2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【自家調合】写真と化学【実践本位】

1 :あるケミストさん:2007/02/18(日) 01:55:38
写真の原点は化学。小西六のようにカメラや写真用品のメーカーも
創業は薬品屋さんというところも多いです。
最近はデジタルカメラ全盛で銀塩写真は衰退の一方で、富士はフイルムや
処理薬品ラインアップを大幅に絞り、何となくサバイバルの様相を体して
来ました。銀塩写真を続けるためにはまた百年前に戻って硝酸銀から
フイルムや印画紙を自作するしかない時代になるかもしれません。
そんな時代を背景に、さて実践一点張りの写真屋と化学屋との接点は
あるのかないのか?さあ語れやごるぁぁ。

…というわけで化学屋さんのそこのあなた、書いてね。

2 :あるケミストさん:2007/02/18(日) 02:10:56
一応カメラ板のスレッドです。

自家処方 カラー モノクロ 調色など 2
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/camera/1168610408/l50

3 :あるケミストさん:2007/02/18(日) 02:16:43
質問なんですが、試薬で写真に使える物がかなり多いんですが、
というかほとんどが試薬で手に入るのですが、試薬メーカーごとに
品質の差ってあるものなんでしょうか?というのはどこかの化学メーカーの
研究レポートちょっと見てみたら「XX薬品の試薬を使用」というふうに
ちゃんと注がついてるんですね。試薬メーカーによって実験結果が
違くなったりするんでしょうか?

4 :あるケミストさん:2007/02/18(日) 02:29:54
>>3
論文では試薬をどこから調達したかは必ず書くことになっている。
試薬の調達元によってある反応が進行したり、しなかったりという
こともあるから。

でも、現像に関しては少なくとも試薬の調達元が違ったからといって
現像がまったく進行しなくなるというようなことはないと思う。
でも、扱っているのが「色」でしょ?
色については微量の不純物でも影響を受けることがままあるから、
ちょっとした試薬の不純物の違いとかで、できあがりの色調が変わったりする
可能性はあるんじゃないだろうか。

5 :あるケミストさん:2007/02/18(日) 02:47:49
>4 ありがとうございます。やはりルールがあるんですね。

写真の自家現像や自家プリントは9割くらいは白黒だと思います。
だから色調は関係ないのですが現像の進行にある程度影響することも
あるんでしょうね。
でさらに少数の人はネガカラーの現像やプリント、さらにはスライド用の
リバーサルカラーの現像までやるんです。さすがにリバーサルになると
調合が非常にシビアで、沃化カリウム0.001%液を5ccなんていうのがあるんです。
これで本当に変るのか信じがたいんですけれど。

自分は実用になるのは今はネガカラーの現像まででリバーサルの現像は
実験レベル、大事な本番写真はラボに出すようにしてます。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)