、どなたか教えて下さい。
制震で思い出したんですが、ダンパーなどの特殊な補強技術も評価できる
高度な計算を用いた<精密診断法2>できるソフトってあるんでしようか?
  @ 保有耐力診断  <精密診断法1>
  A 保有水平耐力計算<精密診断法2> ←これとか
  B 限界耐力計算  <精密診断法2> ←特に、これとか
  C 時刻歴応答解析 <精密診断法2> ←これ
HOUSE-DOC では現在のところ、ABCはできないみたいです。よく調べて
いませんが、耐震診断Pro、安心精密診断2004、でも同様ではないかと思う。
>>86 さんの「精密診断まで行えるソフトは1つ」はこの事を言っている?

実は、制震工法のダンパーを使いたいのですが、<精密診断法2>を使わ
なければ、実質的な意味では耐力として評価されないそうなのです。
  ・「仕口ダンパー」 →■限界耐力計算法■で評価せよ、と言われた。
  ・「制震金具ガルコン」
  ・「GHハイブリッド制震工法」=オイルダンパー「減震くん」
これらは、動的に力を発揮するが、静的な荷重を評価することができず、
<精密診断法2>以外の場合、耐震壁を別に確保せねばならぬとのこと。
耐力上で補助的な意味でしか使えないのなら、お金をかけられません。

メーカーによっては、耐力計算を依頼できるケースもあるが、メチャンコ
日数がかかるし、コチョコチョとした変更もできないので困ります。
<限界耐力計算>なんて、新基準の本にも記述が少ないし、難しそうだし、
バカ頭の私には理解できそうにないけど........ダンパー、是非使いたい。

135 :名無し組:2005/11/10(木) 13:52:38 ID:???
>>134
>>50における許容耐力設計法の他に

木質構造限界限界状態設計指針(案)・同解説 日本建築学会 2003.10発行

に計算方法など詳しく説明があります。

尤も、ここからは完全に構造計算の分野になりますので、失礼ですがもし、意匠の方でしたら
構造設計事務所に外注出されることをお勧めいたします。というのも、ソフトで木造に特化した
ものは存在しません(現在までの所)。重量建築物では応答解析など高層の建物で培われた
考え方と言ってもいいからです。
例としてHOUSE-DOCが上がっていますので、構造システムではDAPやSNAPと言ったソフトを
利用することにより<精密診断2>に対応することが出来ます。ただし、製品版を購入しようと
すると、SNAP等は\3,412,500 もするので、もしご自分で計算してみようと思うのでしたらレンタル
というシステムがありますから、それをご利用なさる方が良いかと・・・
このソフトも元々RCやS及びSRCの建物を基準に考えられている節があり、工夫が必要そうです。

構造事務所でも手をやきそうですから、(金銭面でも)良くご相談した方が宜しいかと存じます。

136 :名無し組:2005/11/10(木) 19:49:06 ID:???
>>135 さん 
レスありがとうございます。
そうなんですか〜。内容が難しそう。 340万円もするソフトなんて、もう木造・耐震診断
の域を脱しており、RC造や鉄骨造の新築・構造計算のソフトですね。  当方、意匠屋
なので、扱うのも無理。「仕口ダンパー」の類は、現時点では保留ということにします。

メーカーに<限界耐力計算>について尋ねたら、「日本建築構造技術者協会(JSCA)会員
の構造事務所を紹介しても良いが、2000〜3000円/uの費用が必要」とのこと。
冗談じゃない!! その費用なら、耐震補強工事ができるじゃないか、という結果に。

それならばと、耐力面材や筋かいで耐震壁を100%確保してやるから、開口部まわりの柱頭
に設置し、偏心率を調整するだけの補助的な手段として使えないか、と考えた。
この場合、便宜的に壁量換算してやって、保有耐力の計算に乗せることとする。ところが
どこに聞いても、剛性 kN/rad/m の数値が皆目わからない。 簡便に、壁強さ 0.5kN 相当
に換算、ということが判明しているだけ。 その上、柱頭柱脚接合部の仕様の設定が困難。
柱頭と柱脚は通常、同一仕様の仕口や金物にする。「仕口ダンパー」の類を柱頭部に設置
しても、柱脚部がホゾ差し/金物なので、結局、柱頭柱脚接合部の仕様が定められない。

更に、それならと、弾性体ダンパーは諦めて、オイルダンパーを検討することにしました。
メーカー側がサービスで耐力計算してくれると言うので、数ヶ月前に依頼していたのです。
その物件の担当者に、結果を尋ねてみました。そしたら、 何の音沙汰もないとのことで、
ギャフン。再度、メーカーをプッシュしてみようと思いますが....これもどうなることやら。

137 :136 です:2005/11/11(金) 06:04:03 ID:???
>>136 訂正します
【冗談じゃない!! その費用なら、耐震補強工事ができるじゃないか】
  ↓↓<訂正>
よく考えたら、妥当な構造設計料かも知れません。 <2500円/u>と仮定、全国平均の延べ床
140u を掛けても<35万円>ほどです。 私が手掛けていたのは耐震リフォームだったので、純粋に
補強工事分として増加する費用は多くなかった。 それで、構造設計料が高いと感じてしまいました。

限界耐力計算による構造設計では<2500円/u>位はとらんと、ソフト料すら償却できませんね。
なお、上記は既にかなりの勉強をしてもらった上での料金。 図面作成料をゼロにして、既に現況図
が完備しているという事にしてもらった(出精値引き)後の構造設計料のようです。

┬─ 【ダンパーを柱頭部に設置|柱脚部がホゾ差し/金物|柱頭柱脚接合部の仕様が定められず】
|┏   ↓↓<訂正>
|   柱頭だけでなく、柱脚にもダンパーを設置すれば同一仕様になる。(壁量換算法の場合)
|┗    粘弾性体の制震ダンパーでは、上下に2つ設置で解決します。
├─  ←左図のように、柱が太い場合は、3つ目を中間の横架材にも設置すれことも可。
|   他の設置条件: 耐力壁(構造用合板や筋かい等)の柱には、設置することができない。
|          (仕口や柱脚部:金物で固めた剛節でないこと、の前提条件に反するため)
|┗       また、細い3.5寸角の柱の場合、同じ高さの位置で、同一面内に2個のダンパー
┴─       を取り付けるのも不可。(角度が180度なら不可で、90度なら2ヶ設置も可能)

138 :名無し組:2005/11/11(金) 06:50:39 ID:yllKo0+c

おい、全国の田舎馬鹿餓鬼が。奈良都民様(神様)が上陸した。

お前らの願いを叶えてやる。さあ、一つだけ勝たせて欲しい県を言え。

東京県か? 神奈川県か? 愛知県か? 京都県か? 大阪県か? 

おう、神奈川っぺちゃんの場合ね。 東京だけだよね、コンプ。
はいはい。ダッグマッチで我慢してね。それしか不可能だわな、普通。

奈良都    >    東京道
神奈川    >    京都道

高学歴  奈良  >  東京
     神奈川  >  京都

高収入  奈良  <  東京
     神奈川  >  京都

高文化  奈良  >  東京
     神奈川  <  京都

はいはい、神奈川県>東京道ね。   


139 :名無し組:2005/11/11(金) 11:13:20 ID:???
>>136,137
構造設計料のご理解、他人ごとながら有り難う御座います。(元同業)因みにレンタル料は
\30,000/週だったと思います。

木造で未だに精密診断2の限界耐力診断は実務で行ったことはないので、勉強させていただきます。
   「伝統工法を生かす
       木造耐震設計マニュアル」(2004.3学芸出版社刊)
この本を以前、建築専門書店で見かけて未だに熟読していないのでこの期に購入し、読んでみようと
思います。

仕口ダンパーを利用して「簡易法」「壁量換算法」「限界耐力計算」の評価方法があるのですね。
>壁強さ 0.5kN 相当 に換算
これは1個につき0.5kNと言うことだったんですね。最大3kN見ることが出来ると言うことですが、
剛性についてははっきりと出すわけに行かず、(QM試験結果の最大値から剪断力と曲げにより、
みこみで求めることも出来そうですが、本体の変形ではなくあくまでも力を吸収するダンパー
のみですから)一般診断で求めることしかできないようですね。
下手に剛床にするより水平ダンパーにより偏心を無視するというのは些か乱暴でしょうか?

140 :136 です:2005/11/11(金) 11:29:21 ID:???
>>139 さん 情報、Thnx です。
 ●「伝統構法を生かす木造耐震設計マニュアル」限界耐力計算による耐震設計・耐震補強設計法
上記の書籍に「仕口ダンパー」の限界耐力計算における評価法の説明があるみたい。明日、購入し
読んでみるつもり。 (構造事務所に依頼して料金的にペイできるほどの余裕は恐らくないと思う)
これまで仕様規定だった耐力計算が、性能規定に変わる??  何か、ウゥ〜ン、相当難しそう。

>>122 さんのおっしゃる通り「仕口ダンパー」は伝統的構法の社寺建築や古民家にピッタリ。
限界耐力計算で仕口ダンパーの評価が可能、伝統的構法を含め(細径柱)在来軸組の一般住宅も対象。
筋かいは百年の歴史しかないのに対し、伝統的構法は千年もの歴史があり、木材本来の特性を生か
した粘り重視の考え方を採っている点が魅力。 太径柱の家なんて、田舎にでも行かない限り存在
せず、伝統的構法など関係ないと思ったが、在来軸組と共通して扱えるのなら考えを改めなくては。

>>121 さんご指摘の件が心配ですけど、「筋かいを含む軸組」や「板壁を含む軸組・構造用合板壁」
の評価方法も書いてあるのだから、一応、柔と剛のチャンポンも許容されるものと解釈....。
 大前提として、「仕口や柱脚部: 金物で固めた剛節でないこと」の条件があって、新設する壁は
荒壁パネル(貫・桟 +土・漆喰)とするが、既存の耐力面材や筋かいも残して活かす方向で....。

限界耐力計算ソフトについては、DAP や SNAP という名前は聞いたような覚えがあり、どこかの構造
事務所で使用料を払って使わせてもらえるかも。仕口ダンパーを使い実際に耐震補強した住宅が東京
にもあるそうなので、構造計算した方を何とかして捜した上で、質問をさせて貰おうと思っています。

141 :136 です:2005/11/11(金) 13:33:27 ID:???
>>137 で書き忘れ/追加
粘弾性体の制震ダンパーの設置条件: HD金物の柱も、固めた剛節なので、設置不可。

■ネックになりそうな点/剛床でないと面倒?
限界耐力計算の場合、「小屋組・床構面: 剛体・剛床の仮定が成立」が前提条件で、
剛床でない時は、同一面の架構毎に剛性考慮する(何のことやら分からんが)らしい。

現在やっている耐震診断では、「剛床:床倍率=1.00以上」と仮定した時、新基準本で
(P32 表3.7 )<一般診断/床仕様T/合板>であるか否かの判断は、
(P79 表4.22)<精密診断/床倍率>を参考に決める、とされていますので、結局、
   <番号5/合板12mm・根太@500以下・半欠き>程度の面材張り床面=<剛床>
と解釈できる......と思う。

限界耐力計算でも似た定義なら、1981(昭和56)年6月より前の住宅の場合、<剛床>
でない物件も結構あるはず。和室が2階にあっても×。→その時は計算が面倒になる? 

142 :名無し組:2005/11/11(金) 16:31:41 ID:???
>>141
床構面の剛床仮定は木造だと結構難しい問題ですが、
>「剛床:床倍率=1.00以上」と仮定した時
毎回床を改修するのもね・・・

143 :名無し組:2005/11/12(土) 18:16:17 ID:???
書籍を購入してみました....が、むしろド素人の私にとっては、
 Web から入手できる pdf 資料の方が、要点がまとまっていて、イメージし易い。
 <木造建物の耐震設計法> ← 検索語でググる。講習会のPowerPoint資料みたい。  

↑ 限界耐力計算に使う<耐力要素の特性データ>について見ると、
・例示されている特性データの種類が少なく「仕口ダンパー」を含め、たった10種類。
 木造軸組に適用しようとすると、実務的に対象にできるのは、古民家くらいか?

現在の耐震診断(2004年の新基準)でさえ、明示してある耐力壁面材の種類が少なく、
値(kN/m)で悩むことが多い。(一般診断・壁強さ倍率 / 精密診断・基準耐力)
また、耐震補強用に販売している面材なのに、基準法の壁倍率のみしか表示しておらず、
耐震診断の壁強さ倍率(kN/m)の表示のあるものは極めて僅かで、補強設計に使えない。
限界耐力計算法では、さらに悩むことになりそう。
 ↓ ↓
限界耐力計算の<データ>について
・設計者(専門家)の判断により、部材の耐力、変形能等を想定するらしい。
 そのための情報を、文献・論文・実験データ等から収集する必要あり。
・法的に定められているのは、ごくごく基本的な数式のみ。
 技術的な下地は、ほとんど整っていない....と言ってよい。

144 :名無し組:2005/11/14(月) 21:41:37 ID:???
>>131
どーもです。

バージョン、チェックしてみました。v1109のほうですね。
金物売るんだったらこのVer意味無いんだw
しかし、そのNのほうじゃ、もうお手上げかも。

あれからは耐震そのものには特にはタッチはしてないのですが、
こないだ耐震工事を実際にするお宅の工事の様子を、
希望のお客様にお見せするというのをしましたよ・・・

今のところ、診断結果のほうは、GDアンカー売ってる会社の人が
チェックしてくれてる・・・

つっこんでもねえ、なんかねえ・・・若いのだからPC関係も
学んでほすいです・・・苦w

145 :名無し組:2005/11/14(月) 21:47:39 ID:???
壁つよしですか?



















何度か着けたけどありゃサg(r

146 :131 です:2005/11/15(火) 13:20:23 ID:???
>>144 さん
もしもN値計算をさせて販促ツールとして導入したのならば……意味ないということです。
v1109 であるなら、あくまでも耐震診断ソフトとしてであり、上記の意味での販促ツール
として導入させられた訳ではないのでしょう。 それに、診断結果をチェックしてくれる
なんて、かなり良心的だと……私は思います。

N値計算をしない場合は、告示1460号の仕様表を見てHD金物が必要が否かを判断すれば
良いだけです。 「ヘ・ト・チ・リ・ヌ」ならば、新築工事の時は、HD金物を使わなければ
なりません。耐震診断の時は、HD金物を使うと、柱頭柱脚接合部の仕様による低減係数
で有利に扱われることになります。 耐震診断の時は、したがって、義務ではありません。

ただ、告示1460号の表による判断は、慣れないと難しい……と言うか、超面倒です。
それに、ドンブリ勘定で、危険側に定めた規定なので、過剰設計になってしまいます。
で、3万円位で、N値計算をオプションを購入すれば、便利で楽になることは確かです。
VerUp なら OnLine にてワンクリックでOKですし、別売りオプションを購入すれば、
N値計算が可能になります。

147 :名無し組:2005/11/15(火) 15:39:27 ID:???
チョー安全側に定めたから過剰設計になるのでわないか

148 :名無し組:2005/11/15(火) 17:57:39 ID:???
関連スレより。

>HDを付ける時に、基礎の状態がとても悪くて、そのままじゃあ施工出来ないとき、
>そのHDを取り付ける部分だけに基礎補強をするそうです。それじゃあ、HDは付けられるだろうけど、
>付けるだけじゃない?効果ないんじゃない?地震が来たら補強した基礎部分ごと引っこ抜けちゃう

みなさんはどう思います?

149 :名無し組:2005/11/16(水) 15:46:02 ID:???
関連スレか?w はっきり言って関連じゃあないと思う。

一応コメントすると
>基礎の状態がとても悪くて
どの程度どうなのかが伝わってこない。基礎補強は実際、結構難しい問題がある。

元々木造の基礎は地盤の変動に対して脆いから、それほど当てに出きるものではないが、
そのHD金物の強度、例えば10kNとかの耐力を見込めるほどの自重、及び配筋による
剪断耐力が有るかどうかに関わってくる。
HD金物を付ける目的は、地震時の柱の引き抜き耐力の向上を見込んでいるわけだが、
現状の耐震診断で、伝統工法以外は通常壁耐力しか見ていないため、診断結果に反映
させるならば、柱の引き抜き耐力より、それに伴う壁耐力を考慮するべきだと思う。
基礎の補強状況に対して、例えばそのHD金物に止められた柱、柱に連なる壁、その壁の
耐力を低減させて見てやる必要はあると思う。
もし、ほとんど見込めないほどの状態ならば、それに連なる壁を圧縮筋違のみとして
計算させるべきではないかと思われる。

150 :名無し組:2005/11/16(水) 20:20:04 ID:???
基礎が粗悪で、もうグズグズでボロボロ崩れるな時でも、
HD(内付け)を取り付けることが出来るように、その周辺だけを凝固材で固めて設置する
という話は聞いた。それに近いんじゃないの?

そういう施工は耐震という観点では全く意味をなさないと思うけどね。
やっつけ仕事っつうか。

151 :名無し組:2005/11/17(木) 19:01:50 ID:???
>>143
もう手に入れられたとのこと・・・うらやましいw
私の近くの本屋には無くて個人的にはネット通販はしたくないし、神保町の南●堂なら
いくらか安く手に入れらるんだろうけどまだ行く機会もないし・・・
JSCAの木造建築用の新マニュアルが出ていたので、そちらは購入して調べております。
WEBの物と同じで日本構造技術者協会(いわゆる構造屋さんの協会)で監修した物です。

元々、限界耐力計算法は重量建築物で普及しつつある計算方法であることは、上で
述べて有るとおりですが、仕口ダンパーの復元力特性のデータなどはメーカーの
実験データを参照することで足りますし、建物の基礎面にある継続時間をもつ地震波を
作用させて各時刻ごとの建物の応答をもとめる為の地震波は、代表的な物があり、
問題となるのは、こと木造に関しての実験データですが、一応この本他、これだけの資料で
取り敢えず、間に合うと思われます。
なにせ、1質点系ないし2質点系で計算するので、高層な物と違い単なる計算としては専門に
行っている構造事務所ではそれほど大変ではないだろうけど、やはり問題は剛床だね・・・
普通の住宅は逆にその点は何とかなるかもしれないけど、伝統工法となるとフレーム毎の
計算が余儀なくされるから、そのフレームが負担する床面積による負担荷重など、結構
面倒くさい。手間はかかるけど、そんなに悲観するほどでもないと思いますよ?

152 :143 です:2005/11/17(木) 20:00:15 ID:???
151 さん、ご指導ありがとうございます。
 > そんなに悲観するほどでもないと思いますよ?
いいえ(剛床の問題以外で)大変に悲観してます。 よく解からないけど、これ
超ド級の魔法的アイテムと言えるほどの、構造設計手法みたいです。 性能規定
なので、適用する計算式や性能データ等の細かいは、設計者が決める? ド素人
が計算しても、役所のチェックを通りかねない? 心配です。

限界耐力計算の特徴
・(従来の設計法とは比較にならぬ程に)スマートで高級な、新しい計算法。
・元来が時刻歴応答解析(精算法)の簡略化法。これを熟知した専門家が扱うべき。
・誰もが扱える訳でなく、在来軸組の一般住宅に適用の場合、構造のプロでも挫折多し。
・仕様規定の縛りがなく、性能規定なので自由度が増すが、誤りを犯し易く責任も重大。
 設計自体が基準をクリアしているか、性能評価(適合性審査)や性能表示は難しい。
・地盤によっては、地震の応答値を著しく小さくできるので、コスト削減が図れる。
 地震力が半分になるケースさえある(逆に言えば、地震時に倒壊する危険性も?)

限界耐力計算ソフト
・表計算(エクセル)ソフトが作成されており、購入も可能らしい。詳細は不明。
 本来は、設計者が表計算シートを自作すべき。無知・無能な人が扱うと危険。
・民間確認検査機関で、エクセルシート(無償)を提供しているところもある。
・地盤増幅係数Gsの計算については、国交省・研究所のフリーソフトが存在。
 <限界耐力計算(地盤増幅)簡易計算プログラム>

限界耐力計算による木造軸組工法の設計
・職業能力開発促進センターが、各地で講習会を開催している。

153 :名無し組:2005/11/17(木) 22:29:44 ID:???
>・表計算(エクセル)ソフトが作成されており、購入も可能らしい。詳細は不明。
> 本来は、設計者が表計算シートを自作すべき。無知・無能な人が扱うと危険。
ほ、本当ですか?

基本的にその地盤の常時微動の測定記録を求め、それとボーリングデータに基づきGsを
出すのが普通でしょうが、その簡易計算プログラムはそんなに見方によって、
いじれる物なのですか?
また、保有耐力を出すだけでも材料強度、接点の状態を考慮して通常の一貫計算用
プログラム(重量建築物用・電算特許)を用いて出し、1質点系にしてこれも弾塑性解析
プログラム(以下同じ)で解き、その値をエクセルに持っていって報告書にまとめると
言った手順ではないのですか?

こちらのマニュアルを見る限り、そんな熟知していない方が使えるようにしているとは
些か信じられませんが、もしそうだとするとエクセルの中のデータの根拠の真偽の判定が
どのように行われるのでしょうね?

154 :143 です:2005/11/18(金) 13:49:43 ID:???
152 の内容は、限界耐力計算法の一般的な問題点や注意点を書いたつもり。
おもに、鉄骨造・超高層建築やRC造・大規模マンションの構造計算について
当てはまる事柄なのかも知れません。「よく解からないけど……」と書いた
とおり、詳しくは知らないのです。 脅かせてしまったのなら、ご免なさい。

>>135 さんの「完全に構造計算の分野になりますので……構造設計事務所に外注
出されることをお勧めいたします……」とのことでしたので、
>>151 さんの、木造住宅では「そんなに悲観するほどでもないと思いますよ…」
とのご意見に対し、それほど簡単なものと考えてはいけない、のではないかと!

伝統的構法の場合で、耐震診断の対象となるのは、一般診断で柱径140mm 以上、
精密診断で柱径120mm 以上に限定されています。 しかし、限界耐力計算なら
在来軸組構法も伝統的構法も共通して扱え、粘弾性体の制震ダンパーも使える
点が魅力です。 なので、私自身としては、チャレンジする予定ではあります。

構造計算が、仕様規定でなく性能規定になるのですから、構造設計それ自体の
性能も問われる可能性があります。施行令82条6 及び関連告示だけを守りさえ
すれば、それで全てOKなのでしょうか? 設計の適合性審査はどうするか?
(JSCA の場合、レビュー費用をとり、設計審査をしているのでしょうか?)
構造設計のプロの方、教えてください。

155 :名無し組:2005/11/18(金) 14:42:39 ID:???
>>154
数年前は超高層など一々評定を取っていたので、一々説明に行って理解を得ていたから
そんな問題は少なかったんだよねw仮定条件をいじるなんて論外!

限界耐力設計法が確立されてからは、どうなっているんでしょう?
弾塑性解析プログラム他、評定を取っている物が多くなり審査の仕方事態が変わっていますし
数年前に構造事務所を辞めたもので・・・

156 :143 です:2005/11/18(金) 14:45:54 ID:???
「表計算シートがあり、購入も可能らしい。詳細は不明」の件
・ 詳細は不明なのです。「購入した」との話もあります。 講習会
 にでれば、入手方法が分かるかも。(もしかしたら、貰える?)

表計算シートを自作すべき……の真意は、以下の事を言いたいみたい。

・計算過程の検証。入力出力結果だけでなくソフト自体の検証を要す。
 ↓ ↓
・変異角等の設計基準は、妥当性の判断を含め、設計者が設定すので、
 限界耐力計算を良く理解していないと、設計ミスを犯す恐れがある。
 ↓ ↓
・シートを自作するには、限界耐力計算法を熟知している必要がある。
 シートを自作できる位なら、限界耐力計算法を理解しているだろう。
 ↓ ↓
・故に、表計算シートを自作することが望ましい。

157 :名無し組:2005/11/18(金) 15:13:49 ID:???
>>152-153
エクセル持ってるよ。事務祖協会の講習会でもらったw
エクセルは↓で出してるやつね。
ttp://www.himeken.ac.jp/machicen/tool.htm

各耐震要素を一々入力するのが面倒だけど、計算内容は何てことない。
限界耐力計算法自体がそうだけど、
A:実験を基に各耐震要素の性能設定
B:適切なモデル化により建物に掛かる力を仮定
ΣA>B ならOK、みたいなもんだから。乱暴に言えば計算内容自体は今時の許容一貫より楽。

エクセルは各壁の「仕様+高さ+長さ」入れると勝手に耐力出してくる。
もらったは良いけど、あまりの簡単さに怖くて使ってないw
一応ソフト持って地元の民間確認機関にお伺いにいったら、木造の限界は受付けてないんだと

158 :名無し組:2005/11/18(金) 18:40:28 ID:???
大量に耐震診断・施工をしている中小企業は、ここのスレの住人さんみたいに
一件づつ丁寧に考証・診断して施工…なんて絶対してないよね。
「耐震工事ってカンタンで難しくないですから」って言ってるくらいだからなぁ。
なにしろ、マニュアルに書かれていない構造上の不都合な部分は診断・施工の際、考慮しなくてよいそうなので。

159 :名無し組:2005/11/18(金) 19:08:00 ID:???
プロが考える
外力1/2

160 :153:2005/11/18(金) 19:54:31 ID:???
>>156
先輩に伺いました。
EXCELLのシートをご自分で作ったそうです。今度見せて頂くお約束をしました。
「伝統構法を生かす木造耐震設計マニュアル」に基づくとのこと。

立体解析を行う必要性があるのかと思いましたら、>>157さんが書いて下さっているように
有るモデルの実験データ(JSCAのマニュアルにもあります)に基づき、形状に合わせた
耐力によるとのこと・・・おっしゃる通りかなり簡略化されています。

ただし、粘着ダンパーの復元力特性を生かした補強設計まではやはり、現段階では無理そうです。
まだ当方必然性の伴う診断物件に会っていないこともあり、今後の展開を期待いたします。
今回は大変勉強になりました。>>152,157

161 :有料DVDは困る:2005/11/30(水) 23:23:06 ID:???
11月21日に、耐震補強した実物の木造住宅で、比較実験が行われたとのこと。
 <耐震補強、やはり必要 震度7にも耐えた>……の検索語でググる。

兵庫県三木市の世界最大!の震動台「実大三次元震動破壊実験施設(E−ディフェンス)」
において、阪神大震災で観測されたデータに基づき、震度7を再現。
明石市で31年前に建てられ、実際に人が住んでた、同じ構造と間取りの、二階建て住宅
2棟を震動台上に移築。 耐震補強の有無について比較実験したそうです。

120万円かけて、木製の筋かい・合板・金物などで耐震補強した家屋は倒壊を免れた。
耐震補強をしなかった家屋は、10秒後に1階が2階に押しつぶされる形で倒壊した。

こうした実験は、金を惜しまずドンドンやって欲しい。1995年11月28日に原子力発電技術機構
の香川県多度津町にある多度津工学試験場で行われた、史上初の<木造住宅実大振動実験>
の映像は、少しだけ見ました。 今回の映像も、早く公開してもらいたい。できれば無料で。

162 :有料DVDは困る:2005/11/30(水) 23:53:46 ID:???
本スレの主題には関係ないことなのですが、
上記の原子力発電技術機構の多度津工学試験所は、受託試験もゼロになってしまい、
今年3月末に閉鎖されたようです。この施設、1982年の建設当時、世界最大!だった筈。
280億円もかけて建設したのに「もったいない」です。お金の無駄使いだと思います。

163 :木造の耐震設計にも資格が必要では?:2005/12/01(木) 08:27:43 ID:???
国交省は、構造計算書が偽造された事件を受けて、その防止策として
運転免許のように建築士免許を更新制にする検討をしているみたいです。

構造計算を構造事務所に丸投げするだけの、構造設計の知識が実質ゼロ
の意匠設計だけの建築士は、建築士免許を更新できなくなるかも!
特に一級建築士の場合、構造設計についても一定レベル以上の知識が
要求されるみたい。私の場合、マジでヤバイです(もう勉強すんのイヤ)
構造力学の曲げモーメント・剪断力の応力図で、複雑な形状のラーメン
になると、<+>と<―>を懸命に考えても正解に辿り着かんかったのです!

ですが今の制度だと、法規が大改正されても無関心で全く勉強しない人、
ボケた人、死んだ人までもが、免許登録されたまま。良くないのは確か。 
更新毎に研修や適性検査し、能力や知識をチェックするのは良いことです。

また国交省は、確認申請などの検査体制を抜本的に見直す方針を固め、
民間確認検査機関の仕事は、別の機関で二重チェックさせ、抜き取り
調査なども導入する考えみたい。主事さんや審査課の人達、大変そう!

で、この機会に是非、耐震補強設計する人の能力についても試験し、資格を
定めて欲しいものです。たとえば、建築士である必要はないが、基礎知識に
関し10択式の試験問題を出し、最低50点以上とらないと合格させないとか。
  現在、資格が必要なのは、地震保険割引「既存住宅耐震性能評価」業務、
耐震改修工事費の減税・住宅ローン減税の「耐震基準適合証明書」発行業務
等に限られるが、これらは今より簡素化すべき。逆に資格が重要なのは本丸。 

また「耐震診断」と称するものは、それを実施した事実につき届出制にして、
数百件に一件くらいは内容を簡単に検査・評価するとか、くらいして欲しい。

164 :続きです:2005/12/01(木) 08:32:58 ID:???
上記の財源は受益者負担で賄えば良い。体制が整備され、悪徳業者が排除され
安心して診断・補強工事を依頼できるならば、かえって全体の費用は安くなる
と私は考えます。 大地震に遭遇する確率の問題は有るにせよ、何よりも
命や財産が失われるリスクを回避できるのなら、その対価は安いものです。

 現行のまま、行政が積極策を打たず、耐震改修化促進の殆どを民間サイドに
押し付けるのは困ったことです。補助金・助成金を出す制度もあるようですが、
30年前の住宅で、確認申請が保存されていて、増築(無届)もしていない家屋
なんか極めて希です。しかも、微々たる予算なので、まるで意地悪されるかの
ように、1年も待たされるなんて、この制度は無きに等しい。 耐震改修費の
減税、中古住宅ローン減税もあるけど、これも微々たる租税措置に過ぎません。

理由は定かではないが、行政側は何故かキチントした資格制の導入をしない!
だから、無政府状態のままで、安心して診断や補強工事を依頼できないので、
耐震改修が一向に進まない、のが実情だと思う。 こう考えるのは私だけ?

165 :更に続き:2005/12/01(木) 08:37:09 ID:???
届出制や資格制にしないで何故、野放しにしておくのか不思議でなりません。で、
理由をできる限り想像してみました。 何か他に、本質的な訳があるのかしら?

    順不同。思いつくまま、10ヶ列挙。
1.既存不適格や(無届増築による結果の)違法建築物に対し、新基準を遡及適用
 させるか等について、法的な整合性の問題でもあるのか?
2.診断・補強工事、その業者、その設計者などに対し、届出制や資格制を導入す
 ることは、自由化の流れに反するとでも考えているから?
3.もし面倒な制度にしていまうと、悪徳業者だけでなく良心的な業者までもが、
 この分野にウマミを感じなくなり、改修が進展しなくなると考えているから?
4.極めて希なレベル2大地震動=震度7での倒壊防止は、無筋の老朽化した基礎
 では所詮は困難、それを望むなら品確法の耐震等級を指定し建て替えれば良い?
5.診断プログラム評価・ソフト認定が必要になったりすると、また構造計算書の
 偽造のような事件が起きかねず、行政としては係わりたくない?
6.単に、政治家や官僚が怠慢なだけで、そのことに我々国民が無批判だから?
7.黙認しているが耐震リフォームの多くは、実は確認申請が必要なのに申請をだ
 さない違反建築だから? 10u未満の増築でも準防火地域内だとか、階段を
 改修し「主要構造部の過半の修繕=大規模な修繕・模様替」だとかの理由で。
8.TV番組のリフォームのように、既に無届で増築され、容積や建蔽が超過して
 確認申請が通らぬ住宅が多く、申請なしで違反でも良いから耐震改修させたい?
9.規制すると工事量が減り、せっかく上向きになった景気の回復が遅れるから?
10.アスベスト問題とか、いろいろ問題山積で忙しく後回しに? 機会をみて民間
 の工事実績ができ、耐震診断・補強工事が定着した時点で一気に制度化を狙う?

166 :名無し組:2005/12/01(木) 15:40:06 ID:???
ただ単に面倒くさいから民間に押し付けてるだけだと思いますよ。
登録制にしても政府の審査がザルなのは変わらないでしょうから、劇的に
悪徳業者が減少することは無いでしょう。それでも現状よりはましになるかも
しれませんが。

それより私は、現存する耐震補強を主眼に置く団体のほとんどが、実質あっせん業
となっており(実質コンビニのフランチャイズ制となんら変わらない)、
金銭の移動が伴うため、全くと言っていいほど自浄作用が期待できないということです。
施工技術うんぬんよりキックバック率の高い業者がプッシュされる傾向が大きいようですし。
そのあたりは消費者が利口になるしかないかもしれません。

167 :名無し組:2005/12/01(木) 19:19:13 ID:90y2gJ4x
それより私は、現存する耐震補強を主眼に置く団体のほとんどが、実質あっせん業
となっており(実質コンビニのフランチャイズ制となんら変わらない)、

ここらへんはハゲドウです。

168 :名無し組:2005/12/01(木) 19:31:26 ID:???
以前に、複数の団体を調べた結果から、

@・加盟時に100万〜150万のサンプルキットみたいのを買わされる。

A <販売価格>−<仕入値>=<粗利>
      100 − 30〜50 = 70〜50 %
 ・上の構図で粗利が期待できる。粗利率は金物で異なる。

B <仕入値>−<インセンティブ>=<仕切値>
 ・という発展形も期待できる、と理解してたんですが、
_________________________
C <KB/Rを多く支払う>=<仕事を貰える>
 ・という裏側も有ったんですか? 全然知らなかった!
  調査や補強設計の能力で担当会員が決定されると思っていた。
  それでは、まるで販売店か旅行代理店みたい。ショックです。

インセンティブ(販売報奨金)と言うとスマートだけど、
嫌われる表現を使えば、実質的に下記と同じ意味。
  KB(キックバック)
  R(リベート)

169 :名無し組:2005/12/01(木) 20:14:12 ID:???
>>163-165
実際に自治体(事務所協会など)で、診断〜補強までを資格化するところも出てきております。
(勿論今回の件とは関係なく)

なぜ、ここまで木造の耐震補強に関していろいろな団体が出てきて、収拾がつかない
状態になっているのかですが、はっきり言ってプロとして(事務所運営)まともに診断しても
食べていけるほどの収入には結びつかないと言う現状があるからだと思います。
内容的には、構造設計事務所が本来診断・監理するのが妥当でしょうが、木造の
実状は意匠屋さんの方が結構詳しく、また、請負金額的にも一般の方から受け取れる
範囲を考えると、とても割に合う物ではないでしょう。各地の事務所協会でも木造の
耐震診断を受け付けているのは、殆ど意匠事務所さんが対応しているのが現状で、
また、補強を必要とされる物件の割に、補強までいかずにサービス仕事となる部分が
多いのも原因の一つだと思います。補強工事に関しても、まともな工務店さんが
お客の納得する金額で工事にありつけることは殆ど無いようです。基礎からの補修が
必要なことも多く、その割に新築時の見積を参考に値段を決められるなど・・・
そこに商売としての道を画策したのが、今の実状ではないでしょうか?
(はっきり言って、今話題のコンサルと何ら変わらない発想で)

スミマセン、ここは学問板ですが、少し現状を分かって貰いたくて書きました。

170 :木造の耐震設計にも資格が必要では?:2005/12/02(金) 05:14:34 ID:???
169 さんへ レス感謝します
なぜ、「食べていけるほどの収入には結びつかない」 か? その原因が、資格制度を定めて
いないことにあると思うのです。 「収入にならないから、収拾がつかない状態になった」
のではなくて、その逆で、「野放しにしているから、収入にならなくなった」 と考えています。
 「野放し」なので、あたかも新精密診断法に基づく(と誤解を与える)かのような表現を使い、
その診断を無料とか3万円とかでやると言う業者が出てくる。 だから、いい加減な調査で
済ませることにして、診断精度を限りなく落とし、ダンピング合戦に参戦することになる。

民間資格の「耐震診断士」なる誤解を招く称号が自粛されるに至ったように、「旧精密診断」
レベルであるにもかかわらず、新診断法の「精密診断」であるかのような誤解を与える表現
は禁止されるべきでしよう。 現時点で「精密診断」と書くなら当然、新診断法のことを差し、
旧診断法では不可。 さらに「精密診断」である以上は、破壊検査が原則とされてことの意味
を理解させ、非破壊検査でも良いけどキチントした調査を義務付けます。「精密診断」および、
「一般精密診断」でも補強計画に係わるものは、建築士が行わなければならない、等とすべき。

これらを制度化することで、手抜き調査による不十分な耐震診断を防止できる、と思います。
家電量販店が開店セールでパソコンを10円で売れば、公正取引委員会はら排除勧告を受けます。
皇居の宮殿建設で奉仕的な価格で入札した業者は、建設省によって除外されたはずです。
「精密診断」が無料や3万円という不当な価格設定は、採算が取れない不当競争や手抜き調査
をもたらす恐れ大。 調査は、ボランティアではない訳で、工事契約した別の人に費用負担さ
せているに過ぎず、これでは堪りません。CMコストを購入者が負担する程度なら許せますが。

「お客の納得する金額で工事にありつけることは殆ど無い」のは事実ですが、本来あるべき姿
に近づけるのが制度化の目的。 お金がでないから、仕事がなくなると困るから、構造計算書
を捏造したり、配筋を抜いたりする、そうした行為を防止するのが資格制だと思います。

171 :続き:2005/12/02(金) 05:18:04 ID:???
助成・補助事業を促進するために、建築士事務所協会の協力を得て、独自の規準を設け、
行政資格の「耐震診断士」等の資格認定をしている地方自治体があることは、承知しています。
 ですが、それは自治体の補助(助成)事業に限られた話です。 問題にしたいのは、大多数
を占める、民間の耐震診断業務における、国家が定める資格制度のことです。

各自治体での、助成・補助の金額もバラバラで、事業規模も非常に小さく微々たるものです。
財政的に余裕があると思われる世田谷区でさえ、耐震改修促進事業の3年分の予算で、300
件分が確保されるのみだった、と記憶しています。

耐震診断の有資格者としては、<事務所協会の支部で、その自治体にある支部>に加盟する
建築士に限定してるケースが多い。 一方、建築士であれば、何処に住んでいても、誰でも
かまわないとする自治体もある。 その支部の人に「なぜ自分の支部の建築士に限定しない
のか」と尋ねたら、「診断業務は報酬が少なく、ボランティア活動だから」とのこと。 
財政的に余裕がある区・市で 10万円、それ以外の区]市では 3〜5万円程度。 依頼主に差額
を負担させる自治体もある様で、そうしたケースは良いのだが、差額を要求できない自治体
もある。 差額を要求できず、謂わば有料のボランティア活動。イヤイヤしているのが実情。

また一般に、助成・補助を受けた診断報告書は、事務所協会の支部の構造部会の人によって
チェックされた後、自治体に提出されるシステムになっている。 その審査の業務は、全く
の無報酬の完璧なボランティア活動なのだそうです。 複数の支部から聞いたので確かです。
 結局は、自治体の資格認定によって、事務所協会の方々は、ボランティア活動を半ば強い
られている。 ですので、私としては申し訳けないけど、とりわけ財政的に余裕のない区・市
の仕事については、事務所協会の方々にオマカセしたい、と考えています。

ところで、ここ「学問系」だったんですかぁ。気が付かなかった! 学問と無関係な私の投稿
に対し、169 さんがレスしたら当然、学問的になる訳ないので……こちらこそ、スミマセン。

172 :構造や:2005/12/02(金) 14:18:03 ID:???
仮に一件15〜20万円の診断料を取れたとしても私は
木造住宅の耐震診断はやらないね。
だいたい結果NGがでるわけだが、それに対して
十分な対策とれないから。技術的にも金銭的にも。
基礎も貧弱で剛床も成立しないような木造家屋に
局部的な補強ブレースやパネルくっつけても、その
効果がわからんからな。
気休めで診断・補強はいいけど、プロが出した処方箋で
「地震がきたらやっぱりだめでした」ではそれこそ無責任。
有資格者のやる仕事じゃない。


173 :名無し組:2005/12/04(日) 17:45:25 ID:???
≪ただのものもある 市の金を使う必要もない そちらでやってもらえばいい≫

上記でググって、キャッシュから見てください。 耐震改修工事等補助事業。
耐震診断で、3.5〜5万円(平成8年の実勢価格の 1/2)の補助金を出しただけで、
なんか、えらいことに!――建築指導課の人、責められちゃってます。ダメダ、コリャ!
もう、ガッカリした、腹立たしいというか、情けなくて意欲も完全に消失。

1964(昭和39)年の M7.5 の大地震で、死者26名、家屋全半壊6800戸、昭和大橋の橋桁落下、
長周期波による石油タンクの破壊炎上、液状化で県営アパートが傾斜、など大惨事をだした
市なのに、40年も経つと人間って忘れちゃうのかなあ。

診断する人が誰なのか、の区別が全然されていな点に問題があるようです。
 ・民間の団体や NPO法人等、市民による自由な社会活動。(ひもつき営利行為も含む)
 ・自治体の公的な補助(助成)金のための、中立的第三者による有資格者の耐震診断

174 :名無し組:2005/12/04(日) 21:46:45 ID:???
パートのおばさんです。耐震工事1件終わりました。
このお客さんに言われて、うちの専務が始めたことです。
最初は市の基準に合わず補助金(耐震診断)の補助は出ないと
なっていましたが、S市に交渉のしましたら、これだけのことを
してるならということで補助が出ました。
ちなみにお隣のF市は、市の業者で組合に入ってるところ、建築士
のいるところにしか補助金を出さないという方針は固いです。

>>168
@・加盟時に100万〜150万のサンプルキットみたいのを買わされる。
うちはG・●という業者・・・
(診断最初は面倒見てくれるといったけど、5件までとかいってたが。コワイナw)
そうそう。レゴブロック赤いバケツ一式てな感じで必要の無いものも
入ってたりする。で、キットで足りないものは別途買い足し。
加入金高いよね・・・うちみたいな小さいとこにはw

あ、>>167のレスも私です。

>>173
役所にはおうおうにしてそういうところがあります。

役所の建築にいたわけではないですが、他の所でも建築確認申請は
あるのです。直接関わったわけではないのですが。
これがね、議員が入ると入らないでは(特に市政の保守系議員の)、
確認申請の下り方が全然違うとかそういうことはあります。


175 :名無し組:2005/12/05(月) 08:13:58 ID:???
国交省は中古住宅の不動産取引に際しては、顧客に対し「耐震診断」と「アスベスト検査」を受けて
いるかどうかの情報開示を義務付ける方針を固めた。宅建法の重要事項説明に加える模様。
住宅の耐震化率を 75% → 90% に高めることを目指している。
 でも,
耐震化率 75% は全国平均。 密集する老朽住宅を都心に抱え、耐震化率が 60%と低い東京では特に
仕事が増えそうだが、民間の不動産業と、民間の耐震診断の団体との間で勝手にやってもらえば良い。
いい加減な診断で「精密診断」と称しても、民民なら何の規制も罰則も受けないのでしょうから!
 気をつけたいのは,
不動産業者は、付加価値を高めようと、建築士のお隅付きを欲しがるだろう。その需要を受けて民間の
耐震診断の団体も、建築士を大量に欲しがるものと予想される。皆さん、その手に迂闊に乗らないでね!

176 :名無し組:2005/12/09(金) 14:04:37 ID:1fyqSOsb
>>128
建築業界、特に小さなリフォームとかの会社ほどPCの知識ってなさそう
ですね・・・

しかもNLを作ってるPCがしょぼい。

最近、事務所の模様替えにこってるが、観葉植物やアロマポットに
散財するなら、PC買え。デルとか中古でもいいよ。MEはよしてくれ。

298 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/09(金) 11:32:44 ID:???
>>296
NLごときで、パソやOSの性能問われるか?
なんでもいいでしょ。
だからあなたは、ダメ社員。
自分の不出来を隠すために、すぐ人のせいや
もののせいにする。

チラシ反響型リフォーム会社あつまれ パートU
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/build/1094972279/l50

177 :名無し組:2005/12/09(金) 14:33:44 ID:???
298 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/09(金) 11:32:44 ID:???

デルとか中古…意味不明。

中途半端なご意見無用。

逝ってください。



178 :名無し組:2005/12/09(金) 16:11:40 ID:803dkMy3
二二二二二二l      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   引っ越し!引っ越し!!
 | |  ♪ _________ ♪   |      ∧_∧    さっさと引っ越〜し!!しばくぞッッ!!!!
 | |    |◎□◎|.   |     <`Д´ >つ─◎
 | | /´ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ.|   /´ ̄し' ̄し' \ ///.
 ̄ ̄|       | | ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |       | |      |  _)  ◎彡.| |   ハ゛ン
    |       | |     |  ´`Y´   .| |  ハ゛ン
    t______t,,ノ     t_______t,ノ

179 :名無し組:2005/12/12(月) 17:00:27 ID:xxgZUDrh
建築確認検査を厳密化するには、
検査料金の支払いを公的機関が預かる方式に変更し、
不合格のときはそのまま全額検査会社が受け取り、
合格のときは料金の大部分を返還するように法律で義務付ければいい。
検査料返還割合を9割以上にすれば効果的。、
厳密化が進まない場合は最終手段として99%以上もありえる。

小さな政府で不正を少なくするには、
アメリカのように企業の不正を裁判で訴えて高額の報酬を得る方式か、
不正を発見できなかったときは利益が少なくて、
発見できたときには高額の利益がでる方式にするしかない。

小さな政府には民間会社が不正摘発で大儲けできる法律が必要。

180 :名無し組:2005/12/12(月) 22:05:20 ID:JTJ77MEf
それ理想だけど、
日本では永遠に無理でしょうね。政治家は献金してくれる側の表情しか伺っていませんから。
国民益とか国益は二の次で、自分さえよけりゃ他はどうでもいいと思っている人たちの集まりですからね。
今回の偽造問題も結局は責任はアネハ一人に全てあるのような、責任問題が明確にならないうやむやな片付け方をされそうです。
国側としては、アネハが自殺でもしてくれれば万々歳でしょうね。


181 :名無し組:2005/12/21(水) 09:23:14 ID:7FJQYnWs
建築士が常駐してる会社じゃないと耐震工事が出来ないようになればいいのに。

182 :名無し組:2005/12/21(水) 10:18:31 ID:???
>>181
必ずしも建築士が全て分かるような物でもないけどねw
構造設計事務所は木造なんて怖くてやりたくないし・・・

診断・補強設計・監理は建築士が入った方が良いけど、工事そのものはいらないでしょw
施工監理技士の資格が必要かな・・・でも、木造にはやっぱりいらないか?

これからはマンションなどの民間の重量建築物の耐震補強工事が増えるかな?
ただ、民間の人が依頼する仕組みが難しいね。今回のように意匠建築設計事務所に
持ち込まれても、診断・補強設計は構造設計事務所が請け負うから・・・
ただし、設備や改修後の意匠的プランなど意匠事務所の役割も大きいか?

183 :構造や:2005/12/21(水) 12:43:22 ID:???
>>182
そう構造まじめに解ってる人ほど木造の耐震はできない。
不確定の部分が多すぎるからね。
定量的な判断のいる補強設計は実質できない。

改修設計ができるほど実力のある意匠事務所ってそうそうないよね。

184 :名無し組:2005/12/29(木) 18:43:49 ID:???
あげ

185 :名無し組:2005/12/31(土) 16:34:32 ID:???
>>184
上げるつもりならメール欄にage

186 :名無し組:2005/12/31(土) 16:50:39 ID:???
んだ。

187 :名無し組:2006/01/07(土) 13:23:20 ID:Kd4ACeBO
そうだね

188 :名無し組:2006/01/12(木) 22:02:33 ID:vmiN28OV
みなさん、
ここでアドバイスしてあげてくださいな
ttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/build/1102830553/l50

189 :名無し組:2006/01/13(金) 21:39:27 ID:???
NPOに加盟してるから安全でス!をやたらめたら売りにされてもなあ・・・



190 :名無し組:2006/01/14(土) 08:20:54 ID:???
会社の専務が、揺れやすさマップについて知らなかった点。

最初、役所に電話して
「〜市の地盤の危ないとこってなんかあるじゃないですか。
耐震をやってるもので、土建からそういう場所があると
聞いたのですが」
電話をたらいまわしになった上、そういうものは無いですが
と言われていたみたいだ。

その後、ネットで揺れやすさマップというのがあると見せてあげました。
(耐震ソフトいれてあるパソコンだとエラーが出て見れないので、
他のPCで見せたけど。エラーはソフトインストしなせばどうにかなる
だろうけどやってないw)
「おー、こんなのがあるんだ」みたいに一生懸命見て感心して
ましたが・・・・・・

191 :名無し組:2006/01/14(土) 22:48:43 ID:qGKBdZ+I
>>190
前のパートの人ですよね?
その専務最低です。そういう知識のない人に耐震工事は手がけないでほしい。
同業他社も施主もすっげー迷惑。
知識のない人間がやる耐震工事は、姉歯・木村最強タッグとやってること変わらないよ。

192 :名無し組:2006/01/14(土) 23:03:38 ID:qGKBdZ+I
というか、なんで知識増やそうとか思わないかね、必要なのに。
耐震工事がどういう意味のあるものかなんて、
全然頭になくて、義務感も責任感もなくて、
商売の1手段としか考えてないんだろうね、その人。

193 :名無し組:2006/01/14(土) 23:13:55 ID:qGKBdZ+I
連投スマソ。
その専務、耐震に向いてないよ。

194 :名無し組:2006/01/14(土) 23:20:12 ID:???
>>191
あー、そうです。

揺れやすさマップ知らなかった点については、かなりビックリしたので
ここに書いてしまいました。

揺れやすさマップが出たって事は、メールが耐震部材の業者から
来てたのですが、全く抜けちゃてたのでしょうか、頭から。

市役所に電話した時は(190にあるように)、市役所に
「(地震で危ない場所が把握できてないってことは)危なくないですか?
そういうのを住んでる人に教えなくていいのですか?」
みたいなニュアンスのことを言ってました。
近々、耐震の勉強会を開きたいそうです。NPOの人と、部材業者の
人でも呼ぶらしいですが。市の施設でやりたいとか。

耐震のDMも出すみたいで、「(最初は補助金を出さないといっていた)
市役所も認めた!」(補助金を出した)とかそんなノリで作ることになると
思います。

195 :名無し組:2006/01/14(土) 23:58:03 ID:qGKBdZ+I
>>194
あ〜。そこそこ真剣なのかね。揺れやすさマップを知ってても、その存在を全くスルーして工事なさっている
“悪徳さん”もいるらしいけどね…。
もちろんあなたのせいじゃないけど、
もっと知識を蓄えてからにして欲しいねぇ、耐震のDMとか出すの。こんなご時世だから
被害者続出しそう…。
あなたの方が数段頭切れそうだし、コトの重大さも分かってそうだから、
あなたが仕切れば?
専務とか見ててストレスたまるでしょ?(笑)

196 :名無し組:2006/01/15(日) 21:13:51 ID:vvrjN2+e
http://ikemendaiki.blog44.fc2.com/blog-entry-9.html

耐震強度問題で変わった意見で面白いよ

197 :RYO:2006/01/15(日) 22:27:35 ID:rXtfx71h
NEC製のCAE2DってCADの図面をJWW-CADに変換する方法を教えてください。
よろしくおねがいします。

198 :名無し組:2006/01/16(月) 20:01:47 ID:K3ayF31y
NHKのクローズアップ現代見たけどペテン師の宣伝番組だったな。
木造住宅を取上げるなら、筋交や接続金物の使用より短ホゾと通しホゾの
違いを取上げろよ!!


199 :名無し組:2006/01/16(月) 22:26:43 ID:01/wnVwk
>>196
見たけど…。大バカブログだね。ヒューザーの物件買うのに、建築士だったか専門家
だったかに見てもらってから買った人も居たっての知らないんだな。ニュースや新聞を
見ていなさそうだな。
>>198
以前にも木●協を特集番組等で「プッシュ」してたくらいだからね、NHKは。あれは某省庁がらみだったのか?
今回はどこを「宣伝」してたの?

200 :名無し組:2006/01/18(水) 09:39:09 ID:+9Cq/T18
>>195
仕切るといってもパートさんなので(w
確かに、イライラするかもです。
どうやら、リフォームイベントみたいなノリで耐震のセミナーみたいなの
やるように動いてますね。部材業者からそのFAXも来てますし。
NHKクローズアップ現代でも取り上げられたことと盛り込んでやりたいとか
いってますね、部材業者が、どんなとこを盛り込むかわかりませんが。
これって>>198>>199のことじゃないかな??(クローズアップ現代)

http://www.jyuutakuseinou.net/

ここのインフォメーションからいけます。
(うちの部材業者のHPがここのNPO日本住宅性能調査協会にリンク)

・・・阪神淡路大震災から満11年が経つ昨日、NHKの報道番組「クローズアップ現代」
で木造住宅の耐震化をテーマに特集が組まれました。
昭和56年の建築基準法改正以降の建物も倒壊の危険性が潜んでいることを具体的に
解説していました。
番組の中の耐震診断のビデオ収録には当協会も協力させていただきました。
当協会に診断依頼のあったお客様にも快くご協力頂き、無事収録を終えました。
協会員の皆様の日頃の耐震化促進活動にも大いに役立つ番組であったと思います。
・・・

だそうです。実際見てないからよくわかりませんが。

201 :名無し組:2006/01/19(木) 18:40:41 ID:OEXUI+Xz
>>200
あなたのこれまでのカキコを見てきたけど…
そのNPOもダメダメ決定だな…

202 :名無し組:2006/01/19(木) 18:50:10 ID:z7E3GDUx
            ,、             ,、
         l \          / l
         |   \   __ /  |
         |    `´     `'    |
        /  ''''''       '''''':::::::ヽ、
       /    (●),   、(●)、.   ',
       |       ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::.   |    お兄さん達、このスレは初めて?
       ',       `-=ニ=- ' .:::::::   |
       ヽ      `ニニ´  .::::    /
         \__          /
     ,. ' ´ ̄           < ̄
    /   r-r‐、           ヽ
   /    (ヽ \ `y(\   ` ヽ、 ,`ー―- 、
   |     f\\\ヽ ヽ:::::::..... \      ヽ、
   |       \ 'ー(  }(ー;;)、:::.  ヽ     ::::`....-、
   |       |\  ' ノ::::`´:::::::   ',      ::::::r'
   |       | / ´   |:::::::::::     |     ` :::::!
   |    ,. -―‐'     |       人       Y
   |  /         i      /  ヽ、    /
   | /          ,'__,. '"      `ト-'"
   ',           /            |
    ヽ         /             ,'
    \      /             /
      >――'´          fト、   {
    /                `''    i


203 :名無し組:2006/01/19(木) 19:23:01 ID:???
キモイw

204 :名無し組:2006/01/21(土) 22:37:21 ID:hKyeryEX
いいえ

205 :名無し組:2006/01/27(金) 22:15:11 ID:???
改定基準での工事って浸透しているのでしょうか?

206 :名無し組:2006/01/28(土) 00:01:35 ID:???
>>205
個人的には(事務所協会を通さないで)やりました。
一応ここ半年で浸透し始めたような・・・
組合などでも講習会が今年度4回だとか

207 :名無し組:2006/01/28(土) 18:23:37 ID:???
改定基準の工事って、何ですか?

当方耐震診断忙しすぎです。

208 :名無し組:2006/02/04(土) 07:43:39 ID:03GNTd/K
NPO日本住宅性能調査協会と名のはいったチラシが
うちのポストにポスティングされてたよ。

行政も認めた耐震工事が・・・とか書いてあった。

なんか、講演会みたいなのやるみたいだ。

209 :名無し組:2006/02/04(土) 14:30:51 ID:wnRknV5a
あやしぃ…


210 :名無し組:2006/02/04(土) 20:23:49 ID:QJ1wX4dr
>>208
このスレの上の方にあるけど、そこの会社DQNだから
絶対頼まない方がいいよ、工事は。ど素人が何も分からないでやってる
のありありだから。
NPO日本住宅性能調査協会も名前こそメジャーじゃないけど、
やってることはメジャーな某と同じだってことだなw


211 :名無し組:2006/02/05(日) 10:32:15 ID:nFplViVb
会社名ははいってないで、NPO法人の名称だけ
かいてあるような耐震説明会のチラシってどうなの?

とりあえず連絡先電話番号はのってるけど。

気味悪いからどっかに通報したほうがいいの?

212 :名無し組:2006/02/05(日) 18:43:06 ID:PjcYUNPc
>>211
1から嫁。ヒント:パートのおばさん

213 :名無し組:2006/02/07(火) 02:54:08 ID:38vdKs5G
>>211
所在地書いて無いの?描いてなかったら怪しすぎ。

214 :名無し組:2006/02/08(水) 18:50:42 ID:???
行政からするとチラシに行政が認めた!
とかそんな煽りがはいってるとすごく迷惑なんだよね・・・

215 :名無し組:2006/02/09(木) 01:37:37 ID:CGvi+poK
どこ市とか区とか具体名入ってなくて、行政とかあいまいなこと書いてある
段階でOUT!!
「癌に効く!」というガセ効能を謳ってた鮫軟骨食品の広告と同じような仕組みだね。

216 :名無し組:2006/02/12(日) 23:28:46 ID:rkxxBo72


217 :名無し組:2006/02/13(月) 06:13:48 ID:???
233 名前:(仮称)名無し邸新築工事[sage] 投稿日:2006/02/12(日) 12:49:57 ID:???
  耐震計算偽造:耐震壁の厚さ、設計図に満たず−−川口のマンション /埼玉
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060212-00000053-mailo-l11

  ◇強度実態調査が終了
    耐震データが偽造された川口市原町のマンション「グランドステージ川口」(11階建て、21
    世帯)の耐震強度実態調査が11日、終了した。調査した佐藤啓智・県建築士事務所協会川
    口支部長は、33カ所で実施したコンクリート強度調査について、「各階ベランダの耐震壁
    の厚さが設計図の18センチに満たない15センチだった」と明らかにした。同日開かれた住
    民総会で結果が報告され、住民からは「今後補強案が提示されることになっているが、そ
    の先が見えない」など不安の声が出たという。【森国郎】

   2月12日朝刊(毎日新聞) - 2月12日12時2分更新

こんな馬鹿な調査はしないようにと言う例か?なんだこのベランダの耐震壁って・・・


218 :名無し組:2006/02/13(月) 22:37:56 ID:???
救われないね…

219 :名無し組:2006/02/14(火) 22:57:33 ID:???
あげ

220 :名無し組:2006/02/17(金) 23:07:32 ID:???
一般家屋の耐震工事って増えているんでしょうか。
診断までは多いみたいですが。

221 :名無し組:2006/02/21(火) 09:09:38 ID:icB0goyu
http://2ch.nekoruri.jp/fileboard/files/img20060221090304.jpg

この建物って大丈夫なの?

222 :名無し組:2006/02/21(火) 09:34:42 ID:???
>>221
塔状建物に該当するわけだけど、それなりに普通は構造設計されているし、通常問題なし。
それよりこの場合、容積率の方が疑問な訳だが?

223 :名無し組:2006/02/27(月) 23:21:28 ID:ZKlzZZ5G
挙げ

224 :名無し組:2006/03/01(水) 20:41:18 ID:???
>>220
耐震工事の定義は難しいね。
56年以前の住宅を現在の基準と同じにするには、
軸組露出しなければならないので、かなり工事費用がかかる。

225 :イッテヨクナイ邸・耐震工事:2006/03/10(金) 21:39:36 ID:???
・本スレで話題になっていたTV放映を、見逃してしまい、気になっていました。
 たまたま知人が録画しており、遅ればせながら見せてもらいました。
    クローズアップ現代 1月16日(月)放送
    大丈夫ですか?あなたの家〜木造住宅・進まぬ耐震化〜

・タイトルの「進まぬ耐震化」については、後半の4割位の時間をさいているだけ
 で、前半の6割位は、建築基準法と耐震診断の新旧基準の違いについて。
・(新/旧の)耐震診断の二重基準が混乱を招いている。古い診断基準が使われた
 ら、危険性が把握されないことも考えられる‥‥という(控えめな)説明。
・診断の新基準への切替えについて、国には責任ある対応が求められる‥‥と。
     ↑ ↑ ↑
・何を今更! 2004年末から判り切ったこと‥‥と思うのですが、これで無知な業者
 や、承知の上で安易な旧診断でごまかしてきた業者も、対応を迫られる事でしょう。
・旧診断基準の危険性の具体的説明は、筋かい金物についてのみで、私も不満でした。
 『もっと恐ろしい違いが沢山あるでしょお〜! 筋かいの耐力が新基準の 2/3 しか
 ない! 雑壁を調査してない! 偏心率・床仕様・柱接合部による低減が一切なし!』
・新/旧の基準本が一緒に写されていた。旧基準の茶本は、パンフレットの如くに薄く
 版サイズも小さくて、確かに貧弱そのもの。

226 :イッテヨクナイ邸・耐震工事:2006/03/10(金) 21:44:17 ID:???
↑ 出演者について
・田原建築設計事務所(木構造建築研究所)の、田原 賢さんが出ておりました。
 奈良県から大阪まで出張して耐震診断なさったのかな?お顔を初めて拝見し
 ました。かなりのベビーヘイスでありました。  (^^;
 N値計算法の『L』の原理を考えた方ですね。 \(^0^)/

・大手の組合やNPOの顧問を一手に引き受けている教授も出てました。 (>_<)
・番組の冒頭、NPOで診断をしていた建築士は、G□の社長さんでしょうか??

227 :名無し組:2006/03/11(土) 15:03:10 ID:???
>>225-226
悪いが木造の場合、何処まで行っても完全な補強は難しい。
剛床についても”この程度でどうだろう?”的な倍率であることは否めない。

現行の建築基準法の定める構造耐力が、実際に地震力を想定して荷重状態からの
具体的な壁量を算出すると、明らかに足りないことは周知の事実。
それを新耐震(昭和58年以降の規準)の建物は、阪神大震災でそれなりの成果が
得られていると謳っていた建防協。その証拠につい最近までは耐震基準の見直しを
行わずに阪神大震災から丸9年経過していた。

これらを顧みるに、旧診断基準は構造設計で言うところの最低基準の目安であって、
きちんと診断する建物の現状を理解しながら補強を考えないと、とてもきちんとした
補強とは言えないが、それをこの基準さえ守れば良しとする業者が多い。
新基準でなければならないと言うのもどうかと思うが、きちんと構造を見るという目で
捉えられるならば、最低限の規準として旧基準を用いて診断するのは、それほど
間違ったことではないと、個人的に?思う。

228 :イッテヨクナイ邸・耐震工事:2006/03/13(月) 15:40:59 ID:???
田原 賢 さん:『ベビーヘイス』->『ベビーフェイス』でした。 すみません。

新基準でも『基礎・床剛性・耐力壁以外の要素』の扱いについて逃げざるを得なかった点など、大いに不備ではある。 かといって、新旧ともに不備だらけ・いい加減で五十歩百歩なのだから、どちらでも良いとか、どちらも駄目だとかは極論のような気がする。

新旧の精密診断を比較すると(一般的に旧診断では 0.1 位は評点が過大に評価される傾向だが)、極端な例では 0.7 を超える評点の差が出る場合さえある。偏心率についても、新旧の診断ではかなりの差が出てしまい、大いに問題があると思う。
 柱接合部仕様による低減 -> 基準剛性、しいては偏心率も変化 -> 偏心率による低減係数も変化
 『例』:偏心率(Re)=0.3 の時、低減係数(Fep)=0.66 になってしまう。

229 :イッテヨクナイ邸・耐震工事:2006/03/13(月) 16:44:29 ID:???
最低基準の目安は、旧診断基準ではなく、新基準と考えたい。
例えばHD金物を設置しても、新基準では必ずしも有利な方向に働くとは限らない。

既存住宅にHD金物を設置するには基礎の問題があるため、新しい精密診断でも、耐力壁の破壊モードを
「壁破壊先行型」に限定してはいない。苦肉の策として?「浮上り破壊先行型」も加味して、柱接合部仕様
による低減をしているのだと思う。(この点も、いい加減といえば、いい加減なのだが)

旧基準では、基礎増し打ち補強をして、HD金物を設置したとても、耐力には何の変化もない。それは良いと
しても、新基準で剛性から偏心率を計算する場合に、バランスが変化して不利な方向に働く可能性さえある。

230 :名無し組:2006/03/13(月) 20:07:38 ID:???
NHKのクローズアップ現代でなんで村上先生が
専門家として解説しているの?
風の専門家なのに

231 :名無し組:2006/03/16(木) 08:09:29 ID:???
> 230
いつの放映日の番組でしょうか? 耐震偽装の番組?
建築地震防災のみでなく、都市防災でも、風工学でも何の専門家
であろうもと、どんどん出演し発言してもらいたい。

構造は「単体規定」扱いとなっているが、「集団規定」または
「その他の規定」扱いとすべき要素もあるのでは?と思います。

その建物の住人が、被災しただけで済む話ではありません。
住宅が倒壊し火災を出すと、近隣に延焼して大変な迷惑。
更に、道路を塞ぐことで、車や人の避難を妨げるのも困ります。

232 :名無し組:2006/03/17(金) 01:07:54 ID:f/D3XVNT
密に隣接している建造物の場合、そのうちの一軒が倒壊したせいで、隣までまきぞえで
損壊って可能性もありますしね。

233 :名無し組:2006/03/29(水) 20:25:57 ID:TOCcW1FS
 

234 :名無し組:2006/03/30(木) 09:42:29 ID:???
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

実は君に一生セクロスもオナニーもできなくなる呪いをかけたんだ。

http://food6.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1092938514/l50
↑のスレに「おちんちんランドからきますた」と書き込めば呪いは消える。
健闘を祈るよ(´・ω・`)

じゃあ、注文を聞こうか


235 :名無し組:2006/04/02(日) 18:28:27 ID:4xYl/uCy


236 :名無し組:2006/04/02(日) 22:21:06 ID:???
偽装はよくないな

237 :名無し組:2006/04/03(月) 06:23:26 ID:???
ここで言う耐震工事とは耐震補強工事!

新築時に構造計算書を偽造するのを耐震偽造としているが、正確には耐震偽造ではない。
必ずしも耐震設計しているわけではないからねw

それに構造計算書を偽造すると言うことは、酷い場合、地震どころか自重(長期荷重)ですら
危ない可能性もある。構造設計では長期荷重、短期荷重に対する検討・設計が行われるが、
地震荷重についてはその一部!




          ・・・最近は年度末で忙しすぎて見にもこれなかったが、ちょっと酷すぎるなw

238 :名無し組:2006/04/08(土) 15:31:16 ID:???
>>231
「集団規定」と「単体規定」の意味わかってないw

239 :名無し組:2006/04/13(木) 03:56:30 ID:???
“第一種・木造住宅・耐震補強・地域”の制限規定を定める、
に賛成票を一票!

240 :名無し組:2006/04/13(木) 09:57:39 ID:6GOTX/ZC
天井裏1500o以上で、水平方向の振れ止めのみ施工されている場合
斜め方向の振れ止めは、X・Y方向共にどれくらいのピッチで振れ止
めを施せばよいのでしょうか?
大規模天井700u・プール・天井裏H=1500〜2200
吊りボルト上部剛接合、下部ピン接合・PB9.5+岩綿吸音板t=15です。

241 :名無し組:2006/04/13(木) 11:16:40 ID:???
>>240
構造種別は?プールで700u、天井裏の懐1.5mって鉄骨山型ラーメン?

242 :名無し組:2006/04/13(木) 13:34:52 ID:6GOTX/ZC
柱、梁、壁、床が、RCです。屋根が、鉄骨です。
そうです。山型ラーメンです。

243 :名無し組:2006/04/14(金) 10:41:48 ID:???
>>242
詳しくはないですけど、確か他でやった物件での記憶ですが、屋根構造(鉄骨部)は
ローラー支障かなんかで独立で見てありませんか?
そうなると屋根・天井を独立で見ることが出来るわけだから、最近出来た告示などに
よると思うので天井のメーカーに訊いてみては?

244 :名無し組:2006/04/18(火) 00:48:15 ID:???
詳しい方が多いようなのでここで質問してもよいでしょうか。
5階建てRCの新築マンションですが、外壁がシングル配筋とのことです。
ルート1の設計をしているため耐久性に問題は無い、
と聞きましたが実際そうなのでしょうか?
いろいろ調べると、どこでもシングル配筋は避けたほうがよい、と書かれており不安です。
よろしくお願いします。

245 :名無し組:2006/04/18(火) 10:12:35 ID:???
>>244
ルート1ということは、壁量でクリアというタイプですね?
5階建てということで高さ20m未満・・・うーんどうかな
個人的には壁厚と偏心の確認くらいはした方が良いと思うしけど・・・

こういう場合って、外断熱などの断熱材型枠工法とか、埋め込み電気配線などの関係で
被り厚が採りにくかったり、径の太いバイブレーターが突っ込めないなどで何らかの理由が
あると思うんだけど、あまり積極的にシングル配筋にはしませんね。

単純に耐久性という意味ではシングル配筋なら被りも充分でしょうから問題ないでしょうが、
そもそも本当にシングル配筋で構造耐力があるのかどうかだな。

ところでシングル配筋って何で、何処を確認したんですか?

246 :名無し組:2006/04/26(水) 16:40:30 ID:???
 >>240
スポーツ等施設の、大規模空間の天井の落下防止対策・崩落対策については
国土交通省の資料、051028.pdf に指導内容が書かれています。国住指には、
振止めピッチの具体的な記載は無く「適切な…」とあるだけ。 下記でググる。

 検索<社会資本整備審議会建築分科会 建築物等事故・災害対策部会(第三回)>

 p31-33 資料4-1
 p34-40 資料4-2 ●図4(振れ止めによる補強方法)
 p44-49 別添3 国住指第2402号 平成15年10月15日
      p46 ↑●イメージ図
      p47 国住指第 357号 平成13年6月1日
      p49 ↑●図(吊ボルトを水平及び斜めのつなぎ材で連結)
 p50-52 別添4 国住指第1337号 平成17年8月19日
 p53   別添5 国住指第1427号 平成17年8月26日
p102-127 参考資料2 事故調査報告―大空間を有するスポーツ施設の天井落下―
      p125 天井の単位質量/p126 固有周期の算定/p127 天井の減衰定数
                        ↑↓
(財)日本建築センター「体育館等の天井の耐震設計ガイドライン」平成17年5月を参照

私は意匠屋なのでよく分かりませんが、重量等から固有周期を算定するか、適宜
判断するしかないと思います。 参考にならないかも知れませんが、報告まで。

247 :名無し組:2006/04/26(水) 17:42:25 ID:???
↑<体育館等の天井の耐震設計ガイドライン>でググってみると

・H14年版(古い版)の抜粋の資料:(社)全国建設室内工事業協会 のWebからDL可能。

・三洋工業梶′y鉄下地メーカー; では、ブレース補強を
縦4.5m×横4.5m(20.25u)ごとに2組(1セット)設置。ブレース相互の間隔は5m程度以内。

248 :名無し組:2006/04/27(木) 19:35:36 ID:???
東京近辺の方  >>134>>143 の、限界耐力計算に関心ある方
基礎理論から詳細に解説してくれるセミナーがあるようです。定員10名
 創業サポートセンター(田町の建築会館7F)にて、日程:9/20〜9/21
 ↑(独)雇用・能力開発機構/職業能力開発総合大学校/が運営

Google検索:<能力開発セミナー検索選択 [高度ポリテクセンター]>
 ↓
▲右メニュー:最上段
2006年度能力開発セミナー(空席状況・最新情報)検索 ●Click!
 ↓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (技術分野)木造 ●Click!
 ↓       ̄ ̄
  最下行の【 31510-1/木造住宅の耐震診断(精密診断編)】→【空数】状況
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄↓
                              【コースの詳細】
▲右メニュー:最下段
2006年度創業サポートセンターで実施するセミナー ●Click!

249 :名無し組:2006/05/24(水) 18:36:19 ID:LBo/UVB9
たかだかブレス2つで 
  
    「100万」って・・・耐震工事コワス

250 :名無し組:2006/06/02(金) 01:12:38 ID:P/Ipk9BV
一般家屋レベルで民間で行われている耐震工事は、
そう遠くない将来、第二の“リフォーム詐欺”として
大問題になるのは確実だと思われ。

251 :名無し組:2006/06/02(金) 01:34:07 ID:Qt95Czjo
構造計算数値差し替え 埼玉・千葉のマンション工事中断
2006年06月01日19時53分
 埼玉、千葉県内で建設中の分譲マンションで、構造計算書の内容に不備が
あるとして、建築主の「アパ」グループ(金沢市)が工事を中断しているこ
とが分かった。

http://www.asahi.com/national/update/0601/TKY200606010273.html

また出た


252 :名無し組:2006/06/09(金) 00:38:35 ID:u5EXsJot
もっと出てくるでしょうね。

253 :名無し組:2006/06/11(日) 19:30:06 ID:???
いつぞやのおばさんです・・・

耐震工事・・・・・・('A`)

254 :名無し組:2006/06/13(火) 01:52:12 ID:???
>>253
あ、なつかしい。
やっぱ内容がアレだったのですか?


255 :名無し組:2006/06/13(火) 11:54:20 ID:???
ども、おばさんです。。。

工事技術もなんだし・・・

ぼったくりすぎだし・・・

ここじゃとうてい書けない珍事もあったし・・・
もし知りたい人がいたら、コッソリ教えますってなくらい・・・

256 :名無し組:2006/06/13(火) 21:11:01 ID:???
 >>249
3.5〜4万円のステンレス製ブレースを2ヶ設置するだけで100万円も?
<22万円/ヶ所>でも高いと思うのに、そんなに取っていいの?

室内壁や天井を壊すのなら、養生・解体・復旧の費用が掛かるけど
この場合、外壁を壊さず、基礎と梁に固定するだけでしょ !!
ぼろい商売だなぁ。オイラも加盟して、ボロ儲けしたくなってきた。

257 :名無し組:2006/06/13(火) 21:30:40 ID:???
↑ 失礼! 鋼製ブレースはタスキ掛けになるから、原価は
<上記×2倍>になるのかもね。 粗利、減っちゃうなぁ!

258 :名無し組:2006/06/14(水) 01:56:45 ID:???
>>255
勤め先は相変わらずなんだね。ご苦労様。
そういえば、このスレには以前、耐震工事で手抜きされたって相談してた
人がいたよね。
ま、おばさんの所もそういう感じなのかな(笑)



259 :名無し組:2006/06/14(水) 10:12:53 ID:???
覚えてくださっていてありがとうございます。

手抜きとういか下手もいいとこで、こないだ入った現場管理の人も担当の
職人ともめてました・・・
専務はそれでも工事やめさせないし。

で、NP●法人から除●させられて・・・
それは工事が下手とかじゃなくて、うちの会社の広告があまりに無知な
煽りだってことで・・・

これ以上は書けません・・・

260 :名無し組:2006/06/14(水) 17:43:55 ID:???
パートのおばさんには悪いけど …… 大手フランチャイザーが多少なり
とも自浄作用(?)を働かせて、加盟店を除○する場合もあるという事?
まあ、あんまり気を落とさないでください。

いい加減な業者って多いです。民間の工事は何でもありの世界だから!
 資格制でなく罰則もないので、耐震偽装事件のように刑事罰に問われ
 ることはないが、民事で訴えられたら困るような仕事をしている業者。

ついでに言うと、改修工法・補強金具メーカーの一部にも無知で無責任
な会社・団体があるように思います。地震が起きてから、やっぱり問題
のある工法だったとか、勝手な自社試験による耐力試験データ・その扱
い方がやっぱり間違えだったとか、判明した時にはどうするんでしょう?
うるさい事を言うと参入メーカーがなくなるんで、言いっこなしの世界?

261 :名無し組:2006/06/14(水) 18:24:39 ID:???
いや、いい加減な気持ちで出来ることではないんだよ。
知識・技術だけでは補強工事までいく事が少なかったり、金額的に縛りのきつい業務だよw
事務所協会といえども、お役所が協力してくれないとやってられないんだから・・・
やりたくないけど無理矢理その担当になって、やっている業者も少なくないんだ。

新築の場合にはこれからだから一般的なマニュアルで、好きなようにやれるけど、改修の
場合は、もう出来上がっている訳の分からない(のもある)建物に対して、一般的な仕様なんて
意味がないんだよね、実際。最初は壁だけのつもりが、床いじらなくてはしょうがなくなって、
それでも予算が決まっているからぎりぎり妥協して、さらにそれでも改修後の評点が気になるし
床めくるんなら基礎も・・・(評点上げるためには)・・・なんてさ

半分以上ボランティアと、興味からの研究意欲がなければやってられないなw

262 :名無し組:2006/06/14(水) 20:58:13 ID:???
でも、そのNPO法人から外されても、工事は出来るってことで
全然 専●が落ち込んでないのが・・・怖いところですね・・・
だから加盟店を外されているということにはなってないようなんですよ・・・
ただ、宣伝とかにNPO丸々認証〜とか入れられないんでしょうけどね。

いまいち仕組みがわかりにくいんですがね・・・


正直全然落ち込んでないですね。
影で心しれたお客様には、耐震工事は・・・モニョ・・・って言いますよ。
ばれたら辞めさせられることになってしまうかもしんないですけどね。

263 :名無し組:2006/06/14(水) 20:59:10 ID:???
おばさんは、頭が悪くてうまく説明できなくて申し訳ございません・・・

264 :260:2006/06/14(水) 22:33:58 ID:???
なんだ、耐震診断の組織から外されただけで、金物なんかの供給は今まで通り?
もともと、組織に属さなくたって良いわけだから、それでは全然 ....!? 

 >>261
スミマセン、書き方がマズかったかな。 パートおばさんのような業者のことで...。
増し打ち補強で鉄筋化することなしで、老朽化した、ひび割れだらけの、I 字型
で埋込み深さが 12cm程しかない無筋コンクリート布基礎に対し、金物を沢山
付けて、基礎をイジメルような補強工事をしておいて、暴利を貪る業者のことです。

建築や事務所協会絡みではなく、民間の仕事ですが、私も似たような立場です。
報酬面だけでなく、肉体的にも、さらには精神的にもキツイこと、承知しています。

265 :260:2006/06/14(水) 22:45:57 ID:???
↑「建築や事務所協会」は「建築士会や事務所協会」の誤り。

266 :名無し組:2006/06/14(水) 23:06:25 ID:Ht6Hi0kI
教えてください。
18歳より21歳までバイトで大工(3年)
21歳より25歳まで社員で特定建設業登録建設会社にて管工事(4年)
25歳より29歳現在まで派遣で大手にてプラント建築施工管理(4年)
上記で実務経験として7年認められるでしょうか?
一般的法律的な回答をよろしくお願いします。



267 :258:2006/06/16(金) 02:34:59 ID:aQ3yhoXY
>>262
おばさん、正義感強くて善人だよね。前から思ってたけど、その専務だか社長だかは最低な人間性ですね。
おばさん、出来ればその会社退職して、他の仕事したほうが精神衛生上いいんじゃないかな。
騙されてる(言い方マズイかな?)お客さん見てると心が痛むだろうし。
>>260
私も同じようなこと思ってました。どこの団体も似たような感じで自分達の都合のいいように地震や建物の強度を解釈しているとしか
思えないようなフシも多いですし…
次の大地震が起きたら、いま行われているような簡易対策的な耐震工事は
全く無意味って烙印を押されそうな気がします。
>>262
どこのNPOもそんな感じみたいですね。
業者は除籍を全く怖がっておらず(罰則が無いし、後ろ盾が欲しければ他のNPOに加盟すればいいから)、
NPOも、加盟業者が不祥事(手抜き工事などのトラブル)を起しても、
あくまでもその業者と施主の問題で、その業者を施主に紹介したNPOには法的責任が全く無いと言い切りますからね…。
工事の不具合時の責任の所在があいまいな所に付け込んで、双方が好き勝手なことしている辺りが、アネハ関係の耐震偽装に通じるものがありますね。
工事の依頼主の存在は全く「眼中に無い」というか…
っていうかそれは日本の建築全般に言えますが…

268 :258:2006/06/16(金) 02:36:22 ID:aQ3yhoXY
眠くて変なレスの返し方をしてしまいました、すみません。

269 :名無し組:2006/06/16(金) 15:09:30 ID:???
善人か悪人は別にし、本スレの住人の問題意識が高いのは確かなので
おばさん、もし解雇されても「精神衛生上、逆にラッキー」と考えるべき。

新基準(みず本)による補強工事が適切にされれば、効果は大いにあると思われ…
明石市の築30年の既存住宅を、E-ディフェンスに移築し行われた実大振動実験
では、兵庫県南部地震の加振(JR鷹取波)に対しても倒壊していない。 これは
概ね、震度7・700gal程度の大地震動にも耐え得る!…といっても過言ではない。

ただし、この実験での試験体は、HD金物で補強され、それらが基礎の代わりの
鉄骨架台に固定されている。←この点が、基礎に関して、実状とは乖離している。
(柱引抜き型・先行破壊が生じては実験の意味がなく、止むを得ない措置か?)

とはいえ、評点=1.5 を達成する補強方法として、極端に高耐力な壁は設置して
おらず、バランス良く (まんべんなく) 耐力要素を配置しており、HD金物が必要な
程の力が働いたかどうかは不明。 ←HD金物に働いた力は公表されていない。

で…残される問題が「老朽化した無筋の基礎の扱い」。 見解が大きく分かれて、
・基礎利用に消極派 ・・・・ 低耐力の壁を全体的に配置し、HD金物を使わない
・基礎利用に積極派 ・・・・ 高耐力壁を使い、HD金物で柱接合部低減を抑える

270 :名無し組:2006/06/16(金) 15:35:34 ID:???
>>269
新基準の評価でも、基礎を無視(消極派という書き方をしているが)した場合、かなり不利になる。
金物依存と基礎の改修、これをしないと2階で下手をすると1階以上の壁補強が必要になる。

>概ね、震度7・700gal程度の大地震動にも耐え得る!…といっても過言ではない。

最近の実物大実験の加力方向に些か疑問を持つが、その辺からも基礎の働きに消極的になる
のも解る気がする。倒壊しない事(倒壊という意味)を充分理解して貰わないと、果たして実際の
地震が起きた時に居住者とのトラブルになるような・・・気がする。

以前、構造を担当させて頂いた建物でRC5階建ての建物が兵庫にあり、震災を受けたので気に
なって確認しに行ったのだが、想定範囲内(今となっては白い目で見られるかw)の被害状況で
こちらとしては納得しているのだが、オーナーは理屈は解ってもひび割れなどの亀裂が窓の付近
更には一部柱の付近(短柱)に出たことは、あまり納得し切れていない様子だった、当たり前だが。

271 :名無し組:2006/06/16(金) 16:52:36 ID:r73ydjYb
誘導されました。

部分的に地盤か沈下してる家(理由はたぶん盛土して擁壁して建ててる家なので
盛土部分の地盤が弱く擁壁側が下がってる)の耐震改修の相談を受けたんだけど
基本的に壁量が少ない家で改修としては壁量を増やす、屋根を軽くする、割れた
基礎の補修が考えられるんだけどまずは不同沈下を治さなきゃと思うんだけど
木造二階建て住宅で不同沈下を治すにはどのような手段があるのでしょうか?
曳家をするにも場所がないし・・ 鋼管杭圧入工法なのか・・

272 :名無し組:2006/06/16(金) 19:07:27 ID:???
  >>271
別スレ:【耐震診断】 木耐協・日耐防など 【補強工事】、の 134 さんの相談は照
されましたか? 不同沈下した地盤を、後から安価で改良するのは難しい、と思います。

273 :名無し組:2006/06/16(金) 19:15:49 ID:???
恐らく、既存基礎へのボルト打込み積極派が、その正当性の根拠とするのは次の辺りか?
  @ p131 図7.6 帯金物による引っ張り耐力の増強工事
  A p132 写真7.1 HD金物による引っ張り耐力の増強工事
確かに、HD金物などで補強している写真や図だが、しかし、これらが想定している基礎は
  @は、Q&Aに「上端筋を切断しないよう……」とあり、鉄筋入り?
  Aは、埋め込み深さ 360程度で逆T字型の、かなり立派な基礎
中性化・老朽化した無筋の I字型基礎を想定してはいない様だ。 で、困るし混乱する。

本来、老朽化した既存基礎の扱いは……補強設計者個人に判断を委ねて責任を押し
付けるべきではなく、現時点で工学的には無理でも、政策的には明確な規準を示すべき。

「コア抜き検査」を○箇所、各箇所につき○個のピースをくり抜く……なんて無理だから、
信頼性の薄い「シュミットハンマーによる打撃試験でもOK」……であるのならば「OK」と!
  あるいは、
新基準でも上部構造の耐力を主に評価するのみで、基礎や地盤等については「各部の
検討」で「問題あり」として報告するだけ。だから、神経質になる必要はなく、適当でよい?

274 :名無し組:2006/06/16(金) 20:50:54 ID:???
 >>270   > かなり不利になる。 金物依存と基礎の改修、これをしないと

金物依存と基礎の改修とは、有筋の基礎を添打ち補強し<基礎T>にした上で、HD金物
も設置して(告示1460号に適合)柱頭柱脚<接合部T>にする、という意味なのでしょうか。 
もし、そうなら大変に望ましい補強設計だと思います。  ひび割れた無筋の基礎に、エポキシ
樹脂を注入する程度の補修しかせず、ボルトを打込むのとは訳が違いますから。

私も同様の補強設計を最初は提案するのですが、一度も実現した試しがありません。理由は、
・柱頭柱脚の接合部の仕様を変更する場合、柱脚だけでなく柱頭をも同時に補強しなけれ
 ばならない(通し柱の1F頭/2F脚を除く)。 高耐力壁の場合はHD金物になるので、1Fの
 天井は当然として、2F壁の脚部までをも壊さなければ、床梁や胴差を貫通するHD金物を
 設置できない。 2Fの壁を壊す部屋のリフォーム予定がないと、この案は予算上でボツになる。
・個別の耐力壁ごとに<基礎仕様>を変更できるソフトと、変更でないソフトとがある。現在、
 使っているソフトは建物概要で<基礎仕様>を一括指定できるだけで、個別の耐力壁ごと
 の変更入力が不能。直にリリースされるVer.2の仕様によっては、ソフトの乗り換えを検討中。
・基礎の添打ち補強は面倒なので、施工側が嫌がって、他の案を要求する。

なので、設置箇所数はやや増えますが、N値計算して、HD金物を使わずに済むギリギリの
引き抜き力の低耐力壁を使わざるを得ない、とういうのが実状です。

275 :名無し組:2006/06/16(金) 21:28:00 ID:???
>>274
幸いにもお宅が全面改修だったので、無筋の基礎を土台持ち上げによる打ち直しに成功しました。
とは言っても、基礎Tまでは微妙でした。なぜなら、増築の繰り返しで、基礎が有筋と無筋があり、
一体とみなす施工にするため、勿論床をめくっているので湿気止めを兼ねてベタ基礎にし、さらに
土台から羽子板ボルトでその耐圧にアンカーを取り・・・等一応やれることはやったのですが、
やはり微妙です。

尤も今のところこの1件のみですね。基礎までいじったのはw

ついでにここまで出来たので、気持ちよく精密診断をしたのですが、一般診断との差がでかすぎw
既存では一般が0.38、精密で0.62だったと思います。(もう少しうろ覚えです。スミマセン)

276 :名無し組:2006/06/16(金) 22:03:41 ID:???
 >>270
> オーナーは理屈は解ってもひび割れなどの亀裂が …… あまり納得し切れていない様子

そういう場合のことを考えて木造住宅では、必ず一文を入れておいて、説明しとくといいですよね。
  倒壊防止=人命を守ること、が目的であり、あくまで 「損傷防止は努力目標」!

施主さんは、何にも知らないので、説明しておくことは重要だと思います。 自分は、免責事項
の記述も兼ねて、診断の目的、適用範囲、注意事項など、いっぱい書いておきます。

想定する変位角が異なり、基準法(中地震動): 1/120ラジアン、木造住宅の耐震診断
(大地震動): 1/200ラジアン、なので仕上げ材の損傷までは考えられていませんもんね。

277 :名無し組:2006/06/17(土) 13:33:47 ID:???
 >>264   >「既存基礎をイジメルたくない」=ケミカルアンカーを打込みたくない?

基礎(有筋化)添打ち補強ができない箇所で、既存基礎と柱脚の接合部を補強する方法
として、アラミド繊維(炭素繊維)をエポキシ樹脂で接着する工法があります。
ボルトを打込む必要がなく、基礎は勿論のこと、柱脚も傷めずに接合部の補強ができます。

例: ジャブ○ (耐震開口フレ○ム の会社の製品) の場合
   シート1枚: HD15kN相当  \長さは 70cm の繊維シートを使用
   シート3枚: HD30kN相当  /日本建築センターの審査証明を取得済み
外壁を壊して屋外側から施工できれば簡単です。屋内側からの施工は、次の難点があります。
   出隅柱や中間柱、つまり平面的にL字やT字の交差上に建つ柱では、土台や大引が
   邪魔になり、そのままでは施工できない。 柱脚を柱同寸の「添え木」で固定する、等の
   工夫でもしない限り施工ができないと思われる。
また、施工管理する資格が必要で、工事業者に資格を取らせたのですが、これが結構きびしく、
   施工管理士・資格認定(日本建築センター発行)が必要
   受験資格: 建築士、または工事管理経験3年以上
   更新資格: 1年毎に講習をうけて更新資格を得る

きびし過ぎです。まあ、工事に信頼性を持たせる証とも言えますが、1年毎の資格更新はキツイ。
工事業者は、資格、特殊な専用工具、を必要とする工法を嫌がりますから。 最初、資格は
自分で取ろうと思ったのですが、補強工事の監理料は貰えず、現場に行けないので止めました。

278 :名無し組:2006/06/17(土) 17:12:15 ID:???
>>277
誰もそんな情報を求めているわけではないだろw(>>264氏のコメントに対して)

そもそも布基礎そのものが無筋の場合だったり、色々と基礎が当てに出来ない場合、
基礎を無視した補強で良しとする(それくらいしか施主が負担できない)て場合だって
充分あるでしょw
上物が有る程度一体として剛性を取ることが可能な場合、倒壊まではいかないだろうと
言う、ある種2x4等の壁構に似た考え方ねw

279 :名無し組:2006/06/17(土) 19:36:43 ID:???
│出隅  基礎を当てにしないで、低耐力壁を配置する、に大賛成。
│で壁   ただ、補強壁の数は増えて、工事費も増える傾向がある。
┃ココノミ   1・2F共通の出隅で開口部が多く、補強できる壁が数少く
└─── 位置が限られると、どうしても引抜き力が大きくなっちゃう

280 :名無し組:2006/06/17(土) 21:00:14 ID:???
ガチガチに固めると、逃げがなくなって、しわ寄せが表に出る

軸組はバランスだよ
やたらと基礎を強化したりしなかったり
やたらと耐震壁を増やしたり増やさなかったり
それよりも
建物全体が、追従して、倒壊しない
こっちのほうが大事

281 :名無し組:2006/06/18(日) 14:11:05 ID:???
 >>277
聞かれてないながらも、説明してくれた努力に、敬意。

282 :名無し組:2006/06/20(火) 18:25:22 ID:???
<住宅等防災技術評価制度 現在までに当協会において評価した防災技術>
日防協のWEBで、評価取得済みの技術が、H18.5.11 に1ヶ増え、5つになってた。
早くもっと増えて欲しいが、この評価取得に要する費用って、いくら位かかるの?

283 :名無し組:2006/06/20(火) 22:52:12 ID:???
↑ ×日防協 ◎建防協 でしょ。
もし、技術評価に高額の費用がかかれば、その製品、値上げされかねないしね。

284 :名無し組:2006/06/21(水) 06:00:01 ID:???
>>273  調べてみた。基準は明確。【無筋】を問題視。老朽化・ひび割れ・底盤の有無など無関係。

【無筋の基礎】について、基準本の「補強計画」に、
(2) 無筋の基礎は、アンカーボルト引抜け・曲げ破壊の恐れがあり、RC布基礎・増打ち等で補強が必要。
(3) 上記が最善策だが、余裕がない場合、耐力壁の負担外力を減らし基礎に過大な力を生じさせぬこと。
――――↑とある。
【解釈】(2)(少なくとも補強壁の附近は?)基礎補強することが原則。 基礎補強は、HD金物を設置し
ない場合でも、アンカーボルト引抜け・曲げ破壊の防止に必要である。まして HD金物を設置する場合に
必要なことは当然。 (3)(予算的・場所的に?)基礎補強する余裕がない場合、低耐力壁で補強をする。
――――↑と解釈できる。"()"内は
【Q&A】で更に「RC布基礎・増打ち」の質問に対し、
コンクリート強度が低く、後施工アンカーを用いて既存と新築基礎の応力伝達できぬと判断される場合、
補強計画を見直す、あるいは基礎の打ち直し(これは現実的に困難!)によって補強をせざるを得ない。
――――↑と回答している。
     基準は建前・原則論だから【Q&A】では、この様に厳しく回答していると思う。

(3) 基礎補強する余裕がない場合、低耐力壁で補強をする。――これに異論はないだろう。高耐力壁で
補強していた時、N値計算等でHD金物が必要となった時は、補強計画を見直す以外に他に打つ手はない。

「余裕がない場合」とは ―― 施主の資金不足を指すと思われるが、このケースでも「基礎補強をしな
いことは原則外であり最善策ではない」旨を施主に十分に説明したうえ、協議しておくことが望ましい。
基礎の施行スペースがない場合も、含まれるのかも知れない。この点は診断者の判断で良いと思う。

それらのケースを除き、【無筋の基礎】に対しては基礎補強をする必要ある。 診断者の勝手な判断で
「リバウンドハンマーでの打撃検査して十分に耐力がある」との理由からだけで「基礎補強は不要だ」
の結論を導くことは厳に慎みたい。 基礎補強できない場合の、一応の確認の意味でなら結構なことだ。

285 :名無し組:2006/06/21(水) 08:23:58 ID:???
そんなこと書かなくとも、コンクリートは引っ張りに効かない(殆ど抵抗しない)事は常識だろうから
アンカーボルトなんて意味のないことは解ると思うが?

本当は、無筋に対して後施工アンカーを余程のピッチで入れないと効かないことは、充分考え
られるが、そのアンカーに対して、HD金物を付ける行為が果たして何処まで効果を見込める物か・・・

はっきりと、無筋コンクリートの場合は、造り替え、若しくはベタ基礎化が出来ないので有れば、
無視して上物の強度を上げて、倒壊だけは免れるようにしたいという方針にするべきと思うが?
大体、基礎が弱いのに下手にHD金物を付けて引っ張られると、上物が独立で剛性を保っていたと
しても、足を引っ張られる結果になる気がする。

286 :名無し組:2006/06/21(水) 13:43:47 ID:???
その常識が一切通用せぬ無知な大手業者が多く、マイナス要素に作用するとしか考えられない
HD金物を多く設置することで、高額な工事費を巻き上げているのが現状。
なので、もう一度原点に戻って、基準マニュアルを読み直してみろ、インチキ商法を正当化する
根拠があるなら、どこに書いてあるか示せ、――大手業者は「加盟店は玉石混交」と逃げるが
じゃあ【玉】も居るんだろうから反論してみろ、――の主旨で書いたつもり。 ご容赦を。

287 :名無し組:2006/06/21(水) 15:01:32 ID:???
>>285 さんみたいに、詳しくて問題を深く考える専門家なら、築40年くらいのコンクリート強度
なんて見込めるとは決して「考えられない」から、そういう結論になるよね。

逆に、金物を売って儲けたいだけの無知な業者は、無筋の基礎を改良するなんて面倒くさい事に
興味なく、メチャンコに金物を取付ける方向に走る。そして「工期のかかる下手糞な補強計画
と違って、私とこのは1日で工事が終る合理的な経済設計ですから」などと客に言うかもね。
問題になったら、あと施工アンカーの強度を見込めると「考えた」って言うだけで許される。

Q&Aで質問者は、後施工アンカーのでコンクリート強度基準を問うているのに、答えは
「〜と考えられる場合には〜」だもんね。 正直者ほど苦労するって事かな。

288 :名無し組:2006/06/21(水) 15:38:10 ID:???
287
ゴメン、間違えちゃった。 次の1行は削除。
「問題になったら、あと施工アンカーの強度を見込めると「考えた」って言うだけで許される。」

そもそも無筋基礎を有筋化・改良するつもりないから、後施工アンカーの強度なんか考える筈もなく。

289 :名無し組:2006/06/21(水) 17:14:33 ID:???
基礎が砂みたいにボロボロになっているお宅の
耐震補強で、壁補強+内付けHD金物を設置という話になったんだけど、
基礎はどうするのか?と耐震担当に聞いたら
基礎の補強はHD金物を打ち込む部分の周囲のみ樹脂で固めるって言う…

それって効果無くない?
施主は納得しちゃってノリ気みたいだけど。


290 :名無し組:2006/06/21(水) 19:38:46 ID:???
>>289
HD金物等で基礎と緊結する目的は、基礎が連続基礎(布基礎・ベタ基礎)で床構面の剛性より
遙かに高く、また、自重の効果も考えて基礎と一体化させることにより引き抜きなどに抵抗させて、
軸組の耐力を目一杯引き出すこと。
まず、砂みたいにぼろぼろとなっている状態では年数から勿論無筋だろうが、仮に有筋だったと
しても、コンクリートと鉄筋の付着が無い為、鉄筋の効力は認められないよね。

>基礎の補強はHD金物を打ち込む部分の周囲のみ樹脂で固める
独立基礎に近い状態です。気休め程度として、これによる効力はあまり見ない方が良いと思う。
自重を利用しようと考えるかも知れんが、地盤によっては不同沈下などの影響で、逆に悪影響
と成る場合も考えられるかと。

基礎の剛性が見込めないいじょう、壁補強は勿論の事、床組、小屋組の補強による剛床を少し
考える方が良いのでは?

但し、金額的なことを考えてそこまでしていられないならば、各フレームの壁をバランス良く、
それぞれの壁を有る程度強くするしかないだろうけど・・・
※剛床が見込めない以上一体としての耐力負担は見込めないので、各フレームがそれぞれ
 働くことによって、なるべく暴れるのを防ぐ意図で。

291 :名無し組:2006/06/21(水) 20:21:34 ID:???
「効果ない」で済むなら、お金をドブに捨てるだけの話で、耐震性能が落ちることはありません。
逆効果による危険性を考慮していない、ことが問題なの。 耐震性能を落とすこと。
そんな基礎は、設置工事の時に壊しちゃうのが普通のところ、神業的なテクで納めちゃうみたい。
仮に設置ができても、引張力は勿論、圧縮力さえも期待できない、砂みたいにボロボロの基礎。
地震時に高耐力の壁から、埋込みボルトへと力が加わって、割れて破壊しちゃう危険がでてくる。

基礎が健康なら >>282 の「DPA-住技-3」みたいな補強も適用できるが、基礎が骨粗鬆症じゃ無理。
基礎の増し打ち有筋化では、コンクリート定着のために「目荒し」が必須だが、それやっただけで
壊れそうだし。 基礎いじらない方が良いかも、「揚げ家」による新規打ち直しが困難だったら。

292 :名無し組:2006/06/22(木) 10:35:15 ID:???
>>291
あ、あのな・・・砂状になっていても樹脂で固めると取り敢えず圧縮には効くぞ?

>地震時に高耐力の壁から、埋込みボルトへと力が加わって、割れて破壊しちゃう危険
これもあまりないねwどちらかというと地盤の変形についていけず(加速的力)、基礎が壊れる
事が通常だよw

逆効果というのも、要は地盤の変形に追従することや、基礎面に於ける剛性がないので
バラバラに力を受ける感じになることが問題!

只、基礎がある程度改善されないと二階部分の改修がかなり必要になるのもね・・・→精密診断

293 :名無し組:2006/06/23(金) 01:19:40 ID:r2Whf8Nh
無筋基礎に乗ってる上物の壁をいくら強くしても数字合わせだってことは
わかってるんだけどさ。
基礎打ち増しって施主側の予算的に現実的じゃないんだよね・・・

役所の助成事業範囲の縛りの中でしか動けないから
もろい基礎に高倍率壁+HDだらけになっちゃうんだよなぁ

最近はもうなんか諦めの境地に入ってきてる


294 :名無し組:2006/06/23(金) 02:38:08 ID:???
>もろい基礎に高倍率壁+HDだらけになっちゃうんだよなぁ

ほんとうは避けたいけど、役所がGOサインだすから、まぁいいか?と
思っちゃうんだよな。


295 :名無し組:2006/06/23(金) 05:02:20 ID:???
何かあった時も建築許可だした役所の責任はほとんど追及されないな。

296 :名無し組:2006/06/23(金) 15:46:20 ID:???
>>292
あ、あのな・・・「樹脂で固めると取り敢えず圧縮には効く」はないぞ!
289氏の言う業者の工法は、ケミカルアンカーの周りだけを樹脂で固定する、またはクラック部分
のみをエポキシ樹脂を注入し補修する、くらいでしょ。
ボロボロの基礎に樹脂を全体的に圧入して強度を上げる、ような工法のことじゃないと思うよ。
コンクリートに薬剤を圧入する工法も存在するけど、漏水を防ぐため等の目的の特殊な工法。
そんな工法で、安価で信頼性のある良い工法が一般化しているのなら、教えて欲しい、頼むから。

「高耐力壁から埋込みボルトへ力で割れる危険、あまりない、通常」・・・も如何なものか。
可能性が多少あるってことでしょ。危険性の有無を問題にしているんだから。
出隅の基礎が、上部の筋かいや柱からの力で実際に圧縮破壊している、地震被害の多く写真をみた
ことないの?

「基礎改善なしだと二階で下手すると一階以上の壁補強が必要→精密診断」みたいなレスが多いけど、
アホなオレの頭では、意味不明で理解に苦しむ。
精密とか一般とかの診断法に関わりなく、二階より一階で耐震補強を多く必要とする。だからオレは
二階をいじらなで、一階だけの補強計画をする場合だってある。
二階の評点は 0.9 だけど、予算の都合上で現状のままとし、一階を重点的に補強します、って
施主に説明した上でね。

297 :名無し組:2006/06/23(金) 16:14:40 ID:???
>>293 >>294
激しく同意、です。高倍率壁を使わないよう努めてはいるが、現実は理想と違って……。
HDを設置して儲けようとは思わないけど、HDの問題にはいつも悩まされますよね。

298 :名無し組:2006/06/23(金) 17:27:23 ID:???
<外付HDに効果はありますか。>の質問に、<配置低減・接合部低減を抑える効果はある。
適切に設置することが重要>て回答あるが、これ、基準を読まない人には誤解されるだろうね。
有筋化されてない基礎にでも、HD金物をバンバン設置してOK、と書いてあるんだと。
>>293
最近はもうなんか諦めの境地に入ってきてる……まったく同じ気持ち。厭になっちゃう!
重々承知しておるが、現実問題としては……ってことなら、まあ、止むを得ないかと。

299 :名無し組:2006/06/23(金) 20:50:02 ID:hdGLlOae
効果が無いって分かってるのに平然と耐震化やってるって、実際姉歯と変わんないね。

300 :名無し組:2006/06/23(金) 20:54:50 ID:???
>>296
>コンクリートに薬剤を圧入する工法も存在するけど、漏水を防ぐため等の目的の特殊な工法
このことじゃないのか?
>ケミカルアンカーの周りだけを樹脂で固定する
この工法だと意味がないから、部分的に斫って独立基礎(後施工)にした方がましだろ?

あと、通常の建物だと1階はそれなりに壁が施工されているでしょ?でも、2階になると小屋組の
関係か、筋違がきちんと施工されていないことが多く、金物もそれなりだから、きちんと見た
場合だと、本当に1階の補強より2階の方が補強を多くしないと行けない場合だって有るよ?
基礎がそんな状態だと、金物低減に成るだろうから、やむを得ない場合があるって事。
勿論、きちんとまるまる改修できる時のみの話だろうけどさ。

301 :289:2006/06/23(金) 21:26:10 ID:???
みなさんありがとうございます。やはり効果はないのね…。

私が言った基礎の補修とはまさに
>ケミカルアンカーの周りだけを樹脂で固定する
ということです。
ケミカルアンカーを打ち込む周辺のみ樹脂で固めて、あとはそのままだそうです。
それでは効果がないのでは?と言うと、書類上の数値が上がればいい、と平然と
言ってのけ、施主にその数字を見せて安全だといい、
そういう工事を平然と進める耐震担当者、まじで嫌になります。


302 :名無し組:2006/06/24(土) 08:29:34 ID:???
>>293 同意。

補助金利用できる物件は、まず「補助金利用ありき」なので
あきらめの境地のようなプラン提案をしてしまいます。

「純粋な耐震性を向上プラン」と「補助金利用できるプラン」を資金計画も含めて提案する。
圧倒的に「補助金・・」に軍配が上がります。

その理由は、

代表的かつ一般的なプラン。自己資金は60万くらい。
(経験的に自己資金が100も200もある人は、建て替えにいきます。
社会的弱者の為の補助金制度だと私は理解しています。
基本的にお金はあまり無いです。)

工事費100万。補助金40万。持ち出し60万。

60万で何が出来ますか?
補助金を利用するしかありません。

100万位じゃ、壁補強2〜4箇所+HD+部分基礎改修(エポキシ等)
が限界。

もちろん、「全体の基礎の補強もおすすめします」
「屋根の葺き替えをおすすめします」等はアドバイスしています。

いままで、補助金利用可能な物件で上記の工事を行ったことはありません。(お金ありません)
もちろん、補助金利用不可能な物件では上記の工事は普通に行います。

303 :名無し組:2006/06/24(土) 18:47:40 ID:???
公的補助金を利用している場合に限っては、役所が認めるのなら、問題ないと思いますよ。
事務所協会などの協力を得て、各自治体が独自に、対象住宅・診断者資格・調査基準・
診断方法・利用可能な金具や工法、などを規定している筈ですから。
耐震改修促進法や「木造住宅の新基準」に準じてはいますが、完全に同一とは言えません。
限られた補助金の中で各自治体が、補強計画や工事内容を政策的にオーソライズするのですから、
診断者はその規準に従っているだけだと考えられます。それに、事務所協会の支部によっては、
レビュー:第三者によるチェック、を実施しているところもありますしね。

ですから極論すれば、公的補助金を利用の場合「無筋基礎+高耐力壁」の補強計画になっても、
「役所に認められる限り」というか「それしか現実的に認められない」のなら止むを得ないかと。
ただ、高耐力壁においては基礎有筋化が、有筋化が無理なら低耐力壁が、最上策であることを、
補強設計者・施主共に承知していることが大前提になるんだと思います。

また、民間工事では補助金利用の場合と異なり、「木造住宅の新基準」に準拠しています
を謳い文句にして営業する限り、より忠実に基準を適用する必要がありますよね。

304 :名無し組:2006/06/24(土) 20:32:09 ID:???
アキヒコさんの子供を産んだあんたが許せないのよ!私だって産みたかった!
| オカマだから?性同一性障害だから?冗談じゃない!私だってアキヒコさんの子供が生みたかった!
\ あんたは私の手の届かなかった幸せを持ってるじゃない!それが許せないの!心中するわ!
光ちゃんの命を頂戴!この子を道ずれに死ぬわ!
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     __          
   __|ニニニ|__       
   ノ( ´_ゝ`)ヽ      
   ⊂    つ 
    /   \
  /      \       
  ~~~~~~~~~~~~~~~ 

305 :名無し組:2006/06/25(日) 01:12:29 ID:???
アキヒコって誰だよ

耐震化ってやはり難しいですね。
なんとかならないんでしょうかね。

306 :名無し組:2006/06/27(火) 00:49:54 ID:2cADTyvk
>>304
一人で死になさい。
他人を巻き込んじゃだめです。

307 :名無し組:2006/07/01(土) 11:33:38 ID:???
公的助成の工事で基礎有筋化をしないこと、合法かも知れんが、良いことじゃないと思う。
高耐力壁しか使えない場合、有筋化をせずに評点 1.0にするより、有筋化を実施した上で
評点 0.9を確保するほうが余程マシ、と個人的には考えている。
でも、公的助成の工事では必ず評点を 1.0以上にせねばならず、自治体のこの政策・規定が
ネックとなる。お役人も勉強して、この辺は改めてもらいたい。

基礎の添え打ち有筋化は、3.5万円/m位で工事が可能だから、費用対効果は大きい。
高耐力壁が 6kN以上の場合、有筋化により建告1460号の適合が可能になると仮定すれば、
 有筋化しない=基礎U+柱接合部U( 3kN以上) の耐力低減係数:0.7 ×4ヶ所=2.8倍
 有筋化を実施=基礎T+柱接合部T(建告1460) の耐力低減係数:1.0 ×3ヶ所=3.0倍
だから有筋化することで、費用も安くて耐力が上がる、というケースだって有り得ると思う。

308 :名無し組:2006/07/01(土) 13:44:53 ID:???
>>307
>でも、公的助成の工事では必ず評点を 1.0以上にせねばならず、自治体のこの政策・規定が
>ネックとなる。お役人も勉強して、この辺は改めてもらいたい。
具体的に何処の自治体?それと勿論精密診断での話?

計算上は確かにそういうことになるんだけど、個人的には無意味な改修だと思う。→有筋化

>基礎の添え打ち有筋化は、3.5万円/m位で工事が可能だから、費用対効果は大きい。
敷地の状況によって、これじゃ済まないところも決して少なくない。
また、ケミカルアンカー程度の添え打ちも、実質普通の基礎と変わらないと見ること自体、ちょっと
おかしいだろうと思うが?

309 :名無し組:2006/07/03(月) 13:53:49 ID:???
>>308
では「敷地の状況によって、これじゃ済まないところも決して少なくない」の場合、いくら位なの?
「予算上の都合で有筋化は無理」とのレスを受けて、そのことを話題にしているの。いくらか分から
なければ、補強計画も立てられないし、施主にも説明ができない。m当りの添え打ち有筋化の費用が
5万か 10万か 20万円なのかは、とても重要になる。だから、一概に言えない、高くなる場合も多い、
と抽象的に批判されても困るのよ、具体的に「〜の条件の場合、約〜万円」と目安を示してもらんと。

条件として、特殊で例外的な工法を除き、例えば、
 除外: 高額な基礎キット製品、洋室フロ−リング等の一部解体を要す屋内側からの施工、等を除く
 対象: 種々の施工箇所の平均 …… 施工規模、隣地距離、換気口の有無、出隅部のL型、等の平均
自分の実績のデータでは 3〜4万円、自治体のパンフレット、JSCA所属の人のセミナーで聞いた話、など
の情報を勘案した費用の目安だから、積算価格としては大きな狂いはないと思うよ。

総予算 100万円と言っても、屋内工事だと、養生・解体・残材処分・仕上げ材復旧の費用を除くと、
耐震補強に掛けられる費用は半分未満。でも基礎の外周に添え打ちする屋外工事では、養生〜仕上げ材
復旧の費用が殆ど掛からずに、比較的に精度を高く積算できる数少ない工事項目の一つなのよね。
基礎の添え打ち有筋化の費用が、現場状況で異なるのは当然で、また見積を取ってみないと、業者が
その額で工事を請けてくれるかも分からない。けど一応の費用の目安がないと議論が始まらんでしょ。

ケミカルアンカーやホールインアンカー(オールアンカー)を劣化した無筋基礎に打ち込んで「効くか効かぬか」の判断は診断者
が下せば宜しい。「効く」と判断することも基準で許されており、かつ高耐力壁を配置する時、のこと
を仮定して…その立場を採る人と同じ土俵に上って…の話。その判断や基準自体の是非を論ずるつもり
はないの。 基準に「基礎有筋化が最上策」とあり、施主に「予算上それは無理」を説得する時点で、
「敷地の状況により一概に言えない。安く済まないところも決して少なくない」の説明では通らない。

310 :名無し組:2006/07/03(月) 14:46:56 ID:???
>>309

>その判断や基準自体の是非を論ずるつもりはないの。
 
このスレは何も木造耐震診断・補強工事専用のスレでもなければ、建防協マンセーでもない。
学術板なのだから、基準がどうのを前提とする発言は些かどうかと思う。
実際の判断や、基準で書いていることに対する疑問をぶつけるのは当然だと思うが?

基準の講習・説明会は出たんだろ?一般的なものとするのに対して、こうせざるを得なかったと
言うような発言はあったと思うが?つまりはプロとしての判断が大事で、それを診断する側の
営業的な発言に終始するのは職業板に独自にスレを作って、論じ合うことではないのかな?

311 :302:2006/07/03(月) 20:39:30 ID:???
戦後在来木造の耐震診断・補強法にかんして学術的な論文等が絶対的に不足してますね。

せめて安全限界と損傷限界くらいはみなさん意識してプラン提案してくださいね。
良く映像で流れる実物大実験はホントーはなかなか倒れなかったみたいですよ。
金物を外しながら、やっと倒れたとか・・・・・。
現実の建物は数値以上に強いですよ。安全限界面では。

最近の耐震診断・補強方法、ちょっと、おかしいと感じてます。
耐震関連がビジネスとなる方が、おかしいと思いませんか?

312 :名無し組:2006/07/03(月) 23:25:43 ID:???
>>304
ちょwww「偽りの花園」の美琶子じゃんw
なんでこんなスレにまで出張してんだよ?ワロスwwwwwww

313 :名無し組:2006/07/04(火) 23:10:59 ID:???
>>311
相手の知識が無いほうが、商売としては色々都合がいいわけですよ。

314 :名無し組:2006/07/09(日) 21:12:50 ID:???
最低だな

315 :名無し組:2006/07/10(月) 13:20:00 ID:e9+sZDkf
でも実際中途半端な知識の素人にああだこうだ文句つけられながらだと
非常にヤリづらい。腹立つから手ぇぬいてやろうかとさえ思う。
やらないけどさ。

316 :名無し組:2006/07/12(水) 00:45:24 ID:???
>>315
おまえ疲れてるんじゃないの
俺と一緒に温泉行こうぜ

317 :名無し組:2006/07/14(金) 23:47:43 ID:???
お前となんかセックスしねぇぞ。


318 :名無し組:2006/07/24(月) 02:15:06 ID:aZGzkiIV
あげ

319 :名無し組:2006/07/26(水) 17:34:24 ID:mqImhH8A
あげ

320 :名無し組:2006/07/27(木) 09:00:55 ID:???
ども。パートのおばさんです。
今週いきなり、とりあえず1ヶ月休んでこれからは奇数月だか
偶数月だかのどっちか仕事来いとか、言われましたが。


毎月毎月耐震狙いの専務は相変わらずです。


321 :名無し組:2006/07/31(月) 23:13:25 ID:QvmER1EY
ひさしぶりだね。おばさん。

ところで、このスレの住人、一級建築士の資格を再試験制するっていうのに
猛反発してる建築士やその協会をどう思うよ?
俺は試験賛成派だけど。現状じゃやりゃあ8割方は落ちるだろうケドねw

322 :名無し組:2006/08/03(木) 17:53:42 ID:lS9ZL4It
時間のある人にお願いです。カキコで援けて頂けてないでしょうか。↓はメンタル(2ch)アスペルガー症候群という
発達障害のBBSです。知能の遅れは無いのですが、場の雰囲気が読めない、自己主張が強い等の障害です。

外見上は、全く障害がないのですが、イジメにあって、10年ほぼ、引きこもりで単位制の高校を卒業しました。
2級建築士をもってるのですが、彼らは、2級建築士を「非常に難しい資格」で、お前にとれるはずが無いと
いいはります。・・・「名刺には、ちょっと恥ずかしくて書けない資格です。」等
業界での位置づけを簡単に書いて頂けないでしょうか。そうしてくれると、とても助かります。
・・・・最後まで、読んでくれてありがとうございます。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1153641489/301-400



323 :名無し組:2006/08/09(水) 22:53:55 ID:/J0oq8uO
ああぁぁ

324 :名無し組:2006/08/09(水) 22:56:13 ID:/okuqeyS

緊急告知映像 「8月13日 JR新宿駅前 TBS免許剥奪チラシ配り&携帯署名OFF 
http://24tv.dip.jp/cgi/up/upload.cgi?mode=dl&file=38 pass:1111

325 :名無し組:2006/08/14(月) 21:30:50 ID:+Or6bLnX


326 :名無し組:2006/08/25(金) 00:28:55 ID:0z0Agkih


327 :名無し組:2006/08/26(土) 02:05:21 ID:gcrL6EVJ
キジ

328 :名無し組:2006/08/26(土) 23:10:54 ID:9TvXbT7n
まあ、大地震でもヒビひとつ入らない免震と
大地震で倒壊しないけど柱や梁が激しくひび割れ
建物が傾いて取り壊さざるを得なくなってしまう可能性のある
耐震どちらを選ぶかって話だよ。運がよく損傷がすくなければ補修も可能だろう。
倒壊しない=損傷しないではない。

阪神大震災でマンションが傾いて補修できないレベルまで損傷して
取り壊して住宅ローンだけのこったなんて話よくあったけど。
一般の人からしたら「なんのための耐震だ」って話かも
しれないけど我々構造設計者にいわせれば
「計算どおり梁端部の損傷で地震エネルギーが吸収できて
倒壊しなくてよかったですねー。これが耐震です。」となる。
おこるかどうかわからない大地震に倒壊しなければいいというのか
それとも大地震後も確実に財産としての建物を使い続けたいのか
という話。リスクを軽減するために金を払うか、それとも
ある程度のリスクをとるか。耐震でも最低限、中のひとが
死なないレベルの安全性(=損傷するが倒壊はしない)は確保する努力をしている。


329 :名無し組:2006/08/31(木) 14:50:57 ID:8ouuuGuN
ttp://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__kyodo_20060831tk010.htm
耐震構造「知らない」4割(共同通信)
 耐震強度偽装問題が発覚後の3〜4月に警視庁の
「警備心理学研究会」(座長・小熊均聖徳大教授)が
実施したアンケートで、東京の住民や事業所責任者の
4割近くが、自分がいる建物が耐震構造になっているかどうか
「知らない」と回答したことが31日、分かった。
小熊座長は「報道の割に耐震構造を認識している人が少ない印象。
業者などに確認できていない人もいるのではないか」と話している。

[共同通信社:2006年08月31日 12時00分]
つーかこんな馬鹿な質問してる事態で言葉を知らないんだが・・・
正確な言葉で質問するなら「どの程度の地震でどのような被害になるかご存じですか?」
のほうが正しいと思う


330 :名無し組:2006/08/31(木) 17:50:53 ID:???
>>328
オマイ、本当に構造設計者か?
正しくは数百年に一度の大地震に対しての事だけだ
数千年に一度以上の大地震に対しては免震といえど持たないよ
次くる地震が想定内とは限らない
井戸の中の蛙の君のノウミソに乾杯っ!!



331 :名無し組:2006/09/04(月) 14:06:55 ID:???
数千年に一度起こるかどうかの地震の際に生じる津波対策の為に
山の中腹にも防波堤作って避難所作らなきゃなw

332 :名無し組:2006/09/05(火) 00:28:44 ID:???
>>330
数百年とか言ってるけど、数百年前の地震データなんて無いんだよw

分かっているのは、現行の基準法が想定する「建物が建っている間に
一度遭遇するかしないかの大地震」の重力加速度が300〜500ガルってこと
阪神大震災では1000ガルを越える加速度が記録されたわけだが
これはまさに、想定の範囲外だった、ということ

数千年に一度?そりゃ想定の範囲外だろ
そんなもんまでカバーしろと法で定めるのは、建築基準法第一条に書かれて
いる「国民の財産を守る」ことに、著しく反するだろ
遭うか遭わないか分からない交通事故に備えて、公道を歩くときは
ヘルメット着用を義務づけるのが、道路交通法か?違うよなw

333 :名無し組:2006/09/19(火) 07:07:56 ID:???
>>332
遭うか遭わないか分からない交通事故に備えて、公道でバイクに乗るときは
ヘルメット着用を義務づけるのが、道路交通法か?

334 :名無し組:2006/09/19(火) 10:39:19 ID:???
n倍法で耐震壁が (×が耐震壁)

__________________
|×| | | |×|
-----------
|×| | | |×|
-----------
|×| | | |×|
-----------
|×| | | |×|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
の場合の1階〜4階のn値ってどれくらいですか?
1階は4、5くらいですか?

335 :名無し組:2006/09/25(月) 23:13:27 ID:???
 

336 :名無し組:2006/10/01(日) 00:17:14 ID:DWJ4OLMm
π

337 :名無し組:2006/10/03(火) 21:19:30 ID:lMVaTfHx
δ

338 :名無し組:2006/10/04(水) 01:10:28 ID:???
森博かよ。

339 :名無し組:2006/10/08(日) 02:36:06 ID:vxCWc456
Γ

340 :名無し組:2006/10/17(火) 23:11:51 ID:???
まじめな話がしたいです…

341 :名無し組:2006/10/18(水) 02:17:02 ID:F+U2sHaO
今年度の宅建試験の問題にお力添えください。

【問 49】  木造の建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
1 木造の外壁のうち、鉄網モルタル塗その他軸組が腐りやすい構造である部分の下
 地には、防水紙その他これに類するものを使用しなければならない。
2 構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等
 による耐力上の欠点がないものでなければならない。
3 2階建ての木造建築物の土台は、例外なく、基礎に緊結しなければならない。
4 はり、けたその他の横架材の中央部附近の下側に耐力上支障のある欠込みをする
 場合は、その部分を補強しなければならない。

どれが誤肢なのでしょうか?

342 :名無し組:2006/10/19(木) 22:13:30 ID:???
2だ

343 :名無し組:2006/10/19(木) 22:28:27 ID:???
どうみても4です
本当にありがとうございました

344 :名無し組:2006/10/20(金) 09:50:57 ID:???
一級建築士だが決定打にかけますね。
あえて「3」かな。

345 :名無し組:2006/10/21(土) 15:44:43 ID:???
>>341
一級建築士です
この3枝が建築実務では限界耐力計算等でのあきらかな例外(他もある)があり
(例外と言うよりも一級建築士の試験でもでてくる通常ルートですが。。。)
この問題を「例外なく」とした問いはあきらかな間違いで3となります。
が、宅建でここまでの専門知識を問う問題なのでしょうか?
宅建的解答ではたぶん法42条のみの問いで、
4を間違い(正解)としたいのではないでしょうか
しかし3の「例外なく」とするにはちょっと問題の作り方が引っかかりますね。
>>341さんはその辺でおかしく思われているのでしょうか?
そうだとすればいいところに気がつきましたね
せめてこの問題は「原則として」とするべき問題かと思われます
これは見方によれば後々問題になりそうな問ですね。






346 :名無し組:2006/10/21(土) 18:59:36 ID:???
私も一級建築士です。
木造の場合、法20条二号以外(構造計算不要)と同条二号(要構造計算)
に分かれると思いますが、令36条において、設問1(令49防水紙)と2(令41
耐力上の欠点不可)は耐久性等関係規定に含まれており、いかなるルート選択しても
必須です。しかし、設問3(令42土台緊結)と4(令44横架材切欠)は耐久性等関係
規定に含まれていませんので、令36条中の「各号のいずれか」の選択によっては
必須でないケースもあります。
免震構造など、新たな技術が開発される中で仕様規定が障害になるケースがあり
性能規定化への改正がH13年ごろにあり、旧38条で扱っていた免震構造など
大臣認定だったものが一般化した計算方法として明確化された。木造2階だと法6条
1項四号が大部分だが、こちらはかつての曖昧な表現が無くなり、構造計算しない場合
は全ての仕様規定を守る事となって規制強化となったが、当然木造2階でも500m2を
超えれば二号建築となる。また、四号建物も耐久性等関係規定以外の仕様規定について
は免れるルートがあります。よって、基礎と土台の緊結義務には例外があり、横架材など
の中央下切欠きも出来る事となります。

347 :名無し組:2006/10/21(土) 22:59:15 ID:M/B7dPyR
>>346
ごくろうさま。

たしかに、その一級建築士のいうように厳密な正解肢は「3だけ」だけど、
機構は4も正解にするとおもうよ。
基準法に無知な機構は4を正解にするつもりで作ったんだから。

348 :名無し組:2006/10/25(水) 12:21:07 ID:???
資格取得マニア向けの対策本があるそうで・・・・資格マニア達は専門知識がなくても
設問の語句からのみから、形式的に正解を推定するらしい。 そのキーワードの一つが
「例外なく」の句で、こう断定的に表現される問いは、間違いである確率が高いみたい。

[3] 令42条2項 「土台は、基礎に緊結しなければならない」
[4] 令44条「はり、けたその他の横架材には、その中央部附近の下側に耐力上支障のある
欠込みをしてはならない」・・・・なので、単純に [4] だけを誤りにしたいのでしょう。

「例外なく」の句は、引っ掛けのつもりで入れてしまったんだと思うが、問題になる設問
ですね。 せめて「原則として」くらいにすべきところ。

そもそも、正解って公表されるのでしょうか? 公表されないので、問題集などの解答
はセミナー会社や出版社が専門家に依頼して作成しているのではないでしょうか?
 不適切な設問であっても、誰かが指摘して問題にしない限り、当初の予定通りの[正解」
で採点すると思いますね。 だから、[4] の回答以外は不正解にされるのでは?

349 :GS池上901 :2006/10/29(日) 16:24:36 ID:???
保有耐力と剛性率 偏芯率 と DS

耐震偽装等言われてもうそろそろ一年です
拙宅の解体工事は12月からの予定ですが
勉強不足のせいかいまだに良く判らない事があります
剛性率 偏芯率による必要保有耐力の最大倍率は1.5倍ですが
この割り増しの根拠は工学的根拠による物なのか
法的根拠によるものなのか、もし工学的根拠による物ならば
こんな単純で大雑把なな物ではない筈ですよね
また、本当に工学的根拠に基づいて制定された物なのか
はっきりさせたいです
また、DS等という低減率の根拠も非常に曖昧ですよね
国交省のやり方には腹に据えかねる物があるため、ご教授下さい



350 :名無し組:2006/10/29(日) 19:00:40 ID:???
>>349
いわゆる安全係数的意味合いの数値は、建築学会や建築センター
大学研究の成果などを根拠に統計的に決められます。
大まかに100%安全になり、かつ著しいオーバークオリティー
にならないようなバランスで決定した数値だと思われます。
ただし、詳しい根拠の内容については、直接問い合わせない限り
私にもわかりません。

351 :名無し組:2006/11/13(月) 08:21:42 ID:???
結局耐震偽装ってどうなったのよ

352 :名無し組:2006/11/13(月) 09:02:32 ID:NH69SOxl
はじめまして。僕はコンピュータのシステム屋です。いろんな会社のIT業務を月何時間とか、
週何時間とかで請け負って客先に行って、操作を教えたりWebページを作ったり、ネットワーク
を構築したりしています。

お客様に、工務店の方がおられて、その方から金物用のソフトで、N値計算できるもので、
いいものを紹介してください、と言われました。新築木造2階建てが大体のターゲットと
なるようです。
僕は建築の知識は全然です。予備知識としてこのスレを読んだ程度ですw

僕が計算のやりかたを教えるのではなく、マニュアルの読み方や講習がどこでやっていると
いうようなことを教えるまでぐらいの責任分担になっています。だからソフトはこれが
評判がよいみたいですよ、という程度のことを調べてみようと思います。

皆さんに教えて戴きたいのですが、僕の以下の理解でよろしいのですかね?
・N値計算するとなると、柱頭柱脚金物算定することとなる
・耐震診断のソフトで、N値計算する機能のあるものを使うことになる
・耐震診断は旧基準と新基準がある
・新基準には、更に一般計算と精密計算1と精密計算2がある
・だから、どこまで計算するかをお客様に聞かないとソフトが決まらない
・精密計算できるソフトは少ない

353 :名無し組:2006/11/13(月) 15:25:33 ID:???
久しぶりのおばさんです。
前の会社を事実上の首になりました。


今でも、前の会社はあのソフトで耐震診断してるらしいのですが。
評価版になるのでアップデートすることになったらしいのですが、
会社のPCでそれをやったらバグが出た模様。

もう、ハウスドック自体Meはサポート外ですって言われているのですが、
専務は無理してそこをなんとかといって使ってます。
デバイスマネージャのバグを直してもらうのを電話で無理やりサポート
してもらっていました。ソフトのメーカーの人に。
一週間くらい、会社のMeがずっとデバイスマネジャーの画面のままでした。

>>321
ん〜おばさんは、そこまではわからないのです。

354 :名無し組:2006/11/13(月) 22:15:27 ID:PqSgVTc2
姉歯事件はどうだったのよ?
何が問題だったの?

355 :名無し組:2006/11/15(水) 00:06:19 ID:???
>>353 <Meはサポート外>?
以前は、動作環境「対応OS」windows98/ME/2000/XP と書いてあったけど
現在は、確かに「対応OS」windows2000/XP となっていますね。
おばさんの前の会社が文句を言ったから、ME をサポート外にしたのかもね。

私の場合は、ME でも動作させているので、バグとは言い切れないと思う。
 (体験版・スタンドアロン版Rel.2000〜2004のどれでも動作)
ただ、アプリを終了させた後、メモリーが不足するためか、Windows 自体の
挙動が少し変になることはあるけど(評価取得版になる前からそうだった)。
どちらかと言えば、、専務さんのPCの環境の側に問題があると思いますよ。

356 :名無し組:2006/11/15(水) 06:11:12 ID:???
>>352
>工務店が使う金物用ソフト、新築木造2階建のN値計算

独断も含んだ、個人的な意見です。参考にしてください。

新築工事なら、耐震診断ソフトを使う利点はなく、新築用の方が良い。
在来軸組工法か、枠組壁工法(2×4:ツーバイフォー)かでソフトは異なる。
N値計算は2階建まで。3階建の柱接合金物は構造計算ソフトによる。
N値計算のみ?壁量や偏心率や品確法の検討もする?で異なってくる。

・精密診断2が可能なソフトも存在するが、高価で高度で主に新築用。
・精密診断の計算は詳細だが、調査が困難、推定だらけの入力になる。
・どの診断法を採用するかは、診断側が一方的に決めている事が多い。
  一般/精密の違いを、お客様に説明しておくべきなのに、しない。
  新基準が出た後も、それを説明せず、20年前の旧基準で診断する。
 診断者側の都合/能力/使用ソフト等により、診断法は決められる。

357 :352:2006/11/16(木) 00:00:28 ID:6D+Aap9T
>356
をを、ありがとうございます。一応、ぐぐったりして以下のようにまとめてました。

*下に行くほど多機能
* Excel N値計算 ベクターフリーソフト ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se182088.html?g
* Excel Ncalc ¥3150 ttp://www.mokuzou.com/20_tool/tool_01_soft/01_ncalc_000.html
* JWW 木造柱N値計算 フリーソフト 要 AWK ttp://homepage2.nifty.com/kiti_ku/
* Super Build イシロー N値計算 ¥52,500 ttp://www.unions.co.jp/structure/1460/?gclid=CNvJjIm4xYgCFShCYwod01XmKA
* 耐震診断Pro + N値計算 ¥180,000 インテグラル ttp://www.homeskun.com/shop/kakaku.html
* HOUSE-DOC + N値計算 ¥189,000 (パッケージ版)構造システム ttp://www.kozo.co.jp/
*下の2点の耐震診断Pro とHOUSE-DOC を使用する場合、構造計算を行った上でN値計算をすることとなる。
*構造計算については、やりかたが多数あり、どこまで計算するかをあらかじめ決めておく必要がある。

…としていたのですが、新築なら、耐震診断ProやHOUSE-DOCではないものを使った方が
いいのですかね。
依頼された所は、在来軸組工法っぽく、また、N値計算のみっぽい依頼なので、リストの上4点
なんかでもいい?
あと、構造計算しなければ、一般/精密、旧基準/新基準は関係ないのでしょうか???


358 :名無し組:2006/11/16(木) 11:21:06 ID:???
N値計算なんて手でやれよ、普通の規模なら1時間あれば出来るだろ
それが出来ない奴がソフト買ったところでチェックの仕方も分からずに
検討違いな金物つけるのがオチ。ちなみに上3つのソフトは自分で計算できなきゃ使い物にならん。

>>あと、構造計算しなければ、一般/精密、旧基準/新基準は関係ないのでしょうか???
意味がわかりません


359 :名無し組:2006/11/16(木) 21:36:17 ID:???
>>357  >リストの上4点なんかでもいい?
部分的な柱だけを計算るすなら、パターン表のExcelシートでもOK。建物全体の柱の計算なら、
柱や耐力壁データを配置できるソフトになる。何れも各種フリー/シェアウェアが多数存在。

「N値計算のみ」としても、使用目的が耐震診断か新築(確認申請)でソフトが違ってくる。
ここは耐震診断のスレなので、新築ならば、そもそもスレ違い。
N値計算は元々、改正基準法(2000年)以降の新築に用いるので、基準法の耐力壁だけを対象に
している。枠組壁工法ではN値計算は不要。(パネルなので柱がなくN値計算できない)
品確法(性能表示)や耐震診断でも、このN値計算を準用しているのだが、非耐力壁をも対象に
しているため、対応が複雑になり見解が分かれる。非耐力壁を含めて計算する、含めずに計算し
オーバースペックを避ける、の2つの見解がある。一般的には、非耐力壁を含めない計算が多い。

新築の場合でも、壁量や偏心率と合わせて計算するのが普通で、N値計算のみは……考えにくい。
 (柱や耐力壁のデータを、N値計算だけのために、わざわざ最初から入力する必要があるので)
確認申請に使うなら、素性が確かなソフトがよい。さもないと建築主事が認めないこともある。
2階建の確認申請で告示1460やN値計算をチェックする行政庁は、現在のところ横浜市など小数
に限られるが、今年末までには全国的に拡がる。無知な建築士が多く、中間検査が強化される。

360 :名無し組:2006/11/17(金) 06:03:09 ID:???
↑ 359 間違い
>確認申請に使うなら、素性が確かなソフトがよい。さもないと建築主事が認めないこともある。
  これは、N値計算ソフトのことではなく、
  偏心率を計算するソフトのことでした。
  書き間違えました。スマソ。

361 :名無し組:2006/11/17(金) 14:35:34 ID:???
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/doboku/1125559018/341n-346

362 :名無し組:2006/11/30(木) 14:31:03 ID:???
↑ チョットォ〜! これ何なのよ。 プンプン!
他スレで引用するために、貼り付けたリンクなの?
なら、記事そのままを他スレにコピペ、or 他スレでリンク張ればいいでしょうに。
他スレで参照・マルチコピペし利用するにしても、礼儀があるんじゃありませんか?

議論するまでもなく、こんなのは没問。 建築士の間でも論争が生じるような設問は。
「例外なく」の句を引っ掛けで入れ、適切な設問じゃない。問題作成者の品位を疑う。
そもそも、問い合わせがあるまで、正解を検討し公表しようとしない機構がイカン。
(で、正解肢は、機構の結論は「3だけ」? 予備校がこぞって速報したように「4」?)

363 :名無し組:2006/12/02(土) 10:54:43 ID:???
問49については、正解肢を二つとします。 問49[3 , 4] ←(^^;
やっと発表されましたね。 平成18年度宅地建物取引主任者資格試験 正解番号

正解肢は一つだけ…が暗黙の大前提だから…没問にすべきですよね。設問選択での不公平、
試験自体の不成立、受験料の返却……など、事務的にどう解決するかの問題は別にして。

364 :名無し組:2006/12/02(土) 11:19:09 ID:???
↑ 事務的な処理としては「問49を選択した場合、全員正解」でも良いと思います。
「正解肢は一つだけ、とは限らない。 世の中、正解があるとは限らない」とか
「こうした没問を選択すること自体、選択した人が愚か」とでも強弁するつもりなのかな?

365 :名無し組:2006/12/02(土) 13:21:38 ID:???
正解肢を二つとした根拠・釈明って示されてるのでしょうか。 Web で公開? Faxで問合せ?
もし根拠が示されたのなら、読んでみたい。 根拠・釈明、それ自体がまた議論を呼ぶと思う。

肢3 「2階建ての木造建築物」とは、単なる4号建築物で、構造計算が不要の意味ではなく、
「例外なく」と書かれている以上、あらゆる全ての場合を考慮した回答が要求している。
仕様規定のルートでも、実験または許容応力度等の計算で安全が確認される場合はOKのはず。
性能規定のルート(時刻歴応答解析・限界耐力計算)では、仕様規定に縛られることも無いはず。

366 :名無し組:2006/12/11(月) 18:15:09 ID:???
「ホームズ君 耐震診断Pro」の別売オプションに、精密診断2「限界耐力計算」があります。
過去レスにもある通り、粘弾性の制震ダンパーを評価できるので、関心を持っています。
このオプションを使った経験のある方、恐縮ですがご感想などをレスくだされば幸いです。

この「限界耐力計算」オプションはプログラム評価取得の対象外でしょうし、この計算法の
適用においては高度で専門的な知識が必須であろうことは、想像に難くないのですが…。
(なお私は、EXCELシートを未だ入手できていませんし、また自作もしてはいません。)

367 :名無し組:2007/01/16(火) 01:15:48 ID:???
耐震工事のもう一つのスレでは某耐震工事推進団体が
非難の的になってるね…

368 :名無し組:2007/01/21(日) 20:59:50 ID:???
当然といえば当然

369 :名無し組:2007/01/22(月) 02:00:47 ID:???
その団体に耐震診断をしてもらった素人さん達が、営業方法や
耐震補強の内容に疑問を抱き、書き込みを始めたものだから....
団体の傘下加盟店サイドの人は『誤解?』を打消しすのに躍起
になっているみたい。だから、批判に対しては必ず『反論?』
するようになったようで....擁護するレスも増えていますね。

370 :名無し組:2007/01/22(月) 22:23:38 ID:???
マジメに取り組んでいる人間にとっては、迷惑極まりないんだが。
適当な緩い基準で適当な工事をして、消費者の信用を失墜させるような団体は…


371 :名無し組:2007/01/24(水) 22:53:21 ID:???
やはり、そういう意見が多いのでしょうか。個人事業主から見ると

372 :名無し組:2007/01/28(日) 13:35:25 ID:???
個人事業主に限らず、真摯に取り組むものから見ると、そうなる。
個人事業主とは、団体に加盟していない会社のことを意味する?
団体に加盟していない会社は、すべて個人事業主と見なされる?
駄目なものは駄目で、団体への加盟、企業規模の大小に関係ない。

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)