2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

化学系の大学院留学について

1 :あるケミストさん:2007/01/11(木) 22:49:41
海外の大学院に進学を考えているのですが、
留学に関して専門のスレがないので建てました。

・どこの大学院が面白い研究をやっている。
・どこの大学院が化学のどの分野に強い。
・実際に留学してみて苦労したこと、後人に対するアドバイス。
・授業料はただと聞きますが、実際どれくらい費用がかかったか。
・TOEFL、GMAT以外の面での英語の勉強法。

など、何でも良いので情報があれば教えて下さい。

2 :あるケミストさん:2007/01/12(金) 14:10:06
どなたかお願い致します。



3 :あるケミストさん:2007/01/12(金) 17:04:51
俺もちょっと気になる
学部卒業してすぐ海外の大学院って無理なのかな?

興味あるので誰かお願いします

4 :あるケミストさん:2007/01/13(土) 17:43:32
留学

5 :あるケミストさん:2007/01/14(日) 01:31:36
英語の勉強のために海外留学するのは分かるけど、化学をするためにっていう理由がよく分からない
日本の化学は進んでるよ

6 :あるケミストさん:2007/01/14(日) 02:17:29
だよな〜まぁトロントなんていいと思うんだぜ?

7 :名も無きマテリアルさん:2007/01/14(日) 19:52:16
>1
日米を勝手に比較しました。
>日本の旧帝大<
設備、装置、費用は充実。安全設備いまいち、でも、使用者の(なぜだか)
安全な使い方に守られて、あまり大きな事故は聞かない。成果が出れば、
JACSもAngewもそこそこ通る。でも、教官は忙しいことが多い。でも
気に入られれば、そこかどこかの大学の助手にしてくれる。
>米国の上位の大学<
実は、設備、装置は貧弱。大学内の資金は寄付に頼るところも多いので、
そういう寄付は当然、バイオやメディカルに流れることが多いので、
力関係では、化学はかなり下であることも多い。しかし、NSFやNIHなど
外部からの費用はまあある研究室もある。だから、そういうところは
優秀なポスドクや学生を雇う。安全設備や安全教育にはうるさいが、
結局各個人が安全に気を細かく払わないので、片腕が吹き飛ぶ事件も
ちらほら聞く。もともと優秀な学生ポスドクである上、教官も議論に
割ける時間は日本より多いほうなので、よく議論吟味したうえで、
JACSよりもうワンランクアップすることも良くある。(Science, Nature)
でもJACSも、おかしいくらいよく通る。
>日本の下位の大学<
学生もだめ、金も無い、設備も無い、知識も無い、人望も無い。
年会だして満足。困ったときのChem.Lettと豪語する。

まあ、海外の大学に研究で行く際の「敷居」は、学年が上がるとともに低くなる。
理由
学生で入学するとTOEFLやGMATなどのスコアも要求されるし、
学生ビザ取得などの困難さもある。

しかし、ドクター取得後やJSPSなどのグラントとった後なら、
TOEFLスコアも要求されないし、基本的にJビザになるので、
SSNもとりやすいし、それに続く免許も取りやすいので、生活面で楽になる。
しかも、JSPSのように日本でグラントとってれば、受け入れ先のボスに対しては
大きな顔ができる。「お前からお金なんてもらっていねぇ」って感じ。

8 :あるケミストさん:2007/01/14(日) 20:44:08
         ,. -‐v―- 、
                  ヽ
        /  //_/ノハL!L!i
     r‐、 i  彡       .i ,-ァ
     ヽ ヽ!_ 彡 fて)  fて) .Y -く  飯田橋の不死屋だ!
      [i 6 ●( ヽ  ^ __,. ●ト、/ <喰っても死にはしねえから黙って喰え。
      . ト-' 、  `  ̄ ̄  .ノ      特にK科の理大生は、免疫つけるためにも必食だ!
          >  ___ <_
        /ヾ ヽ   ヾ ヽ\
       /   | ◯ ̄ ̄ ◯ |/ヽ



9 :あるケミストさん:2007/01/15(月) 08:01:47
全米における化学の大学院ランキング(名門5大学)は
1位カリフォルニア大学バークレー校、MIT
3位ハーバード大学、スタンフォード大学
5位プリンストン大学
http://www.grad.berkeley.edu/publications/pdf/usnews_rankings_2006.pdf
バークレーは数年連続で全米1位の状態。

最近の欧州勢の凋落ぶりを考えると、
化学系大学院じゃ、バークレーとMITが全世界1位と考えて良いじゃないの。


>>7
>実は、設備、装置は貧弱
そうかなぁ?上に挙げた大学の研究室を3つほど見学したことあるけど、
どこも旧帝大より設備が全然上だったけど。

レベルの高い研究室だったせいかな。
名門研究室だとポスドクや大学院生の多くが
お金を自力で取ってくるから人件費のほとんどを割けるし。

10 :あるケミストさん:2007/01/15(月) 08:41:08
教授が推薦状書いてくれるのかが心配
推薦状で合否が決まるといっても過言ではないと聞くし



11 :7:2007/01/15(月) 08:52:33
>9
確かに個々の研究室の話は良くわからん。
だから、1には大学で選ばず生きたい研究室で選べといいたいところだが、
大学全体の共用装置となると、米国の大学自体が持っているそうちは結構貧弱だと思う。
例えば、旧帝大の有機化学の強いところなら600とか800MzのNMRをいったい何台持ってるんだ
ってところもあるけど、米国の大学の化学教室だと、400位のNMRくらいしかない。でも、
そういった装置に、技官を一人つけられるくらいの人件費はちゃんと
もってるので、日本よりメンテナンスは行き届いてるかもしれん。
あと、アメリカの大学というより、国立研はすごいと思う。
そのランキングのBerkeleyもBerkeleyのキャンパス内で維持しているというより、
後ろにあるLivermoreが維持しているという感じで、逆にStanfordが3位たる所以は
BioとMedicが強いから。確かにこの2つのDept.の設備はどこの大学でも最強。

12 :あるケミストさん:2007/01/15(月) 23:20:35
MITの化学科だと600MHz級が数台あるよ。技官が一括管理してる。

Berkeleyが良いってのはよく聞くな。
同期がポスドクしてたけど、設備だけじゃなくて
住んでる環境にも満足してた。Berkeleyの住人はみんな親切って。

MITだと
Moungi G. Bawendi
Christopher C. Cummins
Gregory C. Fu
Stephen J. Lippard
Richard R. Schrock
Timothy M. Swager
学会で喋ったときに、C. C. Cumminsは本物の天才って
F. A. Cottonが言ってた。
Cumminsは30歳ぐらいでFull Professorになったんじゃなかったっけかな。
Cottonが持ってた最年少教授の記録を破ったとか言ってたような気がする・・・

13 :あるケミストさん:2007/01/15(月) 23:22:48
Harvardだと
George M. Whitesides
Hongkun Park
Charles M. Leiber
ぐらいしか知らん。誰か補完してくれ。

14 :12-14は同一人物:2007/01/15(月) 23:23:55
Berkeleyだと
A. Paul Alivisatos
Peidon Yang
K. Peter C. Vollhardt
Gabor A. Somorjai
Kenneth N. Raymond
Jean M.J. Fréchet
Christopher J. Chang
Alexis T. Bell
かな。若手じゃP. Yangの名前をめちゃくちゃ良く聞く。
College of Chemistryは良いんだけど、
Chemical Engineeringは相当しょぼい。

15 :あるケミストさん:2007/01/16(火) 02:58:49
Scripps Research Instituteは結構レベル高いよ。
米のどっかのランキングでは、Harvardに次いで2位だった(Berkeleyも2位)
有機合成や生物化学系がめちゃ強い。

例えば有名な教授だと
Dale L. Boger
K.C. Nicolaou
Peter G. Schultz
K. Barry Sharpless
Chi-Huey Wong
などなど。

ただ理論、反応系をやりたい人には向いてないかもしれない。

16 :9:2007/01/16(火) 04:48:53
>12
をを、さすがMIT。でも800クラスになるとどうなんでしょう?
MHzだけで論文やレベルが決まるとは思わないけど、
装置自体の値段には跳ね返ってくるからね。
日本なんて、宮廷の某Nでも800を持っていたような。
まあ、「化学科」としてどんな装置を持つかは、その
化学科にどういう分野の人がいるかで決まるだろうから、
たとえば、バイオとか有機が、化学科じゃなくって、生物学科とか
医学のほうで強いところだと、化学科自体のもつ装置は
変わってくるだろうね。
まあ、大学院とか大学じゃなくって、やっぱり研究上の教授で
決めるべきだろうな。。。
>15
あそこは、海外学振で行く人を良く聞くね。実際、採用者リスト
みると、多い感じがする。

17 :15:2007/01/16(火) 21:27:28
>>9
日本の留学生が自力でお金をとるのは、日本国内の奨学金しかないのかな?
学振無理だし、米のはダメだって聞いたけど。

18 :あるケミストさん:2007/01/16(火) 21:33:35
海外製薬ベンチャーで働いた方います?
給料は、ポスドクでどのくらい?
40歳でもシニアーサイエンティストでなく、ヒラのままだと、
やはり30歳のポスドクと同じくらい?


19 :あるケミストさん:2007/01/16(火) 22:09:39
博士課程は全額免除してくれるんでしょ?

20 :留学関係のホームページ:2007/01/16(火) 22:36:42
この↓ブログ(理系留学のススメ)を最近見つけたけど、本当に良いと思う。
化学系じゃないけど、Ph.D.留学の参考にはなる。
http://phd.blog50.fc2.com/

スタンフォード日本人会
http://cgi.stanford.edu/group/SJA/cgi-bin/index.php

バークレー留学の準備
http://groups.haas.berkeley.edu/japan/setupmanual/ch1.pdf
アドレス最後の"ch1"をch2〜7にすると、
それぞれのpdfファイルが見れる。

日本MIT会
http://www.mit-j.org/link.html

21 :あるケミストさん:2007/01/16(火) 23:38:48
良スレ過ぎてワロタ(w

22 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 00:10:03
>>20
参考になります
推薦状が難関ですね・・・

23 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 02:24:12
私の化学関係の知り合いの中だと
海外の大学院へ行ったのはポスドクとして
行った人だけです。
その人とは直接お会いして話したことはないので
分からないのですが、なぜ博士課程・修士課程から
行かずポスドクから行く人の方が多いのでしょうか?
それはやはり英語力の問題なのでしょうか?
それとも入りやすさによるものなのでしょうか?


24 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 02:41:00
お客様扱い
期間短い
自分の金

25 :9:2007/01/17(水) 06:10:43
>21
たまにはこんなのもいいじゃない。

26 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 14:04:13
>24
回答ありがとうございます。
上2つ分かるのですが、「自分の金」というのはどういうことなのですか?
博士課程だと授業料は免除してもらえるということは聞きますが
ポスドクの場合だと免除ではなく、逆に給料がもらえるということですか?

それともう1つ質問なのですが
博士課程だと学部生の授業をしなければならないですが
ポスドクだと研究とRAを没頭出来るのでしょうか?
或いは授業をすることで給料アップしたりなどするのでしょうか?


27 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 16:03:36
ここは優秀な人が集まってますね
三流地方州立、化学じゃなくて化工、修士で留学中です。
マイナーな学校というのもあってか、授業料免除+生活費もらってます
何かあれば答えます

28 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 16:28:57
>>27
早速なんですがいろいろと質問してもよろしいでしょうか?

・三流大学の方が一流大学と比べて授業料免除+生活費を特典を
 受けやすいのでしょうか?
・本で読んだのですが、修士修了と博士修了の直前に
 ものすごく難しい試験(口頭或いは筆記)があるらしいのですが
 どんな感じなのでしょうか?特に博士の試験は恐ろしく難しいらしいのですが。
・留学するに当たってTOEFL、GREなどの資格で点数を取っておくことは
 入学条件にありますが、願書を出し入学が決まった後で
 入学前に語学学校で3ヶ月ないし、半年ほど勉強してから
 入学することも可能なのでしょうか?

29 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 16:38:53
>>27
学部のときに、どうやって研究室を選びましたか?
一度、日本の院に入り国際学会などに出席すれば
ある程度海外の研究室、研究のことも見えてきますが
学部のうちにはそういう機会はほとんどないですよね?
教授の薦めなどで決めたのでしょうか?


30 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 17:34:05
>>27
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!
三流大学って言っても日本と違ってランキングはあまり気にする必要ないですよね
特定の分野はかなりレベルが高かったり名物教授がいたりするって聞いてます
出願するに当たって推薦状を書いてもらうのが一番大変そうに思えるんですがどうでしょうか?
学部卒の場合依頼できる人は相当限られてきますよね、どのような関係の人に依頼しましたか?

31 :27:2007/01/17(水) 17:41:09
>>28
>三流大学の方が一流大学と比べて授業料免除+生活費を特典を
>受けやすいのでしょうか?
やはり有名な大学は全世界から優秀な人間が集まってきますので
Assistantshipどころか、入学許可も下りないことが多いです。
「ランキングに出ない」という意味で三流と書きましたが、
私の大学はいわゆる研究型大学に分類され
地方の不便なところにありますが、研究レベルは悪くないです

>ものすごく難しい試験(口頭或いは筆記)があるらしいのですが
Defenseのことでしょうか、論文提出の前の口頭試問ですが、
これは私も経験がないので詳しくはわかりませんが、
やはり、自分が中心となってやってきたことに対する質問ですので
あまり答えられないようだと落とされることもあるでしょう。
ま、修士号は基本的に努力賞という感じですので、
よっぽどへましない限り大丈夫だと思います(そう願いますw)

>留学するに当たってTOEFL、GREなどの資格で点数を取っておくことは
これは出願の前提条件ですので、大学院の出願までにそろえることが必要です。
学校によるでしょうが、TOEFLは基準に達していなくても、Conditional
(条件付)の許可が下りることがあります。
現に私は渡米を決意したときにまったく語学だめでした。
TOEFLも基準には遠かったので半年ほど語学学校で訓練しました。
コレは金かかりますが、語学学校にいる間にアメリカ人の友達なんかが
できるチャンスがある、アメリカに慣れる、という意味で私には
大いに役立ちました。渡米前は外国人に話しかけることさえ
できなかった私が日本に一時帰国したときに何の抵抗もなく、
ほぼ問題なくコミュニケーションが取れていましたから。

32 :27:2007/01/17(水) 17:42:31
>>29
私は学部時代の研究とはまったく別の分野を選びました。
研究室の教授にも意見を仰ぎましたが、やはり興味が違うことに向いていましたので。
もしあなたが学部生で、修士号を目指すのなら、かつ「これで食っていこう」という
分野にめぐり合えていないのなら、逆に好都合かもしれません。
とりあえず入学許可が下りてからでも分野の決定はできるはずですし、
授業料免除を狙うならなおさらFaculty membersの懐具合にも左右されます。
実際、私も当初はBiomassやEnvironmentalの研究がしたかったのですが、
Fundingの都合でPetrochem & Thermodynamicsで行くことにしました。

33 :27:2007/01/17(水) 17:54:11
>>30
>三流大学って言っても日本と違ってランキングはあまり気にする必要ないですよね
>特定の分野はかなりレベルが高かったり名物教授がいたりするって聞いてます
そうなんです。地方だからと言って、全てに劣るわけではありません。
現に私の大学は農学関係の学部が全米トップクラスです。

>出願するに当たって推薦状を書いてもらうのが一番大変そうに思えるんですがどうでしょうか?
やはり大学院ですので、学部の教授が一番妥当でしょう。
最低3通は必要になるでしょう。
あなたが学部で学業優先なら、学校の先生*3
そうでもないなら大学の教授*2+部活顧問なりバイト上司なり*1
でいいのではないでしょうか

34 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 18:13:23
>>27
修士から入学の仕方は分かるのですが
博士から入学はどんな感じなのでしょうか?
TOEFL、GREと志望動機、推薦書と
修士と同じなのでしょうか?
よく聞く話だと学部→修士→博士→ポスドクと
上がるにつれて1流大学でも入りやすくなるそうなのですが
どうなのでしょうか?

それとGREについてなのですが、これは何回も受験するとその平均値を
取られてしまうので一度だけ受けて高得点を取る必要があるというようなことを
本などで見かけるのですが、実際どうなのでしょうか?


35 :27:2007/01/17(水) 18:46:51
>>34
>博士から入学はどんな感じなのでしょうか?
これは私も未経験なのでよくわかりませんが、
入学審査も修士で必要な書類・試験の点数+研究分野の合致、実績などが
入ってくると思われます。
いったん入学許可が下りれば当然、Fundingは下りやすくなると思いますよ。
研究分野の近い先生が欲しい学生しか取らないでしょうし。

GREに関しても学校により様々です。基準に達していないと門前払いのところもあるし、
脚きり程度に使われる学校もあります。うちの大学はProgramにより様々ですが
ゆるいところはGREなしでもいい。きついところはGREのGeneral+Subject(Chemistry)
と一概には言えません。ご了承のほど。
回数に関しても、受験料も安くないし、十分対策してから受験した方が得策かと

36 :あるケミストさん:2007/01/17(水) 20:07:49
>>34
> それとGREについてなのですが、これは何回も受験するとその平均値を
> 取られてしまうので一度だけ受けて高得点を取る必要があるというようなことを
> 本などで見かけるのですが、実際どうなのでしょうか?
それはほとんどないと思います。
受験ごとの点数がすべて送られるのですが、その中で一番いい点数で評価するのが
普通です。一度で高得点を取るのが理想ですが、二度三度受験したところで不利には
ならないと思います。

ただ受験料は高いし、年5回まで受験可能であることやTOEFLよりハイレベルであることから
十分な対策が必要です。また今年の8月くらいから試験形式が新しくなるはずですので
気を付けて下さい。

37 :ちゃちゃですが:2007/01/17(水) 23:40:22
アメリカでPIをされているアメリカの大学院出身の人は
みんな“世間的に一流”と言われている大学院でPh.D.を取っている。
これは事実です。

にも関わらず、
> 三流大学って言っても日本と違ってランキングはあまり気にする必要ない
と考えるのがわからない。
世間的に一流と言われている大学院は、
学部のレベルに関わらず一流の大学院教育をしてますよ。

専門のレベルとその大学全体のレベルは大体一致するし、
もし行けるなら一流の方が良いに越したことはない。
三流でも ってのは言い訳に聴こえる。

38 :あるケミストさん:2007/01/18(木) 12:55:28
>>37
それは大学での教職員の場合でない?
どうして「一流大学でPIになれる」→「一流大学以外はダメ」ってなるの?
みんなPI目指すわけでなかろうに。

大学によっちゃ特定の学科を強くするため優秀な人を集めたりしてる。
例えばUC SFやU of Wisconsin-Madisonがbiochemistryに強かったり
U of ArizonaやU of Michigan-Ann Arborはanalytical chemistryに強かったりするでしょ。

あなたの言ってることは上記の大学に行く事や
有機化学で例えると、UC IrvineのOvermanの所へ行く事、
Colorado StateにいるWilliamsやWoodの所へ行く事を否定してるよ。
そりゃ、優秀&有名な教授の大部分が一流大学在籍だけどね。すべてじゃない。


39 :あるケミストさん:2007/01/18(木) 13:47:37
そこがアメリカの大学院の魅力ですよね?

40 :あるケミスト:2007/01/18(木) 17:40:56
>38
その通りですね。
UCSFはバイオとメディカルが本当に強くて、たったそれだけなのに、
たしか、何かの雑誌(Newsweekかな)の全体の大学ランキングかなにかでも
9位くらいに食い込んでた気がするね。
Arizona Stateは今はどうか知らないけど、一昔前は電顕のメッカと言われてて、
いま日本で電顕の研究室開いている多くの人がここの研究員経験者だったりするくらいだね。
カーボンナノチューブの飯島先生もArizona State時代があったはず。

アメリカの地方の大学でもそういうところは、ちゃんと実績もあげてるし、
NSFもNIHもミリタリーも企業もお金出してくれるから、
さらに強くなっていったりするしね。

あと、大きな有名大学がそばにあると、周りの大学にも結構、授業とかを持ってたりして、
授業という意味での教育はちゃんと受けられるってのもあったかと。

41 :あるケミストさん:2007/01/18(木) 19:36:00
修士から入る場合には学部のときの成績が大きく聞いてくるそうですが
博士から入る場合って学部のときの成績って関係ないのですよね?
学部のときに成績が悪くても修士のときに良い成績さえ収めていれば
博士から簡単に一流大学に入ることは可能なのでしょうか?

42 :あるケミストさん:2007/01/18(木) 20:29:42
>>41
修士での成績はみんなほぼ全優レベルなので、
実績、研究内容によるでしょ。さすがにそんな簡単じゃない

43 :あるケミストさん:2007/01/18(木) 20:42:26
学部の成績悪いから無理かな・・・・orz

44 :37:2007/01/18(木) 21:45:32
UCSFもWisconsin-Madisonあたりも“一流”大学だと思いますが・・・
テニュアのあるPIはアメリカの人気職の一つであり、
優秀でない人間が就くことはありません。
つまり、PIは優秀と認められ
その未来を期待される人たちです。
そんな人達が一流大学から圧倒的に多く排出されているのは“事実”です。

>>38
否定ではなく、自分のその後のキャリアアップを目指すなら
(PIとか関係なくです)
どこまでも上を目指す方が当然良い。
自分の人生に期待し、自分の可能性をもっと大きく広げたいなら
世間的に評価され、それに応えるための教育的努力をしている
一流大学を選ぶべきだと思います。
行きたい研究室があると言っても、
本当にそこまで行きたいところですか?
似たような研究をやっている研究室は一流大学にもあるでしょう。
それならそっちを選ぶほうが断然良い。

45 :37:2007/01/18(木) 21:46:06
夢でアメリカ留学したいなら、
そのときの自分で行ける三流大学で良いでしょうね。
それまでのスレの流れで、
三流大学“でも”良いよねというのを感じたので、
一言書き込んでみました。
コロラドの田舎大学の悲惨さと
ハーバードの超一流の大学院教育(特にproposal)を見てきて
肌で感じてきたことです。
教育内容も、学生のレベルも、圧倒的に!!違います。

ちなみに、ここでみんなが聞いていることは、その大体が
「切磋琢磨するアメリカの科学者たち」という本に載っています。
この本の前半部分に、アメリカの学部&大学院の
入学と教育の仕組みがその裏側まで書かれています。

あと、ポスドクなら大学名関わらず研究室で選ぶ方が良いです。
飯島先生は研究員でアリゾナ州立大学に移られました。
それまでに十分なTEMの技術を持ち、
それをもって米国で自分の意思を持って腕を磨かれました。

46 :37:2007/01/18(木) 21:56:56
自分で見てて良いネタだとワロタ。

>>44
排出→輩出です。

47 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 04:53:11
>>44
そうね、確かにトップ大学だと教育内容充実してるし、後々のキャリアップ含めて優秀な人間とも触れ合えるしね。
行きたいだけで三流大学選んだら、日本に戻っても何も残らない可能性が高いし。
ただ、
 > アメリカでPIをされているアメリカの大学院出身の人は
 > みんな“世間的に一流”と言われている大学院でPh.D.を取っている。
 > これは事実です。
ってあったから一流大学はHarvard, Yale, Berkeley, MIT等の難関大学の事言ってると思ったのよ。
(簡単に言うとTOEFL-CBT 250点以上必須大学)
UCSFやMadisonなんかよりも遥かに多くのPIを輩出してるからね。(正直、一流大学の定義ワカラン)

あと、やりたい研究で大学決まってしまうのもあると思うよ。
教育内容の充実さで選ぶ人もいれば、研究内容や人で選ぶ人もいるし。

例えば、ウチがやりたい有機合成主体で医学をアプローチするのも、MITやHarvardといえどもなく
合成でガン機構の解明してるSamuel Danishefsky教授が唯一の候補くらい。(候補とっても少ない)
多分選べたとしてもHarvardよりDanishefsky教授のいるSloan Kettering Instituteを選ぶと思う。
(でも既に70近いから退職とかが、すっごく心配)
そんなもんじゃないかなぁ、向こうに行こうと思ってる人は。

48 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 06:05:26
ちなみに、Columbia帰りの人から聞いた話だけどColumbiaの学部生のレベルが高いから院のレベルが高いとは
限らないそうだ。知ってる人もいると思うけど進学希望のアメリカの学部生は他大学に移るのが普通だからとな。
そこだけだと信じたいが、学生は結構口がうまいらしく、のらりくらりしてるのが割といるらしい。
(ポスドクは必死だから別だって)

その人曰く、Columbia含めてアメリカで院過ごすと視野や価値観が広がって楽しいらしい。
日本のそこらの兄ちゃんが握ったようなスシが売れまくるのを見て、「化学なんかやってる場合じゃねぇ!
スシ握った方がよっぽど儲かる!」と心揺らいだそうだ。

あぁ、書類が終わらない・・・(ーωー;)

49 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 15:21:42
ぶっちゃけ、アメリカの大学院に入るよりも
日本で外資系の企業に就職する方が簡単ですよね?
ということは外資系の企業に何年間か勤めて、英語の勉強だけでなく
経験も身につけてからアメリカの大学院に行って博士取った方が
スムーズに行くのではないかとどう思いますか?

50 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 15:23:08
一流とか三流とか話する前にどこまでか線引きか定義が必要じゃね?

たとえば、
一流:ランキングによく出る有名州立・私立大学
二流:少なくとも博士課程まで充実してるトップ州立大学
三流:大学院がない住民向け大学
番外:リベラルアーツカレッジ

とか、こんな感じで大雑把に分けないとどのレベルまでが一流か
というのは人によって違うと思うし

51 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 15:24:51
外資でも会社による。バリバリ欧米文化の会社もあれば
ほんとに外資か?って首傾げたくなるような日系なみの外資もある

52 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 16:42:58
>>51
確かにそういう話はよく聞くのですが
バリバリ欧米文化の会社というのは例えば
どういう会社があるのでしょうか?


53 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 17:36:19
できるなら若いうちに留学すべきじゃない?

54 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 18:07:35
いろいろな本を読んでみたけど
一度就職してからとか、全く違う業種についていた人の方が
ストレートに進学したよりも卒業までの時間が短いんだって。
一度就職してからの方が物事の仕組みとか勉強出来ることの
ありがたさが分かっているからだろうと
書かれていたけど。

というよりも理系の学部を出てTOEFLでスコアを250以上とって
流暢に英語を喋れる人なんて、高校くらいから大学院留学を
決めていた人くらいしか無理じゃない?
或いは休学して留学した人とか。

55 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 21:34:15
大変ではあるが無理ではないんじゃない?
それくらいできなきゃ向こうでやっていけない気もするし

56 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 21:56:26
>>55
どのことに対する発言?


57 :あるケミストさん:2007/01/19(金) 22:01:39
54

58 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 00:32:29
TOEFL 250点とるのは大変だが、それで英語を流暢に話すなんて無理でしょ。
帰国子女ならわかるが。

59 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 00:52:24
ボストンキャリアフォーラムで化学メーカまわったけど
結構手ごたえは感じる。当方>>50のいう2流相当

60 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 01:23:09
日本での就職するってこと?

61 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 01:52:20
いま、B4でMに進むことになっているのですが
今から2年間英語を勉強したとして、恐らく海外の大学院に入ることは
出来るでしょうけど、そこでやっていくだけの英語力を身につけられるとは
思えません。
そこでとりあえず修士号だけ取って、日本で何か英語を使う職種に就こうと思っているのですが
どこが良いのでしょうか?
専門は物理化学関係ですので、出来ればそっち方面のことが
出来る企業が良いのですが、外資系の化学系企業ってほとんどが
医薬品ですよね?何か良い方法はないでしょうか?
或いは変に就職するよりかは1年間でもフリーターをして英語力を磨いた方が良いのでしょうか?

62 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 07:01:20
>>61
本気で英語力付けたいなら現地で語学留学するのがベストだと思うよ。
内容もアカデミックに合わせてあると思うし。モチも上がると思うしね。
企業じゃ伸びが少ないと思う。

参考に
ttp://www.ace-us.com/page096.html


63 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 10:46:47
今さらあれなんだがGPAがすごく悪い(´・ω・`)ショボーン
トフルとGREはこれからどうにかできるけどGPAはどうにもならないよね


64 :SLAM DUNK:2007/01/20(土) 21:23:16
知ってる?桜木君。
日本人初のNBA選手が生まれたって。

なぬ?アメリカ?

うん。

ほとんどの人が日本人にはムリって
思ってたらしいわ。
だけど・・・
“ムリだって言うのはいつだって
チャレンジしてない奴よね”

さあ、桜木君も新たな段階のリハビリにチャレンジ!

まー見てろって。

ん・・・?

次に行くのは俺だ。

・・・行けるの?

何度も言わせんな。



“天才ですから”

65 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 21:46:22
age

66 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 22:03:49
アメリカの大学院留学に必要なもの、
・TOEFL 英語力
・GRE 相当な英語力とちょっとした数学力を測るもの
・GPA 大学での成績↓
 http://www.mbanavi.com/gpa.htm
・推薦書3通
で、良いのかな?

>>64
何か、勇気が湧く(w

67 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 22:22:49
有機化学分野の情報をいくつか。

UC BerkeleyのCarolyn R. Bertozzi教授はchemical biologyを主体にglycoconjugateの研究で有名。
30半ばで教授になり今40くらいだと思う。聞いた話だけど、click chemistryで有名なSharpless教授の
アジドに対する見識かなんかで「アイツは頭が悪い。」みたいな事を言い放ったそうだ。
大御所(Sharpless教授はノーベル賞受賞者、有機化学の世界的権威)に物怖じしない恐ろしいおばちゃんらしい。

同じくBerkeleyのJonathan A. Ellman教授はスルホンアミドを使った不斉合成を主に研究してる。
この人も今40くらい。典型的なアメリカーンってな顔してる。数年前、東大出身の学生が卒業し、日本でその研究内容を
発表してた。その発表を聞いたウチのセンセが「奇麗にまとまってて突っ込む所がないな。」と言ってた。

あとBerkeleyで興味があるのはF. Dean Toste教授とDirk Trauner准教授。お二人とも30半ば。Toste教授は
有機金属反応を主体に金を使ってC-C結合形成や不斉合成を研究してる。
Trauner准教授はオーストリア出身。天然物の全合成や生体内で有効な化合物を模索してる。
どちらも若手の有望株だと思われる。



68 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 22:34:42
>66
http://www.youtube.com/watch?v=sJ8hhCTTHdQ&eurl=

69 :あるケミストさん:2007/01/20(土) 22:42:38
>>66
・TOEFL
・GRE General (英語+数学)
・GRE Subject (専門科目、例えば化学)←recommendでもrequireと思った方がいい
・GPA (いわゆる大学の成績)
・SOP (Statement of Purpose、志望動機のエッセー)
・推薦書3通 (所属の教授、助教授からなど)
が一般的だと思われる。
これ全部を評価して合否を決めると思われる。

70 :あるケミストさん:2007/01/21(日) 10:02:17
ttp://web.mit.edu/chemistry/www/academic/prospective.html

MITの募集要項を探しているのですが
どこに載っていますか?
なぜか見つからないのですが。
ネットには載せていないのでしょうか?


71 :あるケミストさん:2007/01/21(日) 10:38:14
http://web.mit.edu/admissions/graduate/index.html

ここにあるんじゃない?

72 :あるケミストさん:2007/01/21(日) 10:45:08
そこ見てちょっと気になったんだが

Please note that the Chemistry Department DOES NOT require that you fill out the entire "Record of Subjects" section of the application.
We request that you list only the science and math courses you have taken by subject name, academic year, and course grade. It is not necessary to list textbooks.

って成績は書かなくていいってことだよね?


73 :あるケミストさん:2007/01/21(日) 10:54:16
>>72
ttp://web.mit.edu/admissions/graduate/pdfs/MIT_department_info.pdf

ここも参照です。
特にGPAを提出しろとも書かれていませんし、
履修した科目名だけ書けば良いということなのでしょうか?


74 :あるケミストさん:2007/01/21(日) 11:00:27
まあ大学によって授業違うからGPAなんて参考程度にしかならないってことなんだろうね
成績が悪い人には助かるね

75 :あるケミストさん:2007/01/21(日) 11:17:11
海外の大学院だと院生はTAやinstructerなどをするのを条件として
いるところが多いですが、これは何人くらいの学生相手にするのでしょうか?
百人単位の人数に対して講義を行わなければならないのでしょうか?


76 :27:2007/01/22(月) 04:14:23
だいぶスレが伸びてますね

>>75
理科系全般、特に実験系は常にRA(Research Assistant)というポジションが
あります。要するに教授の下について実験・雑用をこなすんですが、
それがそのまま研究につながってる場合が多々あり、仕事をしながら
研究もできてるという一石二鳥なポジションです。
大概の場合、週20時間で、生活していくには十分な金額がでます。

77 :あるケミストさん:2007/01/22(月) 12:39:48
>>76
回答ありがとうございます。
RAというのは教授の代わりに研究に関して調べてものをしたり
書類作成をすることですよね?
私が聞きたかったのは
それとは別にTAをしなければならないところがあると思うのですが
このTAというのは大勢の前で普通に講義したりディスカッションの
担当をしたりと普通に授業をしなければならないと思うのですが
大体何人くらいの前で講義などを行うのでしょうか?



78 :あるケミストさん:2007/01/22(月) 17:45:06
もしTAやるとしたら大変じゃね?
授業だけでも大変なのにもちろん英語でやるわけだし


79 :あるケミストさん:2007/01/25(木) 12:45:00
まだ詳しく読んでないが質問あったら答えてやるよ。
昔色々調べたし。

欧州で博士課程の学生です。


80 :79:2007/01/25(木) 12:59:32
数年前の話なんで今と違うかもしれんことは断っておく。


(TOEFL)
213はとれ。これを切るとかなり苦しい。
これくらいあればイリノイ、ペンシルバニア、テキサス当たりは
大丈夫なはず。
足きりなので必須。

(GRE General (英語+数学))
正直点数はどうでもいいが受けとけ。


(GRE Subject (専門科目、例えば化学))
楽勝なはず。ほんとに基礎知識だけなんでまともに
日本で勉強しておけばいけ

81 :79:2007/01/25(木) 13:04:43
(GPA (いわゆる大学の成績))
もしお前が大学入りたてなら全優になるように努力しとけ。
ないならないで裏技を使うしかない。


(SOP (Statement of Purpose、志望動機のエッセー))
俺は外注した。専門業者が1万ほどで作ってくれる。


(推薦書3通 (所属の教授、助教授からなど) )
一つは学部長に頼め。予想以上に効く。
前もって原稿用意しておけ。彼らだって英語で書くのは面倒だ。
俺はこれも外注した。その後彼らがサインした。


82 :79:2007/01/25(木) 13:10:50
でここでワンポイントアドバイス。

TA、RAがどうとか言ってるやつ、お前ら細かいこと気にするな。
どうせ金はなんとかしてくれる。
TAだってやらざるを得ない状況になればできるんだ。
英語なんてなんとかなるんだ。
海外行きたいんだろ?
まずはどうやって入るかを考えろ。

83 :79:2007/01/25(木) 13:13:38
あとな一流研究室の教授のとこなんて行っても相手してくれんぞ。
できるだけ人数の少ないところをねらうんだ。
そうすりゃ見捨てられることがなくなる。

84 :79:2007/01/25(木) 13:24:58
研究室の選び方だ。

1. 現在の研究室の教授のコネクション
これが使えると一番楽だ。

2. 日本人への理解
研究室を選ぶときに、過去に日本人がいたことのある研究室の教授
にメールを出すんだ。たいていの場合、日本人に好印象を持っているはずだ。
しかし学生として行くやつは少ない。だから直接コンタクトを取れば
興味を持ってくれることがおおい。そうすりゃ合格だ。

3. 選ばない
これはある程度受かりそうな大学の場合だ。その場合個々の研究室と
コンタクトを取らずに事務局に書類を出すだけでいい。
もし合格なら、何人かの教授が向こうから欲しいと言ってくることがある。

85 :79:2007/01/25(木) 13:38:25
やっと全部読んだ。
一つだけ大事なことを言っておきたい。

英語についてだ。
TOEFLが213
これだけあれば全米TOP10-30くらいまでの大学で入れるところが
かなりある。

大体な、250でも213でもそんなに変わらんよ。
すぐに慣れる。
だから英語についてはあまり気にすんな。
大学院で留学したいお前らに必要なのは点数なんだ。
それさえあればなんとかなる。
語学留学とか言ってるやつ、きっと意味ないぞ。
時間を無駄にするな。
とりあえず5回ほど受けたら一回くらいは213超えれるときがある。
だから頑張れ。

86 :あるケミストさん:2007/01/25(木) 17:39:25
いろいろなアドバイスありがとうございます。
いくつか質問お願いしてもよろしいでしょうか?

>>81
GPAが低い場合の裏技というのは具体的にどういったものなのでしょうか?
当方、大学院留学を考えているのですが成績があまり良くありません。
やる気は十二分にあるのですが、化学だけでなく
物理関係の方に興味があり、かなり偏った勉強の仕方を
していたために平均点は70〜75点ほどです。
裏技というのを教えて頂けないでしょうか?
お願い致します。

>>84
日本の大学院の場合だと人気のある研究室よりもないところの方が
合格しやすいと思うのですが、海外の場合は逆だということなのでしょうか?
研究室を選ばずに志望するよりも研究室を選んで志望した方が
やる気があると見なされ合格確率が上がるのでしょうか?


87 :あるケミストさん:2007/01/25(木) 19:41:37
情報サンクス!

>>86さん同様裏技が知りたいです
正直かなり低くて不安です、どうにかなるんでしょうか

それとそのTOEFLのスコアはCBTですよね?
今iBTに変わってしまったんですよ・・・

88 :79:2007/01/26(金) 00:56:56
裏技と書いたが正直なところあまりたいした物でなくてすまん。
けどまあ説明しよう。

成績が悪いと真っ正面から行ったら落とされる。
これはわかるな?
だから事前に個別の教授とコンタクトを取る必要がある。

その時に前に書いたように日本人の学生やポスドクが居たところを選べ。
そうすれば少なくとも日本人が働くことはわかってくれているはず。
ここで教授の経歴を見て日本でポスドク経験があるとなおよし。
そしてまずは行きたいと希望のメールを出すんだ。
そうすれば空きがあれば前向きなメールが返ってくる。
そしたら日本ではいい成績をとるのが難しいんだと言い訳しろ。
その時にGRE subjectでいい点を取っておくと話が楽だ。
これは過去問見ろ。どっかからダウンロードできるからいかに簡単かわかる。

89 :あるケミストさん:2007/01/26(金) 01:02:21
サンクスなるほど
日本と違って海外ではそういうやり方もありなんですね


90 :79:2007/01/26(金) 01:05:11
(続き)
どうしようもない場合は日本で修士課程に一度いって成績をとるっていう
手もある。ただこれは止めとけ。大抵なんとかなる。
TOEFLは足切りなので最低限欲しい。
その他は向こうの教授の意向でなんとかなる。

30代の若手の研究室は狙い目だ。
やつらは喉から手がでるほどソルジャーが欲しい。
またこちらとしても自由度が高く、研究室の立ち上げなど学ぶことも多い。
ただある程度はペーパー出してるやつを選べよ。

成績はそんなに気にするなよ。大体日本人でいい成績持ってるやつなんて
稀なんだ。それにそもそも海外に行こうとしてるやつ自体稀だからな。


91 :79:2007/01/26(金) 01:13:33
それと上で議論してた一流大学うんぬんについての個人的な意見。

大抵のやつは50人規模などの超有名研究室に行っても相手にされない。
下手すると卒業するまで数えるくらいしか話ができない場合がある。
だからお前が誰よりも頭いいんだといえないなら薦めない。

もし将来アカデミック志望なら、出来るだけ若手の所にするんだ。
そうしたら長い間コネクションが使えて有利だし、そいつと若い
時に関わったのなら覚えも目出度い。

あとTOP30-50とかでも大抵教授自身は一流大出身だ。
だからあまり下だから嫌とかいうな。

92 :あるケミストさん:2007/01/26(金) 03:25:22
>>90
>日本で修士課程に一度いって成績をとる
もし修士号を日本でとった場合、どういうプロセスになるのでしょうか?
成績自体は学部のものの総合して評価されますよね?

それとph.Dコースに入る場合だと修士号を二度とらないといけないことになるのでしょうか?


93 :79:2007/01/26(金) 17:57:50
>>92

日本で修士号をとってもアメリカの博士課程に入るなら5年かかるんじゃないか。
修士号はあまり考慮されないと思う。

だからどうせなら日本と似たシステムをとっているところの方がいいともう。
候補としてはイタリア、ドイツ、フランス、イギリス、イスラエル当たりだな。
知ってる限りでは、
フランスはフランス語ができないとかなり厳しい。
ドイツはマスターを取ってるならドイツ語が全くできなくても可能。
なぜならセミナーとか英語のところが多いから。
イタリアはさらに楽。なぜならイタリア語への訳書が少ないので大抵の授業でも
英語が使われていると聞いた。
イスラエルは狙い目。日常生活ではヘブライ語だが、大学内は完全に英語。
しかも東アジアからの留学生がかなり少ないので相対的に入りやすいと思う。
イギリスは知らん。

修士あるならアメリカはやめとけ。時間の無駄だ。

94 :あるケミストさん:2007/01/26(金) 19:39:13
>.81
外注ってどこの業者に頼みましたか?
ttp://www.jasac.com/
ここで聞いたら15万円って言われたのですが、
もちろん自己PR、リサーチプロポーザルだけでです。
出来れば業者名を教えて頂けないでしょうか?

95 :あるケミストさん:2007/01/26(金) 21:28:13
自分で書いた方がいいべ
金の無駄でしょ

96 :あるケミストさん:2007/01/29(月) 13:08:24
アメリカの大学の教員の倍率ってどれくらいなのでしょうか?
日本よりも小さいのでしょうか?

97 :あるケミストさん:2007/02/03(土) 11:33:41
大学によるんじゃね?

98 :アメリカPh.D.:2007/02/04(日) 11:37:43
>>93
うちの大学の場合は、修士持ってるとPh.D.への必要単位数が削減され、だいたい
卒業が一年早まる。
それに修士持ってると入学審査に有利に働くので、より上位の大学も狙うことが出来る。
特に留学生は修士取ってからPh.D.へ入学する者が多い。
(その国のトップの大学を主席で卒業するような奴は学部卒で来るけど)

>>96
大学にもよるけど、200倍を越えることも良くあるらしい。
大学側は応募者の書類に目を通せないので、Ph.D.を取った大学名でバッサリ足切りする
という話も耳にする。

99 :アメリカPh.D.:2007/02/04(日) 11:54:06
アメリカでPh.D.を取りたかったら、これらの本は特に役に立つと思う。

アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
鎌谷 朝之 (著)
出版社: 化学同人 (2001/04)

サイエンティストを目指す大学院留学―アメリカの博士課程で学ぶ
最先端のサイエンス・テクノロジー
生田 哲 (著)
出版社: アルク (1995/04)

100 :あるケミストさん:2007/02/04(日) 13:47:23
>>98-99
いろいろとアドバイスありがとうございます。
推薦してくださった本は既に読んでいます。

やはりアメリカへ大学院留学に行くのに一番不安なのは
Ph.Dを取ったあとのことです。
いくら一流の大学院を出たとは言え、ネイティブにはまだ到底及ばない英語力で
企業は雇ってくれるのでしょうか?
それにアカポス狙いでいくと考えると、コネが必要になってきますよね?
こんなよく分からないアジアからの留学生よりも本国からの
学生を推薦するのではないかと思うのですが。
Ph.Dを取る、というだけなら何とかなると思うのですが、
それから先のことを考えると日本で就職した方が、自分の好きなように
出来るのかなあと思ってしまいます。

101 :アメリカPh.D.:2007/02/04(日) 15:07:10
>>100

就職は確かに心配になるよね。
アメリカでの化学、製薬大手には相当の数の外国人Ph.D.が働いているはず。
彼らがネイティブ並に英語が出来るかと言うと、必ずしもそうではない。
(もちろん、大半の日本人よりははるかにうまいけど)
同僚とディスカッションできたり、プレゼンの質疑応答が問題なくこなせるレベルなら
研究職の雇用に関しては問題ないと思う(営業やマネジメントをやりたいなら別だけど)。
こういう研究活動に必要なコミュニケーション能力は大学院で徹底的に鍛えられる。
俺自身もこちらの某大手から仕事のオファーもらいました。

もしPh.D.を取った後で日本企業に就職したくなったら、こういう場で日本の
採用担当者と接触できる。俺は日本で就職する気が無かったので行かなかったけど。
http://www.careerforum.net/event/index.asp?lang=J

アメリカでもアカポスにはコネ(というよりネットワーキング)が重要なのは間違いないけど
本国出身者が優先されると言う話は聞いたことがない。
教授の下で何年も過ごすわけだし、出身国に関係なく対等に推薦してもらえる。
ただし、ランキング上位のリサーチ型の大学ではなく、地元密着の教育中心の大学では
ティーチング能力が重視されるために、英語力を厳しく見られる傾向があるらしい。

102 :あるケミストさん:2007/02/04(日) 20:59:29
>>101
回答ありがとうございます。

アメリカに大学院留学することで、研究の第一線で働けるという保証があるので
あれば苦労してでも留学する価値はあると思うのですが
最悪、フリーターになってしまうのではないかと思うと不安になってしまいます。
それなら日本で大企業に就職した方が確実に、自分の夢を達成出来るのかなあと
思ってしまいます。

どうなんでしょうか?本当に踏ん切りが付きません。
何か良いアイディアなどがありましたら教えて頂けないでしょうか?
実際に行ってみないとどうなるか分からない。しかし行ってみても
無理だったら取り返しがつかなくなるとなると本当に決断をしかねてしまいます。


103 :あるケミストさん:2007/02/04(日) 21:16:45
アメリカの大学院卒で日本の院卒と比べて不利になることはないんじゃない?


104 :あるケミストさん:2007/02/04(日) 23:08:45
参考にあるかわからないけど
愛知にあるファイザー製薬の研究所に勤めている人から聞いた話しによると、
海外Ph.D取得者のうち、多くの数がそのまま海外で就職すればよかったって
嘆いてるらしいよ。逆に言うとチャンスはあったんじゃないかって思う。

あとColumbia帰りのポスドクから聞いた話しだけど、割といい研究室にいると
企業から「いい人いませんかぁ〜?」みたいな感じで求人があるらしい。
アメリカで働く唯一の条件は「英語がしゃべれること」だそうだ。
それ以外にないって言い切ってた。

105 :あるケミストさん:2007/02/04(日) 23:47:52
俺の知り合いの例を見てての感想。

アメリカで学位を取得するほど長期滞在すると、考え方やモノの見方が
アメリカ的になってしまう。まずこれが一番の問題。日本の年功序列や
閉鎖性に我慢できなくなってしまう。

就職活動も問題。
就職するには何回かの試験・面接を受けなければいけないが、そのたびに
帰国できるのだろうか(俺の知人はそれで苦労してた)。行けません、
都合が…、と言っているうちに国内の学生に決まってしまうことも。

最後に。
Ph.Dを取るなら会社が潰れても自分は食っていくという覚悟が必要。
就職の安定性を求めるのなら、海外での学位取得はお薦めしない。
企業に入ってから派遣研究員で留学する方が間違いが無い。

106 :あるケミストさん:2007/02/05(月) 00:50:41
学部生なんですが理系として就職するなら日本よりアメリカの方が待遇が良いんですか?
日本の理系はあまり待遇が良くない気がするんですが

107 :あるケミストさん:2007/02/05(月) 07:12:37
>>102
アカポスに執着していなくて、民間企業への就職を考えているのなら、
まず、修士卒で日本の大手メーカーに入って様子を見る。その後、ど
うしてもPhDをと言うのであれば、やめて海外へ行くのもありだと思う。
私は、そのルートで、現在、欧州某国でPhD取得のため留学中です。
一度、社会に出てみると学ぶことも多いし、長い人生、あせって判断す
ることはないと思う。

108 :アメリカPh.D.:2007/02/05(月) 08:39:28
>>102
何年か先の世界が見通せる人なんていないので、どんな進路を取るにせよ
不確定な要素を含みながらの決断になるのは避けられないよ。
日本の大企業に就職したからといって、確実に一生雇用してもらえるなんて限らないし。
これは自分の価値観の問題だから、自分の人生に何が大事なのかよく考えてみてください。

何より、こっちの大学院での研究生活は充実して本当に楽しいよ。
世界中から集まった学生たちと良い研究環境の中でお互い切磋琢磨している。
これを知らずに日本だけで一生を過ごすのも、それはそれで一つの選択肢だけどね。

>>101でもう一つ書き忘れたけど、リンクにあるキャリアフォーラムの他にも
アメリカの一流大学のキャンパスにはわざわざ日本から採用担当者がやってくるよ。
真にグローバル化した一部の企業だけで、日本ローカルな企業は来ないけどね。
更にアメリカの日本人Ph.D.は国際学会などで目立つから、コネクションも作りやすい。
俺の周りでも、卒業後に日本で就職したい人たちは無事に仕事を見つけているよ。

>>106
俺の知る限り、学部卒だと大体初任給は一緒くらいかな。若干アメリカの方が良いかも。
これがPh.D.取得者だと話が変わって、アメリカでは日本の倍近い初任給がもらえる。
あくまで俺の周りを見渡した感覚なので、詳しくは統計資料などを探してみてください。
(各大学のホームページに資料があることが多い)

109 :あるケミストさん:2007/02/06(火) 02:06:12
セクハラ・パワハラ・アカハラを撲滅しよう。


110 :あるケミストさん:2007/02/06(火) 03:36:09
ああっ、もうダメッ!!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!


111 :あるケミストさん:2007/02/11(日) 19:45:33
2流大学院で物理やっているものですが随分と化学とじゃ状況が違うんですね。

うちみたいな2流でもTOEFL250必須。GREのGeneraは1200なかったら足きりでした。
Subjectは75%以上に入れば大抵の院は目を瞑ってくれるんじゃないでしょうか?
GPAはどうあがいても変わらないのでSOPにそこらへんの事情を触れてみてもいいかもしれません。
あと投稿してアクセプトされた論文は必ず同封しておきましょう。これはしっかり読んでくれるみたいですから。

さて、あなたは受かりました。たぶん、TAかRAによるスカラシップはついているはずです。運よければ教授の力でPresidentialも入ってます。
分野ランキングが20位ぐらいまでなら将来はそんなに心配しなくてもokみたいですから、あとは若くてバリバリ働いている教授を選ぶのがいいかと思います。
実際、私のボスは卒業生を全員を最終的に国研かアカポスに送り込んでいます。ただ、日本には帰れないかもしれませんが。

TAは割と気楽です。結構、みんな一生懸命最後は頑張ってくれますからね。軽く尻を叩いてあげる感じでいいと思います。
何よりまずは合格しましょう。年末にあたふたしたりしないように早目からの対策を。

112 :あるケミストさん:2007/02/11(日) 21:58:44
海外の大学院って女の子の割合ってどれくらいですか?
何か本を見てみると50%〜60%と日本と比べて
ものすごく高いのですが、そんなに女の子が一杯いるのですか?
それとも学部だけで、院には大していないのでしょうか?

113 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 11:46:37
私はカナダですが、女の子多いですよ。
生物、化学は半数かそれ以上女子。

114 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 13:11:36
>>106
アメリカで研究開発職に就きたいのなら、民間企業でもPh.D.は必須。外国人で
MS以下は殆ど相手にされない。その代わり就職したら、給料は日本の同世代の
最低2-3割増し。

115 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 14:53:06
>>113
まじすか?
いちゃいちゃする機会ってたくさんあるんでしょうか?


116 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 15:11:15
>>115
黄色の猿なんか相手にしてくれないだろ…常識で考えて…

117 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 15:59:23
>>115
私は見たことないですけど・・^^;
うちのラボで前に恋人同士が一緒に研究してたってのは聞きました
>>116
カナダはアジア人いっぱ〜いいますよ

118 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 16:55:19
>>117
まじすか?
可愛い子はいっぱいいますか?


119 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 17:11:40
あなたは何しにいくわけ?

120 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 17:15:27
>>119
もちろんインターナショナルでインテリジェンスな
女の子とファックするためですよ。

121 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 17:17:38
>>120
そいつぁCHEMISTRYだぜ!

122 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 18:05:46
なにwwこの流れwww

123 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 18:26:42
あんまり相手にしてくれないのも事実だけど、
妙に日本人男性にこだわる女の子が居るのも事実。
ターゲットが少ないせいで、たまに理想とのギャップでこっちも
しんどい思いするけど、楽しいよ。

124 :あるケミストさん:2007/02/12(月) 18:29:51
是非外国へ行きたくなった。

バイオリン演歌や民謡でも歌って、日本文化の啓蒙にいってきます。

125 :あるケミストさん:2007/02/13(火) 17:26:23
>>123
日本人男性にこだわるって、外国人の女性のこと?
それとも日本人女性?
>>118
可愛い子いますよ
みんな日本みたいにこぎれいな感じじゃないけど
こっちの食べ物のせいか、スタイルいい子が多い気がする・・・

126 :あるケミストさん:2007/02/14(水) 15:34:45
そんなことはどうでもいいんだぜ?


127 :あるケミストさん:2007/02/14(水) 17:20:30
どうでもいいことないんだぜ?

128 :あるケミストさん:2007/02/16(金) 15:19:22
博士取ってから会社勤めするとき
どういうところに住むことになるのでしょうか?
社宅みたいなものが多いのでしょうか?
それともアパートなのでしょうか?
いきなり家を買うほどのお金はありませんよね?
アメリカでも欧州でも良いので体験談などお願い致します。


129 :あるケミストさん:2007/02/18(日) 01:58:46
こっちは社宅なんてないよ。
マンションとか賃貸一軒家みたいなとこに住むことになる。
会社が住居探しを手伝ってくれる場合もある。


130 :アメリカPh.D.:2007/02/19(月) 14:35:22
>>128
アメリカだと場所によっては家も安いよ。特に今はどこも値下がり傾向にあるし。
学生でも家買ってる奴を知ってる。どこかからお金借りてるんだろうけど。

更に会社によっては、働き始める時にsign-up bonusというボーナスをくれることがある。


56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)